M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

岩手県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

岩手県内の事業承継については、全国の中小企業の事業承継と同じような問題を抱えており、M&Aという選択肢があることを知っていてもなかなか踏み切れない、という実情があるようです。

目次
  1. 岩手県における事業承継とは?
  2. 事業承継の流れや進め方
  3. 事業承継の方法
  4. M&Aを活用した事業承継
  5. 岩手県で事業承継に強いM&A仲介会社ランキング5選
  6. まとめ

岩手県における事業承継とは?

岩手県における事業承継は、進展していないのが実情でそれを裏付けるのは、2006年から2016年の間に、およそ9000件の事業所が減っていることが挙げられます。 廃業の理由には、経営者の高齢化によって、会社を休業したり廃業したりしていることが要因となっています。 岩手県は中小企業の割合が高く、経営者が60歳以上としているのは過半数を超えており、加えて60歳以上の経営者に対して後継者の有無についての質問についても、およそ半分の経営者が後継者未定としています。 事業承継に関して、後継者が親族と回答している経営者は71.6%でM&Aなどの第三者に承継すると回答しているのは7.6%と低い推移になっています。 事業承継には、準備期間が長期になる場合が多いですが、準備をしていても事業承継をする段階で何らかの問題でスムーズにできない場合もあり、事業承継自体が難しい問題であることが分かります。 しかし、このような中で事業承継の準備をしている中小企業は少数にとどまり、準備をしていない中小企業は57.2%で、加えて60歳以上の経営者が事業承継の準備の有無についてはおよそ半分の経営者は何もしていないと回答しています。 事業承継が難しい中で、M&Aによる事業承継に対して「抵抗がある」としている経営者が69.3%となっていますが、提案があれば検討したいとしている経営者は過半数いることが分かっています。 このことから、事業承継の方法の選択肢の一つとして理解されるようになっています。 しかし、M&Aで自分の会社を売却することには抵抗があると感じているのが実情です。 そのため、事業承継をM&Aで実行しようとする中小企業の経営者は未だに少ないのでしょう。 岩手県における事業承継の問題として挙げられるのは、全国の中小企業と同じように「経営者の高齢化」が挙げられ、そのほかには「計画駅な事業承継の準備の必要性」、「新しい手法への取り組み」の3点になります。

事業承継の流れや進め方

事業承継の大まかな流れは5つのステップに分けることができます。
まず、一つ目のステップは事業承継を進める準備の必要性の認識となります。 後継者の教育機関も含めると経営者が概ね60歳になる頃になったら、事業承継の準備を始めた方が良いとされます。 事業承継については、会社の事業もしながらの準備になり、専門的な知識も必要になるので公認会計士や税理士、弁護士などに相談しながら進めてく方が望ましいでしょう。 また、親族内承継などの場合はプライベートな部分にも踏み込む必要があるため、その認識をしておきます。 事業承継については中小企業庁の事業承継ガイドラインを活用することで、スムーズに実施することができ、ガイドラインの中には「事業承継自己診断チェックシート」が用意されているので、現状から事業承継についてチェックすることができます。 ステップ2は、会社の現状の把握と課題などの把握になります。 会社の現状は、財務の点だけではなく不動産や知的財産など目に見えない資産についても整理しておく必要があります。 会社の強みと弱みを把握して、強みについてはさらなる強化を図るために何が必要なのか、精査しておきます。 弱みについては、改善するためにどのような対処をしていけばいいのか現経営者が検討します。 経営者自身だけの判断では難しいと感じる場合は、公認会計士や税理士、弁護士などの専門家に協力してもらい、改善すべき点は早期に対応すべきです。 中小企業の場合は、資金調達のために経営者が個人的に金融機関から借り入れをして、会社に貸し付けている場合もあります。 このような債務についても、細かく資産状況を確認しておく必要があります。 また、不動産についても会社名義のものと経営者個人の名義になっているものなど、混在しているのでそれぞれを整理して分かるようにしておきましょう。 会社の現状の把握をしていく中で、会社が抱える問題が明確になる場合もあります。 このような場合は、後継者に引き継ぐ前に解決できる問題である場合は、できるだけ問題を解決しておくようにした方が、スムーズに後継者に引き継ぐことができます。 ステップ3は、経営の改善になります。 ステップ2で会社の現状を知ると改善しなければならない課題も明らかになります。 それらの課題について、現経営者が対処しておいた方が事業承継をする時に課題について後継者が考えなくてもよい状態を作ることができます。 業績の改善やコストの削減、得意先や取引先との優良な関係なども現経営者が配慮して築くべきこととします。 本業の業界内での競争力の強化や経営体制の総点検も同時にしておきます。 ステップ4は事業継承の計画の策定になります。 事業承継の計画は事業承継の仕方によって多少異なる点もあるので、どの方法で事業承継をするのかこの段階で決定します。 選択した事業承継の方法に沿って計画を立てて、実行していきます。 親族内承継や親族外承継については、ステップ1から3の順に会社の状況を知り、強みや弱みを把握して、10年を目安に計画を立てます。 計画書の策定に当たっては、中小企業庁の事業承継ガイドラインの巻末に事業承継計画の様式が添付されているので、参考にしながら策定すると良いでしょう。 後継者の経営者としての教育も含めて、事業承継は10年程度の期間がかかることを念頭において、準備を開始するようにします。 計画の内容は現経営者と後継者のほかに関係する人材と共有して進めていきます。 自社の現状分析や今後の環境変化の予測と対策、課題の検討を含めて整理を実施して、事業承継を実行する時期を盛り込んだ事業の方向性の検討をします。 様々な準備をして経営者の交代をスムーズに実施できるようにします。 M&Aで事業承継をする場合は、M&A仲介会社に選定をして仲介依頼契約を結びます。 その後は、M&A仲介会社のアドバイスなどを受けて、M&Aが成立を目指します。 最後にステップ5として、事業承継の実行となります。 事業承継の実行によって、後継者に経営権を譲り渡すことになり、資産に移転なども実施します。 税負担や法的手続きなどのことも考えて、弁護士や公認会計士、税理士の立ち合いも検討しておくと良いでしょう。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継と親族外承継、M&Aの3つになります。
親族内承継は、現経営者の子供や兄弟、配偶者を後継者として事業承継をする方法です。 以前は、最も多い事業承継の方法で「家業を継ぐ」という意識も強かったために、経営者の子供が後継ぎとなることも多くありました。 しかし、現在では仕事も多様化しており、少子化などの問題もあって経営者に子供が家業を継ぐという考え方は薄れているように感じられます。 また、経営者自身も「子供は子供の人生」と切り離した考え方から、「自分に代でやめる」という選択をすることが増えているようです。 とは言っても、現在でも親族内承継によって事業承継をする中小企業が最も多く、現経営者の子供や兄弟などが事業継承しています。 次に親族外継承ですが、親族外承継の場合は会社の若手役員や従業員が後継者となって、事業承継をする方法です。 親族内承継の場合は、経営者の息子など血縁関係があるため、従業員や取引先にも理解されやすく、不自然な事業承継だと思われることは少ないです。 一方、親族外承継の場合は会社内の若手役員や従業員が後継者となるので、従業員や取引先から不信感を抱かれる場合もあり、周囲に理解してもらうことも現経営者の役割になります。 また、会社の株式を現経営者のほかに現経営者に親族も保有していると後継者とした人材に株式を集中させる必要があり、現経営者の親族の理解も必要になります。 そのほかには、現経営者から株式を買い取る時の資金がない、などの問題もあり、現経営者は後継者となった人材へのいろいろな配慮をしながら事業承継をする必要があります。 M&Aによる事業承継は、中小企業の場合は株式譲渡や事業譲渡の方法で実施することが多く、現経営者は希望に合う買収先を探す必要があります。 M&Aで株式譲渡を実施する場合は、会社の株式をすべてまたは、議決権を持てる範囲で株式を譲渡するので、M&Aの中では一番簡単な方法になります。 これによって、会社の経営権を譲り渡すことになりますが、そのほかの負債や資産などすべてを買収先の会社や個人に譲り渡すことになります。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、近年中小企業に経営者にも広まりつつある方法で、適任の後継者がいない場合などに用いられる方法となっています。
M&Aを活用した事業承継を実施しようとする場合は、M&A仲介会社に依頼して進めていく方が良いでしょう。 経営者が自分でM&Aを実施することもできますが、会社にかかわる法律や財務、税務など専門的な知識が必要になるので、経営者が自分で実施するのは現実的ではありません。 M&A仲介会社は、法律、財務、税務の専門家が在籍していたり、ネットワークを持っていたりするので、M&Aをスムーズに進めてくれます。 中小企業の経営者が高齢になっている場合や後継者がいないなどを理由にM&Aを検討する経営者も増えつつありますが、実際にM&Aを実施する件数はまだまだ少ないのが実情です。 会社を売却する、ということに抵抗を感じる経営者が多く、できれば親族に事業承継して欲しいというのが本音のようです。 また、会社の規模が小さいとM&Aの対象にならないのでは?と考える経営者も多く、M&Aの仕組自体がよく分からないという場合もあるようです。 M&A自体が難しく感じられますが、M&A仲介会社を介して実施すれば丁寧にサポートしてもられるので安心してM&A取引を進めていくことができます。 経営者の高齢化や後継者がいないなどの理由で廃業を考えている場合は、M&Aを活用すれば会社を存続させることも可能になり、従業員の雇用を守ることもできます。 M&Aは事業承継において有効な手段であると認識すると良いでしょう。

岩手県で事業承継に強いM&A仲介会社ランキング5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は、本社を東京都に構えていますが、全国のM&A仲介を実施しています。 東証一部上場も果たしていますが、中堅・中小企業のM&Aのサポートを多く、実績が多いM&A仲介会社です。 着手金、月額報酬、起業評価レポートの作成は無料としており、M&Aを検討する京遺影者がじっくりと考えることができる体制を作っています。 事業再編を念頭にしたM&Aだけでなく、事業承継におけるM&Aのサポートを実施しており、後継者がいないことでM&Aを検討している中小企業の経営者でも安心して相談することができます。 料金体系も中間報酬と成功報酬の二段階で、成功報酬から中間報酬の金額を差し引くので、実質成功報酬のみの支払いとなります。 M&Aを検討している段階からM&A成立までを専任の担当者がサポートしてくれるので、一貫性があり寄り添ったサポートを受けられます。

佐藤税理士法人・株式会社ザ会計事務所

佐藤税理士法人・株式会社ザ会計事務所は、岩手県盛岡市に事務所を構える税理士事務所で、東京にもオフィスを構えています。 税理士事務所として設立から40年が経過しており、様々な経営上の問題に対応してくれる税理士事務所です。 事業内容は、融資の相談や事業計画書の作成、起業の応援、経営全般に関するサポートになります。 税理士の視点から事業承継に関するM&Aの相談にも応じており、東京の株式会社にほんM&Aセンターとの連携によって、岩手M&Aセンターとして地域のM&Aのサポートを実施しています。 M&Aに関しては、事業承継におけるM&Aを中心にサポートを実施しており、中小企業が「本当にM&Aが必要なのか?」「次の社長はどうするか?」などの不安や疑問などの相談にもおうじているので、地域のM&A仲介会社に相談したいという中小企業の経営者は一度、事前相談を受けてみると良いでしょう。 相談は無料となっています。

東北生活支援センター株式会社

東北生活支援センター株式会社は、岩手県盛岡市に事務所を構え、岩手県内の中小企業などの経営コンサルタントなどを実施しています。 会社代表者も、中小企業事業再生マネジャー、ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、企業再建・継承コンサルタント協同組合、日本FP協会の会員であることからM&Aの相談にも応じてくれます。 事業承継のサポートにも力を入れており、後継者がいないという問題や事業承継によって経営者の家族の生活がどう変化するのか、などの相談にも乗ってくれます。 M&Aを含めた事業承継にかかわる様々な事柄の相談にも応じてくれて、総合的にコンサルティングをしてくれます。 事業承継のコンサルティングは月額コンサルティング料金として月額216,000円となっており、M&Aの仲介については事業承継支援の中で相談に乗ってもらえます。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、全国に会計事務所、税理士事務所、金融機関とのネットワークを確立しているので、岩手県を所在地にしている会社でも十分にM&Aの支援が受けられるM&A仲介会社です。 株式会社日本M&Aセンターは、M&A仲介業界の中でもリーディングカンパニーとしてけん引している存在の仲介会社で、年間649件のM&Aを成立させ、会社設立以来4500件以上のM&Aを成立させています。 特徴的なのは、M&Aの成立をゴールと考えるのではなく、M&Aが成立後の会社同士の統合、発展までを見守る体制が整っており、統合するまでをフォローしてくれます。 友好的なM&Aサポートで実績ナンバーワンとして、全国の中小企業のM&Aを推進しており、スモールM&Aにも対応しているので規模が小さい会社でも一度相談してみると良いでしょう。

まとめ

岩手県内の事業承継については、全国の中小企業の事業承継と同じような問題を抱えており、M&Aという選択肢があることを知っていてもなかなか踏み切れない、という実情があるようです。 事業承継については、できれば親族内承継によって現経営者の子供を後継者としたいとする経営者が多い一方で、子供の将来は子供のものと考える経営者も更けています。 そのため、現経営者の子供は岩手県を離れて首都圏の大手企業ですでに仕事をしているなどの現状もあります。 事業承継にはM&Aと言う選択肢もあり、有効な手段であることを知ってもらう必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)