M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年10月30日更新
この記事は、約2分で読めます。

新潟のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

新潟は一時期中小企業の廃業率や休業率が高くなっていたこともありますが、事業承継やM&Aに積極的に取り組むことで、状況を打開してきた過去があります。そのため、新潟は比較的M&Aがしやすい環境だといえるでしょう。

目次

    新潟のM&A

    M&Aというと、「大企業が行うもの」というイメージがありましたが、今では中小企業や零細企業も行い得るものです。

    また、様々なM&A仲介会社が登場しているのもあって、今では以前よりずっとM&Aが行いやすい環境になっているといえるでしょう。

    他方で、M&Aは地方によって件数が異なっており、そこにはその地方の特徴が影響していると考えられます。

    今回は新潟のM&Aの状況や、新潟でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

    新潟のM&Aの特徴

    新潟のM&Aの特徴はどのようなものでしょうか?

    新潟も他県と同様に、少子高齢化の影響を受けており、中小企業を中心に経営者の高齢化と後継者不在が問題化しています。

    そのため、新潟でも存続の危機に立つ中小企業が増加し、全国の中でもトップクラスの廃業率や休業率を記録したこともあります。

    しかし、新潟は事業承継、およびM&Aを駆使して対応し、中小企業の存続を次々と実現しています。

    とりわけ新潟の地元の金融機関が中心的に取り組んでおり、その中の一つである新潟信用金庫は実績を評価され、表彰されたことがあります。

    中小企業の経営者の中には、例え事業承継のためでも、依然としてM&Aに抵抗感を持っている経営者は多いですが、新潟は比較的にM&Aが浸透している傾向があるといえます。

    新潟でのM&AでおすすめのM&A仲介会社

    ここでは、新潟でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてご紹介します。

    M&A総合研究所

    全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
    規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

    また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

    通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

    それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
    安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

    新潟事業承継パートナー

    新潟事業承継パートナーは、その名の通り新潟の中小企業の事業承継に特化しているM&A仲介会社です。

    もちろん、新潟事業承継パートナーは事業承継以外にも、企業の更なる成長のためのM&Aのサポートも行っています。

    新潟事業承継パートナーの実績はめざましく、様々な業種の企業のM&Aを何件も成約させてきています。

    また、商工会議所で何度もセミナーを行うなど、情報の発信にも積極的です。

    新潟でM&Aを行ううえで、新潟事業承継パートナーは非常に心強いパートナーになってくれるでしょう。

    株式会社ビジネスアドバイザー

    新潟に拠点を置く株式会社ビジネスアドバイザーは、新潟にある企業のM&Aを専門的に取り扱っています。

    株式会社ビジネスアドバイザーは企業の存続を第一にしており、事業承継にも対応してくれます。

    また、株式会社ビジネスアドバイザーはクライアントである経営者や、その家族の生活を考えて支援してくれるため、親身なサポートを受けられることも魅力です。

    つばさM&Aパートナーズ

    新潟のM&A仲介会社であるつばさM&Aパートナーズは、経営者の課題を「社会的問題」と捉え、それを解決するためのM&Aを提案しています。

    つばさM&Aパートナーズは金融機関出身のスタッフや所内税理士といった、知識や経験が豊富な専門家が対応してくれることが魅力です。

    M&Aは専門的な知識が不可欠であるため、専門家を取り揃えているつばさM&Aパートナーズは、クライアントにとって心強い味方になってくれるでしょう。

    絆コーポレーション

    新潟に本社がある絆コーポレーションは弁護士、税理士、会計士などといった専門家と連携し、良質なサービスをクライアントにワンストップで提供できることが魅力です。

    また、絆コーポレーションが対応しているエリアは幅広く、新潟だけでなく、甲信越エリア全域のM&A案件にも対応しています。

    これまで絆コーポレーションは様々な業種の企業のM&Aを成功させているなど、豊富な実績があるため、安心して依頼することができます。

    小川会計コンサルティング

    小川会計コンサルティングは税理士法人が母体になっている経営コンサルティング会社であり、税務や会計という観点から、経営者が抱える課題の解決に貢献してくれます。

    また、小川会計コンサルティングはM&A支援も行っており、様々な企業の経営に関わってきた経験を生かし、クライアントの利益になるM&Aの実現に貢献してくれます。

    小川会計コンサルティングはそれぞれの専門に合わせたチームを結成しており、クライアントの要望に見合ったチームが対応するため、課題の解決がスピーディーに進むのも魅力です。

    新潟でM&A案件を見つけるには?

    新潟でM&A案件を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

    一般的に、M&A案件を探すならM&A仲介会社に探してもらうか、M&A仲介サイトを使うことが多いです。

    最近はインターネットで検索するだけで探せるため、以前より理想のM&A案件を見つけられる確率が上がっています。

    もし新潟に絞ってM&A案件を捜したいのであれば、新潟の商工会議所や金融機関を活用することがおすすめです。

    さきほどお伝えしたように、新潟はM&Aに積極的な傾向があるため、協力を得やすい環境になっています。

    M&A仲介会社やM&A仲介サイトに満足できなければ、それらを活用してみることがおすすめです。

    また、経営者自身の取引先や顧客のネットワークを通じてM&A案件を見つけられることもあります。

    これを活用するのもおすすめです。

    まとめ

    新潟は一時期中小企業の廃業率や休業率が高くなっていたこともありますが、事業承継やM&Aに積極的に取り組むことで、状況を打開してきた過去があります。

    そのため、新潟は比較的M&Aがしやすい環境だといえるでしょう。

    実際、新潟はM&A仲介会社も多くあり、サポートが受けやすくなっています。

    新潟でM&Aをする際にはぜひ活用してみてください。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら
    (秘密厳守)