2022年4月27日更新都道府県別M&A

関東地方のM&A・会社売却・事業承継!少額案件一覧を紹介

関東地方はM&Aを扱う会社が多く、M&A・会社売却・事業承継の実施件数やM&A案件数もほかの地域に比べると多くなっています。本記事では、関東地方におけるM&A・会社売却・事業承継の事情やM&A動向などについて解説します。

目次
  1. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継
  2. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継の事情
  3. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継の動向
  4. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継の今後
  5. 関東地方で募集されているM&A・会社売却・事業承継案件
  6. 関東地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?
  7. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継に強い仲介会社
  8. 関東地方のM&A仲介会社を選ぶポイント
  9. 関東地方のM&A・事業承継向けの公的支援
  10. 関東地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例
  11. 関東地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関東地方のM&A・会社売却・事業承継

関東地方は、首都の東京都があることから経済活動が活発な地域です。多くの中小企業が集まる地域として経済的な役割も大きく、M&Aや会社売却、事業承継の問題を抱えた中小企業が多く存在しています。

M&Aは経営戦略や諸問題を解決できる有効な方法

ピーク時と比べると関東地方のM&A件数は減少していますが、M&Aにより事業拡大や新規事業への参入などが比較的簡単に行えるメリットがあります。また、後継者不足などの問題を抱える会社や個人事業主にとってもM&Aが有効な解決法です。

しかし、M&Aは成功率が3割ほどといわれるくらい失敗する確率が高く、成功させるためにはM&A仲介会社など専門家のサポートが有用です。

関東地方のM&A・会社売却・事業承継の事情

この章では、関東地方におけるM&A・会社売却・事業承継の事情を見ていきましょう。

M&Aや会社売却の案件が多い

関東地方には、東京都も含めて神奈川県や埼玉県、千葉県などで多くの中小企業を抱えるところが多く、小規模の会社も多いので、M&Aや会社売却の件数が多くなる傾向にあります。

また、中小企業の経営者に対するM&Aや会社売却の情報が得やすい状況にあり、盛んにM&Aや会社売却を実施する動きもあるのです。地方と比較するとM&Aや会社売却に対しても、経営方針の一つと捉える経営者が多いといえます。

東京都にはたくさんの企業が本社を構えているため、買い手となって中小企業とのM&Aを成立させているケースも多いです。一方で、関東地方以外の地域ではM&Aや会社売却に対してネガティブな反応が強く、現経営者がM&Aや会社売却に踏み切れないことも少なくありません。

関東地方の後継者不在率

事業承継に関しては、中小企業庁が2017年に「事業承継5ヶ年計画」を策定していることからも、全国的に事業承継を推進する動きがあります。

M&A仲介会社だけでなく、各地域で事業承継・引継ぎ支援センターの設立や地域の商工会、商工会議所が事業承継を支援する仕組みが作られている状況です。

関東の事業承継も、それぞれの地域で中小企業の経営者に向けた事業承継セミナーなどが開催されています。

帝国データバンクによる『特別企画:全国企業「後継者不在率」動向調査(2020年)』を見ると、関東地方の後継者不在率は65.2%でした。

後継者がいないために廃業を選択する会社も多く、会社の廃業に伴って多くの人員が失業する可能性が高くなることも懸念されます。

事業承継問題の早期解決が課題

関東地方にはさまざまな業種の中小企業が多く、後継者が不在であれば廃業や休業を余儀なくされることが予測されます。事業承継には長期的な計画が策定されるので、後継者候補となる人材がいれば早期に取り掛かるのが良いでしょう。

現経営者が概ね60歳を迎えた頃には準備を始めるべきです。しかし、適任の後継者がいないために事業承継の問題を抱える中小企業が多く、会社の存続が危ぶまれる可能性が高まっています。

関東での事業承継も全国の中小企業と同様の問題を抱えており、事業承継問題の早期解決が今後の課題です。

関東地方では個人による少額M&Aが人気

M&Aはこれまで大手企業による事業再編や事業拡大などによく用いられ、規模の小さい会社には無縁と捉えられていました。しかし、最近は事業承継や経営者の高齢化などを問題とするM&Aも多く、規模の小さいM&A取引も行われています。

M&Aは必ずしも会社同士の取引ではなく、個人がM&Aの相手となるケースもあります。スモールM&AやマイクロM&AといわれるM&A取引は、売買金額が少額で済むため個人が買い手となって取引が行われるのです。

関東地方で個人による少額M&Aが人気の理由

関東地方には個人事業主のM&A案件も少なくありません。個人事業主や小規模な会社におけるM&Aの売買金額は300万円や500万円など少額であることも珍しくなく、個人でも買収できる金額です。

そのため、規模の小さい会社でも買収に成功すればオーナーとなれるので、退職を目前に控えた個人に人気があります。小さなお店でも売り上げが望める事業所であれば、オーナーとなって収益を得ることが可能です。

M&Aで売却希望金額が1億円を超えると個人での買収は難しいですが、数百万円であれば買収も可能なので、起業を考える人もいます。

少額M&Aで起業する場合は、すでに設備や人材がそろっているため、ゼロからスタートしなくてもよく事業が始めやすいメリットがあります。このように、少額M&Aは個人でも資金さえ準備できれば実施可能なので人気です。

【関連】スモールM&A| M&A・事業承継の理解を深める

関東地方のM&A・会社売却・事業承継の動向

関東地方は東京都や神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県を表し、古くから日本の経済や政治、文化が中心的な地域です。現在でも多くの企業が本社を構えるなど、経済や政治の中心となっています。

特に1955年ごろから1970代の工業化、高度経済成長期には4大工業地帯と周辺の地域が発展し、産業や人口が集中しました。現在の東京経済圏は、南関東ではサービス業と製造業が中心産業で、北関東では第一次産業と第二次産業が中心です。

この章では、関東地方の各地域で見られるM&A動向を見ていきましょう。

東京都の動向

東京都の人口は2015年をピークに、少しずつ減少しています。しかし、総人口は依然としてほかの地方よりも高く、情報通信業や金融・保険業、不動産・物品賃貸業、学術研究・専門・技術サービス業は競争力が高いです。

レコフにおける「東京都のM&A」を見ると、2020年における東京のM&Aはトータルで2,668件でした。東京都におけるM&Aの件数は、事業所数が多いこともありほかの地域よりも件数が多い傾向にあります。

神奈川県の動向

神奈川県は2015年に総人口のピークを迎え、その後は徐々に減少しています。主な産業は製造業で、神奈川県内における重要な経済の強みです。また、サービス業や学術研究・専門技術分野などが中心の産業となっています。

レコフにおける「神奈川のM&A」を見ると、2020年における神奈川県のM&A件数は156件でした。2015年のM&A件数は100件を下回っていましたが、2016年から100件を超え、年々上昇しています。

群馬県の動向

群馬県は北関東に位置しています。レコフにおける「群馬県のM&A」を見ると、総人口は2000年をピークに減少して2017年にはおよそ195万人となりました。今後も総人口の減少は進むと見られ、中小企業の後継者問題や経営者の高齢化などが経営上の課題です。

主な産業は、農業・林業で、全国平均よりも高く、第二次産業である輸送用機械器具製造業の重要度も高いです。

2020年における群馬県のM&A件数はトータルで25件でした。群馬県でのM&Aは国内会社同士のM&Aが多く、2017年と2018年は20件未満でしたが2019年からは20件を超えています。

埼玉県の動向

レコフにおける「埼玉県のM&A」では、埼玉県の総人口は2015年をピークに減少すると見られます。主要な産業は第二次産業である製造業や化学工業ですが、第三次産業に含まれる不動産業やサービス業、卸売・小売業も盛んです。

2020年における埼玉県のM&A件数はトータルで71件でした。埼玉県のM&A件数は、2015年に50件を下回りましたが、2016年に50件を超え、2018年には75件となり増えています。

千葉県の動向

レコフにおける「千葉県のM&A」を見ると、千葉県の総人口は2010年をピークに2017年はおよそ625万人となり、今後も徐々に減る傾向です。主要産業は、運輸・郵便業でサービス業の重要性が高いですが、それは、成田空港があるからといえます。

東京ディズニーリゾートがあるので、第三次産業でもある生活関連のサービス業や娯楽業の割合も高いです。

千葉県の2020年におけるM&A件数のトータルは62件でした。2016年のM&A件数は40件に満たない件数でしたが、2017年は40件を超えています。

茨城県の動向

レコフにおける「茨城県のM&A」を見ると、茨城県の総人口は2000年をピークとして2017年におよそ289万人となり、今後も人口が減少する見込みです。

主要産業は第一次産業である農業、水産業の割合が全国の平均と比べて高く、製造業、建設業などの割合も高くなっています。第三次産業では学術研究・専門・技術サービス業が盛んです。

茨城県の2020年におけるM&A件数は、トータルで48件でした。茨城県のM&A件数は2016年までは20件未満でしたが、2017年以降は30件を超えています。

栃木県の動向

レコフにおける「栃木県のM&A」を見ると、栃木県は2005年に総人口のピークを迎えて2017年にはおよそ196万人となり、今後も総人口は減少傾向です。

農林水産業は全国の平均よりも高い水準で、第二次産業に含まれる電機機械器具製造業、飲料・たばこ・飼料製造業が主要産業になっています。

中でも製造業が県内の経済をけん引する「ものづくり県」として、自動車・航空・産業用などの輸送用機械、医薬・医療関連の産業も盛んです。

2020年における栃木県のM&A件数はトータル24件で、全国的に見ても低い水準です。2017年は10件をわずかに超える件数で、M&A件数が少ないといえます。

関東地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

関東地方のM&A・会社売却は、今後も増えることが予測されます。関東地方にはさまざまな業種の会社があり、中小企業も多いです。

そのため、会社の再編や事業拡大、事業の集中などを理由にM&Aや会社売却を望む経営者も増えると考えられます。

また、会社を売却しようと考える経営者がいる一方で、会社の事業拡大や人員確保のために会社の買収を検討している経営者も多いです。

特に、飲食業や運送業では慢性的な人材不足が業界全体の課題であり、そのためにM&Aや会社売却を行って会社の存続を望む会社もみられます。

M&Aによる事業承継が増加傾向にある

近年は、事業承継を検討していても後継者が不在という企業も少なくありません。これまでの事業承継は親族に事業を承継する親族内承継が主流でしたが、最近は自社の役員や従業員、第三者(他社)へ事業承継するケースも増えています。

第三者に承継する場合はM&Aを用いますが、M&Aが広く認知されるようになったこともあって、関東地方だけでなく全国的にM&Aによる事業承継は増加傾向です。

【関連】M&Aの動向| M&A・事業承継の理解を深める

関東地方で募集されているM&A・会社売却・事業承継案件

関東地方で募集されているM&A・会社譲渡・事業承継の案件は多種多様で、サービス業や飲食業、介護や医療にかかわる事業所など多く存在します。売買金額は、数百万円から数千万円の間の案件も多いです。

ゼロから事業を始めるのではなく、M&A・会社売却・事業承継案件の中から適したものを選べば、設備や人材の確保にもつながり、事業が始めやすい環境となるでしょう。

介護用具開発(福祉用具開発販売事業に早期参入)

東京都にある従業員数5人以下の会社です。福祉用具の商品開発が完了していますが、開発が想定よりも長引いてしまったために生産依頼ができず、M&Aが成立した後は開発した商品の生産依頼を行わなければなりません。

しかし、開発した商品の生産依頼ができ、販売につなげれば大きな収益が見込めます。2017年4月に設立した医療・介護向け福祉用具の製造業が主な事業内容で、従業員は全員福祉用具メーカーに務めており、14年程度の業界経験があります。

長年付き合いのある販路もあり、販売先との信頼関係により採用、販売はスムーズに進められるでしょう。従業員には介護技術セミナーの講師ができるスキルを身に付けている人材もおり、生産した商品の開発、製品評価、ユーザー教育などに活用できることが強みです。

介護・福祉用具の開発ノウハウを持ち、介護技術や台湾への販売ルートも確保し、全国の病院や高齢者施設、在宅療養者向けの商品を取り扱っています。新たに開発した製品を販売すれば、2年後には2億円ほどの売上が見込める試算です。

ホットヨガスタジオ(スタッフとノウハウを含めた売却)

茨城県の会社で従業員は20名以下のホットヨガスタジオです。10年以上経営してきましたが、近年、大手競合の進出によって経営状況が悪化したため売却を希望しています。技術を持ったスタッフがおり、ノウハウや既存の顧客もあります。

既存顧客からの満足度は大手他社よりも高いのですが、新規顧客については値段の安い大手チェーン店に流れている状況です。

少人数制のホットヨガスタジオでインストラクターも専属のみで行っているので、顧客に対するフォローアップができる人材育成を行ってきました。

インストラクターの質やサービスの姿勢は高いです。ホットヨガスタジオのメインターゲットは20代から60代の女性で、年間の売上は1,000万円から5,000万円が見込めると試算しています。

Webサイト運営会社(外注先の紹介も可能な案件)

神奈川県にあるWebサイト運営会社です。従業員はおらず、一部上場企業の美容メディアサイトをメインに13サイトを運営しています。上場企業などのクライアントと一緒にコンセプトやキーワードを決めて、SEO対策をしながら記事を作成し上位表示を目指す体制です。

2015年から個人事業主として会社をスタートさせ2017年に法人化し、独立から2018年度までの決算では黒字で、SEOの知識を駆使して良質なコンテンツサイトを作り、ユーザーを増やしてきました。

ゼロからサイトのコンセプトを考えて記事を外注し、SEO対策をしながら新規サイトを立ち上げられ、M&Aによってコピーライター、イラストデザイナー、プログラマー、広告代理店担当、動画スペシャリストをそのまま紹介できる体制が整っています。

見込める売上高は1,000万円から5,000万円で、営業利益は1,000万円以内です。譲渡希望金額は1,000万円から5,000万円となっています。

個別指導塾(一定期間の継続実績を持つ安定した案件)

個人指導塾を運営している東京都の事業所で、個人事業で従業員はいないM&A案件です。小学生から中学生を対象にした学習塾で近隣のライバルとなる学習塾も少なく、5年以上の継続実績があるので今後も安定した運営が見込めます。

すでに運営されている個人指導塾なので、学習塾を開業する費用や軌道に乗るまでのランニングコスト、立地の失敗リスクを減らせるでしょう。売上規模は、月間1,000万円前後で、営業利益も年間1,000万円前後です。

エステサロン・技術に加えて充実した設備ごと売却

東京都にある個人事業におけるエステサロンのM&A案件です。従業員は5人以下の小規模なエステサロンで、立ち上げたばかりで経営状況が安定していませんが、エステサロンの経営を目指す事業所や個人に向いた案件といえます。

すでにフェイシャルエステ、酸素カプセルの設備が導入され、酸素カプセルを使った施術はすぐに行える状態です。また、エステサロンが持つ独自技術の提供も可能です。売上高は、年間1,000万円を見込める状態で、譲渡希望金額は1,000万円以内を予定しています。

関東地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには?

関東地方でM&A・会社売却・事業承継の案件を見つけるし、個人で探さそうとしてもなかなか見つからず、長期戦になる可能性があります。M&Aや会社売却・事業承継には専門的な知識も必要になり、現経営者が個人の力で遂行するのは困難な場合が多いです。

そのため、専門家に依頼するのが賢明な選択になるでしょう。

M&A仲介会社を利用する

M&Aや会社売却、事業承継の案件を探すには、M&A仲介会社の利用が効率的です。M&A仲介会社には経験豊かな専門家が在籍し、士業資格を保有しているスタッフが常駐することもあります。

M&A仲介会社にはたくさんの案件があり、希望の条件に合った案件を見つけることも可能です。M&Aの実施は、経営者が育んできた大事な会社を売却する大きな事業になります。

適切な方法でより良いM&Aが実施されるように、M&A仲介会社も信頼できるところを選びましょう。

地元の公的・金融機関などに相談する

M&Aや会社売却、事業承継に関する相談は、地元の公的機関や金融機関でも可能です。地元の公的機関である事業承継・引継ぎ支援センターなどは、地元における会社同士のM&Aや会社売却、事業承継をサポートする役割があります。

金融機関にもM&Aを専門とする職員が在籍するところがあり、M&Aや会社売却、事業承継の相談先として適しています。

M&Aマッチングサイトを利用する

最近はM&Aを扱うマッチングサイトも多いです。M&A仲介会社がM&Aマッチングプラットフォームを設けている場合もあります。M&Aを扱うマッチングサイトは売り手側と買い手側が直接交渉でき、簡潔にM&A取引が進められる利点があるのです。

規模の小さい会社や個人事業主も利用可能なので、チャンスを生かしやすいメリットもあります。

バトンズ(Batonz)

バトンズはインターネット上で売りたい案件と買いたい案件を閲覧でき、バトンズをとおして売り手側と買い手側がM&Aの交渉を進められます。M&Aの仕組などをアドバイザーのサポートを受けながら進められるなど、サービス面も充実しているのです。

小さな会社や個人事業であることを理由にM&Aを断念してしまう経営者が多いですが、バトンズではそのような会社でもM&Aが実行できるようサポートしており、ユーザー登録をすれば誰でも活用できます。

トランビ(Tranbi)

トランビは国内最大級の事業承継・M&Aプラットフォームを運営しています。小規模案件も多く掲載し、売却案件はノンネーム方式を採用して会社名などは非公開なので安心です。

国内外の案件を多数保有しているので、買収を検討している会社や個人はその中から自分で事業所を探せます。専門家のアドバイスを受けたい場合は、M&Aの専門家を紹介してもらえるのです。

規模が小さい会社や個人事業主も、M&Aを検討している場合は積極的に利用することをおすすめします。

ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシードは、事業承継M&Aのプラットフォームを運営しています。多くの企業における取引や信頼があり、日本全国の案件を閲覧することが可能です。

また、秘密保持の観点から譲り渡し情報は審査を通過した譲受け会社だけに公開されるので、情報漏えいの心配がありません。事業承継におけるM&Aに強いマッチングプラットフォームなので、後継者問題を抱える個人事業主や会社には心強い味方です。

【関連】TRANBI(トランビ)はM&A・事業承継プラットフォーム!実績や競合との比較あり| M&A・事業承継の理解を深める

関東地方のM&A・会社売却・事業承継に強い仲介会社

関東地方のM&A・会社売却・事業承継をお考えの経営者様は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国の案件に対応するM&A仲介会社です。

M&A総合研究所では、知識・支援実績の豊富なM&Aアドバイザーが、ご相談からクロージングまで案件を丁寧にサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

無料相談を随時お受けしておりますので、関東地方におけるM&A・会社売却・事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

関東地方のM&A仲介会社を選ぶポイント

この章では、関東地方におけるM&Aで仲介会社を選ぶポイントを見ていきましょう。

M&Aは業界ごとの特徴により必要な知識や経験が異なるため、M&Aに関する幅広い知識・経験はもちろんのこと、自社の業界特性をしっかり理解した仲介会社を選ぶことが大切です。

案件規模や地域によっても異なる知識や経験が必要です。M&Aが得意とする案件規模や地域を記載している仲介会社も多いので、それらを確認してから依頼するとM&Aの成功率を高められます。

また、M&A仲介会社によって、手数料・相談料・報酬体系などが異なります。シンプルな報酬体系を設定している仲介会社も多いです。

しかし、手数料・相談料・報酬体系がわかりにくい仲介会社もあるので、後に料金のことでトラブルにならないよう、手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい仲介会社を選びましょう。

最後に、M&A仲介会社を選ぶ際に欠かせないポイントが、担当スタッフとの相性や対応です。長期間、会社の重要な判断の一部を任せる相手が担当スタッフなので、信頼関係を築ける相手でなければなりません。担当スタッフとの相性や対応を見極めてください。

関東地方のM&A・事業承継向けの公的支援

事業承継におけるM&Aは、M&A仲介会社だけでなく公的機関も支援を実施しています。近年の後継者不足から国も政策を策定しており、支援の輪が広がっています。M&A仲介会社に相談する前に公的機関を利用しても良いでしょう。

関東経済産業局

関東経済産業局は「中小企業における経営の円滑化に関する法律」に基づいて事業承継税制・金融支援の認定や報告などの窓口となっていましたが、平成29年4月1日から各都道府県に変更になりました。

事業承継にかかわるセミナーを各地で開催し、事業承継に悩みや不安を抱く経営者の支援を行っています。

中小企業基盤整備機構 関東本部

中小企業基盤整備機構は、事業承継に悩む経営者の支援を実施し、講演会や研修、セミナーも頻繁に行っている機関です。相談も随時行い、事業承継を円滑に進められるようアドバイスを実施しています。

事業承継・引継ぎ支援センター(関東各所)

事業承継・引継ぎ支援センター(関東各所)は全国の各地に設置され、事業承継に悩みや不安を抱える経営者の相談先になっています。中小企業や小規模企業における事業引継ぎのバックアップが主な活動内容です。

相談は無料で受け付けており、民間のM&A仲介会社でM&Aを実行するときのセカンドオピニオンとして活用もできます。

関東地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

この章では、関東地方におけるM&A・会社売却・事業承継の参考事例を見ていきましょう。

加賀電子による富士通エレクトロニクスのM&A

2019年1月、加賀電子が富士通エレクトロニクスを子会社化しました。グループ売り上げは5,000億円規模で、業界トップのマクニカ・富士エレホールディングスと同等になる見込みです。

規模の拡大によって、商社ビジネスの競争力を向上させることを見込み、海外を中心にEMS(電子機器受託製造サービス)ビジネスの成長を加速させることを図ります。

マクセルホールディングスほか1社による日立ビークルエナジーのM&A

マクセルホールディングスおよびほか1社と日立ビークルエナジーは、共同出資体制の構築を2018年12月25日付で完了させました。日立ビークルエナジーは「ビークルエナジージャパン」に商号を変更しています。

今後は、日本の電池産業をけん引する車載用リチウムイオン電池メーカーとなることを目指しています。

ハリマビステムによる関東消防機材のM&A

2013年3月、ハリマビステムは関東消防機材の株式をすべて譲り受け、子会社化しました。

関東消防機材の子会社化によって、消防設備の設計・成功・販売・保守管理業務の担い手となり、協和防災設備と併せて2社の子会社を要することで、顧客に対して迅速かつ高品質なサービスの提供を図ります。

関東地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べるとM&A案件数が多いです。今後もM&Aが増加すると見込まれ、中小企業だけでなく個人事業主などもM&Aによってそれぞれの目的を果たせる可能性があります。

会社の規模にかかわらずM&Aは有効となる方法です。M&A実施を検討している場合は、M&A仲介会社など専門家に相談しながら進めると、より良いM&Aを目指せます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡県のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧!事例も紹介

福岡県のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧!事例も紹介

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えています。M&Aを検討している場合、専門家のサポートは、成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県におけるM&amp...

九州地方のM&A・会社売却・事業承継!個人向けマッチングサイト、1,000万円以下案件一覧、仲介会社も紹介

九州地方のM&A・会社売却・事業承継!個人向けマッチングサイト、1,000万円以下案件一覧、仲介会社も紹介

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方は多くいます。本記事では、九州地方のM&A・会社売却・事業承継案件などの情報をまとめました。また、個人向けなど小...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成約件数が増加しており、この動向は関西地方も同様です。本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、案件の探し方やスモール(...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめました。中国地方および各県のM&A・会社売却・事業承継動向や、個人でも実施可能なスモールM&Aの情報、中国地方で実際に行...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)