2020年1月16日公開業種別M&A

婚礼・ウエディングの売却の相場は?高値で売るポイントを解説!

近年、婚礼・ウエディング業界は、少子化や晩婚化などの影響により市場規模が減少傾向にあり、会社売却を検討するケースも多く見受けられるようになりました。本記事では、婚礼・ウエディング会社の売却相場と高値で売るポイントについて解説します。

目次
  1. 婚礼・ウエディングの売却
  2. 婚礼・ウエディング業界のM&A・事業承継時の売却相場
  3. 婚礼・ウエディングを高値で売るポイント
  4. 婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境
  5. 婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット・デメリット
  6. 婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント
  7. 婚礼・ウエディング売却の際におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

婚礼・ウエディングの売却

婚礼・ウエディングの売却

出典:https://pixabay.com/ja/

婚礼・ウエディングは、盛大にお祝いする結婚式に携わる仕事として華々しいイメージを持たれることの多い業種です。

しかし、業界全体の市場規模減少が続いており、M&A・事業承継による会社売却を検討する動きが増えつつあります。

まずこの章では、婚礼・ウエディングの定義と婚礼・ウエディング会社の売却について解説します。

婚礼・ウエディングとは

婚礼・ウエディングとは、結婚式や披露宴などの式自体を指す言葉で、婚礼・ウエディング会社とは、顧客のニーズに合わせて、結婚式場の手配や式進行をサポートするサービスを提供する企業です。

結婚式場やブライダル会場での挙式を検討する時は、婚礼・ウエディング会社に相談してサポートを受けるのが一般的です。

しかし、業界全体が抱える問題に、少子化や晩婚化による婚姻件数の減少というものが挙げられます。

一事業者の努力や施策で根本的な問題の解決を図ることが不可能であり、今後も同業者同士の顧客競争が激しくなるとみられています。

婚礼・ウエディングの売却とは

会社の売却とは、会社の経営権を他者に移転することを意味します。M&A・事業承継などの手法を用いられることが多く、後継者問題の解消や経営状態の回復などの目的を持って実施されることが一般的です。

婚礼・ウエディング会社の売却では、ブライダル事業や結婚式場・ブライダル会場・各種設備の譲渡などがあります。

そのほかの保有する資産についても、1つ1つ適正な評価を行い総合的な売却価格を算定し、取引先との交渉に臨むことになります。

【関連】M&Aによる会社売却・事業売却

婚礼・ウエディング業界のM&A・事業承継時の売却相場

婚礼・ウエディング業界のM&A・事業承継時の売却相場

出典:https://pixabay.com/ja/

会社や事業の売却は、企業評価によって適正に評価された企業価値に準じて行われます。こちらでは、婚礼・ウエディング事業の売却価格算定について解説します。

婚礼・ウエディング事業の売却価格算定

婚礼・ウエディング会社の売却では、事業自体の売却や結婚式場・ブライダル式場などの施設のみの譲渡など、さまざまなケースが考えられるため、状況に合わせた計算法を用いる必要があります。

婚礼・ウエディング事業の売却価格を算定する方法には、主に以下の3つがあります。

【婚礼・ウエディング事業の売却価格算定】

  1. 修正純資産法
  2. DCF法
  3. 類似会社比較法

1.修正純資産法

修正純資産法とは、譲渡対象企業の純資産をベースに、一部修正を行い企業価値を計算する方法です。

修正する内容には、⼟地や有価証券などの資産に大きく影響するものが該当します。修正純資産法には、将来的な収益を加味しない、中小企業のM&A・会社売却において利用されることが多いという特徴があります。

2.DCF法

DCF法とは、手掛けている事業やプロジェクトが将来生み出すであろう収益価値を計算する方法です。

M&A・会社売却後も、継続して事業を行うことを前提としている場合に向いている特徴があります。

3.類似会社比較法

類似会社比較法とは、業種や規模など、類似している上場企業を複数ピックアップして比較する計算方法です。

客観的な価値を算定できるメリットがある一方で、比較対象によってその価値が大きく変化してしまうデメリットも持っています。

売却価格算定を正確に行うには

婚礼・ウエディング事業の売却を検討の際は、状況に合わせた売却価格算定を行うためにも、M&A・事業承継の専門家に依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所には、さまざまな企業会計業務に携わってきた会計士が在籍しており、保有する資産の全てを適切な計算方法を用いて売却価格算定を行います。

無料相談は24時間お受けしていますので、婚礼・ウエディング会社のM&A・事業承継をご検討の際はお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント

出典:https://pixabay.com/ja/

会社の経営者としては、少しでも高値で売却したいという気持ちが強いのは当然のことでしょう。この章では、婚礼・ウエディング会社を高値で売るポイントを解説します。

【婚礼・ウエディングを高値で売るポイント】

  1. 買収側のビジョンにあった結婚式場・ブライダル会場を持っている
  2. 従業員の接客技術の評判が良い
  3. 施設・設備の修繕がこまめに行われている
  4. 財務状況も健全な状態になっている

1.買収側のビジョンにあった結婚式場・ブライダル会場を持っている

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント1つ目は、買収側のビジョンにあった結婚式場・ブライダル会場を持っていることです。

婚礼・ウエディング会社を買収する目的には、地方の結婚式場やブライダル会場の確保があり、都市部を中心に事業展開している大手が、買収により地方への事業エリア拡大を図る動きがみられます。

そのため、保有している結婚式場やブライダル会場が買収側のニーズ(拡充予定エリア)に合っているかどうかという点が重要になります。

2.従業員の接客技術の評判が良い

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント2つ目は、従業員の接客技術の評判が良いことです。

会社売却をすると経営者は入れ替わりますが、従業員はそのまま働くケースがほとんどです。

買収後の会社の収益力にも直結するとされており、特に直接顧客の相談を受けてウエディングプランを立てる従業員の役割は、顧客獲得に強く影響すると考えられています。

3.施設・設備の修繕がこまめに行われている

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント3つ目は、施設・設備の修繕がこまめに行われていることです。

売却価格算定には、施設・設備の価値も含まれることになります。しかし、こまめな手入れが行われておらず老朽化が激しい場合、評価が著しく低くなるケースもあります。

結婚式場やブライダル会場の建物修繕や、各種設備の手入れをこまめに行なっておくが、高値売却に繋がるポイントになります。

4.財務状況も健全な状態になっている

婚礼・ウエディングを高値で売るポイント4つ目は、財務状況も健全な状態になっていることです。

買収側の目論見としては、業績の良い会社・事業を欲しているものです。黒字経営なら会社売却の交渉を有利に進められ、高値売却に繋がる可能性も非常に高くなります。

しかし、赤字経営の場合は、何かしらの強みをもっていないかぎり低く評価されがちです。

会社売却を検討する際は、財務立て直しができないかどうか専門家に相談することも重要です。

【関連】経営改善の手法とは?損益分岐点分析やKPI管理の活用

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境

出典:https://pixabay.com/ja/

こちらでは、婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境について解説します。

【婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境】

  1. 少子化・晩婚化・婚姻件数の減少による利用者数の減少
  2. 結婚式・ブライダルの内容が簡素化し単価が低下
  3. 結婚式の形に変化が見られ様々な場所で行われるようになった

1.少子化・晩婚化・婚姻件数の減少による利用者数の減少

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境1つ目は、少子化・晩婚化・婚姻件数の減少による利用者数の減少です。

少子高齢化や晩婚化は時代の流れとしてやむを得ない事情ではありますが、経済悪化の一因として問題視されています。

特に、婚礼・ウエディング業界は強く影響を受けており、顧客が減り続けることで市場規模が縮小しつづける傾向にあります。

2.結婚式・ブライダルの内容が簡素化し単価が低下

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境2つ目は、結婚式・ブライダルの内容が簡素化し単価が低下です。

時代の流れに合わせて顧客のニーズも多様化しています。派手な演出や華やかなドレスを用意するなどの派手な挙式ではなく、必要最低限な工程のみに絞った「地味婚」なども見受けられるようになりました。

「費用を抑えたい」「ひっそりと挙式したい」というニーズに対応することで顧客獲得に乗り出すものの、単価は低下してしまっている問題があります。

3.結婚式の形に変化が見られ様々な場所で行われるようになった

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境3つ目は、結婚式の形に変化が見られ様々な場所で行われるようになったことです。

従来は、住んでいる地域もしくは地元の結婚式場やブライダル会場で挙式することがほとんどでした。これは、職場の人や家族・友人を招待することを考えると無難な選択であるといえるでしょう。

しかし昨今では、「2人だけの思い出の場所」や「海外リゾート地」を結婚式会場に選ぶケースも見受けられるようになり、本人達の意向を重視する傾向が強くなってきていることが伺えます。

【関連】M&Aスケジュールとは?M&Aにおける売り手・買い手スケジュール(流れ)を解説します

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット・デメリット

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット・デメリット

出典:https://pixabay.com/ja/

会社売却をすると、様々な環境の変化が伴います。こちらでは、婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット・デメリットについて解説します。

売却で起こるメリット

まずは、婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリットを3つ紹介します。

【婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット】

  1. 後継者問題を解決できる
  2. 従業員の雇用先を確保できる
  3. 売却益を獲得できる

1.後継者問題を解決できる

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット1つ目は、後継者問題を解決できることです。

中小企業の多くは後継者不足状態になっており、事業引き継ぎをしたくてもできない問題を抱えています。

業績がよくても、後継者が不在のままでは最終的に廃業・倒産という選択となる可能性も高く、解決しなければならない問題です。

この解決法の1つにM&Aによる会社売却があり、後継者問題の解決と共に事業の存続を実現できる有効な解決手段です。

2.従業員の雇用先を確保できる

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット2つ目は、従業員の雇用先を確保できることです。

経営者の悩みの種の1つに従業員の身の振り方があります。会社が廃業・倒産となると、従業員は解雇しなければならないため、これまでのような生活が送れなくなってしまいます。

しかし、会社売却によって事業が存続すれば、従業員もそのまま雇用されるケースがほとんどです。

また、事業規模や事業方針の変更によって、以前より職場環境が良好になる可能性もあり、大きなメリットであるといえるでしょう。

3.売却益を獲得できる

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット3つ目は、売却益を獲得できることです。

株式譲渡によって会社売却をすると、株式の取得対価が経営者(株主)に直接支払われます。

獲得した売却益は、新たな事業を立ち上げたり今後の生活資金に回したりなど、何に使うのも自由です。

経営者が抱えるさまざまな不安や悩みからの解放とともに、多大な資金を得られるというメリットがあります。

売却で起こるデメリット

続いて、婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリットを3つ紹介します。

【婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリット】

  1. 従業員が離職する可能性がある
  2. 会計の不備などにより問題が起こることがある
  3. 希望する条件での売却ができない場合がある

1.従業員が離職する可能性がある

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリット1つ目は、従業員が離職する可能性があることです。

注意しなければならないのは、会社売却の話を進めていることが外部に漏洩することです。誤った形で耳に入った会社売却の話に将来的な不安を感じてしまい、自ら退職してしまうという最悪のケースです。

企業価値のなかには従業員への評価も含まれているため、交渉に影響が生じてしまい、最悪の場合は破談というケースも考えられます。

婚礼・ウエディング事業の売却を進める際は、秘密保持契約の締結などを通して情報管理を徹底する必要があるでしょう。

2.会計の不備などにより問題が起こることがある

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリット2つ目は、会計の不備などにより問題が起こることがあることです。

気をつけたいのは、会社売却や事業譲渡などケースに合わせて、適切な会計処理を行う必要があることです。

万が一、会計の不備が認められた場合、意図したものでなかったとしても税務当局による罰則を受ける可能性もあります。

3.希望する条件での売却ができない場合がある

婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリット3つ目は、希望する条件での売却ができない場合があることです。

事業売却を実施するうえで、希望する条件や目的を明確にしておくことは重要ですが、必ずしも売却側の希望条件と買収側のニーズが一致するわけではなく、何かしら譲歩・妥協しなくてはいけない場面も訪れます。

このような事態に備えて、予めいくつかの条件に絞り仲介会社のアドバイザーと共有しておくと、取引先との交渉も進めやすくなります。

【関連】M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント

出典:https://pixabay.com/ja/

会社売却はいくつかのデメリットも存在しており、必ずしも成功するとは限りません。この章では、婚礼・ウエディング売却を行う際のポイントについて解説します。

【婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント】

  1. 事前の準備を計画的に行う
  2. 売却の目的を明確にする
  3. 売却先の選定を入念に行う
  4. 従業員には売却契約成立後に伝える
  5. M&A・事業売却の専門家に相談する

1.事前の準備を計画的に行う

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント1つ目は、事前の準備を計画的に行うことです。

特に重要なのは、業界の動向確認です。婚礼・ウエディングのM&A・会社売却が活発になっている時は、買収ニーズが高まっているとされ、高値で売却しやすくなります。

また、仲介会社や取引先に提出する資料の準備も大切です。理想とする取引先を見つけるためにも、自社の財務状況・特徴・強みなどを正しく伝えるための資料を用意しておきましょう。

2.売却の目的を明確にする

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント2つ目は、売却の目的を明確にすることです。

会社売却の目的に挙げられるのは、後継者問題の解消/従業員の雇用先の確保/売却益の獲得などです。

そのほかには、婚礼・ウエディング業界においては不要な結婚式場・ブライダル会場の清算を目的にするケースも多々見受けられます。

目的を明確にすれば、交渉にあたって重視するべき条件もはっきりします。初期段階で売却目的を明確化するようにしましょう。

3.売却先の選定を入念に行う

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント3つ目は、売却先の選定を入念に行うことです。

互いに希望する条件を満たすマッチングを目指すためには、できる限り広範囲から候補をピックアップしなけれなりません。

そのため、M&A・事業売却の専門家が保有するネットワークを頼ることが一般的とされています。付き合いのある企業に直接打診するのではなく、専門家のサポートを通して売却先の選定を行うようにしましょう。

4.従業員には売却契約成立後に伝える

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント4つ目は、従業員には売却契約成立後に伝えることです。

会社売却の話が従業員の耳に入ると、環境の変化への不安から退職してしまう恐れもあります。

中小企業においては従業員1人1人の価値は高く評価されている傾向があり、交渉中に退職されてしまうと企業価値にも大きな影響を及ぼすことが考えられます。

そのため、従業員へ報告するタイミングは、M&A・売却契約が成立してからにしましょう。

5.M&A・事業売却の専門家に相談する

婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント5つ目は、M&A・事業売却の専門家に相談することです。

日頃の経営と並行したM&A・事業売却の交渉は、経営者にとって大きな負担となることは確実です。交渉以外にも各種契約書の締結などもあり、適切な手段で進めていかなければ途中で破談してしまうことあります。

婚礼・ウエディング会社の売却を円滑に進めるためにも、M&A・事業売却の専門家に相談することをおすすめします。

婚礼・ウエディング売却の際におすすめの相談先

婚礼・ウエディング売却の際におすすめの相談先

出典:https://pixabay.com/ja/

婚礼・ウエディング売却の際は、M&A仲介会社に相談して専門的なサポートを受けることをおすすめします。

M&A総合研究所では、婚礼・ウエディング会社のM&A仲介実績を多数もっているため、強固なネットワークを保有しています。

会社の状況に合わせた取引先の選定も含め、アドバイザー・会計士・弁護士が3名体制で最後まで徹底的なサポートをいたします。


料金体系は完全成功報酬制を採用しており、M&Aが成約するまで手数料が発生しませんので、初期費用を抑えたいという方にもおすすめです。

無料相談は24時間お受けしていますので、婚礼・ウエディング会社の売却を検討の際は、M&A総合研究所までお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境からも、今後もM&A・事業売却の動きが活発になっていくと考えられます。

婚礼・ウエディング会社を売却する際は、まず業界動向をしっかり把握したうえで、成功させるためのポイントを押さえて進めるようにしましょう。

【婚礼・ウエディングを高値で売るポイント】

  1. 買収側のビジョンにあった結婚式場・ブライダル会場を持っている
  2. 従業員の接客技術の評判が良い
  3. 施設・設備の修繕がこまめに行われている
  4. 財務状況も健全な状態になっている

【婚礼・ウエディング業界を取り巻く環境】

  1. 少子化・晩婚化・婚姻件数の減少による利用者数の減少
  2. 結婚式・ブライダルの内容が簡素化し単価が低下
  3. 結婚式の形に変化が見られ様々な場所で行われるようになった

【婚礼・ウエディング事業の売却で起こるメリット】

  1. 後継者問題を解決できる
  2. 従業員の雇用先を確保できる
  3. 売却益を獲得できる

【婚礼・ウエディング事業の売却で起こるデメリット】

  1. 従業員が離職する可能性がある
  2. 会計の不備などにより問題が起こることがある
  3. 希望する条件での売却ができない場合がある

【婚礼・ウエディング売却を行う際のポイント】

  1. 事前の準備を計画的に行う
  2. 売却の目的を明確にする
  3. 売却先の選定を入念に行う
  4. 従業員には売却契約成立後に伝える
  5. M&A・事業売却の専門家に相談する

婚礼・ウエディング会社のM&A・売却を検討の際は、ぜひM&A総合研究所までご相談ください。

M&A総合研究所では、M&A仲介経験の豊富なアドバイザー・長年会計業務に携わっている会計士・弁護士の3名によって責任をもってサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)