M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月21日更新
この記事は、約4分で読めます。

介護施設事業・福祉業界M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

介護施事業・福祉業界のM&Aは、買い手、売り手によってM&Aを選択する目的は異なります。メリット・デメリットをしっかり判断した上でM&Aを選択しましょう。大きな意思決定であるM&Aは注意点も多いため慎重に専門家を活用しましょう。

目次
  1. 介護施設事業・福祉業界のM&Aとは?用語の意味を解説
  2. 介護施設事業・福祉業界のM&Aの現状と動向
  3. 介護施設事業・福祉業界のM&Aの相場と費用
  4. 介護施設事業・福祉業界の買収とは?買う・買いたい場合
  5. 介護施設事業・福祉業界の売却とは?売る・売りたい場合
  6. 介護施設事業・福祉業界のM&Aの成功・失敗事例
  7. まとめ

高齢化社会の進行に伴い、日本では介護業界に対する需要が高まっています。

介護業界の成長に伴い、M&Aにより規模拡大を図る事業者も少なくありません。

そこで介護施設のM&Aを行う際、どのような点に注意すると良いのかについてお悩みの経営者は多いはずです。

この記事では介護業界のM&Aに関して、動向や相場、成功・失敗事例について分かりやすく解説します。

介護施設を経営している方や、今後介護業界に新規参入したい方はポイントを押さえ、M&Aを成功させましょう。

介護施設事業・福祉業界のM&Aとは?用語の意味を解説

最初に、介護施設のM&Aに関して意味を確認しておきましょう。

介護施設とは、介護を要する高齢者の生活を援助する施設であり、入浴や食事等のサポートを行います。

具体的には、特別養護老人ホームや介護療養型医療施設、グループホームがあります。

介護業界には、訪問介護やデイサービス、訪問看護、ケアマネージャー等を行う「在宅系介護」も存在しており、さまざまな働き方がある業界です。

この記事では、介護施設を営む事業者が関係するM&Aを、「介護施設のM&A」と呼んで解説していきます。

介護施設のM&Aでは、株式譲渡や事業譲渡、合併と呼ばれる手法を用いて事業(会社)を売買することが多いです。

株式譲渡は売り手企業が持つ自社株式を買い手側に譲渡するM&A手法で、介護施設を営む会社ごと売買する際に用います。

事業譲渡は介護事業に関する権利や資産を一括で譲渡するM&A手法で、介護事業のみ売買する際に活用する方法です(経営権の移転はありません)。

合併は複数の会社を一つに統合するM&A手法であり、介護事業を行う複数事業者が規模拡大等を目的に経営統合する目的で行います。

手法ごとに用いる目的や手続きが異なる為、あらかじめ介護事業をなぜM&Aするのかという目的を定めた上で最適なM&A手法を活用しましょう。

M&A手法ごとに課税される税金も異なるため、節税などの金銭面も考慮する場合は「M&Aアドバイザリー」と呼ばれる専門家に助力を得ることをおすすめします。M&Aアドバイザリーに力を借りれば、満足いくM&Aを実現できる可能性が一気に高くなるのです。

ここまで、介護施設事業・福祉業界のM&Aについて基礎知識を解説しました。以上の知識を踏まえた上で、介護施設事業・福祉業界のM&Aの現状と動向も見ていきましょう。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

介護施設事業・福祉業界のM&Aの現状と動向

この項では、介護施設のM&Aに関する現状と動向を解説します。

介護施設事業・福祉業界のM&Aについて理解するためには、業界について知ることが大切です。

それでは、まずは介護施設事業・福祉業界の現場について見ていきましょう。

⑴介護・福祉業界の現状

介護業界に関しては、昨今の高齢化に伴い市場拡大の一途を辿っているのが現状です。

我が国では2025年には団塊世代が後期高齢者になります。その頃には、75歳以上が日本国民の18%になる見込みです。

そうなれば、介護が必要な人数は今よりも増え、介護業界の需要も高まると考えられています。したがって、将来的にも介護業界の市場規模拡大は続いていくでしょう。

2016年に厚生労働省が発表したデータ(介護給付費等実態調査の概況)によると、介護サービスを利用した人は前年比で2%弱増加しており、10年連続で過去最高を更新しています。

前述通り介護業界は、「在宅系介護」と「施設系介護」に大別されます。

近年は施設系介護と在宅系介護の中間的な事業として、「サービス付き高齢者向け住宅」も増加しています。このように介護が必要な高齢者のニーズに合わせて、今後も新たな事業も現れるかもしれません。

ただし、高齢化の影響で新しい形の介護サービスも現れている一方で、供給側が需要増加に追いついていない現状があります。2017年時点で介護職員の有効求人倍率は約3.1倍にのぼり、介護業界全体で慢性的な人手不足に陥っているのです。

人手不足という深刻な課題を踏まえ、厚生労働省では介護報酬を1.14%引き上げることを発表しました。介護報酬の引き上げにより、介護職に携わる雇用者の処遇改善が期待されています。介護業界では離職者も増加しており、労働者の働き方改善も急務の課題となっているのが現状です。

また、介護業界の問題は労働者の人手不足だけではありません。介護業界は市場規模が拡大してると述べましたが、そんな中でも倒産してしまう会社はゼロではないのです。

介護業界は地域密着型の事業となることが多いので、利用者から悪い噂が広がると売上は一気に悪くなってしまいます。また、市場規模の拡大に目をつけて新規参入してきた会社に競争で負けてしまうこともあるのです。

このように、介護業界で安定して生き残っていくためには、利用者のニーズにしっかりこたえながら、労働者の就業環境も整えていくことが大切でしょう。そのためにM&Aを活用しようとする経営者も多いです。

⑵介護施設事業・福祉業界のM&A動向

介護事業のM&Aは、介護保険法が施行された2000年前後から活発化しています。

元々医療事務委託をコア事業に据えていた「ニチイ学館」は、1998年に在宅介護サービスを担う「ヘルシーライフサービス」の買収を明らかにしました。

1999年には、人材派遣会社「グッドウィル・グループ」が在宅介護サービスを行う「コムスン」とM&Aを実施しました。

グッドウィル・グループの傘下に入ったコムスンは、M&A後に事業を急成長させ、2006年に老人ホームを営む「日本シルバーサービス」を買収しました。

およそ20年前から介護業界では、上記の通りM&Aが活発に実施されてきました。

介護事業の需要拡大に伴い、異業種からの参入目的でのM&Aも増えています。M&Aによって介護事業に新規参入するのは、リスクが低く非常に効率的です。

ドラックストアを経営する「ココカラファイン」は、2009年に介護支援事業を経営する「タカラケア」とM&Aを実施し、介護事業への参入を果たしました。

2013年には「ソニーフィナンシャルグループ」が、介護付老人ホーム「シニア・エンタープライズ」とM&Aを行いました。

このように、介護業界全体が活況を呈する中、M&Aによる事業拡大や新規参入が相次いでいます。この流れにうまく乗るために、M&Aを積極的に検討するのが良いでしょう。M&Aを活用できれば、今まで以上に事業が発展していきます。

※関連記事

M&Aの動向

介護施設事業・福祉業界のM&Aの相場と費用

介護事業のM&Aを検討するときに気になるのが相場や費用でしょう。

この項では、介護施設のM&A相場と費用を解説します。

⑴介護施設事業・福祉業界のM&A相場

介護施設のM&A相場に関しては、首都圏で3,000万円〜1億円程度となっています。

もちろんすべてのM&Aがこの枠の中におさまるわけではありません。介護事業の年間の利益額や施設の所在地等により、M&Aの最終的な価格が決定します。

しかし、場所や利益額によって異なるものの、大体のM&A相場を把握することは可能です。

介護施設のM&A相場は、土地や施設等の合計金額(時価純資産額)に年間営業利益の数年分を足した金額となります。

・介護施設のM&A相場=時価純資産額+営業利益の3~5年分

例えば時価純資産額が2,000万円、年間営業利益が1,000万円(3年分を考慮)の場合、介護施設のM&A相場は下記になります。

・M&A相場=2,000万円+1,000万円×3 = 5,000万円

介護施設のM&Aを実施する際は、あらかじめ相場を想定しておきましょう。

もしも上記の計算式よりも正確な売買価格が知りたいのであれば、介護事業のM&Aに詳しい専門家に計算を依頼するべきです。そうすれば、よりさまざまな要素を考慮した上で、M&Aにおける売買価格を試算してもらえるでしょう。

介護事業を買いたい場合は特に、事前にどれくらいの売買価格になるのかを知っておかなければなりません。早めに売買価格の目安を確認しておいてください。

⑵介護施設事業のM&Aに要する費用

M&Aを行う際には、さまざまな費用がかかる点も知っておくべきです。大抵の介護施設M&Aは、 M&A仲介会社の協力を得た上で実施されます。

M&A仲介会社を利用する場合、仲介会社に支払う手数料が費用として発生するのです。

M&A仲介会社に支払う費用(手数料)には、主に下記3つがあります。

・仲介契約を締結した時点で発生する「着手金」

・M&A相手と基本合意契約を締結した時点で発生する「中間報酬」

・M&Aの最終契約を締結した時点で発生する「成功報酬」

着手金と中間報酬はM&A交渉が失敗しても返還されない費用ですが、中には着手金と中間報酬を無料としている仲介会社もあります。そのようなM&A仲介会社であれば、気楽にいろいろなことを相談できるはずです。

成功報酬の算出では、「レーマン方式」と呼ばれる取引金額に一定の料率を掛け合わせる方式が採用されます。M&A仲介会社ごとに、レーマン方式の両立や取引金額の中身は異なるため、事前の確認が必要です。

できるだけ安く介護事業のM&Aをしたいとお考えの人も多いと思います。複数のM&A仲介会社を比較すれば、M&Aの費用を安く抑えることが可能です。

もしも確実に出費を抑えたいのであれば、M&A総合研究所にサポートをご依頼ください。

M&A総合研究所はM&Aの経験や知識が豊富なアドバイザーのサポートを提供していますが、その報酬は完全成功報酬制であるため、成功報酬以外の費用が発生しません。したがって、リーズナブルにサービスを受けられるのが強みです。

また、M&A総合研究所は介護事業のM&Aの経験も豊富にあります。なので、ご相談いただければさまざまなお悩みを解決できるはずです。電話やWEBでの無料相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

電話で無料相談WEBから無料相談

※関連記事

M&Aの相場

介護施設事業・福祉業界の買収とは?買う・買いたい場合

この項では、介護施設買収のメリットについてご説明します。

介護施設をM&Aにより買収すると、下記のメリットを得られます。

  1. 経営資源の獲得
  2. 新規参入が容易
これら2つのメリットについて、順番に見ていきましょう。

⑴経営資源の獲得

介護事業をM&Aで買収することで、経営資源の獲得が可能です。

介護業界では、慢性的な人手不足に頭を悩ませる事業者が数多く存在します。

介護事業で収益を得る為には、十分な人手が不可欠です。

M&Aにより介護施設を営む事業者を買収すれば、数少ない介護を担う人材を一挙に獲得できます。

人手と同時に介護施設も取得できる為、事業規模の拡大により収益拡大を実現できるのです。

M&Aをせずに地道に人材を採用していくのは大変ですし、せっかく教育をしたという段階で離職されてしまうというリスクがあります。

しかしM&Aで介護事業を買収して人手を確保すれば、すでに教育が終わっている人材を一気に手に入れることができるので非常に効率が良いです。

もしも介護事業を経営していて人手不足にお悩みでしたら、積極的にM&Aを検討してみてください。

⑵新規参入が容易

介護業界に新規参入する上で、M&Aによる買収は非常に有用です。

介護業界に新規参入する場合、介護職員や施設等を揃えなくてはいけません。

人手不足の中人材を確保することは困難である上に、施設取得も簡単ではありません。

自力で経営資源を揃えたとしても、収益を得られるまでには時間がかかります。

M&Aにより既に収益をあげている介護施設を買収すれば、全て揃っている状況で新規参入できます。

自力で新規参入する場合と比べて、比較的容易に介護事業を開始できる点が、M&Aによる介護施設買収のメリットです。

もしも別の事業を行なっているものの介護事業にも興味があるという場合は、M&Aで低リスクに新規参入を果たしましょう。

ただ、新規参入をするうえで重要なのは条件の合う売り手をいかに見つけられるかす。

売り手を探す際にはM&A総合研究所のM&Aプラットフォームをぜひご活用ください。

M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは独自のAIでマッチングを行うシステムを採用しており、買収ニーズを登録するだけで、自動的に条件の合う売却案件を見つけだします。

簡単に買収ニーズが登録できますので、気になる方はお試しください。
>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

会社買収とは

介護施設事業・福祉業界の売却とは?売る・売りたい場合

この項では、介護施設売却のメリットについてご説明します。

介護施設をM&Aにより売却すると、下記のメリットを得られます。

  1. さらなる事業拡大を目指せる
  2. 創業者利潤を得られる
  3. 事業を継続できる
それぞれについて、順番に見ていきましょう。

⑴さらなる事業拡大を目指せる

M&Aにより大企業の傘下に入ることで、介護事業のさらなる事業拡大を実現できます。

経営資源が不足する中小企業にとって、一定以上の規模拡大は困難です。

M&Aにより介護施設を売却すれば、経営資源が豊富な大企業の下で、自社では成し遂げられない成長が実現可能となります。

大企業の傘下に入ることで事業拡大ができ、今まで叶えることができなかった利用者のニーズも満たせるかもしれません。

また、従業員の労働環境も大手企業の傘下に加われば改善できる可能性は高いです。

介護事業を今まで以上に拡大していきたいものの自分では難しいというとき、M&Aでの売却を検討してみてください。

ただ、M&Aは成功率が3割~5割程度といわれており、失敗のリスクを抱えているものだと言えます。

そんなM&Aの失敗を回避したいとお考えでしたら、M&A総合研究所にお任せいただければ幸いです。

M&A総合研究所は業界・業種を問わず様々な会社のM&Aを成功させた実績があり、日本全国のM&A案件に対応しています。もちろん介護事業のM&A経験も豊富ですので、さまざまなお悩みにおこたえできるでしょう。

M&A総合研究所は介護事業に詳しく最適なスキームが手がけられるアドバイザーが対応いたしますので、M&Aの失敗を回避して成功に導きます。まずは電話やWEBによる無料相談をお受けください。

電話で無料相談WEBから無料相談

⑵創業者利潤を得られる

創業者利潤の獲得も、介護施設売却の大きなメリットです。

M&Aにより介護施設を売却すると、経営者に多額の創業者利潤が入ってきます。

前述の例では5,000万円の収入が入る為、税金を抜いてもおよそ4,000万円弱の利潤が手元に残るでしょう。

もちろんどれくらいの創業者利潤が入るかどうかは、売却する介護事業によって異なるはずです。しかし、廃業してしまうよりも得られる利益は大きいので、廃業するのはもったいないと言えます。

獲得した創業者利潤を用いて、アーリーリタイアを実現したり、新たな事業への参入も可能です。

現在は介護市場全体が拡大している為、売り手は高値でM&Aを実現できる可能性が高いと言えます。介護業界の市場が成長しているうちに、M&Aにより多額の利益を得る事も一つの戦略です。

もしも現在経営している介護事業の経営から離れようかとお悩みなのであれば、一度M&Aについて積極的に考えてみるのが良いでしょう。

⑶事業を継続できる

介護事業のM&Aを行うことで、事業を継続することが可能です。

市場が成長しているとはいえ、中には業績不振に陥り廃業を検討している介護事業者も存在します。

もしかすると、あなたも介護事業を廃業するしかないかもとお考えかもしれません。しかし、介護施設を廃業することで、従業員は職を失い、入居者は生活の場を失ってしまうことを考えるべきです。

介護事業を畳むと、多方面の利害関係者に悪影響を及ぼします。しかし、M&Aにより介護事業を譲渡すれば、上記の事態を回避できるのです。

上記の通り介護施設のM&Aは、経営者以外にもメリットをもたらします。

また、後継者が身近にいなくて廃業するしかないとお考えのときも、M&Aが役立つでしょう。後継者を外部の第三者にできると考えれば、M&Aに前向きな気持ちを持つことができます。

※関連記事

会社売却

介護施設事業・福祉業界のM&Aの成功・失敗事例

ここまでを読んで、介護事業のM&Aを実際に行いたいとお考えの方も多いはずです。

しかし、身近に介護事業のM&Aを行なったケースがなければ、あまり具体的なイメージがついていないかもしれません。

そこで最後に、介護施設M&Aの成功事例と失敗事例を紹介します。自分が介護事業のM&Aを行う際の参考にしてみてください。

⑴介護施設M&Aの成功事例

介護施設に関しては、新規参入目的のM&A成功事例が数多く存在します。

生命保険会社である「明治安田生命」は、新日本製鉄(現:新日鉄住金)の傘下企業を買収し、介護施設運営事業への新規参入に成功しました。

警備事業を営む「綜合警備保障」も、M&Aによる介護事業への参入を成功させています。

訪問介護を経営する「HCM」や、有料老人ホームを運営する「ウイズネット」を次々と買収し、介護業界での地位を確立しました。

M&Aによる介護事業への参入成功事例は数多くある為、是非とも参考にしてください。

⑵介護施設M&Aの失敗事例

介護施設M&Aには、失敗事例も存在します。

たとえば、介護事業を同業他社に売却したら、今まで働いてくれていた従業員たちが大量離職するというケースがありました。その事例では、買収企業と従業員の労働環境について詳細まで話し合えていなかったことが良くなかったのです。

介護施設のM&Aが失敗する要因は、主に下記となります。

  • 情報漏洩
  • 従業員の離職
  • 費用の大幅な増加
  • M&A後の収益減少

M&Aの失敗事例は、主に上記の事態が原因で発生しています。

つまり上記の事態を回避すれば、介護施設のM&Aが失敗する事態を回避できます。

情報管理の徹底や従業員への配慮、デューデリジェンスの徹底等により、失敗のリスクを軽減しましょう。

※関連記事

M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

まとめ

介護業界のM&Aに関して、動向や相場、成功・失敗事例について解説しました。

介護業界の市場規模は拡大しているので、介護事業のM&Aも行いやすいです。

買い手、売り手によってM&Aを選択する目的は異なるため、メリット・デメリットをしっかり判断した上でM&Aを選択しましょう。

大きな意思決定であるM&Aは注意点も多いため専門家を活用することをおすすめします。どの専門家に相談するかお悩みなのであれば、M&A総合研究所にお任せください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)