2023年7月19日更新都道府県別M&A

中部地方のM&A・事業承継・会社売却の最新情報を徹底解説!動向や事例も紹介!

本記事では、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継の情報やM&A動向などを解説します。中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多いです。中部地方のM&A・会社売却・事業承継を検討されている方は必見の内容です。

目次
  1. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継の最新情報
  2. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継の今後
  4. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継の案件
  5. 中部地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つける3つの方法
  6. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継に強い仲介会社
  7. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継向けの公的機関
  8. 中部地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例
  9. 中部地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

中部地方のM&A・会社売却・事業承継の最新情報

まずは、中部地方のM&A・会社売却・事業承継情報について見ていきましょう。

中部地方でのM&A・会社売却情報

中部地方には世界的な企業のトヨタ自動車を擁する中京工業地帯や、楽器・バイクの生産が盛んな東海工業地域があり、製造業が非常に活発です。加えて東京と大阪といった二大都市の間にあるため、交通の便もよく、製造業を営む企業に利便性が高い地域といえます。

中部地方はM&Aが積極的に行われる傾向があり、M&A・会社売却の事例が多いです。また、中部地方に拠点を持つ大企業が海外の企業とM&Aを行うケースもあり、中部地方はM&Aを用いた経営戦略の最先端といえます。

中部地方での事業承継情報

昨今は中小企業や個人事業主の事業承継が重要な課題として挙げられていますが、中部地方も例外ではありません。

中部地方の中でも名古屋といった大都市を擁し、人口が多い愛知県でさえも、後継者不在率が高いです。このように、事業承継に関する問題は中部地方でも深刻で、この状況を打開するために、中部地方は公的機関や金融機関を中心に事業承継M&Aを推進しています。

【関連】事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

中部地方のM&A・会社売却・事業承継の動向

この章では、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継の動向を見ていきましょう。

岐阜県の動向

岐阜県は、製造業が活発な県です。人口減少が進み、市場の縮小を見越した事業エリアの拡大や事業承継のためにM&Aが積極的に行われている傾向があります。

愛知県の動向

世界的な企業であるトヨタ自動車、地方有数の大都市である名古屋を有する愛知県は、M&Aが非常に盛んな県の一つです。

愛知県は大型のM&Aや海外企業とのM&Aが多い一方、事業承継M&Aも件数を伸ばしています。愛知県は後継者不在率が中部地方でトップであり、事業承継M&Aが今後も増加するでしょう。

静岡県の動向

静岡県は愛知県と並んで製造業が活発な県で、ヤマハといった著名な企業も本社を置いています。新事業の設立や事業エリア拡大のためなど、企業成長のためにM&Aを行うケースが多いです。

長野県の動向

長野県は農業・林業が盛んで、製造業では情報通信機械器具製造が活発です。M&A件数も愛知県ほどではないですが、長野県は高い数値を記録しています。他方で、人口減少の影響が出ており、事業承継M&Aも積極的です。

山梨県の動向

山梨県は、中部地方の他県と比べてM&A件数が格段に少ないのが現状であり、M&Aが浸透しているとはいえません。また、人口減少が顕著に現れており中部地方でも少ないため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性があります。

中部地方のM&A・会社売却・事業承継の今後

中部地方のM&A・会社売却・事業承継は、今後どのようになると考えられるのでしょうか。中部地方にはトヨタやヤマハといった有名企業があるため、大企業がさらなる成長を遂げるためにM&Aを積極的に行う可能性が高いと考えられます。また、国内市場の縮小や経営環境の変化に伴い、会社売却を実施することで経営再建を図る中小企業も増えてくるでしょう。

一方で、中部地方全体で人口減少の影響は深刻化し、事業承継M&Aへのニーズは高まっている状況です。地方の人口減少は改善されておらず、それに比例して後継者不在に陥る企業も増えると考えられます。

山梨県のように、M&A件数が少ない県も今後は劇的に増加する可能性が高いです。前述したとおり、岐阜県や長野県は顕著にM&Aの件数が増えています。地方経済への影響を考えて金融機関がM&Aを推進しているので、M&Aの動向も大きく変化するでしょう。

中部地方のM&A・会社売却・事業承継の案件

この章では、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継の案件を見ていきましょう。

海外FXサイト、教材販売事業の譲渡

個人で経営している海外FXに関するアフィリエイトサイト、FX教材販売事業の事業譲渡案件です。個人事業主の案件ですが、ニュアンスは会社売却に近く、このように個人事業主が運営するサイトや事業をM&Aで売却するケースは昨今増えています。これが「マイクロM&A」です。

エステ・整体サロンの事業譲渡

小規模なエステ・整体サロンの事業譲渡案件です。経営者がノンコア事業を売却し、本業に集中する組織体制を作るためにM&Aを行っています。つまり、組織再編の一環としてM&Aを利用しているのです。

学習塾フランチャイズの株式譲渡

こちらは事業承継案件です。後継者不在のために事業承継M&Aを行う案件で、昨今増加しています。ただし、事業承継M&Aは買い手が売り手の足元を見ることがあるため、いかに交渉でイニシアチブを得るかが大切です。

はつり・地盤改良・一般土木工事業者の株式譲渡

中部地方にて斫り、土木、地盤改良工事を請け負う企業のM&A案件です。公共土木工事を主体に50年以上の実績を誇り、協力会社からも厚い信頼を持っています。従業員の年齢が20代~30代と、若い人材が豊富に在籍しています。

売上高 1億円〜2.5億円
売却希望額 1,000万円〜5,000万円
譲渡希望理由 対象会社のさらなる発展

電気工事業の株式譲渡

太陽光配電工事を中心に、その他一般電気工事や、内装工事を実施している企業のM&A案件です。一般電気工事業を中心に、東海地方を商圏として事業を行っています。太陽光の設置工事、住宅設備リフォーム工事、その他一般電気工事も手がけている企業です。

売上高 1億円〜2.5億円
売却希望額 5,000万円(応相談)
譲渡希望理由 後継者不足(事業承継)

【関連】500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

中部地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つける3つの方法

中部地方でM&A・会社売却・事業承継案件を見つけるには以下の3つの方法が考えられます。

M&A仲介会社を利用する

最もスタンダードな方法が、「M&A仲介会社を利用する」でしょう。M&A仲介会社は買い手や案件を見つける仲介からアドバイザリーまで、M&Aを全般的にサポートします。

最近はリーズナブルな報酬でサポートする会社も多いため、気軽に相談できるのも魅力です。一方、自社の利益を優先する悪質な仲介会社もあるので、仲介会社選びは慎重に行う必要があります。

M&Aマッチングサービスを利用する

M&Aマッチングサービスを利用するのもおすすめの方法です。最近はユーザー登録をするだけで買い手とのマッチングを受けたり、案件の検索ができたりするサイトが増えています。これらのサイトはオンラインでM&Aを完結できるのです。

手軽にM&Aを行いたい場合は、M&Aマッチングサービスの活用をおすすめしますが、M&Aマッチングサービスは当事者同士で交渉を行わなければならないケースがあり、M&Aの経験が豊富な買い手が優位になる点に注意しましょう。

必要があればM&Aマッチングサービスが紹介する専門家のサポートを受けると良いです。

地元の公的・金融機関などに相談する

事業承継・引継ぎ支援センターや地方銀行といった地元の公的・金融機関に相談するのもおすすめです。社会的な信頼性が高い公的・金融機関であれば安心して相談でき、費用もあまりかかりません。しかし、金融機関の中には利益を得るためにM&Aを無理矢理勧めることもあるため、担当者の営業は鵜呑みにしないよう気を付けましょう。

【関連】【2020年最新】事業承継マッチングサイト15サイトを徹底比較!| M&A・事業承継の理解を深める

中部地方のM&A・会社売却・事業承継に強い仲介会社

中部地方のM&A・会社売却・事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱う仲介会社で、全国の案件に対応しております。

スモールM&Aや小規模案件にも対応しており、知識・支援実績の豊富なM&Aアドバイザーが、ご相談からクロージングまで案件を丁寧にサポートいたします。M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

無料相談を随時お受けしておりますので、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継をご検討の際は、お電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

中部地方のM&A・会社売却・事業承継向けの公的機関

この章では、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継向けの公的機関を見ていきましょう。

中小企業基盤整備機構 中部本部

中小企業基盤整備機構は、中小企業における経営課題解決の支援を行う独立行政法人です。昨今の状況を鑑み、中小企業基盤整備機構は事業承継も重要な経営課題の一つだと位置づけ、セミナーや専門家紹介などといった支援を行っています。

中小企業基盤整備機構に限らず、公的な相談機関が行うセミナーや専門家紹介はリーズナブルに受けられるため、ぜひ活用しましょう。

中部経済産業局(愛知・岐阜)、関東経済産業局(長野・山梨・静岡)

経済産業局は各地方にある経済産業省の出先機関で、事業承継税制や事業承継における補助金の申請、事業承継の相談などができます。

ただし、中部地方の場合、県によって管轄している経済産業局が異なるため注意してください。愛知県と岐阜県は中部経済産業局、長野県、山梨県、静岡県は関東経済産業局が管轄です。

中部事業承継紹介センター

中部事業承継紹介センターは、事業承継に悩む経営者のために出会いの場を提供する一般社団法人です。事業承継M&A向けに無料でマッチングを実施しているので、初期費用を抑えて買い手・売り手を探せます。

事業承継M&Aに関するセミナー・情報交換会の実施や、中小企業診断士・弁護士・税理士などといった事業承継専門家との相談会も行っています。中部事業承継紹介センターは、事業承継M&Aを手軽に行える相談機関といえるでしょう。

事業承継・引継ぎ支援センター(中部各所)

事業承継・引継ぎ支援センター(中部各所)は、日本各地にある事業承継の支援機関です。中小企業庁の管轄にある組織で、事業承継を考える中小企業・個人事業主のために外部からの後継者候補をマッチングしています。

M&Aではなく、後継者への事業承継を考えている経営者にとって、事業承継・引継ぎ支援センターは活用しやすい相談機関です。事業承継M&Aにも対応し、専門家紹介も実施しています。

中部地方でのM&A・会社売却・事業承継の参考事例

この章では、中部地方におけるM&A・会社売却・事業承継の参考事例を見ていきましょう。

ミネベアミツミによるユーシンのM&A

ミネベアミツミは、自動車ドア部品を製造するユーシンを2018年11月に買収しています。

ユーシンはフランスにおけるヴァレオの自動車カギ部品部門を買収しましたが、思うように経営が進まず、赤字に転落しました。そのため、ユーシンは海外事業のノウハウがあるミネベアミツミに買収してもらい、経営の建て直しを狙いました。

ミネベアミツミとユーシンの 公開買付けを通じた経営統合について

FUJIによるファスフォードテクノロジのM&A

FUJIは、日立ハイテクグループの独立した電子部品実装ロボットや工作機械の製造・販売を行う会社です。2018年8月、FUJIは自社事業のさらなる成長のために、ファスフォードテクノロジを買収しました。

半導体製造装置メーカー”ファスフォードテクノロジ株式会社”の株式取得

コムシスホールディングスによるNDSのM&A

2018年5月、通信建設事業を営むコムシスホールディングスは、同業のNDSを買収しました。これにより、コムシスホールディングスは、業界における競争力の向上に成功しています。

コムシスホールディングス株式会社とNDS株式会社の 経営統合に関する株式交換契約締結のお知らせ

中部地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめ

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多いです。一方で、人口減少の影響が深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いといえます。

M&A・事業承継をスムーズに進めていくためには専門家のサポートが不可欠です。検討を始めたらできるだけ早めに相談することが成功のカギともいえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県は、農業や製造業を中心に産業が活発になっていますが、最近では人口減少による後継者不在問題を抱えている企業も多いです。 そのため、茨城県ではM&Aを行う企業やM&Aを進める...

東北地方のM&A事情や動向は?産業構造から成功事例・注意点まで徹底解説!

東北地方のM&A事情や動向は?産業構造から成功事例・注意点まで徹底解説!

東北地方では後継者不足が大きな問題となっており、M&A支援に取り組む地方自治体が多くあります。本記事では東北地方のM&A事情や動向、産業構造から成功事例・注意点まで徹底解説します...

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島県では後継者不足問題が顕著に現れています。後継者不足問題を解決するM&Aも盛んに行われているわけでもありません。そこで本記事ではそんな広島県のM&A事業や動向を徹底リサーチし...

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

後継者問題を抱える新潟エリアでは、多くの企業がM&Aで課題解決を目指す動きが活発です。当記事では、過去に行われた売却・買収事例を交えながら新潟のM&A事情を解説します。産業の特徴...

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉県は、東京都の隣に位置しており東京都にある企業との取引が多いです。 さらに、千葉県はM&Aを行う企業が多くなってきているため、これから千葉県でM&Aを検討している企業はM&...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継の現状は?スモールM&Aや案件一覧も紹介!

関西地方のM&A・会社売却・事業承継の現状は?スモールM&Aや案件一覧も紹介!

本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、現状から案件の探し方、スモールM&A案件の紹介まで詳しく紹介します。近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)