IFRS

IFRS

IFRS(国際財務報告基準)とは、世界的に通用する会計基準のことです。 近年は急激にその普及は広まっており、日本の会計基準にも様々な影響を与えています。 IFRSと日本の会計基準は、様々な点で異なっています。 例えば、M&Aによって発生するのれんの扱い方が顕著な例です。 日本の会計基準では、のれんに関しては規則的に減価償却する事が義務付けられています。 一方でIFRSでは、M&Aによって生じたのれんについては、減価償却を実施しません。 国際的な会計基準であるIFRSに変更する事で、世界的にその企業価値を認められます。 海外企業とのM&Aを実施する上で、IFRSの適用は不可欠といっても過言ではありません。

関連記事

事業譲渡で発生するのれんとは?会計・税務上の取扱いをわかりやすく解説

事業譲渡で発生するのれんとは?会計・税務上の取扱いをわかりやすく解説

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り...

営業権の償却

営業権の償却

営業権の償却とは、M&Aで買収した会社について、何年も利用できる資産の経費を数年に分けて返済するプロセスのことです。平成29年の税制改正によって営業権の償却額の計算で月数按分が必要となっ...

M&Aの手法・やり方とは?分類一覧・選ぶ際のポイント・メリット・デメリット、税金も解説

M&Aの手法・やり方とは?分類一覧・選ぶ際のポイント・メリット・デメリット、税金も解説

株式譲渡、第三者割当増資、株式交換・株式移転、TOB、MBO、事業譲渡、吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割は全てM&Aの手法です。本記事では、さらに広義のM&A手法も含めた各...

M&Aにおけるのれんとは?会計処理・償却期間・減損損失対策について専門家が解説!

M&Aにおけるのれんとは?会計処理・償却期間・減損損失対策について専門家が解説!

M&Aにおける買収金額のうち、対象企業の時価純資産額を上回る分をのれんといい、簡単にいうとブランド力やノウハウなど無形資産の価額です。本記事では、M&Aののれんの会計処理や償却期...

M&Aの株式譲渡とはどんな手法?実例や事業譲渡との違いから種類や方法・注意点まで総まとめ

M&Aの株式譲渡とはどんな手法?実例や事業譲渡との違いから種類や方法・注意点まで総まとめ

株式譲渡は、会社の経営権を移行するために株式を譲渡する手法のこと。M&Aの手法としても、中小企業の利用が多く、株式譲渡は買い手側と売り手側にもメリットがある方法として知られています。本記...

M&Aの事業買収はどんな効果をもたらす?メリット・デメリット・その他の手法との違いや事例を基に紹介

M&Aの事業買収はどんな効果をもたらす?メリット・デメリット・その他の手法との違いや事例を基に紹介

事業買収は、M&Aの方法として一般的な手法となりつつあります。中小企業や個人においても従業員や事業を守る方法として注目を集めています。本記事では、M&Aの事業買収の効果を最大限高...

企業買収とは?M&Aとの違い・仕組み・社内への影響をわかりやすく解説

企業買収とは?M&Aとの違い・仕組み・社内への影響をわかりやすく解説

企業買収は今や一般的な経営戦略として扱われており、企業買収を視野に入れて経営をしている企業も少なくありません。本記事では企業買収の目的や仕組み、M&Aとの違いなどをまとめました。買収され...

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

M&Aで発生した「のれん代」は、一定期間内にのれん償却する必要があります。のれん償却の期間は、投資回収を考慮し最長20年以内に設定しましょう。会計基準にIFRSを採用し、のれん償却しない...

のれん償却期間とは?会計基準と税務

のれん償却期間とは?会計基準と税務

買収時の「のれん」は無形固定資産として計上し、一定期間にわたり償却する決まりとなっています。この記事では、買収におけるのれん償却期間、会計基準におけるのれん償却期間と方法、回収期間に基づくのれん...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)