2020年4月28日更新業種別M&A

マンション管理会社の売却の相場は?高値で売る方法も解説!

マンション管理会社がM&Aを行うケースは昨今増えています。現在マンション管理会社を経営している方も、いずれはM&Aによる会社売却を考えているでしょう。今回はマンション管理会社を高値で売る方法や売却の相場についてお伝えします。

目次
  1. マンション管理会社の売却
  2. マンション管理会社の売却相場
  3. マンション管理会社の売却価格を算定するには
  4. マンション管理会社の売却動向
  5. マンション管理会社を売却する際に高値で売る方法
  6. マンション管理会社を売却する際におすすめの相談先
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
マンション管理のM&A・事業承継

マンション管理会社の売却

マンション管理会社

はじめにマンション管理会社と会社売却の概要についてお伝えします。

マンション管理会社とは

マンション管理会社とはマンションの清掃、警備、設備の保守点検、事務管理業務などを行う会社のことを指します。マンションの住人のために整備やサポートを行うことがマンション管理会社の役目というわけです。

マンション管理会社は分譲などを行うデベロッパーのグループ会社として事業を展開している管理会社や、独立系で事業を手掛けていることもあります。

ただ最近は不況の影響もあって、デベロッパーがグループのマンション管理会社を手離すケースが増えています。一方で管理戸数を増やすことを第一に同業他社を買収することで、事業規模を拡大するマンション管理会社もあります。

ビル管理会社との違い

マンション管理会社とよく似たものにビル管理会社がありますが、ビル管理会社はマンションではなく商業用のビルや病院などの管理を行っていますが、業務内容はマンション管理会社と似ています。実際、マンション管理とビル管理を一緒に行っている会社もあります。

しかしビル管理会社は特殊な設備を扱うことも多いため、専門的な資格を必要とすることが多いです。

会社売却とは

会社売却とは文字通り会社を売却する行為です。会社売却は基本的にM&Aで行われるものであり、主に「株式譲渡」や「合併」といった手法が使われます。

基本的に会社売却は買い手となる会社の子会社になるか合併のように組織自体が取り込まれるため、会社の独立性は失われます。しかし大手の資本の恩恵を直接受けられるので経営基盤を強化できますし、買い手のノウハウや商品を利用できるようになります。

また、会社売却は経営者に売却益をもたらすことにもつながります。当然その売却益は自由に扱えるため、経営者にとっては大きなメリットになるでしょう。もちろん高値で売ることができれば売却益も大きくなります。

ただ、会社売却のようなM&Aは成功率が高いものではありません。M&Aの成功率は3割~5割といわれており、中には交渉する買い手を見つけられないまま失敗に終わるケースがあります。
また、売り手が思ったより売却価格を高くできないことも少なくありません。

マンション管理会社の売却相場

売却相場

マンション管理会社の売却相場は具体的な数字こそありませんが、これまでの事例を見る限り数億円以上で売却できたケースが多いようです。

売却額はマンション管理会社の規模や管理戸数の多さによって変わるため一概にいえませんが、M&Aの進め方や交渉次第では数十億円単位の売却額を達成できる可能性が高まります。
また、大手のマンション管理会社であれば数百億円単位の価格が実現することもあるでしょう。

【関連】【2020年最新版】マンション管理会社のM&A事例25選!【案件一覧あり】

マンション管理会社の売却価格を算定するには

売却価格

マンション管理会社の売却価格は、まずバリュエーションを通じて算定されます。バリュエーションは企業価値を算定する手法であり、インカムアプロ―チ・コストアプローチ・マーケットアプローチの3種類を用いて行われます。

バリュエーションは財務の知識が必要だったり、特殊な計算式を用いることがあるため基本的に専門家が行っていきます。M&A仲介会社によっては無料で実施してくれることもあります。

他方で、最終的な売却価格はバリュエーションで確定されるわけではありません。バリュエーションで算定される売却価格はあくまで目安であり、その後の交渉によって金額が上下していきます。

マンション管理会社なら管理戸数や提供しているサービス、人材によって売却価格にプレミアがつくことがあり、バリュエーションの結果より大きな売却価格になる可能性もあります。
ただ、逆にリスクが発覚すれば売却価格が大きく低下することもあるので注意しましょう。

【関連】バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

マンション管理会社の売却動向

マンション管理のM&A・事業承継
マンション管理のM&A・事業承継
売却動向

マンション管理会社には以下のような売却動向が見られます。

  1. マンション管理会社は開業しやすい
  2. 競争の激化により廃業・倒産するケースの増加
  3. お客が求めるニーズの変化に対応できずに売却を検討するケースも
  4. 今後はますます中小規模の業者数は減少していくと予測
  5. 経営者の高齢化による事業承継も増加

1.マンション管理会社は開業しやすい

マンション管理会社は比較的開業しやすいという特徴があります。マンション管理会社を開業する際、マンション管理士という資格を獲得した方が有利になりますが、この資格には他の士業のように開業に対する制限がありません。そのため、開業をスムーズに実行することが可能です。

そしてマンションなど不動産を持っている会社がマンション管理会社を始めたいと考えた場合、この特徴は有利に働きます。M&Aでマンション管理会社を買収すれば、そのまますぐに事業を始められるようになるからです。

2.競争の激化により廃業・倒産するケースの増加

マンション管理会社が会社売却を行う背景には、競争の激化による廃業・倒産するケースの増加が挙げられます。そもそもマンション管理会社は管理戸数によって収益が決まる事業であり、どれだけその数を増やせるかが競争を勝ち抜く鍵だといっても過言ではありません。

しかし管理戸数が少ない中小企業は成長が伸び悩むことが多く、管理戸数を拡大することも難しくなっていきます。そのため競争に敗れて廃業・倒産するマンション管理会社も少なくありません。

ただ、廃業・倒産は経営者にとって望ましい選択肢とはいえないものです。そのような事態を回避するため、会社売却を実行し、事業の存続を図るマンション管理会社が増えています。

3.顧客が求めるニーズの変化に対応できずに売却を検討するケースも

マンション管理会社はシェアの獲得のために管理戸数の増大を図りつつも、競合他社との競争で生き残るためにサービスの差別化も急務となっています。

しかしサービスの差別化は新たなノウハウが求められるだけでなく、コストもかかるものです。さらに顧客のニーズも変化するため、柔軟に対応することが難しくなります。

そのような状況下で、大手に自社を売却することでニーズの変化に対応しようとするマンション管理会社が増えています。大手の傘下に入ればそこで提供しているサービスを利用できるようになるため、サービスの差別化が容易に実現できるようになります。

4.今後はますます中小規模の業者数は減少していくと予測

マンション管理会社は今後ますます中小規模の業者数が減少していくと予測されています。これはマンション管理会社に限らず、あらゆる業界・業種で発生し得ることです。

そもそも日本では少子高齢化の影響で国内市場が縮小しており、中小企業は苦境に立たされがちです。海外進出や事業規模の拡大を行うことができない中小規模の業者は簡単に現状を脱することはできません。

さらに人口減少が問題化している地方のマンション管理会社は都心部の業者より苦しい立場になってしまうでしょう。そのため、会社売却を行うことで会社の存続を図るケースが増えています。

5.経営者の高齢化による事業承継も増加

昨今は後継者不在の中小企業が多くなっており、事業承継のために会社売却を実施するケースが増えています。マンション管理会社も例外ではなく、中小規模の業者が事業承継のために会社売却を実行することが多くなっています。

会社売却をはじめとしたM&Aは第三者に経営権を託せるため、会社の存続が実現できます。

このような事業承継のための売却は今後も増加していくと予測されています。マンション管理会社も経営者が高齢化している事例は珍しくなく、事業承継目的のM&Aは積極的に行われるようになるでしょう。

マンション管理会社を売却する際に高値で売る方法

高値で売る方法

マンション管理会社が会社売却を行うのであれば、以下のような方法を用いれば高値で売れる可能性が高まります。

  1. 管理戸数・従業員ともに充実している
  2. 利用者や顧客からの評価が高い
  3. 経営状態が良好
  4. 営業力が高い
  5. マンション管理会社売却の専門家に相談する

1.管理戸数・従業員ともに充実している

管理戸数・従業員ともに充実している一定以上の規模を持つマンション管理会社は、高値で売却できる可能性が高くなっています。マンション管理会社は管理戸数が増えれば増えるほどスケールメリットが得られるため、規模が大きい会社であるほど価値が高くなります。

また、買い手が進出したい・強化したいエリアで事業を展開しているマンション管理会社もそれなりの規模があれば高値で売却できるようになるでしょう。

事業規模の拡大に力を入れているマンション管理会社はゼロベースで特定のエリアに進出するよりも、当該エリアにある既存の会社を買収する形で進出することが多くなっています。そのため、特定のエリアで事業を展開しているということだけでも、買い手が興味を示すことは充分にあります。

2.利用者や顧客からの評価が高い

良質なサービスを提供しているため、利用者や顧客からの評価が高いマンション管理会社も高値で売却できる可能性が高くなるでしょう。

マンション管理会社は住人のためにサービスを提供する事業であるため、利用者や顧客からの評価が高いことは非常に大きな強みだといえます。

買い手にとって良質なサービスや、それを実現できる人材は喉から手が出るほど欲しいものです。また独自性が高いユニークなサービスも高く評価される傾向があるため、会社売却において有利に働きます。

3.経営状態が良好

経営状態が良好なマンション管理会社はリスクが少ないと見られるため、高値での売却・M&Aの成功が実現する可能性が高いです。

マンション管理会社は安定的な事業とはいえ、経営状態が悪化していれば存続は困難になります。また負債が多いなどリスクがあると買い手の買収意欲が低下するため、健全な経営状態であることは重要なアピールポイントだといえます。

他方で、経営状態が悪いからといってM&Aが必ず失敗するとは限りません。経営不振でも事業に価値があると判断されたことでM&Aに成功したケースは多く、中には経営不振の会社を率先して買収する会社もあります。

4.営業力が高い

営業力が高い点もマンション管理会社のM&Aにおいて有利な条件になります。営業力が高ければ経営統合後の管理戸数増加も見込めますし、新たな事業を展開するうえでも貢献できると判断されます。また、それだけ人材が揃っているアピールできるようにもなるでしょう。

買い手が積極的な事業展開を考えている場合、営業力が高いことだけでも十分な強みになります。
 

5.マンション管理会社売却の専門家に相談する

マンション管理会社売却の専門家に相談することも高値を実現する方法の一つです。

マンション管理会社売却の経験がある専門家がM&Aのサポートをしてくれるなら、業界に精通したプロフェッショナルのアドバイスを元にスムーズにM&Aを進められるようになります。

また、交渉のような場面でもスキルや経験値を活かして万全の対策を立ててくれるでしょう。そのため、高額での売却が実現しやすくなります。

マンション管理会社を売却する際におすすめの相談先

おすすめの相談先

マンション管理会社が会社売却をする際におすすめの専門家は以下の3つです。
 

  1. M&A総合研究所
  2. フロンティアマネジメント
  3. アルテパートナーズ

M&A総合研究所

M&A総合研究所では独自のAIによるマッチング、専門家とアドバイザーが一体となって行うサポート、日本有数のM&Aプラットフォームの所有など、他のM&A仲介会社とは一味違うサービスを揃えています。

また、あらゆる業界・業種のM&Aを成約に導いた実績を持っています。さらに完全成功報酬を採用しているため、リーズナブルに利用することができます。

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 徹底したフルサポートと業務の効率化による業界最安値水準の手数料
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問い合わせ先 0120-401-970

事業承継ならM&A総合研究所

フロンティアマネジメント

フロンティアマネジメントは各種士業をはじめとした様々な専門家を擁しており、多角的な分析に基づいたサポートが魅力です。多種多様な専門家による手厚いサポートはM&Aのみならず、会社が抱える経営課題の解決も実現します。

サイトURL https://www.frontier-mgmt.com/
特徴  
手数料・報酬など  
お問い合わせ先 03-6862-5180

アルテパートナーズ

アルテパートナーズは日本M&A協会認定のアドバイザーをはじめとした専門家が在籍しており、人材の質に関してはトップクラスだといっても過言ではありません。加えてクライアントが小規模な会社や地方の会社でも真摯に支援してくれます。

サイトURL https://ma-japan.info/company
特徴  
手数料・報酬など  
お問い合わせ先 03−5826−4083

まとめ

まとめ

スケールメリットを享受しやすいマンション管理会社はM&Aととても相性がいい事業だといえます。そのため会社売却も行いやすく、専門家としっかり相談して臨めば高額での売却も夢ではないでしょう。
【マンション管理会社の売却動向】

  1. マンション管理会社は開業しやすい
  2. 競争の激化により廃業・倒産するケースの増加
  3. お客が求めるニーズの変化に対応できずに売却を検討するケースも
  4. 今後はますます中小規模の業者数は減少していくと予測
  5. 経営者の高齢化による事業承継も増加
【マンション管理会社を売却する際に高値で売る方法】
  1. 管理戸数・従業員ともに充実している
  2. 利用者や顧客からの評価が高い
  3. 経営状態が良好
  4. 営業力が高い
  5. マンション管理会社売却の専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
マンション管理のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)