2020年4月28日更新業種別M&A

【2020年最新】引越し業者のM&A・会社売却事例15選!積極買収企業も紹介!

近年、引越し業者業界では、M&A・会社売却が活発におこなわれています。当記事では、引越し業者を積極的に買収する企業や、引越し業者のM&A・会社売却事例を紹介しています。また、引越し業者がM&A・会社売却を成功させるポイントも解説しています。

目次
  1. 引越し業者のM&A・会社売却
  2. 引越し業者のM&A・会社売却事例15選
  3. 引越し業者業界の動向
  4. 引越し業者を積極的に買収する企業
  5. 引越し業者のM&A・会社売却するメリット
  6. 引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント
  7. 引越し業者のM&A・会社売却をする際におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
引越業者のM&A・事業承継

引越し業者のM&A・会社売却

引越し業者のM&A・会社売却

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%8...

当記事では、引越業者のM&A・会社売却事例や、積極的に買収を行っている企業を紹介します。

まずこの章では、引越し業者やM&A・会社売却についての定義、事業承継と会社売却との違いを明確にしておきましょう。

引越し業者とは

引っ越し業者とは、引越し(居住から家財や機材などを別所へ移動させる事)の請負を業務としている会社を指し、一部上場の大企業から小規模な個人事業まで、さまざまな規模の会社があります。

主な業務内容には、荷物移動の日程調整・引越し料金の見積もり・荷物を搬出して引越し先への搬入作業などがあり、引越に関する作業全般を請け負います。

M&Aとは

M&Aとは「Mergers(合併)& Acquisitions(買収)」の略称です。合併とは、二つ以上の会社が一つの会社へと統合されることをいい、買収は、買収企業が売却企業の株式を取得することによって経営権を掌握することをいいます。

なお、経営権の支配とは、株式総会における決議を支配するといった観点であり、発行済株式総数の過半数を取得するというケースが多いです。合併・買収などいずれのM&Aも、企業の経営戦略に大きな影響を与えます。

会社売却とは

会社売却とは、今まで経営してきた会社を売ることを指し、経営者がリタイアする場合や新規事業に注力する場合に行われます。

会社を売却することによって売却益が手に入り、生活や新規事業の資金へと補填することができるので、会社売却は近年の経営手段において欠かせないものとなっています。

事業承継との違い

事業承継とは、会社の経営権を後継者に譲り、経営を引き継ぐことです。後継者にどのような関係の者を据えるかにより、親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3つに分けられます。

近年は、子供に事業を継ぐ意思がない・自社株式の取得費用の負担などの理由によって、親族内事業承継・親族外事業承継は減少傾向にあり、M&Aによる事業承継が増加しています。

先述した会社売却との違いは、事業承継が後継者に新たな経営権を譲るという意味である一方、会社売却は全ての事業や資産を他者へと売り渡すことになるため、会社全体が消失するといった点に違いがあります。

会社売却の戦略まとめ!手順や成功のポイントを解説!相場より高く売るには? | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却事例15選

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3...

ここからは、引越し業者がこれまでにおこなったM&A・会社売却事例を紹介していきます。

①日本通運株式会社による名鉄運輸株式会社の資本業務提携

日本通運株式会社は、2016年4月に愛知県名古屋市で陸運事業を展開する名鉄運輸株式会社の株式20%を取得し、資本業務提携を結びました。

名鉄運輸は1943年に創業され、特別積合わせ運送事業を中心に業務をおこない、名鉄運輸株式会社のネットワークを基盤にして国内物流を展開している企業です。

引越し業者と陸運事業が提携を結んだ結果、日本通運株式会社の親会社である名古屋鉄道株式会社に次いで、第2位株主に台頭しています。

②日本郵政株式会社によるトール・ホールディングスの買収

日本郵政株式会社は、2015年5月にグローバルなロジスティクスカンパニーとしての知名度も高いトール・ホールディングスの株式を買収しました。

豪州最大手企業であるトール・ホールディングスは航空機を主体とし、国際宅急便や宅配サービスを展開しており、欧米諸国やアジアでもネットワークを保持している企業です。

日本郵政株式会社の買収では、トール社が保持する国内輸送の定評と実績に目を向け、海外展開に向けて着実な準備を進める狙いがあったと考えられます。

③香港ヤマト運輸株式会社による広州威時這沛運集団有限公司への出資

ヤマトホールディングス傘下である香港ヤマト運輸株式会社は、2016年11月に中国広州市で国際物流事業を展開する広州威時這沛運集団有限公司に出資をおこないました。

香港ヤマト運輸は、広州威馳および樟樹威馳から広州威時這沛運集団有限公司の持ち分を4割取得し、その後3年の間にヤマトグループが経営の所有権を保有する予定です。

広州威時這沛運集団有限公司は国際物流サービスに携わる企業であり、アジア進出の拠点だけに留まらず、消費市場としての魅力が高まっています。

広州威時這沛運集団有限公司の企業間物流と香港ヤマト運輸の宅配事業を組み合わせることによって、現地での一貫輸送サービス提供を目的にしているようです。

④株式会社サカイ引越センターによる株式会社SDホールディングスの子会社化

引越運送業の株式会社サカイ引越センターは、2016年4月にクリーンサービス事業を営んでいる株式会社SDホールディングスの株式を取得し、子会社化しました。

SDホールディングスの親会社が株式会社ダスキンです。サカイ引越センターは2009年より株式会社ダスキンと業務提携をおこなっています。

それ以降、サカイ引越センターの顧客にダスキンの商品を無料で提供していたため、サカイ引越センターの顧客満足度は高まっていました。

SDホールディングスを迎い入れたことにより、グループの業績・ブランドイメージをさらなる発展を図るとしています。

⑤鴻池運輸株式会社によるBEL INTERNATIONAL LOGISTICS LTD社の完全子会社化

鴻池運輸株式会社は、2018年10月に香港の国際航空貨物会社であるBEL INTERNATIONAL LOGISTICS LTD社(BEL社)の株式を取得し完全子会社化しました。

鴻池運輸株式会社は同社の株式を既に30%所得しており、追加取得をおこなっています。

BEL社は中東やインド、北米において航空貨物事業を展開しており、三年間で貨物取扱量を約7割上昇させるなど注目を集めた企業です。

鴻池運輸はこの企業を完全子会社化することによって、非日系企業や外資系企業にも取引を拡大させることを目指しています。

⑥コープデリ生活協同組合連合会による株式会社丸和運輸機関への事業譲渡

株式会社丸和運輸機関は、2018年3月にコープデリ生活協同組合連合会(生活協同組合コープみらい)の商品個配事業を譲り受けました。

生活協同組合コープみらいは、関東運送株式会社と株式会社国際トランスサービスの両者が受託していた企業です。

元々、丸和運輸は関東圏で生活協同組合の商品個配事業を展開していましたが、事業譲受によって首都圏でも同様のサービスを展開するとしています。

⑦トナミホールディングス株式会社による株式会社ケーワイケーの完全子会社化

トナミホールディングス株式会社は、2018年4月に株式会社ケーワイケーの全株式を取得して完全子会社化しました。

株式会社ケーワイケーは、一般貨物自動車運送事業や引越し・事務所移転作業などを手掛けている企業です。今回の買収はケーワイケーの実運送力や地域密着型の配送サービスのノウハウを活かす狙いがあるようです。

⑧SBSホールディングス株式会社によるリコーロジスティックス株式会社の連結子会社化

SBSホールディングス株式会社は、2018年8月に完全子会社である株式会社リコーで運輸業のリコーロジスティックス株式会社の株式を66.6%取得、連結子会社化しました。

リコーロジスティックスはリコーの物流部門が独立して誕生した企業で、リコーグループの物流全般を担っています。

同社が持つ国内100を超える拠点を活かし、運送ネットワークの強化や自動化への対応、海外事業への拡大を狙っているとみられます。

⑨日本通運株式会社によるTranscof S.r.lの買収

日本通運株式会社は、2018年3月にイタリアのファッション物流会社Transcof S.r.lを買収しました。

Transcof S.r.lは、イタリアのヴェローナに本拠地を構えており、そこでライフスタイル関連の倉庫管理や配送サービスを中心に事業を展開しており、またオーストラリアや中国、アメリカでも事業を展開しています。

今回の買収は日本通運の特徴である製品保管や市場への配送、国際輸送といったワンストップ型のロジスティクスを強化し、ネットワークの拡大を図るようです。

⑩鴻池運輸株式会社によるエヌビーエス株式会社の完全子会社化

鴻池運輸株式会社は、2018年5月にプラントエンジニアリング事業のエヌビーエス株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

今回の買収によって、鴻池グループは展開しているエンジニアリングサービスを強化し、従来の工事(プラント機器・設備設計や据え付け工事)に加えて、電気・計装設計、運転管理まで一貫したサービス提供を可能にしています。

⑪株式会社エイチームによる会社分割

株式会社エイチームは会社分割により100%子会社である株式会社A.T.サポート、株式会社引越し侍、株式会社エイチームライフスタイルの三社にそれぞれ承継させました。

会社分割により、テレマーケティング事業や引越し比較サービス事業、中古車一括査定サービス事業を独立事業会社化し、事業の効率化および意思決定の迅速性を高めることが狙いです。

⑫有限会社ものクリエイトによるシェアリングテクノロジー株式会社への事業譲渡

有限会社ものクリエイトは、2018年4月に引越しに関する料金比較や情報収集をおこなうサイト「引越しチェキ!」事業をシェアリングテクノロジー株式会社(シェアテク)に譲渡しました。

事業譲渡をおこなった理由は、引越しチェキ!は引越に関する一定のサイト流入数を稼いでおり、当該事業譲渡によって、引越しサービス自体をより一層伸ばしていけると判断したためです。

⑬鴻池運輸株式会社による中電産業株式会社の買収

鴻池運輸株式会社は、2019年2月に新日本電工の子会社である中電産業株式会社の全株式を取得しました。

中電産業は、北陸地方で工場設備建設や機械整備のほか、公園・遊具設備の建設、上下水道施設管理受託など幅広いエンジニアリング事業を手掛ける会社です。

鴻池運輸株式会社は、買収によってKOHOIKEグループの注力事業であるエンジニアリングサービスを北陸地域で領域拡大を図り、さらなる成長を目指すようです。

⑭エスケーサービス株式会社によるビックカメラの子会社化

エスケーサービス株式会社は、2018年7月にビックカメラを子会社化しました。

一般貨物運送業をおこなうエスケーサービスは、大型家電の配送や設置を主力としているため、より一層の成長を目指す狙いです。

⑮株式会社ロジネットジャパンによる青山本店の買収

株式会社ロジネットジャパンは、2011年11月に青山本店をM&Aによって買収しました。青山本店は西日本の食品輸送などに強い業者です。

ロジネットジャパンは、当買収により大手食品メーカーなどのコネクタを確保する狙いがあり、また陸運輸送と食品管理の分野でも強化を図るとしています。

引越し業者業界の動向

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%AA%AD%E3%81%BF%E5%8F%96%E3%82%8A-%E6%95%99%E8%82%B2-%E6%9B%B8%E...

引越し業者業界の動向には、以下3つの特徴がみられます。

  • 大型の引っ越し案件が減少し単価が下落
  • ネットマーケティングの活用が広まる
  • ニーズに応えるサービスの充実がポイント

大型の引っ越し案件が減少し単価が下落

リーマンショックによる景気後退によって、マンションやオフィスなど大型の着工件数が減少しており、その影響は引越し業者業界の市場にも影響を与え、単価が下落しています。

引越し業界の99%以上の割合で中小企業が多いため、経営困難な状況に置かれている企業も少なくないようです。

ネットマーケティングの活用が広まる

単価が下落した引越し業者業界は、競争力強化を図る必要があります。その強化のキーポイントがネットマーケティングの活用によって顧客が取り込めるかどうか、という認識が広がっているようです。

ニーズに応えるサービスの充実がポイント

ネットマーケティングの活用が広がるに伴い、引越し業者が顧客ニーズに応えるサービスを充実させているのか、ということもポイントとなっています。

たとえば、大きく分けて家族プランと引越プランの二つのプランがある場合は、移動距離や荷物の量など自分に合ったプランを細かく選ぶことが出来るなど、料金サービスが充実していれば他企業と比較して有利になります。

引越し業者のM&A・買収・売却!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】 | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者を積極的に買収する企業

引越業者のM&A・事業承継
引越業者のM&A・事業承継

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-ipad%E3%81%AE-%E8%AA%...

引越し業者を積極的に買収している企業が増えていますが、ここでは以下の5社を紹介します。

  1. 日本通運株式会社
  2. 株式会社サカイ引越センター
  3. トナミホールディングス株式会社
  4. 福山通運株式会社
  5. ヤマトホームコンビニエンス株式会社

1.日本通運株式会社

引越し業者を積極的に買収する企業の1つ目は、日本通運株式会社です。これまでに、日本通運株式会社が買収した案件には、以下のような事例があります。

  • 2008年6月2日: 郵便事業と折半出資にて、JPエクスプレスを設立
  • 2015年12月15日: 豊田自動織機よりワンビシアーカイブズの全株式を取得し、子会社化
  • 2015年12月25日: 名鉄運輸と資本業務提携契約および株式譲渡契約を締結

2.株式会社サカイ引越センター

引越し業者を積極的に買収する企業の2つ目は、株式会社サカイ引越センターが挙げられます。これまでに,
株式会社サカイ引越センターが買収した案件には、以下のような事例があります。

  • 1982年4月:八洲運送株式会社(現・サカイ引越センター、形式上の存続会社)の株式を取得し子会社
  • 2012年6月:フランスのNippon Euromovers SARLを子会社化
  • 2016年4月:株式会社SDホールディングス(連結子会社)を子会社化

3.トナミホールディングス株式会社

引越し業者を積極的に買収する企業の3つ目は、トナミホールディングス株式会社が挙げられます。これまでに、トナミホールディングス株式会社が買収した案件には、以下のような事例があります。

  • 1996年8月: 日本運輸株式会社(現・トナミ国際物流株式会社)を買収
  • 2003年10月:京神倉庫株式会社の全株式取得(完全子会社化)
  • 2010年2月:帝石不動産株式会社から第一倉庫株式会社の株式の98.5%を取得し子会社化
  • 2013年4月:株式会社シー・フォーカスの全株式取得(完全子会社化)
  • 2014年7月 :菱星物流株式会社の株式取得(子会社化)
  • 2016年7月 :中央冷蔵株式会社の全株式取得(完全子会社化)

4.福山通運株式会社

引越し業者を積極的に買収する企業の4つ目は、福山通運株式会社が挙げられます。これまでに福山通運株式会社が買収した案件は以下のとおりです。

  • 2009年10月: 王子運送株式会社を子会社化
  • 2012年1月:三統株式会社(現・福山グローバルソリューションズ株式会社)を子会社化
  • 2012年7月:東京都中央区の絹川屋運送の株式74%を追加取得し同日付で完全子会社化
  • 2018年4月:株式会社キタザワの株式51%を取得、同時に同社と資本・業務提携

5.ヤマトホームコンビニエンス株式会社

引越し業者を積極的に買収する企業の5つ目は、ヤマトホームコンビニエンス株式会社が挙げられます。これまでにヤマトホームコンビニエンス株式会社が買収した案件は以下のとおりです。

  • 2006年5月:海運最大手である日本郵船との資本・業務提携
  • 2007年5月:小売業大手の丸井と資本・業務提携

買収のメリット20選!事例40選! | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却するメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3...

引越し業者のM&A・会社売却するにあたっては、メリットを理解しておくことが大切です。この章では、売り手側の立場からのメリットを紹介していきます。

後継者問題の解決ができる

近年の日本では、1年間で約7万社が後継者不在を理由に廃業に至っています。特に、中小企業における後継者不在は深刻な問題とされており、日本経済を支えている活力が失われていると指摘されています。

そのような背景により、会社売却を選択するケースが増えています。会社売却を行い、企業理念に理解ある買い手企業が見つかれば、自身がリタイアした後でも安定した経営が可能です。

廃業や倒産を避ける事ができる

資金繰りに苦しんでいる引越し業者は少なくありません。実際、債務を抱えていることにより、廃業や倒産に至る企業もあります。

そのため、廃業や倒産を避けることを目的として、会社売却をおこなう企業も増えています。

大手の傘下に入り安定した経営ができる

引越し会社を会社売却する場合、大手グループの傘下に入ることも考えられます。

大手グループとのM&Aをおこなうと、安定した経営ができる可能性が見込めます。

従業員の雇用先を確保できる

会社売却は、従業員の雇用を守る有用な選択肢です。経営難に陥っている場合は、整理解雇を余儀なくされ、また上手く対応できずに倒産に至った場合、これまでに頑張ってくれた社員までもがみな路頭に迷うことになります。

会社売却は会社の所有権が移るだけですので、会社と従業員の雇用関係は継続されます。安定した企業に売却できれば、従業員が働き続けることのできる環境が作れるでしょう。

売却益を獲得できる

引越し業者の会社は、高齢社長の健康悪化など事業継続が困難な場合があります。事業継続が困難な場合は、経営者の資金確保が重要になります。

会社売却をおこなえば売却益を獲得できるので、廃業や倒産を避けつつ退職後の資金も調達することが可能です。

経営者がM&A・会社売却・事業譲渡する理由15選! | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E7%94%B7-%...

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるためには、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • M&Aの準備を計画的に行う
  • M&Aを行う理由・目的を明確にする
  • 希望する条件を決める
  • 最良の手法を選択する
  • M&Aの専門家に相談する

M&Aの準備を計画的に行う

引越し業者のM&A・会社を成功させるためにはM&Aの準備を計画的におこなうことがポイントです。

たとえば、日本の中小企業は高齢化が進んでおり、それに伴って会社を売却しようと考えたとしても、役員や従業員が高齢であれば、将来性がないとみなされて売却価格が下がってしまいます。

企業価値が高いタイミングで売却するためにも、M&Aの準備を計画的に進めておき、一番良いタイミングを逃さないようにしましょう。

M&Aを行う理由・目的を明確にする

引越し業者の会社をM&A・会社売却する場合は、M&Aをなぜ行うのか、理由・目的を明確にしておくことも成功のためのポイントです。

M&Aをおこなう目的にはさまざまなものがありますが、その目的によって戦略や用いる手法が変わってきます。

目的に合致しない戦略や手法を実行してしまうと、手続きが煩雑になったり、費用が余分にかかったりするなどのデメリットが生じ、想定していたメリットを得られない可能性があります。

希望する条件を決める

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるには、まず自社の希望する条件を決めておくことが大切です。

条件を明確にすることによって売り手企業を絞り込みやすくなり、M&Aの準備へとスムーズに移行できます。

売却を行う際は従業員の雇用継続や待遇など、自社が優先する条件や譲れない条件をあらかじめ検討し、希望する条件を明確にしておきましょう。

最良の手法を選択する

M&Aにはさまざまな手法があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。そのため、引っ越し業界でM&Aを行う際は、自社にとって最良の手法を選択することが大切です。

どの手法を選んだとしても少なからずデメリットはあるため、総合的に判断する必要があります。

判断するうえでは、専門的な知識や見解が不可欠であるため、M&A仲介会社などの専門家に相談しながら決めるようにしましょう。

M&Aの専門家に相談する

引越し業者のM&A・会社売却を成功させるには、M&A・会社売却の専門家に相談することが一番の近道だといえるでしょう。

引越し業者のM&A・会社売却の際は、M&Aに関する知識だけでなく、経営・会計・税務、法務などの専門知識も必要となるため、自社のみで進めるのは困難であると言わざるを得ません。

無料相談を受け付けているM&A仲介会社や専門家も多いため、引越し業者のM&A・会社売却を検討した段階で、まずは相談するといいでしょう。

会社売却のメリットとデメリット!ポイントを知って会社を高く売ろう | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

引越し業者のM&A・会社売却をする際におすすめの相談先

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8C%87-%E4%BA%BA%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%8C%87-%E3%82%B8%E3%82%A7%E...

M&A・会社売却を成功させるためには、さまざまな手法の中から自社に最良のものを選択し、M&Aを計画的に実行していかなければなりません。

そのためには、専門的知識・見解のほかに高い交渉力も求められるため、専門家のサポートが不可欠だといえるでしょう。

M&A総合研究所では、引越し業者のM&A・会社売却に精通したアドバイザー・会計士、弁護士が3名体制で就き、クロージングまでフルサポートいたします。

無料相談を随時お受けしていますので、引っ越し業界のM&A・事業譲渡・事業売却をご検討の際は、どうぞお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E4%BA%BA-%E6%9B%B8%E9%A1%9E-%...

ネットマーケティングの活用が広まり、料金体系などの顧客ニーズに応えるサービスの充実が重要となってきた引越し業者業界ですが、M&A・会社売却事例にもみられたように競争が激化しており、経営困難に陥っている中小企業が多いのが現状です。

そのため、M&A・会社売却を成功させるためM&A・事業売却の専門家に相談し、サポートを受けながら進めていくことが大切です。
 

【引越し業者のM&A・会社売却の基礎知識】

  • 引越し業者とは⇒引越しの請負を業務としている会社
  • M&Aとは⇒「Mergers(合併)& Acquisitions(買収)」の略称
  • 会社売却とは⇒今まで経営してきた会社を売ることを意味する

【引越し業者のM&A・会社売却事例】

  • 日本通運株式会社と名鉄運輸株式会社の資本業務提携
  • 日本郵政株式会社によるトール・ホールディングスの買収
  • 香港ヤマト運輸株式会社による広州威時這沛運集団有限公司への出資
  • 株式会社サカイ引越センターによる株式会社SDホールディングスの子会社化
  • 鴻池運輸株式会社によるBEL社の完全子会社化
  • 株式会社丸和運輸機関に対しコープデリ生活協同組合連合会の商品個配事業受け渡し
  • トナミホールディングス株式会社による株式会社ケーワイケーの完全子会社化
  • SBSホールディングス株式会社によるリコーロジスティックス株式会社の連結子会社化
  • 日本通運株式会社によるTranscof S.r.lの買収
  • 鴻池運輸株式会社によるエヌビーエス株式会社の完全子会社化
  • 株式会社エイチームの会社分割
  • 有限会社ものクリエイトの事業譲渡
  • 鴻池運輸株式会社による中電産業株式会社の買収
  • エスケーサービス株式会社によるビックカメラの子会社化
  • 株式会社ロジネットジャパンによる青山本店の買収
【引越し業者業界の動向】
  • 大型の引っ越し案件が減少し単価が下落
  • ネットマーケティングの活用が広まる
  • ニーズに応えるサービスの充実がポイント
【引越し業者を積極的に買収する企業】
  • 日本通運株式会社
  • 株式会社サカイ引越センター
  • トナミホールディングス株式会社
  • 福山通運株式会社
  • ヤマトホームコンビニエンス株式会社

【引越し業者のM&A・会社売却するメリット】

  • 後継者問題の解決ができる
  • 廃業や倒産を避ける事ができる
  • 大手の傘下に入り安定した経営ができる
  • 従業員の雇用先を確保できる
  • 売却益を獲得できる
【引越し業者のM&A・会社売却を成功させるポイント】
  • M&Aの準備を計画的に行う
  • M&Aを行う理由・目的を明確にする
  • 希望する条件を決める
  • 最良の手法を選択する
  • M&Aの専門家に相談する

M&A総合研究所では、引越し業者のM&A・会社売却に精通したM&A専門の会計士が専任に就き、フルサポートをいたします。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、引越し業者のM&A・会社売却をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
引越業者のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)