利益相反取引

利益相反取引

利益相反取引とは、一方にとって利益になるものの、他方にとっては不利益を被る取引のことです。 具体的には、取締役が自身や第三者の為に会社と取引をするケースなど、取締役と会社の利害が相反する取引が当てはまります。 会社に対して損害を与える可能性がある為、取締役が利益相反取引を実施する際には、取締役会や株主総会で承認を受ける義務があります。 またM&A取引では、売り手側は極力高い値段で会社を売却したい一方で、買い手側は極力安い価格で買収したいと考えるのが一般的です。 M&A自体が利益相反取引である為、両者の公平性を担保した取引を実施するのが大事です。

関連記事

M&Aにおける銀行の役割

M&Aにおける銀行の役割

中小企業の有力な資金調達先である銀行は、M&Aでも欠かせない存在です。銀行はM&A向け融資だけでなく、M&Aアドバイサリー業務も担います。銀行をM&Aアドバイザリーとする際の注意点、M&Aでの銀...

株主総会における決議事項の種類と決議方法

株主総会における決議事項の種類と決議方法

株主総会は株式会社の最高意思決定機関であるため、会社法によって定められたルールに従わなければなりません。会社法では株主総会の決議の種類や決議事項が定められているので、本記事ではこれらの点を踏まえ...

競業避止義務とは?意味や判例、M&Aでの活用方法を解説

競業避止義務とは?意味や判例、M&Aでの活用方法を解説

会社の利益を守るために競業避止義務を厳格に設定しておきたいというのが経営者の本音です。しかし従業員・取締役の職業選択の自由を侵害することは憲法義務違反であり、感情に任せた非合理的な措置は認められ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)