2020年3月9日更新都道府県別M&A

富山県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

富山県の事業承継問題で、中小企業の後継者不在率は全国平均に比べれば低い数値です。しかし、中小企業数が他の地域よりも少なめで、廃業する会社があれば地域経済へのダメージは大きく、事業承継が行われることは富山県でも大きな課題となっています。

目次
  1. 富山県における事業承継とは
  2. 事業承継の方法
  3. 富山県の公的事業承継支援
  4. 富山県の公的事業承継支援の流れ
  5. M&Aでの事業承継のポイント
  6. 富山県で事業承継に強いM&A仲介会社5選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

富山県における事業承継とは

富山県の経済は、医薬品などの化学工業と金属製品の製造・加工業が中心となって発展してきました。そのような伝統的なモノづくり企業が多い富山県の会社では、事業承継は親から子へ、子から孫へと受け継がれてきましたが、昨今は後継者難という事態に直面しています。

それは、全国の中小企業全体の経営課題となっている、少子化による後継者不足問題です。その実態を示すものとして、帝国データバンクが2017(平成29)年に発表した「北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査」から、富山県のデータを以下に抽出してみましょう。

  • 後継者不在率:56.6%
  • 社長年齢60歳代の後継者不在率:41.7%
  • 社長年齢70歳代の後継者不在率:29.7%
  • 社長年齢80歳代以上の後継者不在率:20%

この調査は富山県の全業種2,984社に対して行われたものです。最初の後継者不在率56.6%には、社長がまだ若く後継者を決める必要がない会社も含まれています。全国平均が66.5%なので、それと比較すれば富山県は、まだ状況は悪くはないとも言えるでしょう。

しかし、社長年齢別の後継者不在率を分析した場合、全国平均との比較とは関係ない厳しい現実が見えてきます。社長の年齢が60歳代であれば、まだ後継者を見つけられる余地はあるでしょう。ただ、70歳代以上で後継者がいなければ事実上、廃業するしかありません。

富山県の場合、社長の年齢が70歳代以上の会社の約4社に1社はそれに該当するということです。企業の廃業は地域経済にダメージを与えます。職を失った従業員が県外に仕事の場を求めるならば、それは人口流出を招き、さらに地域経済をシュリンク化させるでしょう。

この状況を問題視した国と自治体は、数年前から公的な事業承継支援制度を開始しました。富山県における公的事業承継支援の内容を確認しながら、事業承継実現の手段、方法について見ていきましょう。

※関連記事
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説
事業承継支援とは?事業承継支援マニュアルや事業承継補助金の活用を解説

事業承継の方法

事業承継における後継者を選ぶ方法は以下の3つです。

  • 親族内承継
  • 社内承継(従業員承継)
  • 第三者への承継(M&A)
後継者に事業承継する根本的な手続きは、会社の経営権を渡すことを意味する株式の譲渡です。事業承継する後継者の違いによって、株式譲渡をする方法も異なります。その点も合わせて個別に内容を確認しましょう。

親族内承継

経営者の身内である配偶者、子供、兄弟姉妹、その他の親族などに事業承継するケースが親族内承継です。少し前までの日本では、家業がある家庭では経営者の子供がその後を継ぐのが一般的でした。しかし、現在は価値観も多様化し、必ずしもそう考えない風潮もあります。

すなわち、家業を継がせたくないと考える親(経営者)もいれば、家業以外の仕事をやりたいと希望する子供もいるからです。このことと少子化による若年層の人口減少が重なり合って、現代の日本の中小企業では一気に事業承継問題が噴出したといっていいでしょう。

身内への事業承継では、株式譲渡の方法は一般的には相続となるでしょう。しかし、当事者間の希望や考えによっては、贈与や売買による株式譲渡もあり得ます。

社内承継(従業員承継)

身内に後継者がいない場合の策として行われてきたのが、社内の役員や従業員を後継者とする社内承継です。総称として従業員承継とも言われます。社内に優秀な役員や従業員がいる時に、身内を差し置いて後継者に指名されるケースも存在します。

社内の後継者は身内ではないため、株式譲渡を相続では行えません。残る手段は、贈与か売買ですが、よほど特殊な状況でもない限り贈与は考えにくいので、基本的には売買によって株式譲渡がなされることになるでしょう。

第三者への承継(M&A)

社内承継もある意味では第三者ですが、ここでいう第三者とは不特定多数の社外の個人、または法人にM&Aで事業承継することをさしています。M&Aですから会社を売却します。この場合、2つの方法があります。1つは、全株式を売却し会社を丸ごと譲り渡すことです。

もう一方は、会社自体を手元に残し、事業とそれに関わる資産を売却する事業譲渡という方法です。この場合、従業員も移籍します。手続きとしては全株式売却の方がスムーズであり、事業承継が目的の場合は、ほとんどが会社売却でM&Aが実施されています。

※関連記事
社長の引退年齢の現状や課題点とは?M&Aや事業承継を活用するポイントを解説
従業員承継とは?従業員承継のメリット・デメリット

富山県の公的事業承継支援

後継者が決まっている場合でも、具体的な事業承継の手続きに迷うこともあるでしょう。また、そもそも後継者がいないため事業承継ができずにいる会社が多いのは、既出のとおりです。どちらの場合でも頼りになるのが、基本的に無料で利用できる公的事業承継支援制度です。

富山県では、国からの委託事業として富山県事業引継ぎ支援センターが2015(平成27)年10月に開設され、本格的な公的事業承継支援が開始されました。そして、2018(平成30)年6月に公益財団法人富山県新世紀産業機構が事務局となって、富山県事業承継ネットワークが組成されています。

富山県事業承継ネットワーク

富山県事業承継ネットワークとは、富山県(行政)、商工団体、金融機関、士業団体などが連携して中小企業の事業承継支援を行う枠組みのことです。まずは、ネットワークを構成する支援機関全てを以下に掲示します。

【行政機関】

  • 経済産業省中部経済産業局
  • 経済産業省北陸財務局富山財務事務所
  • 富山県
  • 富山県内全市町村

【公的機関】

  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構全国本部
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸本部
  • 名古屋中小企業投資育成株式会社
  • 富山県事業引継ぎ支援センター
  • 富山県よろず支援拠点
  • 富山県中小企業再生支援協議会
  • 富山県経営改善支援センター
  • 富山県信用保証協会
  • 事業承継支援高度化事業全国事務局
  • 富山県プロフェッショナル人材戦略本部
  • 公益財団法人富山県新世紀産業機構

【商工団体他】

  • 富山県商工会議所連合会
  • 富山県内各商工会議所(全8所)
  • 商工会連合会
  • 富山県内各商工会(全12会)
  • 富山県中小企業団体中央会
  • 一般社団法人富山県経営者協会
  • 富山経済同友会
  • 富山県中小企業家同友会
  • 富山県商店街振興組合連合会

【金融機関】

  • 日本政策金融公庫富山支店国民生活事業
  • 日本政策金融公庫高岡支店国民生活事業
  • 商工組合中央金庫富山支店
  • 北陸銀行
  • 富山銀行
  • 北國銀行
  • 富山第一銀行
  • 富山信用金庫
  • 高岡信用金庫
  • 新湊信用金庫
  • にいかわ信用金庫
  • 氷見伏木信用金庫
  • 砺波信用金庫
  • 石動信用金庫
  • 富山県信用組合

【士業団体】

  • 富山県弁護士会
  • 日本公認会計士協会北陸会
  • 北陸税理士会富山県支部
  • 一般社団法人富山県中小企業診断協会

これらの支援機関は、基本的にどの機関でも事業承継の相談を受け付けています。その一次相談後に情報は事務局に集約され、相談内容に応じて最も適切な支援機関が二次対応に当たるのが原則です。もちろん、相談は秘密厳守されます。

相談や各事業承継支援対応は無料ですが、士業への業務依頼やM&Aで仲介会社を起用する場合には、通常の手数料が発生します。

支援機関個別の事業承継支援

富山県事業承継ネットワークの支援機関によっては、全体の事業承継支援とは別に独自の支援策を行っているケースも多々見られます。それらの代表的なものを紹介します。

市町村による事業承継支援融資や補助金制度

事業承継の資金的支援として、国や富山県だけではなく市町村においても個別に実施が受けられます。各市町村によって内容や条件はまちまちですが、一例としては以下のようなものがあります。

  • 富山市:事業承継支援事業補助金(事業承継融資の利子免除)
  • 高岡市:事業承継支援資金(融資)
  • 黒部市:事業承継促進事業奨励金
  • 南砺市:小規模事業者後継者支援事業補助金

富山県のクラウドファンディング活用支援事業

富山県が、起業や事業承継による会社の譲受を目指す応募者に対して、「クラウドファンディング型ふるさと納税」を活用するプロジェクトを2019(令和元)年6月から行っています。手元資金は不足しているものの、M&Aでの事業承継で会社を譲り受けたいと考えている人向けのプロジェクトです。

富山銀行と富山県内7信用金庫がM&Aプラットフォームと業務提携

富山銀行と富山信用金庫、高岡信用金庫、新湊信用金庫、にいかわ信用金庫、氷見伏木信用金庫、砺波信用金庫、石動信用金庫は、M&Aプラットフォーム・サイト「TRANBI(トランビ)」を運営する東京のトランビと業務提携を結んでいます。

業務提携の内容は、富山銀行または各信用金庫の顧客である中小企業経営者から、M&Aでの事業承継に関する相談が寄せられた場合、トランビ側は富山銀行または各信用金庫を通して率先的にM&Aのマッチング提案を行うものです。

富山銀行が経営者の婚活支援

富山銀行は事業承継支援策として、意外な対策も実践しています。それは、全国各地に結婚相談所を展開する東京のIBJと業務提携し、独身の経営者や後継者の婚活支援を行うものです。独身者の結婚を成就させることによって、親族に後継者が誕生していくことを企図しています。

富山県事業承継ネットワーク支援機関以外の事業承継支援

富山県事業承継ネットワークの構成メンバーにはなっていませんが、富山県の中小企業の事業承継のため、その支援活動を行っている組織は他にもあります。例えば、富山県中小企業支援ネットワーク会議や、元気とやま創造中小企業支援ネットワークなどです。

それらは、事業承継に特化はしていないものの、中小企業経営者のさまざまな相談を受け付けており、事業承継の相談窓口になってくれます。また、富山県農林水産公社の場合は、特に農業の事業承継に関し支援活動を行っています。

※関連記事
事業承継補助金とは?採択率やM&Aでの活用を解説
中小企業庁が実施する事業承継支援

富山県の公的事業承継支援の流れ

中小企業経営者が、富山県事業承継ネットワークへ事業承継に関する相談を行った場合の具体的な流れについて、一般的な例で説明します。

①中小企業経営者からの事業承継に関する相談(一次対応)

中小企業経営者は、富山県事業承継ネットワークの構成機関の中で、自身が最もなじんでいて話しやすい所へ相談に行きましょう。相談内容に応じて富山県事業承継ネットワーク側の対応は、大きく2つに分かれます。

1つは、身内や社内、あるいは経営者の知人など、とにかく後継者候補はいるが具体的にどうやって事業承継手続きをすればいいか、よくわからないケースです。社内や知人の後継者が事業承継資金不足などの場合も、こちらのケースに含まれます。

以上のケースでは、富山県事業承継ネットワークの構成機関から、役所の関係者、士業専門家、金融機関などが担当者となり、事業承継に必要な手続きを丁寧に支援してもらえます。

②事業承継する後継者がいない相談の場合(二次対応)

後継者がいない場合の相談では、富山県事業承継ネットワーク側としては、まず中小企業経営者にM&Aでの事業承継実施の意思確認を行います。M&Aを行う意思があることが確認されれば、富山県事業承継ネットワーク側は、登録民間支援機関への橋渡しをします。

つまり、中小企業経営者に対し、M&A仲介会社を紹介・斡旋するということです。その後、M&A仲介会社によって、事業承継の相手探し、マッチング、交渉等が進められ、双方の合意が成ればM&Aが成約し事業承継が実現します。

※関連記事
事業承継の方法
事業承継の相談

M&Aでの事業承継のポイント

M&Aでの事業承継について、経営者が高齢であればあるほど億劫に感じてしまい、消極的になる傾向があるようです。そこで、仮に廃業する場合とM&Aで事業承継する場合を比べて、どちらが経営者自身や、その周辺にとって得であるか考えてみましょう。

①出費と収入

M&Aでの事業承継ではM&A仲介会社を起用するので手数料が発生します。しかし、M&A仲介会社への成功報酬は、M&A成約金額の数%という決め方なので、持ち出しになることはあり得ません。

そして、M&Aで会社を売却した経営者の手元には、十分な売却費が残るはずです。リタイア後の生活資金にも加えられますし、場合によっては新たな事業資金にさえもなり得ます。一方、廃業してしまっては、そのような資金を得ることは不可能です。

場合によっては、設備や機械などの処分費用など、廃業では持ち出しとなるコストが発生するのは明らかです。この比較では、明らかに廃業には良いことはありません。

②従業員の雇用確保

長く会社を経営してきたならば、そこで苦楽を共にしてきた従業員に対して、労いの念や情もあるはずです。もし廃業してしまったら、その従業員たちは職を失い、路頭に迷うことになります。家族のいる従業員も多いでしょうから、その苦労は大変です。

M&Aによって事業承継が実現され会社が存続することになれば、従業員の雇用は守られるでしょう。ある意味では、事業承継による会社存続は、経営者としての最後の務めなのかもしれません。

富山県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

M&Aによる事業承継を行う場合、富山県事業承継ネットワークに相談すればM&A仲介会社を紹介してもらうことは可能です。しかし、富山県事業承継ネットワークからの斡旋だからといって、M&A仲介会社への手数料が安くなるわけではありません。

つまり、M&Aによる事業承継を決断している中小企業経営者ならば、富山県事業承継ネットワークに相談せずとも、直接、M&A仲介会社に業務委託しても内容・結果は同じです。また、富山県事業承継ネットワークに相談するにしても、ただ宛がわれるよりも相手を選びたいでしょう。

そこで、富山県でM&Aによる事業承継を行いたい場合の参考情報として、おすすめのM&A仲介会社5社を紹介します。

株式会社M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、富山県を含め全国各地の中小企業のM&A業務を請け負っています。したがって、富山県外のM&A情報も持っているため、近県の候補者とのマッチングも可能です。M&Aでは当事者同士の思惑合致が大切ですから、候補者の幅が広がるのはとても有用と言えるでしょう。

M&A総合研究所では、他社のように相談料、契約料、中間報酬、成功報酬といった段階ごとの手数料はありません。M&Aが成約するまで一切、費用が発生しない完全成功報酬制です。しかも、その成功報酬額は国内最安値水準というリーズナブルな設定になっています。

そのような費用体系でありながら、M&A総合研究所では豊富な知識と経験を持つ会計士がM&Aを徹底サポートします。さらに、通常は最低でも半年以上かかると言われるM&Aを、平均3ヶ月程度での成約を実現しています。一度、お気軽に内容を問い合わせてみてください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

あおぞら経営税理士法人

あおぞら経営税理士法人

出典:https://aozorakeiei.net/

あおぞら経営税理士法人は、富山県富山市を拠点にしている税理士事務所ですが、事業承継におけるM&A業務も請け負っています。税対策なども考慮した、適切なM&Aのマッチングを実現します。スムーズな事業承継に向けた、事業承継計画立案や自社株対策などのサポートも万全です。

マスタック税理士法人

マスタック税理士法人

出典:http://www.mastac-g.jp/

マスタック税理士法人は富山県富山市に代表事務所を構えており、グループの中澤豊税理士事務所、鷲本祐大税理士事務所も富山県に事務所を構えています。税理士事務所ではありますが、農業や飲食業、建設業、理美容業などの中小企業の経営支援に注力しているのが特徴です。

事業内容としては、ファイナンシャルプランニングやインターネットASP会計と共にマスタックM&Aセンターが設けられています。中小企業の後継者不足や人材、資金難で思い切った再建策が難しい状況の経営者などに寄り添ったM&Aを標榜しています。

株式会社トマック

株式会社トマック

出典:https://www.jec.gr.jp/

株式会社トマックは、富山県高岡市と富山市にオフィスを構えており、富山県内の中小企業のM&Aを含めた事業承継実施を請け負っています。公認会計士、税理士、弁護士、金融機関などとのネットワークも確立されており、M&A実施に余念はありません。

M&Aについては、富山県内だけでなく他の北陸地域の案件も多く携わっており、M&Aマッチングは自在です。また、事業承継だけでなく相続問題や会計、税務など経営コンサルタントなども実施しており、幅広い経営相談ができます。

株式会社コンパス

株式会社コンパス

出典:http://suzukaze-group.jp/

株式会社コンパスは、すずかぜマネジメントグループに属しているM&A仲介会社です。すずかぜマネジメントグループは、富山県魚津市にある税理士法人すずかぜを本拠地として税理士業務、司法書士業務、行政書士業務、M&A業務を総合的に行っています。

グループ内に税理士、司法書士、行政書士などが揃っているため、M&Aの各種手続きもスムーズに簡潔できるのが特徴です。

※関連記事
富山のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

まとめ

富山県内では、親族内での事業承継を希望する声が大きい一方、創業者が一代で事業を辞めてもいいと考えるケースが一定数あるとも言われています。特にそれは、高齢化した経営者に散見する考え方のようです。

富山県内の経済も全国の都道府県と同じように、1つ1つの中小企業が支えている状態にあります。個人の価値観とは別に地域の将来、従業員の生活などを考慮し、廃業よりも事業承継を優先させたいものです。本記事の要点は以下のようになります。

・富山県における後継者不在率
→全世代で56.6%、社長年齢70歳代以上で24.85%

・事業承継の方法
→親族内承継、社内承継、M&Aでの第三者への承継

・富山県の公的事業承継支援
→富山県事業承継ネットワークが中心的役割

・M&Aでの事業承継のポイント
→まとまった収入が得られる、従業員の雇用確保

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

M&A
【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&A
和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)