リテイナーフィー

リテイナーフィー

リテイナーフィーとは、M&A仲介業者に支払う月額報酬です。M&Aを実施する際、手数料を支払う必要があります。リテイナーフィーの対象期間は、M&A候補会社の紹介から交渉が終了するまでとされています。

関連記事

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aには、仲介会社の依頼報酬や各M&A手法で生じる税金などさまざまな費用がかかるため、事前に相場や計算方法を知っておくとよいでしょう。この記事では、M&Aにおける費用の...

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは、M&A仲介会社の成功報酬を算出するための計算式です。取引金額のベースに何を用いるかによって、レーマン方式で算出する成功報酬額は大幅に変動します。取引金額の種類が変われば...

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとはM&A仲介業者に支払う月額報酬(定額顧問料)のことで、月額およそ100 万円〜300万円程度が相場の目安とされています。リテイナーフィーを支払えばM&Aの成功...

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

この記事では、会社を売る方法をはじめ、会社を売るための準備や高い値段で売る条件、メリット・デメリット、企業価値算出方法などについて解説します。会社を売る際は、円滑に進めるためにもM&A仲...

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いられる契約書およびそれに準ずる書類は、機密保持契約書、仲介契約書、アドバイザリー契約書、意向表明書、基本合意書、最終契約書です。本記事では、それぞれのM&Aの契約書の...

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツを解説

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツを解説

M&Aにおける手数料の相場は、着手金・中間金・成功報酬などに分類されています。特に成功報酬の算出方法には注意が必要です。本記事では、M&Aで発生する手数料の相場や種類、金額を抑え...

M&Aの流れ・手順!検討・相談からクロージングまで図解で徹底解説【M&A担当者・経営者向け】

M&Aの流れ・手順!検討・相談からクロージングまで図解で徹底解説【M&A担当者・経営者向け】

M&Aは準備、交渉、契約、完了と進んでいきますが、各段階で注意すべき点があるので事前に手続きを把握するとよいでしょう。この記事では、M&A仲介会社やアドバイザリーにサポートしても...

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

事業承継の手続きの流れや必要書類・税金を紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継の手続きの流れや必要書類・税金を紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継に必要な手続きは、法人と個人事業主で異なります。法人の事業承継は基本的な手続きの終了後に、個人事業は後継者が同じ屋号を用いて開業することで完了となる仕組みです。本記事では、法人と個人事業...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)