2023年6月21日公開業種別M&A

そば・うどん屋のM&A動向とメリット!売却・買収事例や流れも解説!

そば屋やうどん屋は縮小傾向が続く飲食業界でも店舗数が伸びていますが、一方で店主の高齢化などで売却を検討する店も増えています。この記事では、そば屋やうどん屋をM&Aしたいと考えている方のために、M&Aのメリットや流れなどについて解説します。

目次
  1. そば・うどん屋の動向
  2. そば・うどん屋のM&Aのメリット
  3. そば・うどん屋のM&A・売却・買収事例4選
  4. そば・うどん屋のM&Aをする流れ
  5. そば・うどん屋をM&Aする注意点
  6. そば・うどん屋のM&A・事業譲渡まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

飲食のM&A・事業承継

そば・うどん屋の動向

現在、日本ではコロナ禍により飲食業界が大きな打撃を受けています。

業界動向サーチの分析によると、飲食業界全体では2019年まで順調に売上を伸ばし、2019年には6兆円強の売上高となっていました。しかし、2020年と2021年は約1兆円も売上高を減少させています。

そば屋やうどん屋もコロナ禍による打撃を受けており、うどん業界では2019年まで順調に売上をアップさせていたのが、2020年には大きく減少させています。

しかし、2021年からは回復傾向が出てきています。

業界動向サーチのうどん業界売上高2021-2022ランキングで1位のトリドールHDでは、2019年の売上高は1,564億円、2020年の売上高が1,347億円、2021年には1,533億円と、2021年にはコロナ禍前の水準に戻りつつあります。

参考:業界動向サーチ「飲食業界の動向や現状、ランキングなど」「うどん業界の動向や現状、ランキングなど」「トリドールHD

【関連】【2020年最新版】レストランのM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

そば・うどん屋のM&Aのメリット

そば屋やうどん屋をM&Aで買収するのには大きなメリットがあります。そば屋やうどん屋をM&Aで買収する3つのメリットについみていきましょう。

不況に強くローリスクな運営が可能

1つ目のメリットは、そば屋やうどん屋は不況に強い業種で、ローリスクで運営が可能である点です。

うどんやそばは原価が他の飲食店と比べても安く抑えられます。少人数で回せる店舗が多いので人件費も安く抑えることができ、小規模な個人店が多いために買収の費用もそれほど高額にはなりません

さらに、長年地域で愛されていた人気店であれば、常連客がそれなりに付いています。M&Aの後も、新しいメニュー開発などに挑戦しつつも、地元の人達に愛されていた味を継承し続けることができれば、新規客を獲得するためのコストや手間も省くことができます。

また、そば屋やうどん屋で提供されることが多い天ぷらや丼ものは、地域の特性を生かした食材を使うこともでき、仕入れのコストも工夫次第で抑えることが可能でしょう。

そばやうどんは国民食ともいえる、日本人にとってはなくてはならない食であるので、人気店をM&Aで買収できれば経営が悪化するリスクは低いです。

レシピやノウハウの獲得

そば屋やうどん屋をM&Aで買収するメリットの2つ目は、レシピや店舗の運営ノウハウをそのまま引き継げるという点です。

もしも、新規でそば屋やうどん屋を開店させるとなると、店主は数年間どこかの有名店で修行して、そば打ちやうどん打ちの技術を習得する必要があるでしょう。また、店舗独自の出汁の研究も必要です。

しかし、M&Aでそば屋やうどん屋を買収すれば、すでにレシピやメニューは確立されたものがあります。従業員をそのまま雇い続ければ、調理も任せられるでしょう。

立ち食い系の店舗の場合には、回転率が命なので混雑時の店舗のオペレーションには工夫が必要です。しかし、すでに経営している店舗であればオペレーションのノウハウも確立しています。

M&Aでそば屋やうどん屋を買収すれば、新しくレシピやノウハウを確立する必要はなく、既存のものをそのまま使い続けることができるでしょう

従業員の確保

M&Aでそば屋やうどん屋を買収するメリットの3つ目は、従業員をそのまま雇用できるという点です。

新規開店する場合には、従業員募集のチラシを配ったり、アルバイト募集サイトに掲載したりして従業員を集めなければいけません。従業員募集のコストがかかります。

また、調理や接客のオペレーションなども教育しなければいけないので、従業員の育成に時間がかかります。

しかし、M&Aで既存の店舗をそのまま従業員ごと買収して、以前と変わらない営業を続ければ、従業員は以前と特に変わらない働き方で働き続けてくれるでしょう。

M&Aでそば屋やうどん屋を買収すれば、以前からの従業員をそのまま確保できて、従業員の募集や育成の手間を掛ける必要がなく、コスト削減にも役立ちます

【関連】店舗のM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

そば・うどん屋のM&A・売却・買収事例4選

そば屋やうどん屋をM&Aした事例にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、うどん屋やそば屋のM&Aの事例を4つ紹介します。

フジオフードシステムが暮布土屋をM&Aした事例

2019年11月にフジオフードシステムが暮布土屋を株式を90%取得する形で子会社化しました。

フジオフードシステムはまいどおおきに食堂、つるまる、神楽食堂串家物語などの飲食事業を展開している企業です。M&Aでの事業拡大に積極的で、暮布土屋以前にもはらドーナッツ、居酒屋のどん、ステーキのグレートイースタンなどをグループ会社にしています。

暮布土屋は石臼手打ちそば専門店土山人を7店舗展開している企業です。

フジオフードシステムが暮布土屋を子会社化した目的は、それまでになかったそばという業態をグループ会社に組み入れることで、さらなる事業の発展を見込んでのことです。

参考:株式会社フジオフードシステム「石臼挽き手打蕎麦専門店「土山人」を運営する 有限会社暮布土屋の子会社化に関するお知らせ

クリエイト・レストランツ・ホールディングスが木屋フーズをM&Aした事例

2019年11月にクリエイト・レストランツ・ホールディングスが木屋フーズ株式会社を子会社化しました。クリエイト・レストランツ・ホールディングスが木屋フーズのすべての株式を取得して連結子会社化しました。

クリエイト・レストランツは都内に本社があり、ショッピングセンター内のフードコートやビュッフェの直営やレストランなどを展開している企業です。

木屋フーズは東京の銀座を中心にうどんとそばの老舗店である銀座木屋を運営していました。銀座や羽田といった集客力に優れた立地の店舗が多く、クリエイト・レストランツとしては好立地の店舗と、老舗そば店のブランド力によるさらなる企業価値の向上を図った模様です。

参考:株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス「うどん・そばの老舗「銀座木屋」運営会社の株式の取得に関するお知らせ

グルメ杵屋が銀座田中屋をM&Aした事例

2017年4月にグルメ杵屋が銀座田中屋をM&Aで子会社化しました。グルメ絹屋が銀座田中屋の全株式を取得する形での子会社化です。

グルメ杵屋は大阪に本社を置き幅広い種類の飲食店を展開している企業です。

展開している店舗のブランドはうどんが8ブランド、そばが田中屋を入れて9ブランド、その他和食、洋食、その他の民族料理店なども展開しています。グルメ杵屋が店舗を出しているのは35都道府県に及び、全国各地に店舗があります。

銀座田中屋は昭和43年創業の老舗そば屋で都内で3店舗を経営していました。

手打ちそばにこだわりを持ち、比較的高価格帯のそばを提供しています。グルメ杵屋としては、それまでになかった高級路線の店舗をグループに取り込むことで、新規顧客層の取り込みを図りました。

参考:株式会社グルメ杵屋「株式取得(子会社化)に関するお知らせ

ジー・テイストが活性化本舗さぬきをM&Aした事例

2016年4月にジー・テイスト(現在の焼肉坂井ホールディングス)が活性化本舗さぬきをの株式の62%を取得して子会社化しました。ジー・テイストが活性化本舗さぬきの株式の62%を取得しての子会社化です。

株式会社ジー・テイスト、現在の株式会社焼肉坂井ホールディングスは回転寿司の平禄寿司、居酒屋のとりあえず吾平、焼肉屋さかいの運営やおせち料理の販売や受託生産を行っている企業です。業務スーパーなどを展開する神戸物産を親会社に持つジー・コミュニケーションの子会社となります。

活性化本舗さぬきは香川県でうどん店の塩がま屋を1店舗経営している企業です。

ジー・テイストは四国で飲食店を10店舗ほど展開しており、活性化本舗さぬきを子会社化することにより、四国でのさらなる店舗展開を強化を図るとのことです。

参考:株式会社ジー・テイスト「株式会社活性化本舗さぬきの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

【関連】小売業界の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

そば・うどん屋のM&Aをする流れ

飲食のM&A・事業承継
飲食のM&A・事業承継

そば屋やうどん屋の経営者が自分の店舗や運営会社を売却したいと考えた時、もしくはすでにあるそば屋やうどん屋を自分で買収して経営してみたいと考えたときには、どのような手順でM&Aの手続きに入ればいいのでしょうか。

そば屋やうどん屋は個人経営の小規模点も多いことから、ある程度の規模の企業だけでなく個人で買収を考える方もいます。

ここからは、そば屋やうどん屋をM&Aする流れについて簡単にみていきます。

相談&相手先企業の絞り込み

そば屋やうどん屋の売却や買収を考え始めたら、まずはM&Aの専門家に相談してみることをおすすめします。

規模がある程度大きな企業であれば、取引している金融機関がM&Aの相談に乗ってくれることもあります。しかし、そば屋やうどん屋は個人店や小規模な運営会社が多いので金融機関ではM&A案件として扱ってはもらえない可能性が高いのです。

日本では金融機関があまり扱わない中小企業のM&Aを専門的に扱う専門業者があります。会計や法務についての専門的な知識が必要になるM&Aについては、まずはM&Aの専門家に相談するといいでしょう。

M&Aの専門業者に相談すると、まずやM&Aの基本的な方向性を業者と相談して決めます。金額やどのような形でのM&Aを望むのか、ある程度の方向性を決めたらM&Aする相手探しが行われます。

店舗や企業名を特定しない形でのノンネームシートをM&A情報サイトなどに掲示したり、仲介業者にそば屋やうどん屋の買収を希望している個人や企業に対して業者から声を掛けたりして探していきます。

M&Aについて相談するなら

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国に案件に対応しています。

知識・支援実績豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートさせていただきます。

M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

トップ面談

M&Aの相手となる候補先企業が見つかったら、最初に行うのはトップ面談です。トップ面談とは、事業を売却したい企業と、買収したい企業のトップ同士が顔を合わせて行う面談です。

資料や店舗の雰囲気だけではつかみ切れない企業文化や企業や店舗を育ててきた思い、M&Aの目的などを直接トップ同士が話し合って理解を深めます。

条件交渉・基本合意書の締結

トップ面談でお互いの方向性が一致することがわかったら、具体的な条件交渉に入ります。ここでは、M&Aのスキーム、譲渡価格、M&A成立までのスケジュール、役員の処遇などについての条件をすり合わせていきます

お互いに条件に合意できたら基本合意書を作成します。基本合意書を作成することで、交渉内容やスケジュールを明確にします。

デューデリジェンスの実施

基本合意書の作成後にデューデリジェンスを行います。デューデリジェンスとは、買収を希望する企業側が、買収する予定のそば屋やうどん屋について詳細に調査することです。主に会計や人事、法務などについて問題がないか精査することです

デューデリジェンスはM&Aについての高度な知識や経験が必要になります。

企業には顧問弁護士や顧問会計士と契約していたり法務チームが設置されていたりします。しかし、通常はM&AのデューデリジェンスはM&Aの専門家チームが入って実施されることがほとんどです。

最終契約書の締結

デューデリジェンスの結果、最初の基本合意書の内容では買収に応じられないような問題が発覚する場合があります。そのような場合には、金額の値引きや売買の成立後に問題が発生した場合の補償などについての交渉が行われます。

最終交渉で条件に合意できたら最終契約書が締結されて引き渡しとなります。

【関連】会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

そば・うどん屋をM&Aする注意点

そば屋やうどん屋をM&Aするときの注意点をみておきましょう。

売却側の注意点

そば屋やうどん屋を売却するときの売却側の注意点としては、味の継承です。個人のそば屋やうどん屋は、その店独自の味にファンがついていることも少なくありません。店主の高齢化などによりM&Aするときには、ファンが喜ぶ味を継承できるように、レシピの作成や後継者の育成などの継承方法をよく検討しましょう。

買収側の注意点

そば屋やうどん屋をM&Aで買収するときの注意点は、保健所の営業許可証の新規取得が必要になるかどうか確認が必要であるという点です。飲食店を経営するためには、衛生面についての営業許可証を保健所から取得しなければいけません。

営業許可証は経営者が変わった場合には基本的には新規取得が必要ですが、不要になる場合もあります。M&Aのやり方などによって変わってくるので、必ず保健所に確認しましょう。

【関連】飲食店の廃業実態と理由は?必要な手続き・届出、潰れない店の特徴も解説【3年以内の廃業率70%】

そば・うどん屋のM&A・事業譲渡まとめ

そば屋やうどん屋は店舗が多いので競争が激しい分野ですが、ファンがしっかりとついているお店なら安定した経営が見込めます。

ぜひ、事業の継続が難しいと考えて閉店を検討しているのなら、廃業する前にせっかくの味を引き継ぐことができるM&Aの可能性も検討してみることをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

漁業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

漁業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

魚介類などの海洋資源は私達の生活に欠かせないものですが、漁業業界は厳しい市場環境が続いています。そのような中で、事業継続のためのM&Aを模索する動きも出てきています。この記事では、漁業業...

農業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

農業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

農業業界では担い手の高齢化と後継者不足による廃業危機に加えて、新型コロナをきっかけとした出荷額の低迷で経営状態が不安定化し、M&Aを検討せざるを得ないところが増えています。この記事では、...

海運業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

海運業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

この記事では、海運業界の動向を説明したうえで、海運業界でM&Aを行うメリットを解説していきます。近年のM&A・売却・買収事例も紹介して、M&A動向についても紹介していきま...

老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントは?メリットや相談先も解説!

老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントは?メリットや相談先も解説!

近年は老人ホームをはじめとした介護福祉業界においても、後継者不在による廃業・倒産を防ぐため事例の事業承継が盛んに行われているのが現状です。本記事では老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントを紹...

食品業界における事業承継の動向や事例を徹底解説!手続き方法や注意点は?

食品業界における事業承継の動向や事例を徹底解説!手続き方法や注意点は?

近年は後継者不足や原材料価格の高騰、老朽化などの問題を解消して事業を継続するために、積極的に事業承継を手掛ける動向の企業が増加しています。 本記事では食品業界における事業承継の動向や事例を...

サービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

サービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

近年急速的に進行している要介護者の増加の動向に伴い、サービス付き高齢者向け住宅のM&Aが盛んに行われ、企業の統合が増加しています。本記事ではサービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動...

クリニックの売却価格はどれくらい?相場や計算方法・税金まで詳しく解説!

クリニックの売却価格はどれくらい?相場や計算方法・税金まで詳しく解説!

クリニックの売却を検討している医療機関が多いですが、医療業界の取引はやや特殊でいくつか注意する点があります。今回はクリニックの事業売却を検討している医療機関に向けて、取引の相場や取引価格の計算方...

建設コンサルのM&Aを徹底解説!業界動向や事例・実施するメリットは?

建設コンサルのM&Aを徹底解説!業界動向や事例・実施するメリットは?

建設コンサル業界は、需要拡大が見込める業界ではありますが、人材不足や後継者不在などの問題にも対処が必要です。そのためM&Aで課題解消を目指す企業が多く見られます。当記事では過去事例と共に...

採石・砂利採掘業界のM&A動向!売却・買収事例3選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

採石・砂利採掘業界のM&A動向!売却・買収事例3選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

採石業・砂利採掘業界は、後継者不足をはじめとする、さまざまな問題を解決するために今後M&Aが活発になると考えられています。今回は、採石・砂利採掘業界の動向やM&Aで売却するメリッ...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

飲食のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)