2024年1月27日更新都道府県別M&A

宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継の現状は?最新の動向や案件例も紹介!

本記事では、宮城県・仙台市におけるM&A・会社売却・事業承継の現状から会社選びのポイントまで解説します。宮城県・仙台市はM&Aに積極的で、特に仙台市はビジネスチャンスが豊富です。宮城県でM&Aを検討している方は必見です。

目次
  1. 宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継の現状
  2. 宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 宮城県・仙台市のM&A・事業承継に関する相談先
  4. 宮城県・仙台市でM&A仲介会社を選ぶ3つの方法
  5. 宮城県・仙台市近郊のM&A・事業承継の案件例
  6. 宮城県・仙台市のM&A・事業承継案件の3つの探し方
  7. 宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ4つの公的機関
  8. 宮城県のM&A・会社売却・事業承継の事例
  9. 宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継の現状

M&Aの件数は年々増加し、特に中小企業が行うM&Aの件数が顕著に増えています。M&Aに対する抵抗感が薄れ、一般的な経営手法として定着しただけでなく、優れたM&A仲介会社の登場によりM&Aを行いやすい環境が整っていることも要因です。

一方、M&Aは地域によって件数が大きく異なり、これは地域の特色が影響していると考えられます。今回は、宮城県・仙台市のM&A事情などを紹介します。

はじめに、宮城県の現状を把握しましょう。仙台市と仙台商工会議所が発表した「経営発達支援計画の概要」によると、仙台市の人口は2020年に110万人弱でピークを迎え、その後は緩やかに人口減少すると予想されています。

これに伴い、売上低迷・労働人口減少による人材確保難・高齢人口比率の上昇など、中小企業を取り巻く経営環境は今後さらに厳しくなる見込みです。

また、経営者における高齢化の進行、後継者不在による倒産・廃業による雇用および技術・ノウハウの喪失による地域経済の衰退なども懸念されています。

出典:仙台商工会議所「経営発達支援計画の概要」

東北地方のM&A・会社売却・事業承継については、下記の記事でも詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

【関連】東北のM&A・会社売却・事業承継の情報や動向、案件一覧!| M&A・事業承継の理解を深める

宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継の動向

本章では、宮城県のM&A事情を取り上げます。大都市「仙台市」がある宮城県ですが、日本全国に影響をおよぼす高齢化の波を受けて、事業承継に行き詰まる会社が続出している状況です。

後継者不在を理由に引退と同時に会社を廃業せざるを得ない経営者が増えていることを受け、宮城県はM&Aを用いた解決策を推奨しています。その結果、宮城県の事業承継・引継ぎ支援センターは、M&Aの成約件数・相談件数が増加している状況です。

M&Aの普及そのものは他の地域でも見られますが、特に宮城県は普及が進んでいる地域といえます。宮城県では、M&Aが会社の存続を実現する解決策として浸透しているのです。

宮城県の経済環境

現在の宮城県は、2011年に発生した東日本大震災からの復興需要およびIoTの普及に伴う電子製品の需要が減少傾向にあるものの依然として高水準で推移しています。また、農林水産業・製造業(木材・木製品・パルプ・紙・紙加工品・石油製品・石炭製品)・サービス産業全般の重要性が高い点も特徴的です。

宮城県の事業承継については、下記の記事でも詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

【関連】宮城県の事業承継とは?宮城県近郊の譲渡案件例も紹介

宮城県・仙台市のM&A・事業承継に関する相談先

宮城県・仙台市のM&A・事業承継に関する相談先をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所へお任せください。

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国の案件に対応しております。また、スモールM&Aや小規模案件にも対応しており、M&Aの知識や経験が豊富なM&Aアドバイザーが、ご相談からクロージングまで案件を丁寧にサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)無料相談を行っていますので、宮城県・仙台市でのM&A・会社売却・事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

宮城県・仙台市でM&A仲介会社を選ぶ3つの方法

宮城県でM&A案件を探す場合は、以下の方法を取るのが一般的で、まずは、M&A仲介会社やM&A仲介サイトを活用することが多いです。

  • M&A仲介会社に探してもらう
  • 公的機関に仲介してもらう
  • 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける

「M&A仲介会社を利用するケース」と「公的機関を利用するケース」のメリット・デメリットを紹介します。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A仲介会社やM&A仲介サイトは日本全国におよぶネットワークを持つため、宮城県のM&A案件もスムーズに見つけられます。M&A仲介会社を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 管理案件が多数あり、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してくれる
  • 公認会計士や弁護士などから専門的なアドバイスを受けられる

実際に利用するM&A仲介会社によって異なりますが、M&A仲介会社の利用によって多くのメリットが得られます。しかし、M&A仲介会社を利用する際は、以下のデメリットもあるため要注意です。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なり、高額な費用がかかるケースがある
  • M&A仲介会社によってはクロージングまで長い期間がかかる

地方に絞ってM&A案件を探すと、理想的なM&A案件が見つかりにくい可能性があります。今の日本におけるM&A市場は売り手市場であるうえ、地方は売却案件が少ない傾向にあるからです。

そのため、M&A仲介会社を選ぶ際は、多くのM&A仲介会社を吟味して選ぶと良いでしょう。

公的機関を利用するメリット・デメリット

次に、公的機関を利用してM&A案件を探す際のメリットです。

  • 宮城県に特化した機関であるため、宮城県における多くの案件を管理しているケースがある

公的機関や金融機関は地域に根差したネットワークを持ち、地域の事情に精通しているため、M&A仲介会社が抱えていないM&A案件が見つかる可能性があります。また、経営者個人の取引先や顧客のネットワークも役立つケースが多いです。

身近にM&Aのニーズがあるケースは少なくないため、経営者個人のネットワークを活用してみる価値もあります。ただし、公的機関を利用したM&Aでも、以下のデメリットが問題となるため要注意です。

  • M&A仲介会社に比べると、管理案件が少ない可能性がある
  • M&A案件の紹介のみを行う場合もあり、仲介自体はM&A仲介会社に頼む必要がある

このように、公的機関にもメリットとデメリットがあります。一般的に、公的機関を利用してM&A案件を探せても、仲介自体はM&A仲介会社を利用する必要があるので手間がかかるでしょう。

宮城県・仙台市近郊のM&A・事業承継の案件例

この章では、宮城県・仙台市近郊におけるM&A・事業承継の案件例を見ていきましょう。

外構・エクステリア工事業のM&A案件

外構・エクステリア工事業のM&A案件です。東北地方で外構工事、エクステリア工事、造園工事を行う会社で、設計~施工管理まで一貫した体制を整備しているため、業績も安定しています。現在のオーナーは継続勤務を希望しているため、譲渡後も自走可能です。

売上高 1億円〜2.5億円
売却希望額 1億円〜2.5億円
譲渡希望理由 後継者不足(事業承継)、戦略の見直し

全国でFC展開している紳士服小売業のM&A案件

全国で約50店舗FC展開をしている紳士服小売業です。宮城県を中心として、全国にFC展開しています。主にスーツを取り扱い、さまざまな面で他同業者との差別化を図っている事業です。M&Aにより、さらに事業を発展させたいと考えています。

売上高 8,600万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 事業の選択と、別事業への注力

多国籍バル(居酒屋)のM&A案件

駅直結の多国籍バルにおけるM&Aです。新しいコンセプトの店で、結婚式の二次会などにも利用されています。おしゃれな店舗でリピーターが多く、立地も良いうえ、譲渡後も設備を引き続き使える点が魅力です。

売上高 非公開
売却希望額 300万円
譲渡希望理由 選択・集中

自動車整備・塗装工場のM&A案件

認証整備工場を併設し、一般ユーザー向けに修理業を行う事業のM&A案件です。インターネット経由での顧客も多く、地域に根差したサービスを行っています。陸運局に近く立地も良いです。別事業を展開し注力したいため、譲渡を希望しています。

売上高 7,100万円台
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 別事業展開のため

有料老人ホームのM&A案件

有料老人ホームの運営を手がける企業のM&A案件です。コロナ影響にも負けず、毎年安定した営業利益を出し続ける収益力があります。主要駅からのアクセスも良く、築浅で施設が比較的新しい点も魅力です。

売上高 1億円〜2.5億円
売却希望額 1億円〜2.5億円
譲渡希望理由 後継者不足(事業承継)

産業廃棄物処理業(中間処理)のM&A案件

産業廃棄物の収集運搬、中間処理場の運営を手がける企業のM&A案件です。焼却施設や選別・破砕施設等を保有しています。大企業を中心に取引先が多数ある点が強みです。

売上高 10億円〜25億円
売却希望額 20億円〜
譲渡希望理由 後継者不足(事業承継)

水産加工業のM&A案件

対象企業は東北にてサバ・イワシ・ヒラメ等幅広い加工ラインアップを持ち、顧客のニーズに沿った加工を得意とする企業のM&A案件です(HACCP認定工場有)。魚離れやサバの不漁・コロナによる飲食店ニーズからの減少により売上は減少したものの、付加価値のある刺身加工に目をつけ積極的な設備投資を行い、業績は回復傾向にあります。

売上高 1億円〜5億円
売却希望額 希望なし
譲渡希望理由 後継者不足(事業承継)

宮城県・仙台市のM&A・事業承継案件の3つの探し方

本章では、宮城県・仙台市におけるM&A譲渡案件の探し方として、以下の3つを取り上げます。

  1. M&A仲介会社・アドバイザーへの相談
  2. 取引関係にある金融機関への相談
  3. M&Aマッチングサイトの活用

それぞれの項目を順番に紹介します。

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

1つ目の方法は、M&A仲介会社・アドバイザーへの相談です。M&A仲介会社・アドバイザーは多数存在するので、自社に合うところを選びましょう。

②取引関係にある金融機関への相談

2つ目の方法は、取引関係にある金融機関への相談です。金融機関は、取引のある地元企業同士をM&Aにより結び付けるなど、宮城企業からの信用力を生かしてM&A・事業承継の実績を積み重ねています。

③M&Aマッチングサイトの活用

3つ目の方法は、M&Aマッチングサイトの活用です。宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継案件を探す際に役立つM&Aマッチングサイトは、以下が挙げられます。

  • Batonz(バトンズ)
  • TRANBI(トランビ)

バトンズは、小規模事業のM&A向けに運用されるマッチングプラットフォームです。仲介が必要な場合は、地方でも全国の提携専門家を紹介してもらえます。

トランビは、全国の金融機関と提携を進め、金融機関の仲介によるM&A成約を増やしています。これを受けて、金融機関は、トランビの豊富な案件から最適な事業承継先を顧客に提案できる環境を整えているのです。

宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ4つの公的機関

本章では、宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関として、以下の4つを取り上げます。

  1. 宮城県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 宮城県よろず支援拠点
  3. 宮城県商工会議所連合会
  4. 宮城県信用保証協会

それぞれの項目を見ていきましょう。

①宮城県事業承継・引継ぎ支援センター

宮城県事業承継・引継ぎ支援センターは、国の補助のもとで宮城県が主体となり作られたネットワークです。宮城県内の商工団体・金融機関・士業などが集まるつながりで、宮城県地域のプラットフォームを構築しています。

宮城県事業承継・引継ぎ支援センターは、みやぎ産業振興機構を大もとに、宮城県における中小企業へのサポートを行っています。宮城県の企業や団体が参加しているため、宮城県内のM&A案件を把握している可能性が高いです。

そのため、宮城県事業承継・引継ぎ支援センターの活用によって、宮城県内で希望に合うM&A案件を見つけられる場合があります。

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

政府も事業承継・引継ぎ支援センターの活用を後押ししています。近年のニーズに合わせて、事業承継・引継ぎ支援センターのネットワークも拡充している状況です。後継者不在などで、事業の存続に悩みを抱える経営者は少なくありません。

国が支援を行う事業承継・引継ぎ支援センターは経営に関する悩みを解消するため、事業承継を行いたい人を支援しており、各都道府県に設置された支援センターではM&Aを行いたい方々に向けてサポートを行っているのです。

ただし、事業承継・引継ぎ支援センターは、M&Aを行う際にクロージングまでサポートするとは限りません。場合によっては、M&A仲介会社の利用が必要です。

②宮城県よろず支援拠点

宮城県よろず支援拠点は、地域における中小企業向けの無料相談窓口です。中小企業診断士などのコーディネーターが中小企業向けに経営相談窓口を設けて、アドバイスを行っています。

セミナー・勉強会や、宮城県内の経済を活性化するための活動も行っているため、宮城県内でM&A案件を探す際に活用しましょう。

③宮城県商工会議所連合会

宮城県商工会議所連合会は、商工会議所法に基づき設立された認可法人です。事業経営者を中心に運営され、県内に6つの商工会議所が存在します。

経営全般に関して問題解決に向けた指導を行い、専門家の派遣も実施しています。希望する宮城県のM&A案件を把握している可能性もあるので、気軽に相談すると良いでしょう。

④宮城県信用保証協会

宮城県信用保証協会は、信用保証協会法に基づいて設立された公的保証機関です。中小企業における金融の円滑化を目的に、中小企業者へさまざまな支援を行っています。

具体的には、中小企業が金融機関から融資を受ける際に公的な保証人となり、スムーズな借り入れを行うなどのサポートです。金融面のサポートも行っており、宮城県でM&A案件を探す際に役立ちます。

宮城県のM&A・会社売却・事業承継の事例

この章では、宮城県企業を対象とするM&A・会社売却・事業承継の事例を取り上げます。

  1. 架払工事業のM&A(コンドーテック・フコク)
  2. 食品スーパー業界のM&A(アークス・伊藤チェーン)
  3. 通信工事業界のM&A(ミライトHD・塚田電気工事)
  4. 外食事業のM&A(ジー・テイスト、壁の穴)
  5. ホテル事業のM&A(ワイワイリゾート・本別温泉グランドホテル)
  6. 介護事業のM&A(セントケアHD・虹の街)

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①架払工事業のM&A(コンドーテック・フコク)

2020年11月、コンドーテックはフコクの株式すべてを取得して完全子会社化することを発表しました。本件M&Aの取引価額は、非公開です。

買収側のコンドーテックは、大阪府大阪市と東京都江東区に本社を構え、建設資材・環境関連資材の仕入販売などを手掛ける専門商社です。自社で建設金物の製造も手掛けるなど、メーカー機能を備えています。

売却側のフコクは、土木建築用足場など架払工事業を行う企業です。本件M&Aの目的は、社会インフラの老朽化に伴う、維持修繕分野の事業基盤強化になります。

参考:https://www.kondotec.co.jp/news/files/pdf/20201105_1news.pdf

②食品スーパー業界のM&A(アークス・伊藤チェーン)

2019年7月、アークスは自身を株式交換完全親会社・伊藤チェーンを株式交換完全子会社として経営統合を行いました。買収側のアークスは、北海道・東北地域でスーパーマーケット事業子会社8社により食品流通企業グループを形成しています。

売却側の伊藤チェーンは、宮城県仙南地方を中心に食品スーパーマーケット事業を展開しています。本件M&Aにより、アークスは、調達力・運営力・情報システムなどのインフラを最大限に活用し、伊藤チェーンの経営効率化を行う見込みです。

これに伴い、宮城県内におけるアークスの経営強化・拡大を図っています。

参考:https://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20190705163544.pdf

③通信工事業界のM&A(ミライトHD・塚田電気工事)

2018年10月、ミライトホールディングスの連結子会社であるTTKは、塚田電気工事を株式交換により完全子会社化することを決定しました。

塚田電気工事は、元請けを中心に一般電気工事・電気通信工事・電気工事関連資材などの卸売を行い、宮城県を中心に東北エリア・東京近郊で営業しています。TTKグループは、情報通信設備工事を主に環境土木工事・電気工事事業を行い、事業領域の拡大を図る会社です。

今回のM&Aによって、ミライトHDは、それぞれの持つ事業分野や技術の強みを生かして、さらなる経営拡大を目指します。

参考:https://www.mirait.co.jp/news/upload_files/20181023.pdf

④外食事業のM&A(ジー・テイスト、壁の穴)

2018年8月、ジー・テイスト(現:焼肉坂井ホールディングス)は株式譲渡の手法により、壁の穴を子会社化することを決めました。ジー・テイストは、仙台市にある会社で、平禄寿司や焼肉屋さかいなど多数の外食ブランドを有し、全国で外食店舗を手掛けています。

壁の穴は、高いブランド力や知名度がある「壁の穴」、イタリアン業態や讃岐うどんのチェーンなどを、主に関東・関西に展開する会社です。ジー・テイストは壁の穴を子会社とすることにより、店舗網強化や業態の拡充を狙います。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP489385_R30C18A8000000/

⑤ホテル事業のM&A(ワイワイリゾート・本別温泉グランドホテル)

2018年3月、パーフェクトパートナーはワイワイリゾートをとおし、野田組から「本別温泉グランドホテル」を譲受しています。

パーフェクトパートナー(恵庭市)は、不動産投資を手掛けています。これにより、パーフェクトパートナーは、ホテル事業に参入し、ホテル隣接の土地も取得したため、富裕層向けのホテル・水上レストランなども整備する見込みです。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28380700Q8A320C1L41000/

⑥介護事業のM&A(セントケアHD・虹の街)

2015年4月、セントケア・ホールディングスは虹の街における全株式を取得して子会社化しました。取得価額は、概算で10億円です。虹の街は、在宅介護サービスを幅広く展開しています。

セントケア・ホールディングスは、宮城県と山形県で事業を展開している会社です。本件M&Aによって、セントケア・ホールディングスは、東北エリアにおける事業基盤の強化を図ります。

参考:https://www.saint-care.com/ir/pdf/2015.04.14_1.pdf

宮城県・仙台市のM&A・会社売却・事業承継のまとめ

宮城県・仙台市はM&Aが積極的に行われている地域で、M&Aを行いやすい環境が整っています。県庁所在地の仙台市は非常に発展した大都市であるため、ビジネスチャンスも豊富です。

宮城県・仙台市は大手のM&A仲介会社が拠点を設置しているうえ、金融機関も積極的にM&Aを推進しているため、M&Aを行う際はこれらの機関にサポートを依頼するとよいでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

九州のM&Aの動向や産業の特徴は?成功事例や注意点も徹底解説!

九州のM&Aの動向や産業の特徴は?成功事例や注意点も徹底解説!

九州は、福岡県や長崎県を中心に多くの産業が盛んになっていますが、近年では人口減少が深刻化しており多くの中小企業が後継者不在や廃業リスクを抱えている状況です。 今回はそんな九州の産業の特徴やM&...

兵庫県のM&Aの動向や事例を徹底解説!成功させるためのポイントは?

兵庫県のM&Aの動向や事例を徹底解説!成功させるためのポイントは?

兵庫県は、商業施設や観光地の多い神戸市を中心にさまざまな産業が盛んな地域で、多くの企業が盛んに活動しています。 しかし、近年は少子高齢化や人口減少による後継者不足が問題になっています。 今回...

東京のM&Aの動向を徹底チェック!成功事例やメリット・デメリットは?

東京のM&Aの動向を徹底チェック!成功事例やメリット・デメリットは?

東京都は、多くの企業が集中しておりM&Aも盛んに行われている都市です。 最近では、後継者不足や事業拡大を目的にM&Aを行う企業も増加しているため、東京都でM&Aを行う場...

埼玉のM&Aの動向を徹底解説!産業構造や事例・成功するためのポイントは?

埼玉のM&Aの動向を徹底解説!産業構造や事例・成功するためのポイントは?

埼玉県は、製造業が盛んで工場が多い地域ですが、人口減少によって倒産してしまう企業が増加傾向にあります。 そのため、M&Aを行う企業が多くなっています。 ここでは、埼玉のM&A...

東北地方のM&A事情や動向は?メリットやデメリットから成功させるポイントも解説!

東北地方のM&A事情や動向は?メリットやデメリットから成功させるポイントも解説!

本記事では東北地方のM&A事情や動向、産業構造から成功事例・注意点まで徹底解説します。東北地方では後継者不足が大きな問題となっており、M&A支援に取り組む地方自治体が多くあります...

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島のM&A事情や動向を徹底リサーチ!成功事例やメリット・デメリットは?

広島県では後継者不足問題が顕著に現れています。後継者不足問題を解決するM&Aも盛んに行われているわけでもありません。そこで本記事ではそんな広島県のM&A事業や動向を徹底リサーチし...

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

新潟のM&Aの動向を調査!産業の特徴や事例・メリット・注意点は?

後継者問題を抱える新潟エリアでは、多くの企業がM&Aで課題解決を目指す動きが活発です。当記事では、過去に行われた売却・買収事例を交えながら新潟のM&A事情を解説します。産業の特徴...

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県のM&Aの傾向や産業構造を徹底解説!事例やメリット・デメリットは?

茨城県は、農業や製造業を中心に産業が活発になっていますが、最近では人口減少による後継者不在問題を抱えている企業も多いです。 そのため、茨城県ではM&Aを行う企業やM&Aを進める...

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉のM&Aの動向は?産業の特徴から成功事例・注意点まで分かりやすく解説!

千葉県は、東京都の隣に位置しており東京都にある企業との取引が多いです。 さらに、千葉県はM&Aを行う企業が多くなってきているため、これから千葉県でM&Aを検討している企業はM&...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)