アーンアウト条項

アーンアウト条項

アーンアウト条項とは、ある一定の条件・目標を達成した場合に、M&Aの対価を支払う旨を定めた条項です。 つまりM&A後、売り手側の事業が目標を達成するまで、買い手側は対価を支払いませんと約束する事です。 ただし一般的には、全額ではなく一部の対価について、この条項を定めます。 この条項をM&A契約に入れる事で、買い手側は必要以上に高額な対価を支払うリスクを回避出来ます。 一方で売り手側からすると、目標を達成すればさらなるキャッシュを獲得できます。 目標となる指標には、営業利益や売上高、フリーキャッシュフローなどを用います。

関連記事

会社売却の方法とは?M&A手続きの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点を解説

会社売却の方法とは?M&A手続きの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点を解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあります。一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。会社を売却するメリット・デ...

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書は、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。こ...

アーンアウトとは?意味やアーンアウト条項が利用されたM&A事例について解説

アーンアウトとは?意味やアーンアウト条項が利用されたM&A事例について解説

アーンアウト条項とは、M&A取引後の一定期間において対象事業が目標を達成した際に買い手が売り手に対して買収対価の一部を支払う規定です。アーンアウト条項を利用したM&Aでは当事会社...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)