2020年6月9日公開業種別M&A

印刷会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?動向/事例/相談先も紹介

印刷会社業界は市場規模が年々縮小していますが、事業譲渡・株式譲渡は活発に行われています。本記事では、印刷会社の事業譲渡・株式譲渡について、業界動向や評価を高めるポイントなどを解説するとともに、印刷会社の事業譲渡・株式譲渡の事例を紹介します。

目次
  1. 印刷会社とは
  2. 印刷会社業界が直面している問題
  3. 印刷会社業界の今後の動向予測
  4. 印刷会社の評価を高めるポイント
  5. 印刷会社の事業譲渡・M&Aは市場対応が大切
  6. 印刷会社の事業譲渡のポイント
  7. 印刷会社の株式譲渡のポイント
  8. 印刷会社のその他のM&A手法
  9. 印刷会社を事業譲渡・株式譲渡する際の引き継ぎ・手続きについて
  10. 印刷会社を事業譲渡する際の相談先
  11. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
印刷会社のM&A・事業承継

印刷会社とは

印刷会社とは

印刷会社とは、印刷物を作ることを業務とする会社のことです。印刷物とは、本・漫画・雑誌を始め、カレンダー・ポスター・パンフレットなど、印刷を必要とするあらゆる物を含みます。

最も多いのはポスターやチラシなどの商業印刷で、次が名刺・伝票などの事務用印刷、その次が本や新聞などの出版印刷となっています。印刷会社業界は、凸版印刷などの世界的大企業がある一方で、99%以上が従業員300人未満の中小企業となっています。

事業譲渡とは

事業譲渡とは、会社が営んでいる事業に関する事業資産を、別な会社へ個別に売買するM&A手法のことです。店舗などの不動産や営業に必要な設備などを、一つ一つ価格を見積もって売却していきます。

株式譲渡や分割・合併といった他のM&A手法では、株式の売買により会社の経営権の移動が行われますが、事業譲渡は事業資産の売買であり、株式の売買は行われないのが特徴です。

下の図で言うと、売買されるのはA事業であって、A会社は売買されずにそのまま存続します。

その他のM&A手法

印刷会社のM&Aで使われる手法には事業譲渡以外にも、株式譲渡・株式交換・株式移転・第三者割当増資・合併・分割・資本提携・業務提携といったものがあります。

印刷会社のM&Aで最もよく使われるのは株式譲渡で、これは会社の株式を他の会社に売却することで、会社の経営権を譲渡します。業務提携は資本の移動が全く行われない点で特殊なM&A手法ですが、広義のM&Aとして含めるのが一般的です。

資本提携と業務提携は「アライアンス」と呼んでM&Aと区別することもあります。

印刷会社業界が直面している問題

直面している問題

印刷会社業界は比較的安定している業界ですが、直面している特有の問題もあります。印刷会社のM&A・事業譲渡を行う際は、業界が抱えている問題を理解しておくことが大切です。

印刷会社業界が直面している主な問題としては、以下の3点が挙げられます。

【印刷会社業界が直面している問題】

  1. 競争激化により受注単価が低く見積もられる
  2. 設備に対する投資負担が大きい
  3. 下請構造から脱却するのが難しい

①競争激化により受注単価が低く見積もられる

印刷会社業界の市場規模は約5兆円と巨大ですが、凸版印刷と大日本印刷の2社が売上の約75%を占めており、残りの25%をその他の印刷会社が奪い合っている状況です

さらに、インターネットメディアの発達による印刷会社市場の圧迫や、印刷物は他社との差別化がしづらいという特性などから、競争激化が起こり受注単価が低く見積もられる傾向があります

②設備に対する投資負担が大きい

印刷業を営むには高価な設備を整える必要があり、さらに定期的に設備投資する必要があります。設備に対する投資負担の大きさは、印刷会社業界特有の問題だといえます

設備投資の負担が大きいために、利益を上げるには稼働率を上げなければならず、稼働率を上げるために値下げ競争に走ってしまうという、悪循環に陥る印刷会社も多いです。

③下請構造から脱却するのが難しい

印刷会社業界は下請構造になっており、中小の印刷会社は下請構造から脱却するのが難しいのが現状です。

M&A・事業譲渡で大手の傘下に入り、親会社から直接受注するのは有力な手段ですが、傘下に入ることで自由な経営ができなくなったり、適切な事業譲渡先が見つかるとは限らないという問題もあります。

印刷会社業界の今後の動向予測

今後の動向予測

印刷会社業界のM&A・事業譲渡を成功させるには、今後の動向をしっかり予測しておくことが重要です。印刷会社業界の今後の動向予測としては、以下のような点が挙げられます。

【印刷会社業界の今後の動向予測】

  1. 競争はますます激化する事が予測される
  2. 電子書籍の需要が伸び市場規模が縮小する可能性
  3. 印刷会社業界の事業譲渡・M&A動向

①競争はますます激化する事が予測される

印刷会社業界の市場規模は減少傾向にあり、さらに成熟産業なため今後大きな伸びを見せる可能性も低いです。よって印刷会社業界は、今後ますます競争が激化していく事が予測されます

価格面はもちろん、デジタル媒体といかに差別化するか、または人口減少の影響による注文の減少など、従来のビジネスモデルからの変化にどう対応するかという意味でも、競争が激化していくと考えられます

②電子書籍の需要が伸び市場規模が縮小する可能性

印刷会社業界にとって、書籍・漫画などの出版物は非常に重要な分野です。しかし近年は電子書籍の需要が伸びており、その影響で紙媒体の印刷会社業界は市場が縮小する可能性があります

ただし印刷会社の中には、電子書籍などのデジタル媒体へ事業拡大しているところも多くあり、たとえ紙媒体の市場規模が縮小したとしても、それがそのまま印刷会社業界の縮小につながるとは限らない面もあります。

③印刷会社業界の事業譲渡・M&A動向

印刷会社業界では、中小の印刷会社による、事業承継や生き残りのための事業譲渡・M&Aが活発なのに加えて、大手印刷会社による海外企業の事業譲渡・M&Aも盛んに行われており、事業譲渡・M&Aのタイミングとしては良い時期に入っているといえます。

今後は紙媒体の市場縮小に対応した、デジタル媒体を含む周辺業種への事業譲渡・M&Aがポイントになってくると考えられます

【関連】印刷会社M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

印刷会社の評価を高めるポイント

印刷会社のM&A・事業承継
印刷会社のM&A・事業承継
評価を高めるポイント

印刷会社の事業譲渡・M&Aを成功させるには、相手企業から高い評価を得ることが大切です。印刷会社の評価を高めるポイントとしては、以下のような点が考えられます。

【印刷会社の評価を高めるポイント】

  1. 運営するのに十分な従業員がいる事
  2. 印刷だけではなくデザインや企画も行える事

①運営するのに十分な従業員がいる事

日本は今後人口減少により生産年齢人口が減ってくるので、どの業界でも人材不足が深刻な問題となってきます。印刷会社業界は他の業界に比べて特に人材不足が深刻なわけではありませんが、人口減少による人材不足が重要な問題であることに変わりはありません

よって印刷会社の事業譲渡・M&Aでは、運営するのに十分な従業員がいる事が重要なポイントになります。事業譲渡・M&Aは従業員の獲得を目的に行われることもあるので、そういう買い手にとって従業員が豊富な売り手は高評価となります。

②印刷だけではなくデザインや企画も行える事

印刷会社では、単に受注した印刷物を指示通りに制作するだけでなく、どのようなデザインにするべきか、どのように販促するべきかといった企画も行えることが重要になります

デザインや企画にも強みがある印刷会社なら、事業譲渡・M&Aにおいて高評価を得やすくなります。

印刷会社の事業譲渡・M&Aは市場対応が大切

市場対応が大切

印刷会社業界は市場が絶え間なく変化しており、うまく対応していくことが重要になります。特にデジタル媒体に対する紙媒体の差別化や、バリアブル印刷への対応は重要なポイントです。

紙媒体ならではの差別化が必要

近年はデジタル媒体の普及で紙媒体は押され気味ですが、だからといって紙媒体がこのまま衰退していくわけではありません。紙媒体には紙媒体の強みがあるので、差別化していくことが今後は重要になってきます

例えば、紙の本は電子書籍に比べてページをめくる作業などが楽ですし、高級感や特別感を出すのも紙媒体の方がやりやすいです。さらに、ポスティングやフリーペーパーといった広告手段は、デジタル媒体にない利点があります。

こういった紙媒体ならではの強みを押し出すことが、これからの印刷会社業界にとっては重要になるでしょう。

バリアブル印刷などへの対応

バリアブル印刷とは、同じレイアウトで何枚も印刷するのではなく、一枚ごとに違う内容を印刷する形式のことです。ダイレクトメールで宛名を一枚ずつ変えて印刷するのは、バリアブル印刷の例です。

近年は宛名のような一部分ではなく、一枚ごとにレイアウトを大きく変えるバリアブル印刷の需要が増えており、印刷会社としてはこの需要に対応することが重要になっています。

印刷会社の事業譲渡のポイント

事業譲渡のポイント

この章では、印刷会社の事業譲渡のポイントについて解説するとともに、実際に行われた印刷会社の事業譲渡事例を紹介します。

印刷会社を事業譲渡する際の注目点

印刷会社を事業譲渡する時に注目したいのは、どの事業資産を売買するかという点です。事業譲渡では事業資産を個別に売買するため、どの資産を売買するかは買い手と売り手の合意で決められます。

印刷会社は印刷機が重要な事業資産になるので、どの印刷機を売買するか、いくらで売買するかを買い手・売り手双方で交渉することが重要です

印刷会社の事業譲渡事例

この節では、印刷会社の事業譲渡事例の中から、以下の5例をピックアップしてご紹介します。スキームとして分割が使われた事例も、事業譲渡としてまとめて紹介しています。

【印刷会社の事業譲渡事例】

  1. メイコー子会社がメタルマスク事業を竹田印刷の孫会社へ事業譲渡
  2. 山下紙器印刷が紙器印刷・紙加工事業をナカバヤシへ事業譲渡
  3. デジタルポストが「Digital POST」事業をソースネクストへ事業譲渡
  4. リーディング証券がJ-Adviser業務を宝印刷へ事業譲渡
  5. クレハがブローボトル事業を共同印刷へ事業譲渡

①メイコー子会社がメタルマスク事業を竹田印刷の孫会社へ事業譲渡

2014年に、株式会社メイコー子会社の中国企業が、メタルマスク事業を竹田印刷株式会社の孫会社の中国企業へ事業譲渡しました。メイコーはプリント基板の設計・製造などを手がける会社で、竹田印刷は愛知県の印刷会社です。

中国での半導体向けマスク事業の強化が事業譲渡の目的となっています。

②山下紙器印刷が紙器印刷・紙加工事業をナカバヤシへ事業譲渡

2014年に、山下紙器印刷株式会社が、紙器印刷・紙加工事業をナカバヤシ株式会社へ事業譲渡しました。山下紙器印刷は段ボールや紙器製品などの製造・販売する印刷会社で、ナカバヤシはアルバムや事務機器などの製造・販売を手がける印刷会社です。

ナカバヤシの印刷製本関連事業の強化が事業譲渡の目的となっています。

③デジタルポストが「Digital POST」事業をソースネクストへ事業譲渡

2019年に、デジタルポスト株式会社が「Digital POST」事業をソースネクスト株式会社へ事業譲渡しました。デジタルポストはネットから手紙を送れるサービスを提供する印刷会社で、ソースネクストはPCソフトやスマホアプリなどを開発・販売している会社です。

デジタルポストのネット郵便事業と、ソースネクストの「筆王」「筆まめ」などのソフトウェアを連携させ、サービスを拡充することが事業譲渡の目的となっています。

④リーディング証券がJ-Adviser業務を宝印刷へ事業譲渡

2018年に、リーディング証券株式会社が、J-Adviser事業を宝印刷株式会社へ事業譲渡しました。リーディング証券は外国株に力を入れている証券会社で、宝印刷は企業のディスクロージャーやIRなどを手がける会社です。

J-Adviserのスムーズな提供が事業譲渡の目的となっています。

⑤クレハがブローボトル事業を共同印刷へ事業譲渡

2019年に、株式会社クレハがブローボトル事業を共同印刷株式会社へ事業譲渡しました。クレハは工業化学品や医薬品などを製造・販売する化学メーカーで、共同印刷は出版・商業印刷などを手がける印刷会社です。

生活・産業資材事業の拡大が事業譲渡の目的となっています。

事業譲渡に適した印刷会社とは

事業譲渡は複数営んでいる事業のうちの一部だけを売却でき、さらに売却益は株主ではなく印刷会社に入ります。よって、複数の事業を営んでいる印刷会社は、事業譲渡に適しているといえます

例えば、印刷事業以外の事業を事業譲渡で売却して、その資金を印刷事業に使うこともできますし、逆に印刷事業を事業譲渡で売却して、他の事業の資金にすることもできます。

【関連】事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

印刷会社の株式譲渡のポイント

株式譲渡のポイント

印刷会社のM&Aは事業譲渡がメインですが、他には株式譲渡という選択肢もあります。この章では、印刷会社の株式譲渡のポイントを解説するとともに、実際に行われた印刷会社の株式譲渡事例を紹介します。

印刷会社を株式譲渡する際の注目点

印刷会社を株式譲渡する注目点は、会社そのものを売買することで、売却した印刷会社は買収した会社の子会社となることです。大手の傘下に入って経営基盤を得たい場合は、株式譲渡が有効な手段となります。

印刷会社の株式譲渡事例

この節では、印刷会社の株式譲渡事例を紹介します。

【印刷会社の株式譲渡事例】

  1. ドイツの印刷用インキ製造販売会社がサカタインクスへ株式譲渡
  2. スマイルが日本創発グループへ株式譲渡
  3. マレーシアの印刷会社2社が朝日印刷へ株式譲渡
  4. ドイツの建装材プリンター会社が凸版印刷へ株式譲渡
  5. シー・ティー・エスが図書印刷子会社へ株式譲渡

①ドイツの印刷用インキ製造販売会社がサカタインクスへ株式譲渡

2020年に、ドイツの印刷用インキ製造販売会社である「A.M.Ramp & Co.GmbH」が、サカタインクス株式会社への株式譲渡契約を締結しました。

A.M.Ramp & Co.GmbHはドイツの老舗印刷会社で、サカタインクスは印刷会社が使うインキの製造・販売などを手がける会社です。サカタインクスは海外展開を積極的に行っており、ドイツでの事業拡大が株式譲渡の目的となっています。

②スマイルが日本創発グループへ株式譲渡

2019年に、株式会社スマイルが株式会社日本創発グループへ株式譲渡を行いました。スマイルはのぼり・旗・幕などの製造・販売を手がける印刷会社で、日本創発グループは印刷会社やデジタルコンテンツ開発会社などの持株会社です。

商材ラインナップの充実、およびワンストップサービスの拡充が株式譲渡の目的となっています。

③マレーシアの印刷会社2社が朝日印刷へ株式譲渡

2019年に、マレーシアの印刷会社である「Harleigh (Malaysia) Sdn.Bhd.(HL社)」「Shin-Nippon Industries Sdn.Bhd.(SN社)」が、朝日印刷株式会社へ株式譲渡しました。

朝日印刷は印刷包材事業や包装システム販売事業などを手がける印刷会社で、ASEANでの事業拡大などが株式譲渡の目的となっています。

④ドイツの建装材プリンター会社が凸版印刷へ株式譲渡

2019年に、ドイツの印刷会社「Interprint GmbH」が、凸版印刷株式会社へ株式譲渡を行いました。Interprint GmbHは建装材プリンターの販売を手がける印刷会社で、凸版印刷は世界最大規模の総合印刷会社です。

海外市場における建装材事業の拡大が株式譲渡の目的となっています。

⑤シー・ティー・エスが図書印刷子会社へ株式譲渡

2018年に、株式会社シー・ティー・エスが図書印刷株式会社の子会社へ株式譲渡を行いました。シー・ティー・エスは語学研修サービスの会社で、図書印刷は漫画の単行本などで大きなシェアを持つ印刷会社です。

シー・ティー・エスの語学研修サービスを取り入れることで、教育ソリューション事業を強化することが株式譲渡の目的となっています。

株式譲渡に適した印刷会社とは

株式譲渡は売却益が株主に入るので、経営者が個人的に利益を得たい時に適しているスキームです。経営者が引退後の生活費を得るために印刷会社を売却したり、近年はIPOに代わるエグジット手段として株式譲渡を利用する経営者が増えています。

【関連】株式譲渡の手続き

印刷会社のその他のM&A手法

その他のM&A手法

事業譲渡・株式譲渡以外のM&A手法としては、第三者割当増資・株式交換・株式移転・合併・分割・資本提携・業務提携といったものがあります。ただし、印刷会社のM&Aでは事業譲渡か株式譲渡がよく用いられ、他の手法は比較的少数派となっています。

事業譲渡・株式譲渡以外で比較的よく使われるのは合併・分割・資本提携・業務提携で、第三者割当増資・株式交換・株式移転が使われることは少ないです。

【印刷会社のその他のM&A手法】

  1. 第三者割当増資
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 合併
  5. 分割
  6. 資本提携
  7. 業務提携

【関連】M&Aのスキームを解説!特徴やメリット・デメリット、事例も紹介します

印刷会社を事業譲渡・株式譲渡する際の引き継ぎ・手続きについて

引き継ぎ・手続きについて

印刷会社を事業譲渡・株式譲渡するためには、各スキームに必要な引き継ぎ・手続きを行う必要があります。事業譲渡の場合は、印刷機や不動産などの事業資産の売買手続き従業員の再雇用手続きなどが必要になります。

株式譲渡の場合は、株主名簿の書き換えと、それを承認するための株主総会などが必要になります。印刷会社は事業を営むための許認可は必要ないので、建設業などのように買い手側が許認可を新規取得する必要はありません。

印刷会社を事業譲渡する際の相談先

印刷会社を事業譲渡する際の相談先

印刷会社の事業譲渡・M&Aをお考えの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。印刷会社のM&A実績がある会計士・弁護士・アドバイザーが、3名体制でクロージングまでフルサポートいたします。

独自AIを使用したマッチングシステムを活用し、高いシナジー効果を得られる売買相手を短期間で選定します。クロージングまでの期間は平均3か月を実現しており、スピード感をもって事業譲渡・M&Aを実行できるのが強みです。

料金は着手金・中間金無料の完全成功報酬制を採用しており、コストを抑えて事業譲渡・M&Aを実行することが可能です。無料相談を随時受け付けていますので、印刷会社の事業譲渡・M&Aをお考えの方は、電話かメールでお気軽にお問い合わせください。

全国どこへでも無料でお伺いいたしますので、地方の印刷会社の方もお気軽にお問い合わせください。当社が今までM&A仲介をさせていただいた会社様の多くは地方の会社様です。

印刷会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

印刷会社業界は市場規模が縮小していますが、それゆえに、大手の海外進出や中小印刷会社の生き残りなどを目的とした、事業譲渡・M&Aが活発になっています。

デジタル媒体やバリアブル印刷といった業界の流れも踏まえて、事業譲渡・M&Aをうまく活用していくことが重要になるでしょう。

【印刷会社業界が直面している問題】

  1. 競争激化により受注単価が低く見積もられる
  2. 設備に対する投資負担が大きい
  3. 下請構造から脱却するのが難しい
【印刷会社業界の今後の動向予測】
  1. 競争はますます激化する事が予測される
  2. 電子書籍の需要が伸び市場規模が縮小する可能性
  3. 印刷会社業界の事業譲渡・M&A動向
【印刷会社の評価を高めるポイント】
  1. 運営するのに十分な従業員がいる事
  2. 印刷だけではなくデザインや企画も行える事
【印刷会社の事業譲渡事例】
  1. メイコー子会社がメタルマスク事業を竹田印刷の孫会社へ事業譲渡
  2. 山下紙器印刷が紙器印刷・紙加工事業をナカバヤシへ事業譲渡
  3. デジタルポストが「Digital POST」事業をソースネクストへ事業譲渡
  4. リーディング証券がJ-Adviser業務を宝印刷へ事業譲渡
  5. クレハがブローボトル事業を共同印刷へ事業譲渡
【印刷会社の株式譲渡事例】
  1. ドイツの印刷用インキ製造販売会社がサカタインクスへ株式譲渡
  2. スマイルが日本創発グループへ株式譲渡
  3. マレーシアの印刷会社2社が朝日印刷へ株式譲渡
  4. ドイツの建装材プリンター会社が凸版印刷へ株式譲渡
  5. シー・ティー・エスが図書印刷子会社へ株式譲渡
【印刷会社のその他のM&A手法】
  1. 第三者割当増資
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 合併
  5. 分割
  6. 資本提携
  7. 業務提携

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
印刷会社のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)