単元株制度

単元株制度

単元株制度とは、ある一定数の株数を一単元とし、一単元=一議決権とする制度です。 単元株制度には、資金調達の円滑化や株式流動性の向上等のメリットがあります。 単元未満株式が発生した場合、株主は会社側に株式の買取を請求できます。 敵対的M&Aへの対策として株式分割を実施する際には、単元未満株式の発生に注意しましょう。

関連記事

株主総会とは?意味や時期、決議事項やスケジュールを解説

株主総会とは?意味や時期、決議事項やスケジュールを解説

株主総会は株式会社における最も重要な意思決定機関です。スケジュールや決議の種類などルールに沿って開催しなければならず、株主総会について正しい知識を持っていなければなりません。株主総会の意味や時期...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)