買戻条項

買戻条項

買戻条項とは、M&A等の売買契約を締結する際に、一定の条件で対象物を売り手が買い手から買い戻す旨を定めた特約のことです。 M&Aでは、経営権が移転することで権利関係が複雑となるため、最終契約で買戻条項を定めることは滅多にありません。 ベンチャー企業がベンチャーキャピタルから投資を受ける際に、買戻条項を定めるケースが多いです。 具体的には、目指していた上場が絶望的となった場合に、ベンチャーキャピタルから株式を買い戻す義務が発生します。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)