2020年1月25日更新都道府県別M&A

奈良のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

奈良県は少子高齢化や人材不足、負債総額の増加が顕著になっており、企業にとって望ましい環境だとはいえません。景況こそ安定化してはいるものの、改善に向けた取り組みが重要です。この点を踏まえると、今後奈良県でM&Aが活発化する可能性は十分にあります。

目次
  1. 奈良県のM&A
  2. 奈良県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 奈良県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 奈良県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  5. 奈良県の公的機関
  6. 奈良県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 奈良県のM&A事例
  8. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

奈良県のM&A

M&Aを行う企業は年々増加しており、とりわけ中小企業が行ったM&Aの件数は右肩上がりに増えています。もはやM&Aは、どんな企業でも用いる経営戦略です。

他方で、M&Aは地域によって、その地域独自の特徴が現れています。その特徴を上手く掴めば、その地域でのM&Aも成功しやすくなります。今回は、奈良県のM&Aの特徴や、奈良県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてご紹介します。

奈良県のM&A・会社売却・事業承継の動向

まずは、奈良県のM&A・会社売却・事業承継の動向についてお伝えします。奈良県はあまり、M&Aが盛んな地域ではありません。近畿では京都符や兵庫県のM&A件数トップであり、奈良県のM&A件数はそこまで多くはありません。

しかし、そのことは奈良県がM&Aを必要としていない訳ではありません。奈良県の企業は、景況こそ回復傾向にあるものの、人材不足や、負債総額の増加などの問題が目立っています。それに伴い、倒産件数も増加傾向にあります。

さらに、奈良県は少子高齢化が進んでおり、その速度は平均よりやや早い傾向があります。このまま奈良県の人口が減っていくようであれば、人材不足を筆頭に、様々な問題がより顕著になっていくでしょう。

そもそもM&Aは、人材不足や負債の解決策として用いられており、とりわけ中小企業では、経営の立て直しだけでなく、事業承継としてM&Aが一般化しています。

その点を踏まえると、奈良県でM&Aが盛んでない理由は、あまりM&Aが浸透していないと考えられます。実際、中小企業の経営者の中には、M&Aを行うことに抵抗感を示す人も少なくありません。依然として「会社を売り払う行為」と捉えていることもあります。

しかし、M&Aは会社の経営状況を打開するうえで、有効的な手段になり得ます。年々、M&Aに対する価値観は変わりつつあります。今後、奈良県の企業の問題が顕在化するに比例して、M&A件数が増える可能性は十分に考えられるでしょう。

奈良県でM&A仲介会社を選ぶ基準

奈良県でM&Aを行いたいと考えている場合、どのように案件を探すのでしょうか。一般的には、以下の手法が用いられています。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
ここでは、多くの方が利用しているM&A仲介会社、そして公的機関のメリットとデメリットをご紹介いたします。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&Aを行いたいと考えている方が、一番利用しているのはM&A仲介会社です。さっそくですが、M&A仲介会社を利用してM&Aを行うメリットについて、見てみましょう。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

まず1つ目のメリットとして、管理案件が多いことが挙げられます。大手のM&A仲介会社やM&A仲介サイトでは、日本全国規模のネットワークを保有しており、管理している案件もその分多いです。日本のM&Aは売り手市場でもあるため、探せる案件が多ければ、希望する案件を見つけやすくなります。

また、M&A仲介会社では、相談だけでなく、クロージングまで一貫して担当してもらえます。弁護士や公認会計士が在籍しているM&A仲介会社もあるため、専門家のアドバイスを受けながら、スムーズにM&Aを進められるでしょう。

では、M&A仲介会社を利用するデメリットもご紹介します。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

デメリットについては、どちらも利用するM&A仲介会社によって異なります。まず手数料についてですが、会社ごとに大きく異なります。完全成功報酬のみの手数料で済む場合もあれば、着手金や月額で費用を請求される場合もあります。

そして、M&Aにかかる期間については、通常半年から一年と言われています。しかし、早いクロージングを行うノウハウを持つ仲介会社であれば、もっとスピーディに済ませられるため、コスト削減にも繋がります。

M&A総合研究所では、手数料は業界最安値であり、クロージングまでも平均3ヶ月~6ヶ月の実績があります。なるべくコストを抑え、迅速にM&Aを進めたい方は、ぜひご利用ください。

公的機関を利用するメリット・デメリット

奈良県に絞ってM&A案件を探したいのであれば、奈良県内の公的機関も役立てられます。事業引継ぎ支援センターや金融機関など、地域に根ざした活動をしている公的機関も、利用してみましょう。

公的機関のメリットは、以下のとおりです。

  • 地域に特化した機関のため、奈良県の案件を管理している場合がある

公的機関では、その地域ならではのネットワークを活かし、M&A仲介会社が管理していないような案件を保有している可能性があります。先程もお伝えしたように、日本のM&Aは売り手市場であるため、利用できるネットワークはできる限り活用しましょう。

公的機関のデメリットも、あわせてご紹介します。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

公的機関が奈良県の案件を管理しているとはいえ、やはり数自体はM&A仲介会社に劣る場合が多いのです。少ない案件からでは、望むような案件を見つけられない可能性があります。

そして、公的機関ではM&Aの仲介を行ってくれない可能性が高いのです。多くの公的機関では、仲介が必要となった段階で、状況に合わせてM&A仲介会社を紹介する流れをとっています。こちらの場合、最初からM&A仲介会社を利用した時と比べて、多くの手間や時間を要します。

こういったデメリットを回避するためにも、M&A総合研究所を是非ご利用ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

奈良県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

奈良県でのM&Aで役立つ、オススメのM&A仲介会社を5つご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 税理士法人あおば
  3. 合同会社関西相続財産経営コンサルティング
  4. 株式会社アシスト合同事務所
  5. 株式会社レコフデータ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、奈良県を含めた日本全国のM&A案件を取り扱っています。都道府県によっては、大企業だけでなく、中小企業が行うスモールM&Aが必要な場合があります。M&A総合研究所は、そのようなスモールM&Aでも実績があります。

M&A総合研究所の強みは、業界最安値である手数料と、クロージングまでのスピーディーさにあります。M&Aプラットフォームと日本最大級のM&Aメディアを保有しており、それらの情報等を活用します。短期間でマッチングを行う分、人件費削減を可能とし、他社よりも低い業界最安値を実現しています。

M&A総合研究所は、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムを活用し、平均3ヶ月~6ヶ月のスピーディなM&Aクロージングを行います。公認会計士や弁護士も在籍していますので、安心してM&Aのサポートを受けることができます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 奈良県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②税理士法人あおば

税理士法人あおば

出典:https://aoba-atm.com/

税理士法人あおばは、税理士法人でありながらM&Aにも対応しています。税理士法人あおばは、大阪と奈良に事務所を構え、M&Aの経験が豊富な税理士が在籍しており、税務の観点から有益なアドバイスを行っています。

税理士のような専門家がM&Aをサポートしてくれれば、デューデリジェンス等の場面で役立つでしょう。また、税理士法人あおばは、定期的な研修でM&Aの最新情報を共有しており、M&Aに関する情報も提供してくれます。

会社名 税理士法人あおば
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 奈良県を含む、関西圏
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://aoba-atm.com/

合同会社関西相続財産経営コンサルティング

合同会社関西相続財産経営コンサルティング

出典:http://xn--jhq63yj7xba206fksultdl2x.com/

合同会社関西相続財産経営コンサルティングは奈良県、大阪府、兵庫県に拠点を構える経営コンサルティング会社です。主に、事業承継を目的としたM&Aを専門的に扱っています。税理士や司法書士などといった様々な専門家が在籍しており、それらの手厚いサービスをワンストップで受けられます。

また、事業承継を行う後継者の育成や相続・生前贈与のサポートにも対応しており、経営者の理想的な事業承継の実現に貢献してくれます。

会社名 合同会社関西相続財産経営コンサルティング
得意な業種 非特化型
対応地域 奈良県を含む、関西圏
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://xn--jhq63yj7xba206fksultdl2x.com/

アシスト合同事務所

株式会社アシスト合同事務所

出典:http://assist-one-stop.com/

アシスト合同事務所は奈良県、大阪符、京都府、兵庫県に対応しているM&A仲介会社であり、税理士や行政書士がグループに在籍しています。そのため、様々な専門家による支援をワンストップで受けられる体制が整っており、クライアントのM&Aが成約する可能性を飛躍的に向上させてくれます。

また、M&A以外にも相続や開業支援なども行っており、クライアントのニーズに合わせて対応してくれます。

会社名 株式会社アシスト合同事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 奈良県を含む、関西圏中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://assist-one-stop.com/

レコフ

株式会社レコフデータ

出典:https://www.recof.co.jp/

レコフは日本全国にネットワークを持つM&A仲介会社であり、日本でM&Aを行われ始めた1980年末期から、M&A支援を行っています。そのため、レコフは豊富な経験値が魅力です。

レコフは本社が東京都、奈良で行うM&Aにも対応しており、独自のネットワークによる豊富な情報を生かし、クライアントのM&Aの成約を実現してくれます。

会社名 株式会社レコフデータ
得意な業種 非特化型(法人・大企業が強み)
対応地域 奈良県を含む、日本全国
報酬体系 業務委託手数料+成功報酬
公式ホームページ https://www.recof.co.jp/

奈良県の公的機関

①奈良県事業引継ぎ支援センター

奈良県事業引継ぎ支援センターでは、中小企業診断士や弁護士、会計士や税理士等の外部専門家と連携して、事業承継に関する相談を受け付けています。相談料は無料です。

電話・FAX・ホームページのフォームから申し込みを行い、面談にてヒアリングやアドバイスを行います。奈良県事業引継ぎ支援センターは、奈良県でM&Aを行う際に、役立てられるでしょう。

奈良県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

事業承継支援センターの活用を、政府も後押ししています。少子高齢化の影響もあり、奈良県だけでなく全国的に後継者不在に悩む経営者が増えています。近年の状況に鑑みて、事業承継支援センターのネットワークは拡充されています。

国が支援を行う事業承継支援センターは、そういった経営者の悩みを解消するために、相談料無料で支援を行っています。しかし、公的機関では、M&Aの仲介を行ってくれるとは限りません。仲介が必要となった段階で、M&A仲介会社を紹介することが多いのです。

公的機関のデメリットでもご紹介したように、こういった手間を未然に防ぐためにも、M&Aに関する業務をフルサポートしているM&A総合研究所を、ぜひご活用ください。

②奈良県よろず支援拠点

奈良県よろず支援拠点は、中小企業・小規模事業者・NPO法人・一般社団法人・社会福祉法人等の方々の、経営上のあらゆる相談を受け付けている窓口です。奈良県内には、柏木本部と、近鉄奈良駅前サテライトオフィスが設置されています。

中小企業診断士等、専門的な知識を持ったコーディネーターが、あらゆる経営の悩みにアドバイスをしてくれます。セミナーや相談会も実施していますので、奈良県でM&Aを行う際に役立てましょう。

奈良県よろず支援拠点のホームページ

③奈良県商工会議所

奈良県各地には、商工会議所も設置されています。商工会議所は、主に商工者や経営者が会員となり、相互の助け合いと地域の経済発展のために活動しています。

貸会議室や検定を始めとして、経営セミナーや講演・講習会も開催しています。奈良県の中小企業のための組織ですので、M&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

奈良商工会議所のホームページ

④奈良県信用保証協会

奈良県信用保証協会は、主に金融面で中小企業を支える機関です。創業支援サービスや、外部専門家派遣等の経営支援を行っています。

経営に役立つ刊行物や広報誌もあり、各種保証制度の案内も行っていますので、奈良県でM&Aを行う際に役立てられるでしょう。

奈良県信用保証協会のホームページ

奈良県近郊のM&A譲渡案件例

デイサービス施設のM&A

こちらは、地域に密着したデイサービス施設のM&A譲渡案件です。自然に囲まれた落ち着いた環境にあります。近隣に競合施設が少ないため、今後も需要が増えていく見込みです。介護現場を熟知したスタッフが揃っています。

売上高 2,200万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

自動車整備業のM&A

こちらは、主に個人所有の乗用車を扱う、自動車整備工場のM&A譲渡案件です。乗り換えで新車の販売も行っています。現在は国産車を取り扱っていますが、過去には高級外車の整備実績もあります。後継者不在により、M&Aでの譲渡を希望しています。

売上高 900万円台
売却希望額 6,700万円
譲渡希望理由 後継者不在

移動販売事業のM&A

こちらは主に、お祭りやイベントで移動販売を行う事業の譲渡案件です。内装・外装、そして設備にこだわっており、様々なイベントに対応しています。必要な設備は一式揃っています。利益率が高く、集中して事業をできる方であれば、大きな収益が期待できます。

売上高 100万円未満
売却希望額 230万円
譲渡希望理由 選択と集中

奈良県のM&A事例

学習塾業界のM&A(明光ネットワークジャパン、ケイ・エム・ジーコーポレーション)

2018年12月に、明光ネットワークジャパンは、「明光義塾」を運営しているケイ・エム・ジーコーポレーションの全株式を取得することにより、完全子会社化すると発表しました。明光ネットワークジャパンは、個別指導塾である「明光義塾」を、直営・フランチャイズにて日本全国で展開しています。

ケイ・エム・ジーコーポレーションは、奈良県、京都府、滋賀県にて「明光義塾」を43教室運営しています。今回のM&Aにより、「明光義塾」チェーン全体の競争力を強化させ、成長させたいとしています。

証券業界のM&A(南都銀行・奈良証券)

2018年2月に、南都銀行は奈良証券の株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。奈良証券は、奈良県の地方銀行であり、証券・相続ビジネスを強化しています。

奈良証券は、地域密着型の証券会社であり、奈良県の顧客に対して証券サービスを提供してきました。今回のM&Aにより、奈良証券を買収することで、南都銀行は証券業へ参入し、グループ機能を強化したいとしています。

ゴム製品製造業界のM&A(ニッタ・浪華ゴム工業)

2017年4月に、ニッタは、浪華ゴム工業の株式を100%取得することで買収しました。ニッタは2020年度を最終年度として中長期経営計画を実施しており、今回の買収はその方針に沿って決定されました。

浪華ゴム工業は主に医療用ゴム製品や、プラスチック製医療機器を製造しています。今回のM&Aにより、研究開発や生産技術においてシナジー効果を生み出し、新規顧客の開拓を進めたいとしています。

まとめ

奈良県は少子高齢化の進行や人材不足、負債総額の増加などが顕著になっており、企業にとって望ましい環境とは言えません。現在、景況は安定化してはいるものの、今後のことを考えると、改善に向けた取り組みが重要です。

この点を踏まえると、今後奈良県でM&Aが活発化する可能性は十分にあります。そして、奈良県でM&Aを行う場合は、成功率を上げてくれる良質なM&A仲介会社をパートナーに選びましょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

M&A
【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&A
和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)