2022年6月6日更新業種別M&A

引越し業者のM&A・会社売却事例15選!積極買収企業も紹介【2021年最新】

近年、引越し業者の業界では、M&A・会社売却が活発に実施されています。当記事では、引越し業者を積極的に買収する企業や、引越し業者のM&A・会社売却事例をまとめました。また、引越し業者がM&A・会社売却を成功させるポイントも解説します。

目次
  1. 引越し業者のM&A・会社売却
  2. 引越し業者の業界動向
  3. 引越し業者のM&A・買収に積極的な企業
  4. 引越し業者のM&A・会社売却するメリット
  5. 引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント
  6. 引越し業者のM&A・会社売却の相場
  7. 引越し業者のM&A・会社売却をする際におすすめの相談先
  8. 引越し業者のM&A・会社売却まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

引越業者のM&A・事業承継

引越し業者のM&A・会社売却

引越し業者のM&A・会社売却

当記事では、引越し業者のM&A・会社売却事例や、積極的に買収を行っている企業を紹介します。まず、この章では、引越し業者やM&A・会社売却の定義、事業承継と会社売却との違いなどをまとめました。

引越し業者とは

引っ越し業者とは、引越し(居住から家財や機材などを別所へ移動させること)の請負を業務とする会社をさします。一部上場の大企業から小規模な個人事業まで、さまざまな規模の会社があります。

主な業務内容には、荷物移動の日程調整・引越し料金の見積もり・荷物を搬出して引越し先への搬入作業などがあり、引越に関する作業全般を請け負う点が特徴的です。

M&Aとは

M&Aとは、「Mergers(合併)& Acquisitions(買収)」の略称です。合併とは二つ以上の会社が一つの会社へと統合されることで、買収とは買収企業が売却企業の株式を取得することで経営権を掌握する行為をさすのが一般的です。

なお、経営権の支配とは株式総会における決議を支配することを意味し、発行済株式総数の過半数を取得するケースが多いです。合併・買収いずれのM&Aでも、企業の経営戦略に大きな影響を与えます。

会社売却とは

会社売却とは、これまで経営してきた会社を売る行為をさし、経営者がリタイアする場合や新規事業に注力する場合などに行われます。会社を売却することで売却益が手に入り、生活や新規事業の資金などを補填できるため、会社売却は近年の経営手段として重要視されています。

事業承継との違い

事業承継とは、会社の経営権を後継者に譲り、経営を引き継ぐことです。後継者としてどのような関係の者を据えるかによって、親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3つに分けられます。

近年は、子供に事業を継ぐ意思がない・自社株式の取得費用の負担などの理由によって、親族内事業承継・親族外事業承継は減少傾向にあり、M&Aによる事業承継が増加しています。

事業承継が後継者に新たな経営権を譲る意味である一方、会社売却はすべての事業や資産を他者へと売り渡す行為であり、会社全体が消失するなどの点に違いがあります。

会社売却の戦略まとめ!手順や成功のポイントを解説!相場より高く売るには?| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者の業界動向

引越し業者の業界動向

引越し業者業界の動向には、以下3つの特徴が見られます。

  • 大型の引っ越し案件が減少し単価が下落
  • ネットマーケティングの活用が広まる
  • ニーズに応えるサービスの充実がポイント

大型の引っ越し案件が減少し単価が下落

リーマンショックによる景気後退を受けて、マンションやオフィスなど大型の着工件数が減少しており、その影響は引越し業者業界の市場にも及んでいて単価が下落しています。引越し業界では99%以上の割合で中小企業が多いため、経営困難な状況に置かれている企業も少なくありません。

ネットマーケティングの活用が広まる

単価が下落した引越し業者業界は、競争力強化を図る必要があります。競争力強化のキーポイントとして、ネットマーケティングの活用により顧客を取り込めるかどうかという点が重要視されている状況です。

ニーズに応えるサービスの充実がポイント

ネットマーケティングの活用の拡大に伴い、「引越し業者が顧客ニーズに応えるサービスを充実させているのか」という点も重要視されています。

例えば、家族プランと引越プランの2つのプランがある場合は、移動距離や荷物の量など自身に合ったプランを細かく選べるなど料金サービスが充実していれば、他企業と比較して有利だといえます。

引越し業者のM&A・買収・売却!業界動向、相場、成功事例、ポイントも解説【2021年最新】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・買収に積極的な企業

引越し業者のM&A・買収に積極的な企業

最近では、引越し業者を積極的に買収している企業が増えていますが、ここでは以下の5社を紹介します。

  1. 日本通運
  2. サカイ引越センター
  3. トナミホールディングス
  4. 福山通運
  5. ヤマトホームコンビニエンス

①日本通運

引越し業者を積極的に買収する企業の1つ目は、日本通運です。これまでに日本通運が買収した案件には、主に以下のような事例があります。

  • 2008年6月2日: 郵便事業と折半出資にて、JPエクスプレスを設立
  • 2015年12月15日: 豊田自動織機よりワンビシアーカイブズの全株式を取得し、子会社化
  • 2015年12月25日: 名鉄運輸と資本業務提携契約および株式譲渡契約を締結

②サカイ引越センター

引越し業者を積極的に買収する企業の2つ目は、サカイ引越センターが挙げられます。これまでに、サカイ引越センターが買収した案件には、以下のような事例があります。

  • 1982年4月:八洲運送(現・サカイ引越センター、形式上の存続会社)の株式を取得し子会社
  • 2012年6月:フランスのNippon Euromovers SARLを子会社化
  • 2016年4月:SDホールディングス(連結子会社)を子会社化

③トナミホールディングス

引越し業者を積極的に買収する企業の3つ目は、トナミホールディングスが挙げられます。これまでに、トナミホールディングスが買収した案件には、以下のような事例があります。

  • 1996年8月: 日本運輸(現・トナミ国際物流)を買収
  • 2003年10月:京神倉庫の全株式取得(完全子会社化)
  • 2010年2月:帝石不動産から第一倉庫の株式の98.5%を取得し子会社化
  • 2013年4月:シー・フォーカスの全株式取得(完全子会社化)
  • 2014年7月 :菱星物流の株式取得(子会社化)
  • 2016年7月 :中央冷蔵の全株式取得(完全子会社化)

④福山通運

引越し業者を積極的に買収する企業の4つ目は、福山通運が挙げられます。これまでに福山通運が買収した案件は以下のとおりです。

  • 2009年10月:王子運送を子会社化
  • 2012年1月:三統(現・福山グローバルソリューションズ)を子会社化
  • 2012年7月:東京都中央区の絹川屋運送の株式74%を追加取得し同日付で完全子会社化
  • 2018年4月:キタザワの株式51%を取得、同時に同社と資本・業務提携

⑤ヤマトホームコンビニエンス

引越し業者を積極的に買収する企業の5つ目は、ヤマトホームコンビニエンスが挙げられます。これまでにヤマトホームコンビニエンスが買収した案件は以下のとおりです。

  • 2006年5月:海運最大手である日本郵船との資本・業務提携
  • 2007年5月:小売業大手の丸井と資本・業務提携

買収のメリット20選!事例40選!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却するメリット

引越業者のM&A・事業承継
引越業者のM&A・事業承継
引越し業者のM&A・会社売却するメリット

引越し業者のM&A・会社売却を行うに際して、メリットを理解しておくことが大切です。この章では、売り手側の立場からのメリットを紹介します。

後継者問題の解決ができる

近年の日本では、多くの会社が後継者不在を理由に廃業に至っています。特に中小企業における後継者不在は深刻な問題とされており、日本経済を支えている活力が失われていると指摘されています。

こうした背景により、会社売却を選択するケースが増えています。会社売却を行い、企業理念に理解のある買い手企業が見つかれば、自身がリタイアした後でも安定した経営が可能です。

廃業や倒産を避けられる

近年、資金繰りに苦しんでいる引越し業者も少なくありません。実際、債務を抱えていることで、廃業や倒産に至る企業もあります。そのため、廃業や倒産の回避を目的として、会社売却を行う企業も目立っています。

大手の傘下に入り安定した経営ができる

引越し会社を会社売却する場合、大手グループの傘下に入るケースが想定されます。大手グループとM&Aを行うと、経営を安定化できる可能性が高いです。

従業員の雇用先を確保できる

会社売却は、従業員の雇用を守る有用な選択肢です。経営難に陥っている場合は整理解雇を余儀なくされ、また上手く対応できずに倒産に至った場合はこれまでに頑張ってくれた社員を路頭に迷わせてしまいかねません。

会社売却では会社の所有権のみが移るため、会社と従業員の雇用関係は継続されます。安定した企業に売却できれば、従業員が働き続けられる環境を構築できます。

売却益を獲得できる

引越し業者の会社は、高齢社長の健康悪化などで事業継続が困難な場合もあります。事業継続が困難な場合は、経営者の資金確保が重要です。

会社売却を行えば売却益を獲得できるため、廃業や倒産を避けつつ退職後の資金を調達することが可能です。

経営者がM&A・会社売却・事業譲渡する理由15選!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるには、以下のポイントを把握しておきましょう。

  • M&Aの準備を計画的に行う
  • M&Aを行う理由・目的を明確にする
  • 希望する条件を決める
  • 最良の手法を選択する
  • M&Aの専門家に相談する

M&Aの準備を計画的に行う

引越し業者のM&A・会社を成功させるためには、M&Aの準備を計画的に行うことがポイントです。日本の中小企業は高齢化が進んでおり、これに伴い会社を売却しようと考えたとしても、役員や従業員が高齢であれば、将来性がないとみなされて売却価格が下がってしまうおそれがあります。

企業価値が高いタイミングで売却するためにも、M&Aの準備を計画的に進めたうえで、適したタイミングを逃さないようにしましょう。

M&Aを行う理由・目的を明確にする

引越し業者の会社をM&A・会社売却する場合は、理由・目的を明確にしておくこともポイントです。M&Aを行う目的にはさまざまなものがありますが、目的に応じて戦略や用いる手法が変わってきます。

目的に合致しない戦略や手法を実行してしまうと、手続きが煩雑になったり、費用が余分に発生したりするなどのデメリットが生じ、想定していたメリットを得られないおそれがあります。

希望する条件を決める

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるには、まず自社の希望する条件を決めておくことが大切です。条件を明確にすることで、売り手企業を絞り込みやすくなり、M&Aの準備へとスムーズに移行できます。

売却を行う際は従業員の雇用継続や待遇など、自社が優先する条件や譲れない条件を事前に検討し、希望する条件を明確化しておきましょう。

最良の手法を選択する

M&Aにはさまざまな手法があり、それぞれに異なるメリット・デメリットが存在します。そのため、引越し業界でM&Aを行う際は、自社にとって最良の手法を選択することが大切です。どの手法を選んだとしても少なからずデメリットはあるため、総合的に判断する必要があります。

判断する際には専門的な知識や見解が不可欠であるため、M&A仲介会社などの専門家に相談したうえで決定しましょう。

M&Aの専門家に相談する

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるには、M&A・会社売却の専門家に相談することが一番の近道だといえます。引越し業者のM&A・会社売却の際は、M&Aに関する知識だけでなく、経営・会計・税務・法務などの専門知識も必要とされるため、自社のみで進めるのは困難です。

無料相談を受け付けているM&A仲介会社や専門家も多いため、引越し業者のM&A・会社売却を検討した段階でまずは相談すると良いでしょう。

会社売却のメリットとデメリット!ポイントを知って会社を高く売ろう| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却の相場

引越し業者のM&A・会社売却の相場

引越し業者を対象とするM&A・会社売却を検討している場合、どのくらいが相場なのかと思うことも多いでしょう。

引越し業者のM&A・売却相場は一概には断言できないものの、中小規模の企業であれば数千万円〜数億円程度、中堅・大企業であれば数十億円〜数百億円程度に及ぶケースが多いです。

M&A価格の算出方法

引越し業者のM&A価格を算出する際は、「バリュエーション」と呼ばれる手法が採用されます。

バリュエーションは、大まかにコストアプローチ・インカムアプローチ・マーケットアプローチなどの方法に分かれており、それぞれ異なる特徴があります。

実際に算出する際は、複数の手法を組み合わせながら企業価値評価を行い、妥当な取引価格を模索していくプロセスが必要です。

企業価値評価を専門家に任せるメリット

M&Aでは、複数の手法を組み合わせながら企業価値評価を行う必要があり、専門的に高度な知識が不可欠です。

M&A価格をスムーズに算定するためにも、M&A仲介会社などの専門家からサポートを得ることをおすすめします。

引越し業者のM&A・会社売却をする際におすすめの相談先

引越し業者のM&A・会社売却をする際におすすめの相談先

M&A・会社売却を成功させるためには、さまざまな手法の中から自社に最良のものを選択し、M&Aを計画的に実行していかなければなりません。

そのためには、専門的知識・見解の他に、高い交渉力も求められるため、専門家のサポートを受けることがベストです。

M&A総合研究所では、M&A・会社売却に精通したアドバイザーが専任に就き、クロージングまでフルサポートいたします。

無料相談を随時お受けしていますので、引っ越し業界のM&A・事業譲渡・事業売却をご検討の際は、どうぞお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却まとめ

引越し業者のM&A・会社売却まとめ

ネットマーケティングの活用が広まり、料金体系などの顧客ニーズに応えるサービスの充実化が重要とされる引越し業者業界ですが、その一方ではM&A・会社売却事例にも見られたように競争が激化しており、経営困難に陥っている中小企業も多いのが現状です。

M&A・会社売却を成功させるためには、M&A・事業売却の専門家に相談し、サポートを受けながら進めていくのがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

引越業者のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)