買収監査

買収監査

買収監査とは、M&Aの際に相手企業の財務状況や事業内容について調査する行為です。 デューデリジェンスと呼ばれる事も多いです。 M&Aの際には、財務や法務、税務などの分野について買収監査を実行します。 買収監査には専門的な知識が必要なため、税理士や弁護士に業務を依頼するのが一般的です。 M&A後のトラブルやリスクを避ける上でも、買収監査の実施は不可欠です。

関連記事

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

簿外債務

簿外債務

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。しかしM&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生し...

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと、責任を...

M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

M&Aの失敗要因には、買収先との関係悪化によるM&A失敗、デューデリジェンス不足によるM&A失敗、クロージング後のM&A失敗があります。東芝やキリンが行ったM&Aの失敗事例も解説します。

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスは、プレディールとディール実行で成り立ちます。プレディールは、M&Aを行う対象となる企業のリサーチや準備を行うプロセス。ディール実行は、M&Aに繋がる契約を行うプロセスです。M&...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。最終契約...

事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

事業譲渡を用いたM&Aを成功させるためには、どのような手続きが必要になるか把握する必要があります。また、事業譲渡における注意点も把握しておかなければなりません。この記事では、事業譲渡を実施する際...

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aでは準備段階、交渉段階、契約段階、完了段階と進んでいきます。各段階で注意すべき点があり、M&Aの費用や方法について理解を深めることも大切です。M&A仲介会社やアドバイザリーにサポートしても...

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査はデューデリジェンスとも呼ばれ、M&Aを実施するときに買収先企業の資産・負債などを詳細に調査する行為です。買収監査には多くの費用や時間が必要となるほか、念入りに実施しないと簿外債務などを...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)