レバレッジ効果

レバレッジ効果

レバレッジ効果とは、借り入れの実施により、実施しない時よりも自己資本利益率(ROE)が高まる効果を指します。 M&Aの際に借り入れを行えば、少額の自己資金で大規模なM&Aが実施できる上に、ROEが高まります。 ただし期待した利益が得られなかった際には、倒産リスクが高まります。 また、借入金に対する利子率が高いほど、レバレッジ効果は減少します。 したがってM&Aの際には、借入金の額や借入利率についてしっかり考慮した上で、ファイナンス政策を立てるのが大事です。

関連記事

企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説

企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説

M&Aや事業投資を検討あるいは実施する際に、企業価値という用語をよく耳にします。企業価値は事業運営を進めるうえで、知っておくべき概念ともいえるものです。この記事では、企業価値とはどのよう...

企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値評価には3つの方法があり、企業価値をする理由によって評価方法が異なります。企業価値評価方法を知ることで、企業価値をどのように高めるべきかを知ることができるはずです。企業価値評価の基礎知識...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)