【不動産開発業】相互の強みを生かした成長戦略型M&Aの実現

成約実績

不動産開発業のM&A実績

  • 譲渡企業

    業種
    不動産開発業
    売上
    30億円
    社長の年齢
    50代
    譲渡理由
    成長戦略
  • 譲受企業

    業種
    不動産開発業
    売上
    200億円
    上場
    非上場
    譲受目的
    事業拡大
譲渡企業社長コメント
Y.M.様
※写真はイメージです。

Y.M.様

弊社事業自体は順調に進んでおりましたが、会社のブランド力強化、資金調達、そして将来的な後継者不在で、これ以上の単独成長は難しいと考えるようになりました。
タイミング良く担当者の方と接点を持ち、事業成長のために株式を売却する”成長戦略型M&A”を知り、弊社にピッタリの戦略だと確信し、M&Aに踏み切りました。私自身も社長として会社に残り、買手企業様からの援助を受け、さらに事業を発展させていきたいと考えております。
非常にスムーズに案件を進めていただき、素晴らしい企業様とのご縁を作っていただいた担当の森さんには大変感謝をしております。

担当アドバイザーコメント
森 太佑

森 太佑

本件の譲渡企業様は高収益かつ優良な不動産開発会社でしたが、更なる成長のためには第三者への譲渡が最適解とオーナー様がご判断され弊社へご相談を頂きました。
一方、譲受企業様は不動産関連事業全般に対してアグレッシブに取り組んでいる業界大手企業様で、譲渡企業様の事業領域に参入したいと兼ねてから考えていたとのことでした。
双方の希望条件が叶った事例であり、両社の知見を活かし既に新たな取り組みも開始しているとのことから、極めて優良なマッチング事例となったものと考えます。

直近の成約実績

成約実績について詳しく見る

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)