2021年7月24日更新都道府県別M&A

岡山県のM&A・会社売却・事業承継の仲介会社10選!譲渡案件、事例も紹介

岡山県では、M&Aが盛んに行われています。岡山県でM&Aがよく行われているのには、M&Aのポテンシャルを生かすノウハウが、根付いているからです。この記事では、岡山県のM&A事情や、おすすめのM&A仲介会社をご紹介します。

目次
  1. 岡山県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  2. 岡山県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
  3. 岡山県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 岡山県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
  5. 岡山県近郊のM&A譲渡案件例
  6. 岡山県のM&A譲渡案件の探し方
  7. 岡山県のM&A事例
  8. 岡山県のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

岡山県のM&A・会社売却・事業承継の動向

岡山県のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは岡山県のM&A・会社売却・事業承継の動向を説明します。岡山県は2018年の豪雨災害により、経済に大打撃を受けると見られていました。しかし、実際は予想されていたほどの、影響はなかったようです。

豪雨の被害が発生した後も、M&Aによって、岡山県に進出する会社や研究開発投資が増加しています。製造業も順調に成長していることから、結果的に岡山県の経済にマイナスはありませんでした。

もともと岡山県は、観光資源が豊かであることを踏まえ、ポテンシャルが高い地域です。しかし、岡山県にも人口減少の影響は及んでおり、人手不足や後継者不在といった問題が、中小企業を中心に発生しています。

この課題を、M&Aで解決する会社が増えています。M&Aであれば、経営統合を通じて人員を確保でき、後継者不在の会社でも、第三者への事業承継が実現できるからです。岡山県でも、人手不足や後継者不在を解決するため、M&Aは盛んに行われており、支援するM&A仲介会社が多くあります。

岡山県の経済環境

岡山県は、平成30年度(2018年度)は名目県内総生産 7兆8,057億円であり、成長率は前年度に比べ、0.1%減少となっています。生産面では、鉱業や建設業がプラス成長になっています。しかし、農業、製造業、不動産業および金融・保険業はマイナス成長です。

岡山県の人口は、約187万人(令和3年3月5日時点)であり、産業の特徴は、地場産業として有名な「繊維産業」などの製造業が主軸です。また近年では、「晴れの国、岡山」の気候風土を生かし、果実などの農業にも力を入れています。

参照:岡山県総合政策局「平成30年度岡山県県民経済計算」
   

岡山県の休廃業・解散・倒産の現状

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大、緊急事態宣言など、国内外の経済活動が急激に収縮しました。帝国データバンクの調査によると、2020年の岡山県の休廃業・解散件数は851件であり、前年より11件増加しました。また倒産件数は、73件でした。

2020年に全国で休業や廃業、解散を行った企業は、5万6103件で前年比5.3%減となりました。2016年以降、休廃業・解散件数は倒産件数の約7倍の水準で推移している状況です。

帝国データバンク:「岡山県 企業の休廃業・解散動向調査(2020年)
        :「全国企業「休廃業・解散」動向調査(2020年)

岡山県企業の後継者不在率

2020年の岡山県の後継者不在率は64.1%にあたる2,325社が不在であり、6割を超える企業の後継者が決まっていない現状があります。

業種別では、「建設業」がトップで69.9%となっており、約7割を占めています。次いで、「サービス業」(3と「不動産業」がそれぞれ66.3%など、約7業種で6割を超えています。

帝国データバンク「岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査(2020年)

岡山県のM&A件数の推移

「レコフ」の調査によると、2018年の岡山県のM&A件数は、21件でした。内訳は、買い手側、売り手側ともに岡山県内のM&A案件は2件、買い手側が岡山県内、売り手側が県外のM&A案件が9件となっています。

そして、買い手側が県外、売り手側が岡山県内のM&A案件が10件との結果でした。2014年以降、岡山県のM&A件数は、毎年約20件程度で推移をしており、今後もM&A案件は増える見込みです。

【関連】社長の引退年齢の現状や課題点とは?M&Aや事業承継を活用するポイントを解説
【関連】事業承継を戦略的に行う方法!成功ポイントや事例を解説

岡山県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

岡山県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

ここでは岡山県でM&Aをする際に、オススメのM&A仲介会社をご紹介します。

  1. M&A総合研究所
  2. 岡山M&Aセンター
  3. 吉井財務研究所
  4. 中井行政書士事務所
  5. ビザイン
  6. エムレイス
  7. 岡山・倉敷相続サポートセンター
  8. おかやま創研グループ
  9. バードコンサルティング
  10. クレジオ・パートナーズ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国に案件に対応しています。またスモールM&Aや小規模案件にも対応しております。知識・支援実績の豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートします。

M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②岡山M&Aセンター

石井経営グループに属する岡山M&Aセンターは、その名のとおり岡山県のM&Aを専門的に取り扱うM&A仲介会社です。岡山M&Aセンターの最大の強みは、日本M&Aセンターの地域センターである点です。そのため、豊富な情報量を生かして理想的なM&A案件を探せます。

加えて、経営母体が会計事務所であるため、豊富なノウハウを持つアドバイザーが担当してくれます。

会社名 岡山M&Aセンター
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.ishii-cpa.com/manda/

③吉井財務研究所

吉井財務研究所は、提携しているM&A仲介会社と行う、M&A支援のサービスを提供しています。吉井財務研究所のM&Aアドバイザリーは、財務・税務の観点だけでなく、法務の観点からも適切なアドバイスを提供してくれます。

また、吉井財務研究所はデューデリジェンスも行っており、クライアントのM&Aに潜在するリスクを徹底的に洗い出してくれます。

会社名 吉井財務研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.yoshiizaimu.co.jp/

④中井行政書士事務所

中井行政書士事務所は、行政書士としての業務を手掛け、他にも事業承継やM&Aの支援も行っています。中井行政書士事務所は、行政書士として多くの会社を見て培ってきた経験や、ノウハウを生かし、クライアントをフォローしてくれます。

また、中井行政書士事務所には行政書士が在籍しているため、契約や書類の作成がスムーズに進むでしょう。

会社名 中井行政書士事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://nakai-office.jp/

⑤ビザイン

ビザインは、中小企業のM&Aや、スモールM&Aを専門的に取り扱うM&A仲介会社です。ビザインの強みは、豊富な経験やノウハウを持つアドバイザーが在籍していることです。クライアントの意向に沿って、理想的なM&Aの実現のサポートをしてくれます。

また、ビザインは東京に本社がありますが、日本全国のM&A案件を取り扱っています。もちろん岡山のM&Aにも対応しており、さまざまな業種や業界のM&Aを支援してくれます。

会社名 ビザイン
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 岡山県を含む、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.bizign.jp/

⑥エムレイス

東京に本社があるエムレイスは、岡山県にも拠点を設けています。全国規模でM&A支援を展開している、M&A仲介会社です。エムレイスは、M&Aの全般的な支援を提供しており、迅速かつ最適な支援を行い、スピーディーにクライアントのM&Aを実現してくれます。

エムレイスは豊富な実績を持っており、非常に信頼が厚いM&A仲介会社です。また、エムレイスの報酬はリーズナブルであり、予算に限りがあっても安心して依頼できます。

会社名 エムレイス
得意な業種 中堅・中小企業が得意
対応地域 岡山県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬制
公式ホームページ https://mrace.co.jp/

⑦岡山・倉敷相続サポートセンター

岡山・倉敷相続サポートセンターは、さくら総合会計が運営しているサポートセンターです。実績40年以上、毎年300件を超える相続・遺言に関する相談を受けています。

事業承継における資産評価や自社株対策の検討、組織再編やM&Aなどの幅広い案件に対応しています。

会社名 岡山・倉敷相続サポートセンター(運営:さくら総合会計)
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ(無料相談)
公式ホームページ https://okayama-souzoku.com/

⑧おかやま創研グループ

おかやま創研グループは、経済産業省より、経営革新等支援機関の認定を受けており、専門性の高い支援を行っています。後継者で悩んでいる経営者の方には、長期経営改善計画を作成するなど、円滑な事業承継と事業の存続・発展を支援します。

会社名 おかやま創研グループ
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.okayama-zeimu.com/

⑨バードコンサルティング

バードコンサルティングは「病院専門コンサルティング会社」として、2014年の開業以来、病院の事業承継に対してマッチングから承継完了までを一貫してサポートしています。

病院の事業承継や譲渡を考えている医師(売り手)と譲り受けたい医師(買い手)をマッチングさせ、医院を引き継ぐ承継開業の支援を行います。

会社名 バードコンサルティング
得意な業種 病院・クリニック
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.bird-consulting.co.jp

⑩クレジオ・パートナーズ

クレジオ・パートナーズは、M&A、事業承継のほか、資本政策・企業再編のアドバイザリーサービスを行っています。地域密着、地域金融機関、士業とのネットワーク、専門知識、経験をもとに、ベストな相手先探し・アドバイスを提供します。

会社名 クレジオ・パートナーズ
得意な業種 非特化型
対応地域 岡山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://cregio.jp/

【関連】M&A仲介会社おすすめ21選を一覧で比較!企業別の特徴、仲介手数料も紹介

岡山県でM&A仲介会社を選ぶ基準

岡山県でM&A仲介会社を選ぶ基準

岡山県でのM&Aを検討している場合、どこに相談や依頼をすべきか悩むことでしょう。ここでは、岡山県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイントを紹介します。

  1. 対象業界の専門知識・実績がある
  2. 自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験がある
  4. わかりやすい料金体系を採用している
  5. 担当アドバイザーとの相性が良い

①対象業界の専門知識・実績がある

1つ目は、対象業界の専門知識・実績があるかどうかです。M&A仲介会社は、それぞれ得意とする業種や分野を持っています。そのため、M&Aや事業承継を検討している際は、事業に関する知識や経験豊富な仲介会社かどうかを基準に選ぶのが大切です。

そのうえで、M&A実績が豊富な仲介会社であれば、適切なサポートを受けられ、効率よくM&Aを進められるでしょう。

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

2つ目は、自社と同じ案件規模、地域のM&A実績があるかどうかです。M&A仲介会社は、先ほども述べたように業種・分野だけではなく、案件規模や地域によっても違いがあります。

そのため、仲介会社が取り扱う案件規模やM&Aの実績は、事前に確認しておくのが重要です。無料相談がある場合は、活用してみるのもよいでしょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

3つ目は、M&Aに関する幅広い知識・経験があるかどうかです。M&Aや事業承継を円滑に進め、成功させるためには、専門知識が必須です。仲介会社の実績が少ない場合、自社が希望する交渉先が紹介されない可能性もあり、M&Aや事業承継を行えないケースもあります。

M&Aの仲介会社を選ぶ際は、M&Aに関する幅広い専門知識と経験があるかどうかをホームページや無料相談で、よく確認するようにしましょう。

④わかりやすい料金体系を採用している

4つ目は、わかりやすい料金体系を採用しているかどうかです。M&A仲介会社によって、料金体系は異なっており、事前に確認する必要があります。

料金体系があいまいな仲介会社を選んでしまったり、費用内容を確認しないまま依頼してしまったりすると、想定していたよりも多くの支払いが生じるケースもあります。

相談する前に、料金体系がわかりやすく明示されているかを確認し、また不明点があれば事前に質問などするようにしてから依頼をするようにしましょう。

⑤担当アドバイザーとの相性が良い

5つ目は、担当アドバイザーとの相性です。担当するアドバイザーの対応が適当であったり、相性が合わなかったりすれば、うまく意思疎通ができず、M&Aや事業承継がスムーズに行われない可能性も考えられます。

M&A仲介会社を選ぶ際は、担当するアドバイザーの対応や相性を見るのも大切です。もしアドバイザーとの相性が合わないと判断した場合は、仲介会社の担当スタッフを代えてもらうか、あるいは他社に変えるのも検討する必要があるでしょう。

【関連】中小企業M&Aの流れ、注意点とは?成功ポイント、件数、失敗事例、おすすめ本も紹介
【関連】零細企業がM&Aを成功させるコツと注意点!仲介会社は使用すべき?

岡山県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

岡山県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

岡山県内のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関には、岡山県事業承継・引継ぎ支援センター、岡山県よろず支援拠点、岡山商工会議所などがあります。それぞれ詳しく紹介します。

①岡山県事業承継・引継ぎ支援センター

岡山県事業承継・引継ぎ支援センターは、事業承継などの相談に応じ、可能な限り希望する形に近づけるよう、サポートしてくれる公的機関です。国が運営する事業のため、無料で安心して利用できます。

中小企業のM&A支援などに精通した専門家がサポートしてくれるため、岡山県でM&Aを行う際に役立てられるでしょう。

岡山県事業承継・引継ぎ支援センター

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

岡山県だけではなく日本全国の中小企業経営者は、少子高齢化などの影響を受け、後継者不在に悩まされています。そういった悩みを解決するため、各都道府県には政府の支援のもと、事業承継・引継ぎ支援センターが設立されています。

政府も利用を後押ししており、事業承継やM&Aに関わる相談を受け付けています。しかし、事業承継・引継ぎ支援センターなどの公的機関では、M&Aの仲介業務を行っていない場合が多いのです。

公的機関でM&Aに関する相談や、M&A案件を探すことはできても、仲介が必要な段階になると、紹介を受けるなどして仲介会社を利用しなくてはなりません。こういった場合、やはり多くの手間や時間、コストが掛かります。

②岡山県よろず支援拠点

岡山県よろず支援拠点は、経営や創業のあらゆる相談を受け付けている、公的機関です。中小企業診断士のような専門家や、元大手量販店バイヤーなどの経験者が、コーディネーターとして在籍しています。

勉強会やセミナーも開催しており、少人数で気軽に参加できる「よろずCafe」なども行っています。岡山県でM&Aを検討している方は、役立てられる可能性があります。

岡山県よろず支援拠点のホームページ

③岡山商工会議所

岡山商工会議所は、岡山県各地に12カ所設立されている、商工会議所です。主に経営者や商工者が会員となり、お互いのサポートや、岡山県の経済活性化のために活動しています。

セミナーや金融支援、事業承継にまつわるサポートを行っていますので、岡山県でM&Aを行う際に利用できるでしょう。

岡山商工会議所のホームページ

④岡山県信用保証協会

岡山県信用保証協会は、主に金融面から、中小企業をサポートする公的機関です。経営に関する相談も、中小企業診断士の資格を持った職員が、無料で対応してくれます。

創業者向けのサポートデスクなども開いており、気軽に利用できるようにしています。地域に根ざしたサポートを行っていますので、ぜひ役立てましょう。

岡山県信用保証協会のホームページ

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

岡山県近郊のM&A譲渡案件例

岡山県近郊のM&A譲渡案件例

ここでは、岡山県近郊のM&A譲渡案件から、事例をいくつか紹介します。

岡山の特産「ままかり」のお土産店のM&A

こちらは、岡山県の特産である「ままかり」をイタリアンにアレンジし、お土産として製造する企業のM&A譲渡案件です。メディアにも数多く取り上げられており、人気商品を展開しています。現時点で、広告業が本業の企業が運営しているため、ノウハウを持つ事業者に譲渡したいと考えています。

売上高 300万円台
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 選択と集中

旅館のM&A

こちらは、抜群の立地と環境で人気の旅館のM&A譲渡案件です。季節を感じる料理が人気で、多くのファンがいます。観光やレジャーが楽しめる環境で、夜はきれいな星空が見られます。リピーターも多くおり、今後も安定して運営できる見込みです。

売上高 400万円台
売却希望額 3,150万円
譲渡希望理由 後継者不在

介護施設のM&A

こちらの介護施設では、代表自身が現場に従事し、実務を行いたいため、運営を行ってくださる方を募集しています。立地や環境が大変良く、現時点で約20室あるお部屋も全て満室です。医療介護訪問など、幅広いサービスを拡充できるため、収益向上が期待できます。

売上高 1.9億円
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

【関連】事業譲渡・事業売却の相談・アドバイスを無料で受けるなら誰がオススメ?

岡山県のM&A譲渡案件の探し方

岡山県のM&A譲渡案件の探し方

岡山県のM&A譲渡案件の探し方は、以下の方法があります。それぞれのメリットがありますので、自社に合った方法で選択するようにしましょう。

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

岡山県のM&A譲渡案件の探し方として、M&A仲介会社・アドバイザーへの相談があります。M&A仲介会社は、これまで培ってきた実績や経験があります。M&A仲介会社・アドバイザーのサポートを得ることで、ベストな相手先を探せることでしょう。

②取引関係にある金融機関への相談

自社の取引関係にある金融機関への相談してみるのもいいでしょう。地域の金融機関であれば、多くの中小企業と取引を行っているため、M&Aを検討している中小企業からの相談も受けている可能性が高いです。

そのため、取引関係にある金融機関への相談するのも一つの方法です。

③M&Aマッチングサイトの活用

岡山県のM&A譲渡案件の探し方として、M&Aマッチングサイトを活用する方法もあります。M&Aマッチングサイトでは、簡単に売り手と買い手の情報を閲覧ができ、直接交渉が行えます。

M&Aマッチングサイトは、費用を安く抑えられるといったメリットもあります。また、M&Aマッチングサイトによっては運営するM&A仲介会社へ、そのまま相談・依頼ができるケースもあります。
 

【関連】経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

岡山県のM&A事例

岡山県のM&A事例

ここでは、岡山県のM&A事例をいくつか紹介します。

農業分野のM&A(雪国まいたけ・三蔵農林)

2019年10月に、マイタケやエリンギ、シメジで有名な雪国まいたけが、岡山県瀬戸内市に拠点を置く三蔵農林の全ての株式を取得し、子会社にしました。

今回のM&Aにより、雪国まいたけの生産技術・販売力に、三蔵農林の高い生産能力・ノウハウを合わせ、またそれぞれの経営リソースの融合によって、さらなる事業拡大を目指します。

ジーンズ製造卸業のM&A(キーストーン・パートナーズ、ジョンブル)

2019年9月に、国内の中堅中小企業向けの成長・再生支援を手がける投資ファンドであるキーストーン・パートナーズは、岡山県倉敷市に拠点を置く、ジーンズ製造卸のジョンブルにおける全ての株式を取得しました。

ジョンブルは学生服・作業服のメーカーとして創業し、岡山の繊維産業を支える企業の一つです。今回のM&Aにより、売り上げの大幅増と企業価値の向上を図ります。

スーパーマーケット業界のM&A(マムハートホールディングス・ユニサン)

2019年4月に岡山を中心にスーパーマーケットを展開するマムハートホールディングスが、鳥取県鳥取市に拠点を置くスーパーマーケットのユニサンを譲り受けました。マムハートホールディングスは、岡山から山陰地域へ進出により、市場の拡大を目指します。

調剤薬局のM&A(ウエルシアホールディングス・金光薬品)

2019年3月、ドラッグストアのグループ企業であるウエルシアホールディングスが、岡山県内に31店舗など、調剤薬局を展開している金光薬品を子会社化しました。今回のM&Aにより、ウエルシアグループの中国地域進出を目指します。

化粧品業界のM&A(ウエルシアホールディングス・MASAYA)

2018年10月に、ウエルシアホールディングスは、MASAYAの株式取得により、子会社化すると発表しました。ウエルシアホールディングスは、質・量ともに、日本一のドラッグストアチェーンを目指し、全国規模で調剤併設ドラッグストアを展開しています。

MASAYAは、昭和33年の創業以来、岡山県を中心に西日本や関東で、化粧品専門店を展開しています。今回のM&Aにより、ウエルシアホールディングスは化粧品市場での事業拡大を目指すとしています。

テレビ業界のM&A(TOKAIホールディングス・テレビ津山)

2017年11月に、TOKAIホールディングスは、岡山県のテレビ津山の株式を取得し、買収すると発表しました。TOKAIホールディングスは、トータルライフコンシェルジュを目指し、LPガスやCATV(ケーブルテレビ)、ブライダルや介護など、多岐にわたる生活サービスを提供しています。

テレビ津山は、岡山県津山市、勝央町でケーブルテレビを提供しています。高インターネット接続や多チャンネル放送を、1万件の利用者に提供しています。今回のM&Aにより、営業エリアの拡大や、お互いのノウハウを生かした企業価値向上を目指すとしています。

農園業界のM&A(アグリ元気岡山・吉備路オーガニックワーク)

2015年7月に、有限会社アグリ元気岡山は、有限会社吉備路オーガニックワークの株式取得により、子会社化すると発表しました。アグリ元気岡山は、観光農園を運営しています。

吉備路オーガニックワークは有機農業を営んでおり、岡山県下では最大である有機人参栽培面積を誇っています。今回のM&Aにより、両者が経営資源を相互に活用し、競争力やサービス力を拡充するとしています。

【関連】小規模M&Aとは?小規模M&A案件の探し方や流れと手法を解説

岡山県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

岡山県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

岡山県は甚大な豪雨災害に見舞われながらも、経済への深刻なダメージを受けず、むしろ成長の兆しが見えている稀有(けう)な地域です。岡山県には、高いポテンシャルが秘められています。

岡山県でM&Aが盛んに行われているのも、そのポテンシャルを生かすノウハウが根付いているからでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&amp...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)