三重県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

中小企業の全国的な課題である後継者難による事業承継について、三重県では他の自治体に負けじと熱心に支援を行っています。基本的な支援体制や枠組みは国の指導の下、類似していますが、詳しく見ると三重県独特の事業承継支援策が見て取れます。

都道府県別M&A

2020年2月25日更新

目次
  1. 三重県の事業承継とは
  2. 三重県における事業承継の方法と流れ
  3. 三重県の公的事業承継支援
  4. 三重県で事業承継に強いM&A仲介会社5選
  5. まとめ

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

三重県の事業承継とは

国内の各産業にとって少子化による人口減少は、これ以上の市場規模成長が見込めないばかりか、縮小が予測される厳しい状況を作り出しています。さらに、その少子化は、中小企業に対して別の問題をも引き起こす元凶です。

その問題とは、中小企業における後継者不足問題です。高齢となった経営者が引退しようとするとき、過去においては身内などの親族に事業は承継されていました。しかし現代では、少子化によって、後継者候補となる身内の存在が減少してしまったわけです。

そして、後継者がいない中小企業の経営者は、やむを得ず引退とともに会社を廃業する事態が多発するようになりました。中小企業庁発表資料によると、2016(平成28)年時点で中小企業数の比率は全体の99.7%、従業員数の比率は中小企業が全体の70.1%です。

つまり、このまま中小企業の廃業が増加していってしまうと、多くの人の雇用が失われ、経済が悪化してしまうことは避けられなくなってしまいます。そこで、昨今は全国において、官民一体となって中小企業の廃業に歯止めをかけるべく、事業承継を支援する取り組みが行われています。

本記事では、その中から、三重県における事業承継支援の実情について詳細を明らかにします。

※関連記事
中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

三重県における事業承継の方法と流れ

2017(平成29)年、三重県が県内の中小企業に実施したアンケート結果によると、「後継者が決まっている」または「後継者候補はいる」と答えた企業の合計は69%でした。つまり、31%の企業では後継者が決まっていないということです。

この全国で共通する後継者難という事態に対峙するため、国としても支援策を打ち出す一方、その動きや指示を受けて三重県としても、中小企業が廃業せずに事業承継を実現させるための支援を積極的に取り組んでいます。

高齢者となった中小企業の経営者は、身内で後継者がいなければ社内での事業承継を検討します。しかし、それでも後継者が見つからないということになると、事業承継を断念し廃業を選んでしまうのです。

国も三重県も、そこにM&Aでの事業承継という第三の選択肢があることをアピール・啓蒙し、中小企業が存続していけるためのサポートを行っています。そのサポートは公的機関だけでなく、金融機関や商工会議所、各士業事務所、民間M&A仲介会社などを連携させる規模のものです。

それは、「事業承継ネットワーク」と呼ばれる体制で、三重県だけでなく、全国の各都道府県ごとに設置され、自治体主導で運営されています。中小企業経営者は事業承継ネットワーク窓口で相談することによって、必要と考えられる各種サポートを適切な組織にあっせんしてもらえる仕組みです。

※関連記事
事業承継の相談
従業員承継とは?従業員承継のメリット・デメリット

三重県の公的事業承継支援

三重県では、中小企業の事業承継支援に取り組む以前から、公益財団法人三重県産業支援センターを設立し、県内の全ての事業者および起業・創業を行おうとする人たち向けに、包括的な経営支援を行ってきていました。

その流れの中で、まず、三重県事業引継ぎ支援センターが設置され、そして、三重県事業承継ネットワークの体制が敷かれていきます。三重県事業承継ネットワークでは、他の都道府県とは違った取り組みも実践されています。

三重県事業引継ぎ支援センター

2014(平成26)年6月2日、三重県の中小企業の事業承継問題解決に向けた相談窓口として、三重県事業引継ぎ支援センターが設置されました。事業引継ぎ支援センターは中小企業庁の指導の下、全都道府県に設置されていますが、一度に全ての自治体に開設されたわけではありません。

事業引継ぎ支援センター設置に向けた諸準備が整った自治体から、順々に開設されたのです。三重県は全国で14番目の早さで事業引継ぎ支援センター設置に至っており、事業承継問題への意識の高さと、三重県産業支援センターによる活動の下地があったことがうかがえます。

三重県事業承継ネットワーク

2017(平成29)年8月、三重県産業支援センターが事務局となって、三重県内の中小企業の事業承継を支援・推進するために、三重県内の公的機関と商工団体、金融機関、各士業事務所が連携して対応する三重県事業承継ネットワークが組成されました。

三重県事業承継ネットワークを構成する各組織・団体は、以下のとおりです。

【公的機関】

  • 三重県
  • 三重県事業引継ぎ支援センター
  • 三重県よろず支援拠点
  • 三重県中小企業再生支援協議会
  • 市長会
  • 町村会
  • 中部経済産業局
  • 東海財務局津財務事務所
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部

【商工団体】

  • 三重県商工会議所連合会
  • 三重県商工会連合会
  • 三重県中小企業団体中央会

【金融機関】

  • 桑名三重信用金庫
  • 北伊勢上野信用金庫
  • 津信用金庫
  • 紀北信用金庫
  • 百五銀行
  • 三重銀行
  • 第三銀行
  • 中京銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 商工組合中央金庫
  • 三重県信用農業協同組合連合会
  • 名古屋中小企業投資育成
  • 三重県信用保証協会

【士業団体】

  • 一般社団法人三重県中小企業診断協会
  • 日本公認会計士協会東海会
  • 東海税理士会三重県支部連合会
  • 三重弁護士会

三重県の事業承継ネットワークの特徴として、多くの自治体では中核組織を担うのは事業引継ぎ支援センターであるところが、より歴史と実績がある三重県産業支援センターである点です。

また、市長会、町村会が事業承継ネットワークのメンバーに加わっているのも珍しく、三重県をあげて事業承継問題解決に向けて取り組もうという姿勢が、よく表れています。

ビズリーチとの事業承継包括協定

2018(平成30)年6月20日、三重県および三重県事業承継ネットワークは、東京のインターネット・サービス事業ビズリーチと、M&Aによる事業承継において連携・協力する包括協定を結びました。

具体的には、ビズリーチがインターネット上で運営している、事業承継に特化したM&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」を活用し、1件でも多くのM&Aによる事業承継の実現を目指すものです。

三重県事業承継ネットワーク側としては、加入する全ての金融機関が別途ビズリーチと業務提携を結び、ビズリーチ・サクシードの周知と利用促進を図ります。ビスリーチ側は、導入支援やビズリーチ・サクシードの有効活用アドバイスなどのサポートをする協定です。

事業承継支援資金

三重県では、中小企業融資制度の一環として事業承継支援資金サポートを実施しています。これは、M&Aなどでの事業承継を検討する際、事業譲受側の自己資金不足で事業承継を断念するようなケースに対して、三重県が後ろ盾になって金融機関からの融資を実現させるものです。

ただし、申し込みには以下のように、いくつかの条件があります。

【申し込み可能事業者】

  • 三重県内に事業所がある
  • 引き続き1年以上同一事業を営んでいる
  • 事業税等県税を完納している

【手続き要件(以下のどちらかに該当すること)】

  • 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律第12条第1項の認定
  • 三重県事業承継ネットワークの構成機関による支援を受け事業承継計画を策定

最終的な決定は金融機関および信用保証協会次第となりますが、基本的には三重県事業承継ネットワークに相談することによって、諸手続きをサポートしてもらえます。融資が実施される場合には、三重県より利子や保証料の補助も行われることになっています。

※関連記事
事業承継対策のポイント
事業承継補助金とは?採択率やM&Aでの活用を解説

三重県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、全国各地のM&A案件を取り扱っています。そして、多くの中小企業のM&Aを実現させてきました。経営規模の大小にかかわらず、M&Aの要望があれば成約に向け全力を尽くします。当然ながら、事業承継にも数多く携わってきました。

M&A総合研究所は、初回の無料相談後も、M&Aが成約するまで一切、費用が発生しない完全成功報酬制を取っています。成功報酬は国内最安値水準です。このシステムでありながら、M&Aに豊富な知識と経験を持つ公認会計士が、徹底的にM&Aをサポートします。

M&A総合研究所のさらなる特徴としては、M&Aプラットフォームという情報網を駆使することによる、短期間でのマッチングです。通常は短くても半年以上かかるM&Aを、平均して3ヶ月で成約させてきた実績を誇っています。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

M&Aテラス

M&Aテラス

出典:https://ma-terrace.com/

M&Aテラスは、三重県と岐阜県のM&A案件を専門的に取り扱っています。M&Aテラスの強みは、司法書士や行政書士といった法律の専門家が対応してくれることです。彼らが担当者となって、M&Aのプロセスを全般的にフォローしてくれます。

また、M&Aテラスは地域のM&A、小規模企業のM&Aに特化しているため、大手のM&A仲介会社に支援を断られたという方でも安心して依頼できます。

いすず会ホールディングス

いすず会ホールディングス

出典:http://www.isuzukai-hd.com/

三重県にあるいすず会ホールディングスは、JMAA(日本M&Aアドバイザー協会)に所属しており、M&Aを支援するノウハウに長けています。また、提携しているさまざまな機関による多角的なサポートを、ワン・ストップで受けられることも大きなメリットです。

経営支援パートナー

経営支援パートナー

出典:https://sahara-keiei.jp/

経営支援パートナーは三重県、愛知県、岐阜県、静岡県を中心に活動しており、事業承継やM&Aの支援を行っています。経営支援パートナーは事業承継やM&Aをただ支援するだけでなく、経営に問題があるのなら経営改善アドバイスを行うなど、会社それ自体を改善してくれます。

インテグループ

インテグループ株式会社

出典:https://www.integroup.jp/

インテグループは、中小企業や中堅企業のM&Aに特化しています。もちろん、事業承継M&Aにも対応してくれます。 インテグループは多種多様な業界・業種の会社のM&Aを経験しているため、どのようなケースのM&Aでも対応できることが強みです。

※関連記事
事業承継の手続き【法人・個人事業主向け】
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

まとめ

三重県は知事が率先して事業承継問題の解決促進に積極的です。民間M&Aプラットフォーム活用など、アイディアも斬新と言えるでしょう。廃業・事業承継問題の核心の1つは、高齢となった経営者が、前向きにM&Aでの事業承継を行う気持ちになれるかどうかであるとも言われています。

報道を賑わすような各種アピールも、そのための施策という一面もあるのでしょう。事業承継の支援体制という点では三重県は充実しており、安心して事業承継に取り組むことができるはずです。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

関連記事

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や案件一覧!おすすめ仲介会社ランキングあり

東北地方のM&A・会社売却・事業承継はその地域の事情を適切に把握しておくことが重要です。人口減少が顕著になる中、M&Aや事業承継は企業にとって重要な課題になるため、あらかじめ色々調べておくことが...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
沖縄県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

沖縄県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

沖縄県は、後継者不在率が全国で1位となっており、事業承継に関する問題が今後の中小企業の大きな課題となるでしょう。 沖縄県内は、観光業やサービス業、飲食業を主要な産業としており、発展が難しい地域で...

中小企業M&A株式譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

ご相談はこちら
(秘密厳守)