EPS

EPS

EPS(Earnings Per Share)とは、一株あたり当期純利益を意味します。 EPSは、当期純利益を発行済株式総数で割ることで求められます。 分母の株式総数には、自社株式が含まれていません。 その為自社株の取得を実施すると、EPSの数値は上昇します。 また株価をEPSで割ることで、株価の割安感(割高感)を測るPER(株価収益率)を算出できます。 M&Aの実施で欠かせない企業価値を計算する際に、PERを用いる場合があります。

関連記事

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

会社経営において、運営状態を把握して自社の経営状況を鮮明に可視化するには、経営分析の方法や種類などを理解しておく必要があります。この記事では、経営分析について、方法・目的・種類、財務分析との違い...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)