買収監査

買収監査

買収監査とは、M&Aの際に相手企業の財務状況や事業内容について調査する行為です。 デューデリジェンスと呼ばれる事も多いです。 M&Aの際には、財務や法務、税務などの分野について買収監査を実行します。 買収監査には専門的な知識が必要なため、税理士や弁護士に業務を依頼するのが一般的です。 M&A後のトラブルやリスクを避ける上でも、買収監査の実施は不可欠です。

関連記事

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリッ...

簿外債務

簿外債務

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。しかしM&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題...

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金、高値で売るコツも紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金、高値で売るコツも紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

M&Aの失敗要因には、買収先との関係悪化によるM&A失敗、デューデリジェンス不足によるM&A失敗、クロージング後のM&A失敗があります。この記事では、M&...

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aを成功させるためには、各プロセスのポイントを把握することが不可欠です。M&Aの戦略選定から相手選び、交渉、基本合意書の締結、デューデリジェンス、最終契約とクロージング、そし...

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書は、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。こ...

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aの際に売り手企業を調査するデューデリジェンスは、さまざまな観点で行われます。本記事では、あまり取り上げられる機会の少ないビジネスデューデリジェンスにフォーカスしました。ビジネスデュ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)