利益相反取引

利益相反取引

利益相反取引とは、一方にとって利益になるものの、他方にとっては不利益を被る取引のことです。 具体的には、取締役が自身や第三者の為に会社と取引をするケースなど、取締役と会社の利害が相反する取引が当てはまります。 会社に対して損害を与える可能性がある為、取締役が利益相反取引を実施する際には、取締役会や株主総会で承認を受ける義務があります。 またM&A取引では、売り手側は極力高い値段で会社を売却したい一方で、買い手側は極力安い価格で買収したいと考えるのが一般的です。 M&A自体が利益相反取引である為、両者の公平性を担保した取引を実施するのが大事です。

関連記事

会社解散の手続き方法とは?清算までの流れ、費用、スケジュール、必要書類も解説

会社解散の手続き方法とは?清算までの流れ、費用、スケジュール、必要書類も解説

会社解散には一定以上の時間と手間、コストがかかります。会社解散の種類には任意解散、強制解散、みなし解散があり、煩雑です。そのため、手続きを熟知した専門家の助けを借りることも重要です。そこで今回は...

M&Aにおける銀行の役割

M&Aにおける銀行の役割

中小企業の有力な資金調達先である銀行は、M&Aでも欠かせない存在です。銀行はM&A向け融資だけでなく、M&Aアドバイサリー業務も担います。この記事では、M&Aにお...

企業買収における株式交換

企業買収における株式交換

株式交換は組織再編のみならず企業買収の際にも使われます。企業買収では少数株主の株式を強制的に取得できるため、買収をスピーディーに進められる特徴があります。企業買収における三角株式交換、メリット・...

株主総会における決議事項の種類と決議方法

株主総会における決議事項の種類と決議方法

株主総会は株式会社の最高意思決定機関であり、会社法によって定められたルールに沿って開催・運営しなければなりません。会社法では株主総会の決議の種類や決議事項が定められているため、本記事ではこれらの...

競業避止義務とは?意味や判例、M&Aでの活用方法を解説

競業避止義務とは?意味や判例、M&Aでの活用方法を解説

会社の利益を守るために競業避止義務を厳格に設定しておきたいのが経営者の本音です。しかし従業員・取締役の職業選択の自由を侵害することは憲法義務違反であり、感情に任せた非合理的な措置は認められません...

M&A仲介のビジネスモデルを解説!報酬や戦略は?

M&A仲介のビジネスモデルを解説!報酬や戦略は?

近年、M&A仲介というビジネスモデルが注目を集めています。新型コロナウイルスの感染拡大による国内外の経済活動への影響も危惧されるなか、M&A仲介は堅調な動きを見せています。今回は...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)