WACC

WACC

WACCとは、加重平均資本コストを意味します。 簡単にいうと、株主(経営者)の持つ資本と負債の構成を加味した上で算出した資金調達コストのことです。 企業価値を算出する手法の一つである「DCF法」にて、割引率にWACCが用いられます。 毎年のフリーキャッシュフローを、WACCを用いて現在価値に割り引くことによって、企業価値を算出できます。

関連記事

資本コストとは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コストとは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コストとは、会社が資金調達するときに必要となる費用です。資本コストには、負債コストと株主資本コストの2つがあります。会社のリスクを開示する、低金利で融資を受けるなどの施策により、資本コストを...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおい...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aを成功させるうえで、買収価格の基準となるバリュエーションは非常に重要なプロセスです。M&Aの実務上用いられるバリュエーション手法には、さまざまな手法があり、用いられる場面や特徴が異なります...

企業価値の算定方法

企業価値の算定方法

M&Aの過程で重要なポイントの1つが企業価値の算定です。企業価値の算定方法には3種類あり、「インカムアプローチ」「マーケットアプローチ」「コストアプローチ」と呼ばれています。この3つのアプローチ...

ベンチャーのM&A【M&A成功マニュアル】

ベンチャーのM&A【M&A成功マニュアル】

「適切な売却タイミングの見極め」がベンチャー企業のM&A成功に不可欠です。イグジット戦略(出口戦略)としてM&Aを検討する起業家やベンチャーを買収(バイアウト)する大企業が増える今だからこそ、ベ...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

M&Aにおける買収価格

M&Aにおける買収価格

M&Aにおいて、買収価格は非常に重要な要素であり、買収価格次第で、M&Aの成功が左右されるといっても過言ではありません。ここでは、企業価値・買収価格をはじめ、企業価値算出方法、M&Aにおける買収...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)