意見表明報告書

意見表明報告書

意見表明報告書とは、TOB(公開買い付け)の実施時に、被買収側の経営陣が当該TOBに対する意見を表明する報告書です。 具体的には、TOBに賛成か否かに関する意見を表明します。 TOBによるM&Aを実施する際には、公開買付開始公告が行われた日から10営業日以内に、意見表明報告書を内閣総理大臣に提出する必要があります。 なお提出された意見表明報告書は、公衆の縦覧に供される為、一般投資家でも閲覧できるようになります。

関連記事

テンダー・オファー

テンダー・オファー

テンダー・オファーとは、株式市場を介さずに、不特定多数の株主から大量に株式を取得する買収手法であり、別名でTOBとも呼ばれます。テンダー・オファーには、買収に要する時間短縮、株価高騰のリスクを低...

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは買収を目的に実施されるM&A手法の1種であり、友好的TOB・敵対的TOBの2種類があります。TOBは大規模な買収案件で用いるケースがほとんどですが、周囲に与える影響が大きいため厳格な手...

TOBの手続きの方法や期間を実例を元に解説【エナリス/シーズ/キタムラ】

TOBの手続きの方法や期間を実例を元に解説【エナリス/シーズ/キタムラ】

TOBとは、株式市場外から株式を買い集める公開買付けのことです。株価へ与える影響の大きさから、事前公告や書類提出などの手続きを正しい手順で行う必要があります。本記事では、TOBの手続きの方法や実...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)