2020年3月4日更新都道府県別M&A

佐賀県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

佐賀県は後継者不在率が日本国内でも低い水準となっていますが、後継者不足を理由に廃業している中小企業は多く、今後はさらに増えていくと予想されます。この記事では、佐賀県の事業承継事情や事業承継の流れ、方法を解説するとともに、おすすめのM&A仲介会社も紹介します。

目次
  1. 佐賀県における事業承継とは
  2. 事業承継の方法
  3. M&Aを活用した事業承継
  4. 事業承継の流れや進め方
  5. 佐賀県で事業承継におすすめのM&A仲介会社ランキング
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

佐賀県における事業承継とは

佐賀県における事業承継は、後継者不在率によって推測できます。帝国データバンクによると、佐賀県の中小企業で「後継者がいない」とする回答率(41.5%)は、全国平均の66.5%を下回る水準となっています(2017年データ)。

同様に2018年では、全国平均66.4%に対して43.2%、2019年は全国平均65.2%に対して48.9%といずれも全国平均を下回る水準となっています。この結果を見るかぎり、佐賀県では比較的後継者不在の問題はないように感じられます。

しかし、2017年と2018年は国内で最も低い水準となっていたものが、2019年には全国平均が下がっているのにもかかわらず前年対比で5.7ポイントも高くなっています

参考URL:帝国データバンク「全国・後継者不在企業動向調査」(2019年)

後継者不在で倒産する企業は多い

佐賀県では、後継者がいないと回答する経営者は全国的に見ても少ないです。また、2018年に帝国データバンクが行った社長交代に関する調査では、佐賀県の社長交代率は3.96%にとどまっています。

この数値からもわかりますように、佐賀県の企業では社長交代が進んでいません。しかし、同じ九州地方の中小企業でも3%代を推移しているので、佐賀県だけが進んでいないわけではありません。ただ、今後は社長の年齢が高くなっていきますので、事業承継を行う企業は増えていくでしょう。

これらの結果から、佐賀県における事業承継は後継者不在率が低いものの、後継者不足を理由に倒産している会社も多くみられ、今後はさらに増えていく状況にあるといえます。

参考URL:帝国データバンク「九州・沖縄地区の社長分析」(2018年)

※関連記事
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、役員・従業員承継(親族外承継)、社外への承継の3つがあります。親族内承継は、現経営者の親族を後継者として事業承継を実施するものです。親族とは、現経営者の子供や配偶者、兄弟などをさし、中小企業の事業承継の場合は子供を後継者とするのが一般的でしょう。

子供を後継者として事業承継をする場合、従業員や社外の取引先、金融機関などに受け入れられやすく、株式の移転や経営権の移譲などもやりやすいメリットがあります。しかし、近年では子供を含めた親族へ事業承継は減ってきています。

その理由には、親の会社を引き継ぐことが当たり前ではなくなってきていることもありますし、子供世代のライフスタイルの多様化や職業の選択などによって、親が会社を経営しているからといって必ずしも後継者になるという選択をせず、経営者である親も子供の意思を尊重する傾向があります。

親族外承継や社外への承継が増加している

親族内承継が少なくなってきていることを受けて、親族外承継は以前よりも割合が高くなっています。親族外承継は会社の役員や従業員に承継しますので、会社の経営方針や理念、事業内容を理解していることで一貫性のある承継ができるというメリットがあります。

以前は、経営者交代のときに株式を買い取る資金が不足するという事態もありましたが、最近では種類株式や持株会社の設立、従業員持株会などを活用して株式の買い取りの資金を調達できるようになってきています。

また、事業承継税制が親族外の場合でも適用されるようになったことで、親族外承継を選択する会社も増えています。同様に、M&Aを活用した社外への承継も近年では増加しています。近年は多くの業種で市場が縮小傾向にあることや競争力強化などのために、後継者不足の会社を買収している会社が増えています。

さらに、新規事業へ参入することを目的に買収を行っている会社もあります。このように、従来は親族へ承継することが一般的であった事業承継が、今では親族外や社外へ承継することが一般的になりつつあります。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
事業承継の方法

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継を実施するには、親族内承継や親族外承継とは勝手が違います。M&Aを行うためには、買収してくれる会社を選定しなければなりません。しかし、経営者本人だけの力では承継先の選定やM&Aを成立させるのは難しいです。

そのため、一般的にはM&A仲介会社や事業引継ぎ支援センターなどの専門家の力を借りてM&Aを実施します。M&A仲介会社などの専門家は多くの案件を保有し、その中から希望に合った承継先とマッチングをしてくれます。

また、仲介を依頼することで選定した承継先と交渉し、その後のプロセスにおいてもサポートを受けることができ、M&Aが完了するまで安心して任せることができます。ただし、M&A仲介会社などの専門家は数多く存在しますので、承継先の選定の前にまずは専門家の選定を行う必要があります。

なお、安心して任せられる専門家をお探しの場合はぜひ、M&A総合研究所へご相談ください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、会計士や知識と経験が豊富なアドバイザーが在籍しております。これまでにさまざまな業種のM&Aに携わっており、そのノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたします。

また、費用については国内最安値水準の完全成功報酬制となっております。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aの流れ、進め方について解説します

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れは、以下の段階に分けて進めていきます。

  1. 事業承継に向けた準備の必要性を認識
  2. 経営状況・経営課題などの把握
  3. 事業承継に向けた経営改善
  4. 事業承継計画書の策定(親族内・親族外承継の場合)またはマッチングの実施(社外へ承継する場合)
  5. 事業承継の実行
これらの段階を経て事業承継を行い、そのあとは後継者が企業をさらに成長・発展(これを「ポスト事業承継」といいます)させていくことになります。では、それぞれの段階において、どのようなことを行うのか見ていきましょう。

①事業承継に向けた準備の必要性を認識

第一段階は、現経営者が事業承継の準備が必要になってきたことを認識することを表しています。中小企業は経営者も業務に従事している場合が多く、普段の業務で忙しく事業承継について何も準備していないケースも少なくありません。

また、事業承継の問題は現経営者やその家族内の問題と考えがちであり、気軽に相談できる相手がいないという実情もあります。しかし、事業承継は経営上の問題として顧問税理士や取引のある金融機関などに相談する方法もあります。

事業承継は単に事業を引き継げば良いというわけではなく、後継者となる人材の教育も必要となることから、事業承継の準備には10年程度の期間を要するといわれています。そのため、現経営者は60歳前後で事業承継に向けた準備が必要であることを認識しなければ、対応が遅くなってしまう可能性があります。

②経営状況・経営課題などの把握

第二段階では経営状況・経営課題等の把握を行い、今の会社の状況や課題などを見える化します。事業承継の構成要素は、人(経営)の承継、資産の承継、知的資産の承継の3つです。これらをスムーズに承継するために、会社の経営状況を把握する必要があります。

人(経営)の承継は単純に経営権を移譲するだけでなく、現経営者が持つ会社への思いや経営理念なども承継していく必要があります。また、中小企業の場合は取引先との関係などが経営者個人に集中していることも多いため、これも後継者へと承継していく必要があります。

資産の承継については、事業を運営するための設備や不動産などの事業用資産、債権、債務、株式を承継します。貸借対照表などの財務諸表や決算書を精査して、会社がどのような状況なのかをしっかりと把握し、同時に経営課題も見える化します。

知的資産の承継は無形の資産を表しており、会社の競争力や会社が持つ技術、ノウハウ、特許、ブランド力、組織力、経営理念、顧客とのつながりを表しています。 会社にはそれぞれが持つブランド力があり、サービス業などでは顧客に対するサービスの差別化などが中心です。

会社が強みとしている部分を後継者にも引き継いでもらうことを意識して、顧客との良好な関係や取引先、金融機関との信頼関係、従業員とのつながりなどを考慮して取り組んで行きます。

③事業承継に向けた経営改善

第二段階で見える化した経営課題を、第三段階の事業承継に向けた経営改善で具体的な改善をしていきます。事業承継はその後の会社の発展や成長に期待できるタイミングでもあるので、現経営者は後継者に席を譲るまでは、事業の維持・発展に努めるようにします。

また、この段階では業績改善やコストの削減、商品やブラン力のイメージ、優良な顧客、金融機関や株主との良好な関係、従業員、知的財産権やノウハウ、法令遵守体制など多岐にわたり対策が必要となります。

その中で、本業の競争力の強化や会社の経営体制の総点検なども実施して、後継者が「引き継ぎたい」と思うような会社にしていきます。

④事業承継計画書の策定またはマッチングの実施

第四段階では、誰に事業を承継するのかを選択します。そして、親族内または親族外承継をする場合は事業承継計画の策定を行います。事業承継計画では10年先を見据えて、「いつ」「どのように」「何を」「誰に承継するのか」がわかるよう、具体的に計画を策定します。

この際、経営者だけでなく後継者や関係のある人と共有して適切に計画が進むようにしておきます。そうすることで、関係する人の協力も得ることができますし、信頼関係も築くことができます。

社外への承継を選択した場合はM&Aのマッチングをして理想的な承継先が決まったら交渉を行い、売却価格などの条件を煮詰めていきます。

⑤事業承継の実行

第五段階で、いよいよ事業承継を実行します。親族内または親族外承継の場合、第四段階で策定した事業承継計画のとおりに進めていき、資産の移転や経営権の移譲を実行します。M&Aによる社外承継の場合は最終締結を行い、それに基づいてクロージングを実行します。

※関連記事
事業承継の課題と解決方法
次期社長の教育と選出方法

佐賀県で事業承継におすすめのM&A仲介会社ランキング

最後に、佐賀県の事業承継におすすめのM&A仲介会社のランキングを紹介していきます。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社事業承継支援センター
  3. クロスダM&Aセンター株式会社
  4. 株式会社メイア
  5. 株式会社フォルテワン(forte ONE)
では、それぞれのM&A仲介会社の特徴を見ていきましょう。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aにも携わっています。日本最大級のM&Aプラットフォームにより、最良の承継先と早期のマッチングを実現させています。また、通常のM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかります。

しかし、M&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しているため、平均3ヶ月という期間で成約しています。さらに、報酬は完全成功報酬制で成約までに費用はかからず、費用水準は国内最安値となっていることから、費用面においても安心感があります。

会社名 株式会社M&A総合研究所
URL https://masouken.com/
報酬 完全成功報酬制
問い合わせ先 0120-401-970

②事業承継支援センター

株式会社事業承継支援センター

出典:http://www.jigyou-syoukei.co.jp/

事業承継支援センターは福岡県に本社を構えていますが、九州地方全域をカバーしており、マッチングweb登録をするとM&Aのサポートが受けられるようになっています。また、M&Aだけでなく事業承継全般のサポートも行っています。

会社代表者は税理士資格を所有しており、経験も豊富なので安心してM&Aの仲介を依頼できるでしょう。

会社名 株式会社事業承継支援センター
URL http://www.jigyou-syoukei.co.jp/
報酬 要相談
問い合わせ先 092-522-7004

③クロスダM&Aセンター

クロスダM&Aセンター株式会社

出典:https://crossda.co.jp/

クロスダM&Aセンターは佐賀県に本社を置き、福岡や熊本、長崎、大分にも支店を構えていますので、九州全域の中小企業に対応しています。M&Aだけでなく、事業承継の問題にも対応しており、後継者問題に悩む経営者の相談にも乗ってくれます。

M&Aを希望する条件に配慮した取引を可能としており、会社を譲渡した後に負債が残さないことや会社名をそのまま残してほしいなどの希望を伝えると、可能な限り希望に沿った形でM&Aができるようにサポートしてくれます。

会社名 クロスダM&Aセンター株式会社
URL https://crossda.co.jp/
報酬 着手金あり、売買価格に応じた成功報酬
問い合わせ先 0120-028-022

④メイア

株式会社メイア

出典:https://www.meia.co.jp/

メイアは佐賀県にあるM&A仲介会社であり、もともとは保険代理店を主な業務としていました。現在ではコンサルティングや審査評価業務を実施しており、M&Aのサポートも実施しています。売却する会社の想いに沿ったサポートをしており、M&Aだけでなく事業承継に関する相談にも応じています。

中小企業が抱える後継者問題や事業の将来性への不安などを解消できるよう対応してくれます。

会社名 株式会社メイア
URL https://www.meia.co.jp/
報酬 要相談
問い合わせ先 0952-27-0791

⑤フォルテワン(forte ONE)

株式会社フォルテワン(forte ONE)

出典:https://forte-one.com/

フォルテワンは福岡県にあるM&A仲介会社です。M&Aに関する仲介およびアドバイザリー業務、M&Aに欠かせない企業および事業のデューデリジェンス業務、企業や事業の価値算出業務を実施しており、事業承継にかかわる部分もコンサルティングしているので相談できます。

経営者に寄り添ったサポートを実施することで、より良いM&Aが実施できるようにサポートしています。

会社名 株式会社forte ONE
URL https://forte-one.com/
報酬 要相談
問い合わせ先 092-260-1018

※関連記事
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類
企業価値の算定方法

まとめ

佐賀県は後継者不在率が日本国内では低い水準となっていますが、近年では徐々に高くなってきています。それでも低い水準に変わりないのですが、後継者不在によって廃業をしている中小企業は多くあり、今後はさらに増えていくと予想されます。

事業承継は従来の親族内承継が減少傾向にあり、親族外承継やM&Aを活用した承継が一般化してきています。もともと事業承継は、後継者の教育などの準備を含めると10年かかるといわれています。

また、M&Aにおける事業承継では承継先の選定や交渉などもあるため、教育はそれほど必要ないにしろ場合によっては1年以上かかることも珍しいことではなく、いずれの場合もできるだけ早い段階で事業承継の必要性を認識し、対策しておくことが望ましいです。

さらに、M&Aの際は専門家の力を借りながら実施するようにし、最良の相手と利用の事業承継が行えるよう最善を尽くすことをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

M&A
【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&A
和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)