エスクロー

エスクロー

エスクローとは、M&Aの売り手・買い手の間に第三者の金融機関を介入させて、条件付きで売り手側に買収金額を支払う仕組みです。 具体的には、あらかじめ買い手側が買収代金を金融機関に預け入れておきます。 その後、双方が定めた条件が満たされた際に、売り手側に買収代金が支払われる流れとなります。 現状日本では、大規模なM&Aを除いてあまり用いられていない手法です。 しかし、中小企業のM&Aにおいても有効な手法なため、将来的に活用事例は増加するでしょう。

関連記事

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書は、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。こ...

クロスボーダーM&Aを成功させるには

クロスボーダーM&Aを成功させるには

国内市場の縮小や経営のグローバル化により競争がますます激化する環境下、クロスボーダーM&Aは、効率的かつスピーディーな海外進出を可能にする有効な手段です。しかしクロスボーダーM&...

測量会社のM&A動向!計量証明・測量請負会社の売却事例はある?

測量会社のM&A動向!計量証明・測量請負会社の売却事例はある?

本記事では、測量業界が抱えている厳しい現状や測量会社のM&A動向、M&Aによる売却・譲渡を成功させるポイントなどを解説しています。そのほか、計量証明事業所・測量請負事業会社のM&...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)