IFRS

IFRS

IFRS(国際財務報告基準)とは、世界的に通用する会計基準のことです。 近年は急激にその普及は広まっており、日本の会計基準にも様々な影響を与えています。 IFRSと日本の会計基準は、様々な点で異なっています。 例えば、M&Aによって発生するのれんの扱い方が顕著な例です。 日本の会計基準では、のれんに関しては規則的に減価償却する事が義務付けられています。 一方でIFRSでは、M&Aによって生じたのれんについては、減価償却を実施しません。 国際的な会計基準であるIFRSに変更する事で、世界的にその企業価値を認められます。 海外企業とのM&Aを実施する上で、IFRSの適用は不可欠といっても過言ではありません。

関連記事

営業権の償却

営業権の償却

営業権の償却とは、M&Aで買収した会社について、何年も利用できる資産の経費を数年に分けて返済するプロセスのことです。平成29年の税制改正によって営業権の償却額の計算で月数按分が必要となった点など...

M&Aにおけるのれん

M&Aにおけるのれん

M&Aの買収価格のうち、対象企業の時価純資産額を上回る分をのれんと言います。のれんはブランド力やノウハウなどの無形資産の価額です。そのため、のれんの評価を見誤るとM&A後にのれんの減損処理をする...

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

M&Aで発生した「のれん代」は、一定期間内にのれん償却する必要があります。のれん償却の期間は、投資回収を考慮し最長20年以内に設定しましょう。会計基準にIFRSを採用し、のれん償却しない選択も1...

のれん償却期間とは?会計基準と税務

のれん償却期間とは?会計基準と税務

買収時に上乗せしたのれんは、無形固定資産として計上し、一定期間にわたり償却する決まりとなっています。会計上は最大20年以内で、自由にのれん償却期間を設定出来ます。買収におけるのれん償却期間、会計...

EBITDAとは?倍率・意味・計算方法をわかりやすく解説

EBITDAとは?倍率・意味・計算方法をわかりやすく解説

株式投資やM&Aで役立つEBITDAは、「イービットディーエー」「イービットダー」と呼ばれています。国際間で収益性やM&Aの実行可否を判断できる点は、EBITDAの大きなメリットです。EBITD...

企業結合とは?種類や独占禁止法の規制やM&Aの会計処理をわかりやすく解説

企業結合とは?種類や独占禁止法の規制やM&Aの会計処理をわかりやすく解説

企業結合は、日本会計基準とIFRS(国際会計基準)とでは定義が異なり、取得資産が「事業」に該当するのか「単なる資産の集合体」に該当するのかによって会計処理が変わってきます。ここでは、企業結合の意...

負ののれんとは?のれんとの違いや発生原因、事例をご紹介

負ののれんとは?のれんとの違いや発生原因、事例をご紹介

負ののれんは買い手となる会社にとっては一見利益のように見えるものですが、あくまで一時的な発生益に過ぎずその本質は潜在的なリスクだといえます。負ののれんが発生した際には適切な対処を行い、リスクを取...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)