M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
愛知県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

愛知県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

愛知県における事業承継とは

愛知県は「モノづくり県」と言われるほど、製造業が盛んな地域で繊維、製鉄、自動車と時代に流れとともに繁華してきましたが、1977年以降40年連続で製造品出荷額が1位を継続しています。
産業別県内総生産を見ても、製造業を占める割合は2015年の段階では全国で20.7%となっていますが、愛知県は38.0%と高い割合になっています。
そのため、愛知県は「モノづくり県」と言われ、自動車や航空機のほか、ロボットや繊維、陶磁器などの産業も盛んな地域と言えます。
多くの製造業が発展していますが、そのうち中小企業が占める割合は99.7%となっており、そのうちの83.0%が小規模企業となっています。
そのような中で、会社の開業率は2014年以降の2年間では全体の5.0%にとどまり、反対に廃業率は7.4%と開業率を上回っています。
また、事業所全体の件数を見ても、1988年から1991年の間には374,299件だったが2014年から2016年の間になると308,985件と大幅に減っています。
多くの中小企業の経営者の年齢も60歳代としているのが60.0%、70歳代が29.2%と占めており、経営者の高齢化も進んでいることが分かります。
事業承継については「誰かに経営を引き継ぎたい」と考える経営者は51.6%で、次いで「後継者次第である」としているのが27.2%を占めています。
そのうち、「引き継ぐことは考えていない」と回答しているのが5.8%で、現経営者が仕事を引退するタイミングで廃業などを考えていることになります。
「引き継ぐことは考えていない」と回答した経営者に理由を尋ねるアンケートでは、「事業に将来性がない」が41.0%、「後継者が見つからない」が23.1%、「後継者候補に継ぐ意思がない」が20.5%となっています。
ここでは、会社の業績の悪化や景気による影響などによって、会社の将来性がないことを理由に挙げている経営者多くいますが、後継者がいないまたは後継者に継ぐ意思がないと回答している会社が多くみられます。
愛知県の中小企業の多くは、親族内承継による事業承継を望む傾向が強く64.6%を占めており、役員・従業員への承継は21.1%、事業譲渡が5.4%、外部からの経営者の将兵が2.0%、M&Aが4.1%となっています。
やはり、中小企業の経営者の多くは親族内承継を望んでおり、そのほかの承継方法は親族に後継者がいなかった場合の策と言えるでしょう。
最近では、後継者が見つからない場合などにM&Aを選択する中小企業も増えていますが、愛知県内の中小企業の経営者はM&Aに対して「抵抗がある」と答えたのは30.9%、「抵抗がない」と答えたのは37.5%と「抵抗がない」とする中小企業が多く見受けられます。
現経営者の子供を後継者としている会社が多く、81.2%を占めています。
それに伴い、十分準備をしているとしているのは9.0%で、ある程度できているとしているのは48.6%、必要性は感じているがしていないは33.0%となっています。
このようなことから、会社の後継者は子供としている経営者が多く、準備を進めている会社が比較的多いことが分かります。
また、事業所異形にかかわる税制や補助金について「知らない」としている経営者多く、今後の周知が必要な項目と言えます。
M&Aについても、抵抗がないと考える経営者が多く、M&Aを実行する場合は「従業員の雇用維持」を望む考えを持つ経営者が77.7%であるところも興味深いものとなっています。

事業承継の流れや進め方

事業承継の要素には、人(経営)の承継、資産の承継、知的資産の承継の3つの要素があると言われています。 人(経営)の承継とは、現経営者から後継者に経営権を承継することを言います。 事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、社外への承継の3つがありますが、いずれの方法も現経営者から後継者へと経営権を承継するのです。 最近では、高齢化が進みサラリーマンであれば60歳定年や65歳定年とその年齢になれば、定年であることを理解しますが、会社の経営者の場合は定年がないので、「元気なうちは現役を通す」と考える場合もあります。 しかし、いずれ現経営者も引退を迎えて後継者に会社を譲り渡す時が来ます。 その時に慌てて事業承継をしようとすると失敗する可能性があるので、現経営者が元気なうちに、事業承継の準備を進めた方が良いのです。 このことを意識することが一つ目のステップと考えてよいでしょう。 事業承継には、後継者の教育も含めると10年はかかると言われています。 現経営者が60歳であれば、事業承継が実行されるのは70歳と言うことになります。 このようなことも加味して、現経営者が元気なうちから事業承継の準備を始めた方が良いのです。 二つ目のステップとして考えられるのは、会社の経営状況と経営課題の把握です。 中小企業の経営者は、財務や税務、法律にかかわる大半の部分の決定権を持っており、だいたいのことは把握しているという場合もあるでしょう。 しかし、事業承継する段階では正確に現状を把握しておくことが大切にアンリ餡巣。 これは、個人事業主でも事業承継をする場合は必要になる作業になります。 まずは、経営状況の把握をします。 会社を取り巻く業界の変化や経営リスクについても把握する必要があります。 経営資源である財務諸表に計上される資産のほかに、許認可などの知的資産にも気を気張る必要があります。 具体的には、不動産の所有者の明確や不動産に対する借入時の担保の設定、売掛金が買掛金の把握、経営者保証の有無、関係各社との関係を明確化することも必要になります。 そのほかにも会社の経営状況を把握しておかなければならないことがいくつもあります。 それらをすべて、精査して内容を一つ一つ確認しなければなりません。 このような作業をしていると、今会社が抱えている課題も把握できるようになります。 後継者に会社を引き継ぐ時には、経営課題はできるだけ排除しておいた方が良いでしょう。 事業承継の具体的な計画を立てる前に、後継者候補の有無を確認します。 候補者がいる場合は、事業承継の意思確認をしっかりとしておきます。 候補者がいない場合は、社内外に可能性のある候補者がいるか検討します。 また、親族内の株主や取引先などの後継者に対して、反対意見が出た場合の対策や相続にかかわる問題なども検討しておきます。 三つ目のステップは、事業承継に向けた経営改善を実施していきます。 これは、親族内承継であっても親族外承継、社外への引継ぎ(M&A)であっても、変わりなく現経営者が実行することです。 経営改善は、事業承継の時に様々な問題が発生しないように、事前に準備しておく必要があります。 業績の改善や経費の削減、会社のイメージ、優良な取引先、金融機関や株主との良い関係、事業をするうえで重要になる人材、知的財産権や営業上のノウハウ、法令遵守などを含めて、改善できる点については、改善を実施します。 経営者自身でもできることではありますが、客観的に判断できる税理者会計士、金融機関などの助言も大切になります。 経営者自身で進めていくのではなく、専門家の協力を求めた方が良いでしょう。 会社持つブランド力や業界での競争力の強化、経営体制の見直し、経営強化に資する取り組みを中心に実施していきます。 四つ目のステップとなるのは、事業承継の計画の策定になります。 計画の策定は、親族内承継と親族外承継を実施する場合に、具体的にどのように事業承継を進めていくか計画を立てます。 およそ10年の期間をかけて事業承継を実行することを目標に計画を立てていきます。 具体的な計画が策定してあれば、順を追って事業承継に向けた行動をとることができます。 計画を立てる時にも税理士や会計士などの助言を受けると良いでしょう。 M&Aによる事業承継をする時には、まずはM&A仲介会社の選定をします。 選定をしたら、M&A仲介依頼の契約を結び、M&Aの取引や交渉を進めていきます。 M&Aが成立する期間は、一般的には半年から1年以上かかると言われており、すぐに買収先が見つかるわけではありません。 売却するにしても、どのような条件で売却するのかしっかりと検討しておきましょう。 五つ目のステップで、事業承継の実行となります。 四つ目のステップまでで、傾斜の状況を把握し、改善点を改善して具体的な計画を立てて、事業承継に向けた準備をしてきて、やっと事業承継が実行できます。 この時までには、後継者にも経営者としての自覚を持ってもらい、承継した後には会社の発展や成長を願うことができるでしょう。 実際に事業承継する時には、税負担や法的な手続きが必要になるので、弁護士や税理士、会計士に協力してもらうようにします。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継と親族外承継、社外への引継ぎの3種類があります。
親族内承継は、親族の中に適任の後継者がいる場合に用いられる方法で、一般的には現経営者の子供を後継者とすることが多いでしょう。 現経営者の子供を後継者とした場合、大学や高校を卒業するのと同時に、自社に就職させて社内教育を開始するか、同業種や異業種など一旦ほかの会社に就職させて社外教育を進めてから自社に招き入れる方法もあります。 どちらの方法も後継者の社会人としての教育を含めて、経営者となる資質を高める必要があります。 自社に就職させて社内教育をする場合は下働きから始まって、徐々に昇格させていき、最終的には経営者としての資質を高めることができます。 社外教育をさせる場合も、社会人としての経験を積ませてある一定の期間が過ぎたら、自社に入社させて、経営者としての資質を高めていきます。 このようにすると、当初は会社を継ぐ意思がなくでも、徐々に後継者としての自覚も持つようになり、現経営者が引退する時に次期社長としてのやる気や社長としての資質も持つようになる可能性が高くなります。 親族内承継は、現経営者の子供ばかりでなく兄弟、配偶者、娘の婿などに当たる人材を後継者とする方法です。 親族外承継は、一般的には会社の役員や従業員を昇格させながら、後継者としていく方法になります。 優秀な人材であっても、突然「後継者となるように」と言われても、実感が持てず次期経営者となることを辞退する場合もあります。 このようなことにならないように、後継者であることを理解してもらい、昇格を繰り返しながら後継者としての自覚を持ってもらいます。 親族外承継の多くは、親族の中に適任の後継者がおらず、子供がいても事業を承継する意思がない場合などに役員や従業員の中から後継者を選定します。 親族外承継の場合は、現経営者から株式を買い取る時に資金調達できないために、スヌーズに行かない場合があります。 親族外承継を選択する場合は、どのような方法で承継していくのかしっかりと計画を立てる必要があります。 次に、社外への引継ぎですが、主にM&Aによる会社の売却を言います。 M&Aと言うと大手企業が事業再編や事業拡大に伴って実施するもの、という認識が強いですが、近年では後継者の不在や経営者の高齢化などによって、会社を売却して会社の存続を託すことが増えつつあります。 会社の業績もよく、存続を希望しているのに後継者がいないことや経営者自身が経営を続けていくのが難しくなった場合は、M&Aを選択すると良いでしょう。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、近年増加傾向にある事業承継の方法の一つです。
経営者に高齢化で、事業承継の準備がしっかりとできていなかったために、後継者を確保することもできず、廃業か存続か、と選択に迫られた時にM&Aと言う方法があることを知ったという経営者も多くいます。 現在、日本では国が中小企業の廃業や休業をできるだけ少なくしようという動きがあり、中小企業庁が「事業承継ガイドラン」を策定するほどです。 そのような中で、後継者にも恵まれず、経営者自身も高齢になってきて事業を続けていくのが難しいという場合にM&Aを選択肢の一つとして検討しても良いでしょう。 会社の経営状況がどのような場合でも、まずはM&A仲介会社の事前相談を利用して、M&Aの実施が可能か聞いてみると良いでしょう。 M&Aの仲介会社は単に、M&Aの仲介をしているだけでなく中小企業の経営者に悩みや不安などに対して、的確にアドバイスをしてくれるところでもあるのです。 M&Aによって、事業承継を実施した場合でも、M&Aが可能なのか知りたい場合でも、まずは信頼できるM&A仲介会社を利用して事前相談をしてみましょう。 M&Aが可能であることが分かった時は、後継者いないなどの理由でM&Aの成立を目指すと良いでしょう。

愛知県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社Bricks&UK

株式会社Bricks&UKは、東京都にも事務所を構えていますが、名古屋、美川、バンコクにも事務所を構え、愛知県内の中小企業のM&Aのサポートを実施しています。 会社代表者も経営コンサルタントの経験を持ち、税理士資格も取得しています。 グループ会社に社会保険労務士事務所、M&A Station、司法書士事務所があり、どのようなM&Aでも対応できる体制が整っています。 特に、M&A Stationでは、中小企業やベンチャー企業に特化したM&Aを多く実施しており、専門知識や経験が豊かなスタッフがサポートをしてくれます。 会社の規模が小さくでも取り扱いをしているM&A仲介会社で、取引金額が小さくても、快くM&Aのアドバイスをしてくれます。 メール配信を利用して即時のマッチングも可能にしており、大半のM&Aがあり次なる案件となっているのも特徴的です。 もともと税理士法人であるため、財務、税務に強いアドバイザーがサポートしてくれるのも特徴的です。 また、M&Aを税理士、会計士、司法書士、社労士などが揃っているので、総合的にM&Aを進めていき、通常のM&Aよりもスピーディに成立を目指してくれます。

名南M&A株式会社

愛知県名古屋市に事務所を構えるM&Aを専門にした仲介、コンサルティングを実施している仲介会社です。
強みとしているのは、東海地方における実績が多く、2001年設立以来、東海地方の中小企業のM&A案件を取り扱っています。
年間40社前後のM&Aを成約させ、東海地方ではトップクラスの成約率となっています。
名南M&A株式会社では20人のコンサルタントの連携が取れており、M&Aを希望するクライアントの目線で関係を築くことをモットーにしています。
また、地方近郊や第二地方銀行、信用金庫との連携も取れており、様々なM&Aにも対応できる仕組みになっています。
M&Aの仲介契約を結ぶと、チームを編成して事業承継を含めたM&Aについて、マッチングや書類の作成、どのよう方がよりクライアントによって良いものになるか、などを検討してM&Aを実施してくれます。
マッチング力もあり、愛知県は製造業が盛んですが、自動車業界専門チームや医療介護専門チームが編成されています。
ワンストップで問題が解決できるのもうれしい点です。

株式会社経営支援パートナー

株式会社経営支援パートナーは、愛知県豊橋市と名古屋市に事務所を構えているM&A仲介会社になります。 主な事業はコンサルティングとセミナー講師をしていますが、M&A仲介の支援団体にも加盟しており、一般社団法人事業引継ぎ相談所の理事にもなっています。 M&Aの仲介だけでなく、事業承継そのものの相談も受け付けており、経営改善などについても支援を実施しています。 会社の代表者自身もコンサルティング業務を始め、セミナー講師も務めており、精力的に事業承継にかかわる問題を支援しています。 事業承継の相談、支援実績は10年にもおよび、事業承継の計画策定の支援もしています。 事業承継におけるM&Aのサポートもしっかりとしてくれるので、安心して任せられるM&A仲介会社でもあります。

ささき税務会計事務所・株式会社エスタック

ささき税務会計事務所は愛知県名古屋市に事務所を構え名古屋駅から徒歩3分と利用しやすい立地になります。 事業内容は相続対策、法人税申告、事業承継、M&Aとなっており、中小企業だけでなく、個人事業主の事業承継も実施しています。 事業承継におけるM&Aの実施は、企業の買収や合併、事業譲渡、業務提携、株式譲渡によって実施しますが、いずれの方法にも対応しており、買収監査や企業価値評価業務を実施しています。 M&Aにおける業務のサポートを全面的に実施しており、秘密保持契約も結ぶので安心してM&Aの取引を進めることができます。 税務や会計にも強い会社なので、M&Aにかかわる業務をスムーズに実施してくれます。

まとめ

愛知県は、製造業の中小企業が多く、大手企業でもトヨタ自動車などが大規模な工場を構えるなど、東海地方でも自動車産業が盛んです。 中小企業の割合も高く、大手企業の下請けをしている会社も多くあります。 それらの会社が廃業や休業に追い込まれる状態になると、愛知県の経済状況も悪くなると考えられます。 そのようなことを避けるためには、事業承継の準備を経営者が進んで実施して、後継者に恵まれないなどの理由がある時は、M&Aを選択する方法もあることを周知する必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら