規模の経済性

規模の経済性

規模の経済性とは、生産規模が大きくなるほど生産に必要なコストが減少し、競争上有利になる現象を指します。 規模の経済性により生産コストが減少すると、低価格で商品を提供できたり、利益率が向上します。 規模の経済性を得るためには、大規模な設備投資や水平型M&Aによる買収が有効です。 特にM&Aを活用すれば、短時間かつ低リスクで規模の経済性を得ることが可能です。 また、規模の経済性が働く業界においては、経営資源に乏しい中小企業の生き残りは困難です。 そのため、生き残りをかけてM&Aを実施する中小企業が近年増加しています。

関連記事

M&Aのメリット・デメリットとは?買い手・売り手別、M&A戦略策定、手法別の効果を紹介

M&Aのメリット・デメリットとは?買い手・売り手別、M&A戦略策定、手法別の効果を紹介

M&Aのメリット・デメリットには、さまざまなものがあります。また、売り手・買い手という立場の違いで内容が異なるので注意が必要です。本記事では、M&Aのメリット・デメリットを各手法...

保険代理店のM&A・買収・売却!業界動向、メリット、成功のポイント、相場を徹底解説

保険代理店のM&A・買収・売却!業界動向、メリット、成功のポイント、相場を徹底解説

保険代理店業界は、超高齢社会の影響で市場規模が縮小傾向にあります。一方、保険ショップ型店舗やインターネットを活用した契約などで競争が激化している状況です。ここでは、既存の保険代理店が生き残るため...

事業の多角化

事業の多角化

事業の多角化とは、既存の製品や市場とは異なる新たな市場に事業分野を展開する戦略のことです。本記事では、事業を多角化するメリットとデメリットのほか、事業の多角化を成功させるポイントや事業を多角化し...

M&Aで得られるシナジー効果とは?メリット、種類、分析時のフレームワークを解説【事例あり】

M&Aで得られるシナジー効果とは?メリット、種類、分析時のフレームワークを解説【事例あり】

M&Aでは、売上・コスト削減などのシナジー効果が期待できます。特にフレームワークを用いた戦略的なM&Aは、大きなシナジーを得ることが可能です。今回は、M&Aで生じるシナジ...

エムアンドエー(M&A)とは何かを徹底解説!

エムアンドエー(M&A)とは何かを徹底解説!

近年、エムアンドエー(M&A)を行う企業が増えており、エムアンドエー(M&A)という言葉を見聞きする機会も増加しています。しかし、エムアンドエー(M&A)について詳しい人...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)