M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
鳥取県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

鳥取県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

鳥取県における事業承継とは

鳥取の中小企業を対象にしたアンケートでは、後継者不在と回答しているのが全体の72.6%と全国でも6番目に高く、後継者不在の問題が高くなっていることを示しています。
全国平均は66.5%となっており、6.1ポイント高いことが分かります。
そのうち、現経営者の年齢が60歳以上であるのが55.0%と過半数を上回っており、事業承継が急がれています。
業種別では、その他とされる業種が最も多く76.3%、次いで、卸売業が75.1%、サービス業が74.5%。建設業が74.2%となっています。
また、売上規模別でみると1億円未満の中小企業では72.3%、1億円から10億円未満が74.2%、10億円から100億円未満が72.2%となっています。
これをまとめると、中小企業の中でも売上高が低い中小企業ほど、後継者がいないという問題があることが分かります。
売上高が高い中小企業では、事業承継も経営上の問題として捉え、後継者がいるという状況になっています。
さらに、従業員が10人未満の中小企業は73.2%、10人から100人未満は73.7%、100人以上では70.8%となっています。
いずれの場合も70.0%を超えていますが、従業員が10人未満の小規模な会社ほど、光景がいないという状況にあるようです。
経営者の年齢別にみても。50代が85.6%、60歳が61.7%。70代で40.0%、80代以上で28.6%となっており、一般的に事業承継には10年程度の期間がかかると言われているので、50代、60代、70代の数値は高い水準と言えます。
後継者がいると回答している場合は、後継者を「子供」としているのが57.9%で最も高く、注目すべきは非同族が24.8%を占めている点です。
非同族と言うことは、役員や従業員または社外の第三者であることを表しています。
近年の中小企業は、後継者不在の問題を解決するために、M&Aを選択するケースが増えつつあります。
これまでのように、後継者候補を現経営者の子供とする傾向も減ってきており、鳥取においても事業承継の問題は、適任の後継者がいない、ということが顕著に表れています。
この問題を解決するには、役員や従業員の中から後継者候補を選定するか、M&Aなどによって社外の第三者に事業承継を実施することを検討する必要があるでしょう。

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れや進め方は、10年後を見据えて着実に進め行くことが重要になります。
準備を開始してから事業承継が実行されるまでには、後継者の教育も考えると10年程度の期間を要すると言われています。 これを念頭において、事業承継を進めていく必要があります。 事業承継は、5つのステップに分けて進めていきます。 ステップ1は、事業承継に向けた準備の必要性の認識です。 まずは、現経営者が事業承継の準備が必要だと認識しなければ、準備を進めることができません。 事業承継は、家庭内の問題として考えがちで家族だけに相談することが多く、事業承継の準備を先送りにしている傾向があります。 しかし、事業承継は家庭内の問題だけでなく、会社の存続にもかかわる問題でもあるので、家庭内だけでなく、顧問税理士や会計士、取引のある金融機関にも相談すべき内容になります。 近年の日本は、長寿国となり平均寿命も84歳を超えている時代です。 そのため、現経営者が60歳を過ぎても「まだまだ現役」と第一線で仕事をしている中小企業の経営者も多くいますが、いずれ後継者へと会社を譲り渡す時が来ます。 その時に、慌てることがないように概ね60歳になったら事業承継の準備を始める必要があります。 そのためには、現経営者に顧問税理士や取引先のある金融機関の担当者が働きかける必要がある場合もあります。 ステップには、経営状況・経営課題等の把握(見える化)になります。 一つ目には、会社の経営状況の見える化を実施します。 会社を取り巻く環境変化やそれに伴う経営上の影響なども合わせて把握しておきます。 会社の資産や負債についても明確にします。 不動産については、所有者が会社になっているのか、経営者になっているのか明確にしておきます。 また、担保設定の有無、経営者と会社の間の貸借関係や経営者保証の有無などについて内閣にしておきます。 法律に基づいた決算処理が実施しているか点検をします。 株式についても、自社株式の数や株価評価についても、確認をしておきます。 製造業であれば、商品ごとの毎月の売上高や費用の分析を実施して、主力商品の把握や在庫の売れ筋・不良の把握や鑑定評価の実施なども実施します。 事業価値を高める経営レポートや知的資産経営報告書などを活用して。自社の強みとなるところと弱みとなるところを明確化しておきます。 二つ目には、事業承継課題の見える化を実施します。 まずは、適任の後継者が親族内にいるか、または社内の役員や従業員にいるか確認します。 後継者候補がいる場合は、事業を承継する意思があるのかも確認をして、事業承継をする時期や後継者の適性、能力、年齢、意欲などを含めて後継者に相応しいか検討します。 適任の後継者候補がいない場合は、社外の第三者に引き継ぐことを視野に入れて、M&Aなどを検討します。 後継者を選定する時には、親族内株主や取引先などの関係者から異議が出ないように対策を検討しておきます。 親族を後継者とする場合は、将来の相続財産などを考えて、税金対策なども必要になります。 ステップ3では、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 親族内承継の場合は、相続税対策だけを重視するのではなく、事業承継が確実に実行できるように、事業の維持・発展に努め続けなければなりません。 経営改善には、本業に競争力の強化を実施します。 会社がもともと持っている強みを作り、弱みを改善するようにします。 自社製品で売り上げの高い商品やサービスなどを拡大して、技術やノウハウを伸ばすようにします。 取引先との優良な関係を築いておくことも対セルになります。 経営体制の総点検も実施しておきます。 ステップ2で会社の経営状況などを把握したうえで、会社の役職員の職制、職務権限などを明確にしておくことで、内部統制を図っておきます。 そのほかには、事業に不必要な資産や滞留在庫の処分、余剰負債の返済も実施して、経営資源をスリム化して、後継者が喜んで事業承継したいと思う会社に磨き上げを実施します。 ステップ4では、事業承継計画の策定になります。 事業承継計画の策定は、親族内承継や親族外承継の場合に実施します。 ステップ2及び3によって、会社の経営状況を把握して、経営改善を含めた事業承継計画に策定をします。 会社や会社を取り巻く環境を整理したところで、事業承継の実行までを計画します。 後継者の教育も含めて、10年先を見据えた具体的な計画を立てる必要があります。 いつ、どのようにするのかを明確にすることで、スムーズな事業承継が可能になります。 計画を策定後は、現経営者はもちろんですが、後継者や関係者と共有しておいた方が良いでしょう。 具体的な目標を設定して、スムーズに事業承継ができるように、課題を整理して、より実効的な事業承継計画を策定します。 事業承継を社外への引継ぎとする場合は、M&Aを実施することになるのでM&A仲介会社を選定します。 現経営者自身でM&Aを実行しようと考えても、専門的な知識が必要になるので現実的には難しいでしょう。 M&A仲介会社を利用すれば、適切なアドバイスを受けることができ、買収先の会社を探すこともできます。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継、親族外承継、社外への引継ぎ(M&A)の3つがあります。
親族内承継は、現経営者の子供や配偶者、兄弟などに事業を承継させる方法です。 現在、事業承継の中では親族内承継を実施する中小企業が以前よりも減っている傾向がありますが、それでも最も多い方法になります。 親族内承継は、会社内や取引先などからも理解を得られやすく、株式などの移転もしやすい方法になります。 また、後継者になる意思確認ができれば、すぐにでも後継者教育を始めることができるので、より計画的に事業承継を実行することが可能になります。 しかし、最近では職業の多様化や子供自身の意思を尊重するなどを背景として、親族内承継が難しくなっています。 現経営者の子供が大学を卒業して、やりたい仕事ができる会社に入社してしまう場合もあり、家業があっても後は継がないという選択をするケースもあります。 次に、親族外承継は役員・従業員承継という場合もあります。 会社の役員や従業員を後継者として事業承継をする方法を言います。 役員や従業員の中から後継者を選任する場合は、経営者としての資質や能力があるか、という点で選定されます。 役員や従業員は、すでに自社の社員であるため事業内容や経営方針、理念などを理解しているので、一貫性を保ちやすく後継者教育も短縮できます。 親族外承継の場合、事業承継をする段階で株式の買い取りで資金調達が難しいとされてきましたが、種類株式や持株会社の設立などを活用できることで解決できます。 また、事業承継税制についても親族外承継を実施した場合でも適用されるようになったので、より役員や従業員を後継者としやすくなっています。 社外への引継ぎは、親族内や役員、従業員の中に適任の後継者がいない場合に選択されやすい事業承継の方法です。 社外への引継ぎは、M&Aなどで実施されることが多く、外部から広く候補者を選択でき、買収先の会社によって、現経営者は収益を得ることも可能になる方法です。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は現在、増加傾向にある方法の一つです。
以前は、大手企業が事業再編や事業拡大などの手法として用いられることが多かったですが、近年では中小企業の存続のために実施されることも多くなってきています。 M&Aは合併と買収を意味していますが、中小企業の事業承継では買収が選択されることが多いでしょう。 事業承継に悩む経営者が買収先の会社に売却することで、会社を存続させて後継者がいないという理由で、廃業をしなくても済む方法であると認知されつつあります。 以前であれば、後継者がいなければ自分の代で廃業しようと考えていた経営者も、M&Aが選択できることを知ってからは、後継者がいない場合はM&Aを実施する選択もできます。 事業承継におけるM&Aを実施するには、売却の希望の条件を検討します。 例えば、できるだけ高く買って欲しい、従業員の雇用は守って欲しい、会社名は残して欲しい、などの条件を検討します。 そして、会社を買収してくれる会社に対して「買いたい」と思われるように、会社の経営状況を整理しておきます。 このようにして準備ができたら。M&A仲介会社を選定して仲介契約を結びます。 M&A仲介会社以外にも地域の事業引継ぎセンターや商工会議所にも相談できます。 M&Aを仲介してもらえるように、仲介契約を結ぶと買収先の会社を複数紹介してもらえます。 その後の取引については、経営者自身が打診をして交渉を数回して、売買に対する基本合意ができれば契約を結ぶことになります。 買収を決めた会社は、買い取る会社に対して買収監査(デューデリジェンス)を実施して、問題なくM&Aができるか検討します。 その後、何も問題がなければM&Aの最終的な売買契約を結んで、クロージングになります。 M&A仲介会社によっては、M&Aが成立した後もサポートしてくれるところもあります。 M&Aが成立するまでには、数か月から数年かかる場合もあるので、M&Aで事業承継をしようと決断したのであれば、できるだけ早くM&A仲介会社を選定して、マッチングをしてもらうようにしましょう。

鳥取県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社フォーバル

株式会社フォーバルは、中堅・中小企業に特化したM&A仲介会社で、鳥取県の中小企業や小規模企業でも十分にM&Aのサポートが受けられる仲介会社です。 大阪、名古屋、横浜、福岡、浜松、仙台、神戸、札幌、京都にも支店や営業所があり、全国の中小企業のM&Aを成立させています。 株式会社フォーバルでは「フォーバル事業承継」として、事業承継を含めたM&Aのサポートを実施しており、事業承継における経営者だけでなく、従業員や取引先のことまで考えた事業承継のサポートを実施しています。 豊富なノウハウと実践的なアドバイスを基にM&Aのサポートも十分にしてくれます。 規模が小さい会社でも対応してくれます。 これまで、会社の規模が小さいから、と諦めていた会社の経

株式会社共生基盤

株式会社共生基盤は、本社を東京都に構えますが、全国の中小企業へのM&Aの提案とアドバイスを実施しているM&A仲介会社です。 そのほかにも、PMI及びM&Aコンサルティング、顧問、経営アドバイス、経営相談、セミナー講師なども実施しています。 多くのM&Aの実績を持ち、中規模や小規模の会社のM&Aを多く取り扱っています。 中でも小規模なM&A案件を得意としており、従業員数が少ない会社や個人事業主でも相談に乗ってくれます。 株式会社共生基盤では、M&A可能性簡易診断サービス「Ureruca」を無料で利用することができ、事業承継で後継者がいないことを理由に廃業を考えている経営者は、診断サービスを受けてみると良いでしょう。 簡単な質問に答えて、送信するだけで診断を受けることができます。 問い合わせに対しても、24時間以内には返信をするとしており、レスポンスの速さも魅力的です。

株式会社事業承継JMA

株式会社事業承継JMAは、鳥取県米子市に事務所を構えた地域に密着したM&A仲介会社です。 公認会計士、税理士がスタッフとして在籍しており、事業承継に悩む中小企業の経営者の相談に乗ってくれます。 事業承継は、会社の経営者にとって最後の仕事をして捉え、親族内承継や従業員承継、M&Aに対応しているM&A仲介会社です。 会社の存続を一番に考え、どのように事業承継をしていくか、という点についてサポートを実施しています。 事業承継を考える中で、M&Aと言う選択肢があることを教えてくれる会社でもあります。 経営コンサルタントと言う一面もあり、コーポレートアドバイザリーや企業再生支援なども実施しているので、廃業するしかない、と諦める前に相談に行ってみると良いでしょう。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは本社を東京都に構えており、大阪、名古屋、福岡に支店を持ち、札幌、中四国、沖縄に営業所を構えています。 国内の支店や営業所を拠点に、全国のM&A仲介をしており、シンガポールにもオフィスを構えています。 株式会社日本M&Aセンターは、M&A業界のリーディングカンパニーとして多くのM&Aの成立実績があり、年間649件、会社設立以来、累計で4500件以上のM&Aを成立させています。 M&Aを会社の新しいステージと考え、M&Aの成立だけでなく成立後のフォロー体制も整っています。 料金体系は仲介契約を結ぶと着手金がかかり、M&Aが成立した時に成功報酬がかかります。 全国の地方銀行や信用金庫、会計事務所とのネットワークが確立されているので、鳥取県に所在地をおく中小企業でも十分に対応してもらえるM&A仲介会社です。

まとめ

鳥取県内の中小企業は、後継者がいないというところが多く、事業承継が思うように進んでいない地域だと言えるでしょう。 このままでは、鳥取県内の経済も衰退の一途をたどる可能性が高くなるので、事業承継について現経営者が対応を早くする必要があるでしょう。 事業承継について、後継者がいないという問題は深刻ではありますが、親族や従業員・役員からの選任が難しいのであれば、M&Aを活用する方法もあるでしょう。 M&Aを活用すれば、後継者がいないという問題も解決できるのではないでしょう?

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら