価格調整条項

価格調整条項

価格調整条項とは、M&Aの最終契約からクロージング日までの企業価値変動を考慮して、買収価格を決定する旨を定めた条項です。 具体的には、契約日とクロージング日間における在庫や収益などの変動を、M&Aの価格に反映させます。 価格調整条項を定める場合には、どこまでの範囲について調整するのかを厳密に決める必要があります。 また、価格調整の算出には専門的な知識が必要な為、専門的なM&Aアドバイザーの助力を得るのが好ましいです。 ただしほとんどのM&Aでは、契約で定めた価格をクロージングの日に変更しません。

関連記事

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと...

M&Aのクロージングとは?手続きの流れや期間、前提条件を決める方法、必要書類も紹介

M&Aのクロージングとは?手続きの流れや期間、前提条件を決める方法、必要書類も紹介

M&Aの取引では、最終契約を締結してもその後に資産移転などの手続きが必要です。この手続きを「クロージング」といいます。しかし、用いたM&Aの手法によって行うべき手続きが異なります...

M&Aの税務

M&Aの税務

M&Aでは金銭の授受があるため、そこに必ず税務が生じます。またM&Aでは譲受対象が株式、事業、資産、権利など様々であり、それぞれにおいて税務は違います。さらに個人、法人でも税務は...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)