2020年2月7日更新業種別M&A

動物病院におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

動物病院においては、他院との差別化を図るためや経営上の問題を解決するため、事業の強化につなげるためなど、さまざまな理由でM&Aを検討する病院が多いです。この記事では、動物病院におけるM&Aを成功させるためのポイントや相場、実際にあった事例などを紹介します。

目次
  1. 動物病院とは
  2. 動物病院のM&A動向
  3. 動物病院のM&A成功のポイント
  4. 動物病院のM&Aで注意したいポイント
  5. 動物病院M&Aの相場
  6. 動物病院M&Aの事例5選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
動物病院のM&A・事業承継

動物病院とは

動物病院とは、その名のとおり動物がケガや病気をした際に、その治療を行うところをさし、個人が経営する病院では「犬猫病院」と看板を掲げて営業していることもあります。動物病院は個人経営も多く、獣医師が経営者となって動物看護師とともに病院を運営しています。

動物には、個人が飼うペットや畜産のために飼育されている動物もいますが、一般的に「動物病院」というと前者のペットを対象としている施設のことをいいます。

動物病院の動向や特徴

ペットに対する高度な医療ニーズの高まりに伴い、動物病院業界では市場拡大が進んでいます。 一方で、市場の成長に伴い、技術の向上が急務になっています。ペットの高齢化によって、より高度な医療が求められる現状では、それぞれの動物病院が技術の向上を常に意識する必要があります。

もちろん、優秀な人材や高度な医療設備の確保も必要です。また、最近は爬虫類などをペットとして飼う方も増えており、さまざまな種類のペットへの対応に迫られていることも、近年の動物病院業界の特徴となっています。

こうした状況の中、M&Aによって優秀な獣医師の確保や技術力の強化を図るケースも増えており、高度な医療の普及により、医療費はますます高額になっています。そのため、今後は価格競争が深刻化する可能性もあり、競争力を強化するためのM&Aのニーズも高まると考えられます。

動物病院業界の課題点

動物病院は個人が経営しているケースが多く、多様化するニーズや高度化する医療技術に対応しにくいという問題もあります。 また、動物病院に限らず、個人が経営する事業所は経営が不安定になりやすいです。 そのため、場合によってはやむを得ず廃業を選択する経営者の方も見られます。

ただ、これまで築き上げてきた事業を廃業することは、経営者にとってはもちろん抵抗があります。また、動物病院の廃業は飼い主やペットにも大きな影響を与えてしまうので、できる限り廃業を避ける方法を考える必要があるでしょう。

動物病院のM&A動向

動物病院業界における動向や課題点を見てもわかりますように、特に個人経営の動物病院では多様なニーズに応えることができず、経営が不安定になりやすいです。また、個人経営でなくても、人材や技術の確保に苦しんでいる経営者は多いです。

そのため、動物病院業界ではM&Aが増加傾向にあり、その目的はさまざまです。ここでは、動物病院がM&Aを行う目的についてお伝えしていきます。

他院との差別化を図るためのM&A

市場の成長とともに競争の激化も見られる中、動物病院にとっては他院との差別化が重要になります。そのためには、サービス体制の強化や事業エリアの拡大、優秀な獣医師の確保、技術の向上などが求められますが、これらをM&Aによって実現しようと考える動物病院が増えています

例えば、差別化を図るために診療時間を拡大する場合であれば、もちろん獣医師の確保が必要になります。 しかし、自院だけで人材を確保することは、一般的には時間と手間がかかります。そこで、他院とのM&Aを行い、双方の人材を活用する形で人材確保につなげるといったケースが見られます。

また、特定のエリアに強い動物病院の買収によって事業エリアを拡大することや、高度な技術や医療設備を持つ動物病院とのM&Aによって事業強化を図るといった事例も見られます。

経営上の問題を解決するためのM&A

動物病院が抱える経営上の問題を、M&Aによって解決するケースも増えています。M&Aによって資金力のある企業(動物病院)の傘下に入ることができれば、廃業の危機を免れ、安定した財務基盤のもとで事業を継続することができます。

また、事業が継続することでその動物病院の経営者や従業員だけでなく、病院を利用している飼い主やペットにとっても大きなメリットとなります。特に個人経営が多い動物病院業界では、廃業などの経営上の危機を救うM&Aは大きな意味を持っているのです。

今後のニーズの高まりや技術の多様化などに伴い、個人経営の動物病院は厳しい状況に立ち向かう必要があります。こうした動向の中、経営上の問題解決のためのM&Aは今後も増加すると考えられます。

動物病院のM&A成功のポイント

動物病院業界においてM&Aが増加していますが、実際にM&Aを行おうとした際に頓挫してしまうケースもあります。ここでは、動物病院のM&Aを成功させるためのポイントについて紹介していきます。

動物病院を売却するケース

動物病院を売却する際には、買い手に自院の魅力をしっかりと伝える必要があります。例えば、買い手がM&Aによって事業の強化を考えている場合、買い手のニーズも踏まえ、自院の魅力をアピールしなくてはなりません。

その買い手がどのような分野で事業を強化したいのか、どのような技術を強化したいのか、拡大したい事業エリアはどこかなど、買い手のニーズを整理しましょう。そして、買い手のニーズが自院の強みと合致すれば、自院の強み・魅力をしっかりとアピールすることで、最良な形で引き継ぎできるようになります。

動物病院を買収するケース

同業者同士のM&Aとして動物病院を買収する場合、事業エリアの拡大や技術の強化といったメリットを享受できます。例えば、特定のエリアで新しく事業を開始したい場合であれば、そのエリアに強みを持つ動物病院を買収することで、比較的短期間で事業を開始できるのです。

自院だけでそのエリアに進出するより、時間も手間もかかりません。そのほか、双方のノウハウや技術、人材などを活かし、サービス体制の強化などにつなげることもできます。買収を成功させるには、自院が強化したい分野は何か、強化するべき事業エリアはどこかを洗い出す必要があります。

そして、それをもとに買収するべき病院を決めることが大切です。ただ、これをすべて経営者だけで行うのは困難です。そのため、M&Aを行う際はM&A仲介会社などの専門家に相談することをおすすめします。もしも、相談できるM&A仲介会社がわからない場合は、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には会計士や知識と経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、ニーズにあったM&Aの相手探しや成約までをフルサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

動物病院のM&Aで注意したいポイント

動物病院のM&A・事業承継
動物病院のM&A・事業承継

M&Aを行う際は、以下のことに注意が必要です。

  1. M&Aの目的を明確にする
  2. M&Aの対象となる相手は丁寧に選ぶ
これらのポイントは動物病院に限ったことではなく、M&A全体に共通していえることであり、有効性の低いM&Aや成約後のトラブルを防ぐためにもしっかりと把握していきたいことです。では、これらの2つのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

①M&Aの目的を明確にする

M&Aの目的が明確であれば、より具体的なM&A戦略を策定でき、M&Aの方向性がしっかりと定まります。また、自院にとって最適なM&Aのスキームも検討しやすくなります。結果として、自院に合った適切なM&Aの実現につなげることができるのです。

反対に、目的が明確でなければ、M&Aをしても思ったような効果が現れなかったなどの事態になりかねません。これでは、M&Aに多くの費用をかけても、事業戦略としてのメリットがなくなります。こういった事態を防ぐためにも、M&Aの目的は明確にしておきましょう。

②M&Aの対象となる相手は丁寧に選ぶ

M&Aによって売却・買収を行う以上、対象となる病院は丁寧に選ぶ必要があります。事業内容や方針などを十分に検討し、自院に合うかどうかを慎重に判断しなくてはなりません。一方で、ふさわしい病院が見つかったら、アプローチは早めに行いましょう。

アプローチを早く行うことで、他の企業や病院に先を越されてしまったなどの事態を防ぐことができます。また、M&Aの手続きを進めるには、法務、税務、財務などの専門知識が必要になります。さらに、対象となる病院との交渉力も求められます。

このような手続きを自院だけで進めることは非常に難しいため、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家のサポートはしっかりと受けるようにしましょう。

動物病院M&Aの相場

動物病院のM&Aでは、個人経営の動物病院から大規模な動物病院までさまざまな規模の病院によるM&A事例があります。そのため、事例によっては規模が大きく異なるため、相場や費用を一概に把握することは困難とも言えます。

ただし、相場の判断が難しいからといって、相場や費用をまったく考えないというわけにはいきません。ある程度の相場・費用の目安をつけておかないと想定外の費用が発生することになります。自院の状況と似たM&A事例を分析し、どのくらいの費用が発生するのかを把握しておく必要があります 。

具体的には、事例ごとにM&Aの目的、M&Aの当事者となる病院の規模、対象事業の規模、病院の業績、従業員の数、M&Aのスキームなどをチェックし、自院と似た事例を徹底的に分析することが大切です。

動物病院のM&Aでは価格が割安となることが多い

動物病院のM&Aにおいては、取引価格が他の業種よりも割安になることが多いです。その理由にはさまざまありますが、売り手側が自院の存続を優先的に考えた相手探しや交渉を進めていくことで、取引価格が安くなってしまいます。

また、経営者、つまりは獣医師が高齢である場合や通常の診療でM&Aに時間をかけられないために、できるだけ早くM&Aが行われるよう最初から安くして募集や交渉して短期間で決着をつけようとするケースもあります。そのため、動物病院業界としてのM&A相場は少し低めとなっています。

なお、できるだけ高く、スピーディーにM&Aを行いたい場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所に相談いただければ、M&Aが成功するように経験豊富な専門家が金額の算出や条件交渉など、少しでも会社を高く売れるようサポートいたします。

また、M&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかりますが、M&A総合研究所は早いクロージングを目指し、平均3ヶ月でクロージングを行います。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

動物病院M&Aの事例5選

最後に、動物病院で実際に行われたM&Aの事例を5つ紹介していきます。

エルムスユナイテッド動物病院グループによるタイグリスの子会社化

2017年8月、全国に動物病院を展開しているエルムスユナイテッド動物病院グループは、動物病院業界向けIoT事業などを手がけるタイグリスの完全子会社化を発表しました。エルムスユナイテッド動物病院グループは、高度獣医療センター・一次動物病院となる10の病院を運営しています。

さらに、再生医療や先端獣医療、動物iPS細胞の研究、AIを活用した獣医療・遠隔診療を行っており、動物病院関連事業・ペット関連事業まで、幅広い事業を展開しています。一方でタイグリスは、動物病院業界向けIoT事業を運営する会社です。

動物病院売上管理システム、動物病院顧客管理システム、電子カルテ、AI、VR/AR(仮想現実/拡張現実)、遠隔診療などの開発・販売を行っています。エルムスユナイテッド動物病院グループでは、すでにタイグリスの22.43%の株式を保有していました。

今回、タイグリスを完全子会社化したことで、エルムスユナイテッド動物病院グループは、AIやVR/ARといったIoTの活用による獣医療技術の向上を進め、より最適な医療の提供につなげています。

七十七銀行などが設立したファンドがウイル動物病院グループに投資

七十七銀行は2018年7月、傘下のファンド運営会社と設立した「77ニュービジネスファンド」が、ウイル動物病院グループに5,000万円を投資したことを発表しました。77ニュービジネスファンドは、七十七銀行がグループ会社の七十七キャピタルとともに組成したファンドです。

このファンドでは、さまざまな企業への成長資金の供給や経営支援を行っており、ウイル動物病院グループは仙台動物医療センターと県内5つのグループ病院を運営しています。仙台動物医療センターではCTなどの画像診断を中心として、予防診療・一般診療から高度な二次診療まで受け入れを行います。

5つのグループ病院では一次診療を中心に診察を行い、健康診断などの予防医療に力を入れています。ウイル動物病院グループは77ニュービジネスファンドから資金を得たことで、それぞれの設備の拡充などを進め、医療体制のさらなる充実を目指しています。

JVCCによるフジフィールドの株式取得

動物病院やトリミングサロンの運営を手がけるJVCCは、「日本の獣医師にとって最も働きやすく、かつ、飼い主に最も信頼される動物病院グループの確立」という事業構想のもとで設立されました。2017年にはいくつかの会社をグループに加え、動物病院のグループ化の推進を進めています。

こうした動物病院のグループ化を進めていく中で、JVCCは2017年4月、ペットサロン併設型動物病院の事業などを行うフジフィールドの発行済全株式(自己株式を除く)を取得しました。フジフィールドは、東京都と神奈川県で3つのペットサロン併設型動物病院と7つのペットサロンを運営しています。

また、JVCCの代表取締役にはフジフィールドの創業者である藤野洋獣医師が就任しています。そして、大半が個人事業者となっている動物病院業界において、JVCCは企業組織による病院経営モデルを構築し、事業構想に賛同する病院のグループへの参画を促進するとしています。

JVCCによるブイアイエスの株式取得

こちらもJVCCのM&A事例です。2017年7月、JVCCは動物病院の運営を行うブイアイエスの発行済全株式を取得しました。ブイアイエスは大阪府、兵庫県、東京都、埼玉県で7つの動物病院を運営しており、各地のショッピングセンター内に動物病院を展開していることでも知られています。

ブイアイエスの参画により、JVCCは10の動物病院と7つのペットサロンを運営することになり、動物病院のグループ化の推進を加速させています。

JVCCによるFORPETSの株式取得

JVCCは2017年10月、東京都で動物病院とペットサロンの運営を行うFORPETSの発行済全株式を取得しました。FORPETSは東京都で2つの動物病院と1つのペットサロンを運営しており、東京都23区を中心に予防医療から高度な専門医療まで幅広く診察を行っています。

FORPETSの参画によって、JVCCは12の動物病院(3ヵ所はペットサロン併設型動物病院)と7つのペットサロンを運営する形となり、これも動物病院グループ化の一環として行っています。

まとめ

近年、ペットが家族の一員として過ごすケースが増え、高度な医療を受けることを考える飼い主も増えています。そのような中で動物病院の需要がますます高まり、医療も高度化しています。そのため、市場としては成長が見られますが、動物病院の競争が激化する可能性もあります。

こうした状況の中で、他院との差別化を図るためや経営上の問題を解決するためにM&Aを検討する動物病院も多いです。しかし、M&Aを成功させるためにはしっかりとポイントを押さえたうえで後に発生する可能性があるリスクを排除しなくてはなりません。

動物病院のM&Aを考えるには、多様な事例をチェックしつつ、自院の状況と似た事例は徹底的に分析して検討することが重要です。M&A仲介会社のような専門家に相談やサポートを依頼することも大事です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

高齢化が進む日本では、訪問看護ステーションの需要は今後も増加すると考えられており、それに伴う事業規模拡大や新規参入を目的としたM&Aや事業承継も増加すると見込まれています。この記事では、訪問看護...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
動物病院のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)