デットファイナンス

デットファイナンス

デットファイナンスとは、負債を増加させる形で実施する資金調達方法です。 具体的には、社債の発行や金融機関からの借り入れなどが該当します。 一方で、増資や株式・新株予約権の発行等、株主資本を増加させる資金調達をエクイティファイナンスと呼びます。 デットファイナンスはいわば借金であるため、いずれ返す義務があります。 そのため、デットファイナンスが多いほど、将来的にキャッシュフローが悪化する可能性が高いです。 ただし、エクイティファイナンスが多すぎても、経営権が揺らぐリスクがあります。 M&Aを実施する際には、双方のバランスを考慮して、買収するか判断するのが大事です。

関連記事

エクイティファイナンスとは?メリット・デメリットや種類やM&A戦略での活用を解説

エクイティファイナンスとは?メリット・デメリットや種類やM&A戦略での活用を解説

エクイティファイナンス(Equity Finance)は、エクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達方法のことです。エクイティファイナンスには新株や新株予約権付社債の発行などがあります。この...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)