リテンション

リテンション

リテンションとは、売り手側の経営陣や重要な従業員を、M&A実行後も事業運営に留まらせることです。 M&Aを成功させる為には、それまで事業を拡大させてきた人材の確保が非常に重要です。 経営陣や従業員が抜けてしまうと、M&A後の業績が悪化する恐れがあります。 そのため、M&Aの際にリテンションについて契約で定めるケースは少なくありません。 リテンションを実施する手段として最も一般的なのが、金銭的なボーナスの支給です。 ただし金銭的なインセンティブだけだと、留まった人材のモチベーションが低下する可能性があります。 したがって、それ以外のインセンティブについても考える必要があります。

関連記事

M&Aの課題とは?中小企業における人材流出・システム統合における課題

M&Aの課題とは?中小企業における人材流出・システム統合における課題

M&Aには多くの課題があり、課題ごとに解決方法が異なります。M&Aの相手先が見つからない、企業評価がうまくいかないなど、中小企業におけるM&Aの課題、M&A後の人...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)