潜在株式

潜在株式

潜在株式とは、現在は存在しないものの、将来的に発行される可能性のある株式を指します。 具体的には、新株予約権(ストックオプション)や新株予約権付社債が潜在株式に該当します。 潜在株式が実際に発行された場合、株式の希釈化が生じます。 特にM&Aを実施する際には、売り手企業の潜在株式の有無に注意する必要があります。 潜在株式が発行されると、希釈化に加えて株数も増えます。 その結果、M&Aによって得た株式所有割合が低下し、経営権を維持出来なくなる恐れがあります。

関連記事

会社を売りたい

会社を売りたい

希望価格で会社を売るには、会社を磨き上げる努力をしながら多角的な視野を持ち、利益が最大になる方法を実践しましょう。本記事では、会社を売る方法をはじめ、値段の決め方や希望価格で売却する準備などをま...

M&A手法の株式譲渡とは?事業譲渡との違い、メリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

M&A手法の株式譲渡とは?事業譲渡との違い、メリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

株式譲渡とは、株式を譲渡して経営権を移行する手法です。中小企業のM&Aで多く活用されており、株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。この記事では、株式譲渡のメリット・デメリ...

株式譲渡の方法とは?未上場企業、有限会社の手続きも紹介

株式譲渡の方法とは?未上場企業、有限会社の手続きも紹介

株式譲渡は、M&A・事業承継において最も使われている手法ですが、株主総会・取締役会が設置されているか否かで手続き方法が異なります。この記事では、株式譲渡の方法はどのようなものか、未上場企...

ストックオプションとは?行使時の会計処理や仕訳をわかりやすく解説

ストックオプションとは?行使時の会計処理や仕訳をわかりやすく解説

ストックオプションはインセンティブとして活用できる一方、注意すべき点も多くあり、実際に導入する際は慎重に検討する必要があります。ここでは、ストックオプション概要や仕組みをはじめ、メリットとデメリ...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)