【飲食業】熱意を感じたM&A、会社のための最善の選択

成約実績

飲食業のM&A実績

  • 譲渡企業

    業種
    飲食業
    売上
    4億円
    社長の年齢
    60代
    譲渡理由
    後継者不在
  • 譲受企業

    業種
    コンサルティング業
    売上
    非公表
    上場
    未上場
    譲受目的
    事業拡大
譲渡企業社長コメント
K.M様
※写真はイメージです。

K.M様

私には息子が一人いますが、当社を継ぐという意思はなく事業承継に対しての課題を抱えておりました。体力もまだあり、早急に解決しなければいけない課題だったというわけではないですが、縁あって担当アドバイザーの依田さんより連絡をもらい、M&Aが自社にとって最善の選択と確信できるのであれば検討してみようと考えました。
お相手企業様に求める条件としては、これまでと同様、もしくはそれ以上の条件のもとモチベーションを高く保ち、働ける環境をご用意いただける企業様がいいな、と常に考えていました。その中で、譲渡先企業に決めた理由は、膨大な資料、特に当社の現状分析とそれに基づいた戦略を提案していただき、熱意を感じたためです。
担当の依田さんは、当社に対し誠実に向き合い、徹底的に理解しようと努めてくださりました。私が事業承継において大切にしているものをしっかりと汲み取り、より良いM&Aになるよう話を進めてくださり、依田さんには感謝しております。

担当アドバイザーコメント
依田 彪吾

依田 彪吾

熊本県内にて、約10店舗の展開をしている飲食店を運営する企業様の資本提携をお手伝いさせていただきました。
地元に根差した愛される商品を有し、既に安定した経営状態にある中で、後継者の不在という課題への解決手法の一つとしてご検討いただきました。
一貫して「企業の成長可能性」と「従業員の雇用を守る」という2点をお相手に求める条件とされておりました。
それらの思いを引継ぎ、ご自身の会社を託せるお相手とのご縁を結ぶお手伝いができたことを大変光栄に思っております。

直近の成約実績

成約実績について詳しく見る

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)