2020年2月26日更新都道府県別M&A

栃木のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

栃木県は積極的に事業承継やM&Aのセミナーを行うなど、M&Aの普及に取り組んでいます。栃木県は将来的に、M&Aが盛んになる可能性がある地域です。栃木県のM&Aの傾向やおすすめの仲介会社をお伝えします。

目次
  1. 栃木県のM&A
  2. 栃木県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 栃木県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 栃木県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  5. 栃木県の公的機関
  6. 栃木県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 栃木県のM&A事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

栃木県のM&A

M&Aを行う企業は年々増加傾向にあり、とりわけ中小企業のM&Aの件数は顕著に増えています。M&Aが一般的な経営戦略として定着した結果、サポートしてくれるM&A仲介会社も同じく増えています。

一方で、M&Aは地域によって件数が異なり、そこにはその地域の特徴が反映されています。今回は栃木県のM&Aの状況や、栃木県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えします。

栃木県のM&A・会社売却・事業承継の動向

まず、栃木県のM&A・会社売却・事業承継の動向をお伝えします。栃木県に限らず、日本は少子高齢化が進行しており、人手不足に悩まされる中小企業が続出しています。また、首都圏に人口が集中するような状態になっているため、地方の若者の数も減りつつあります。

そのような中、栃木県は積極的に企業の誘致を行っており、さまざまな企業の栃木進出を促進しています。中小企業が存続できるように、事業承継やM&Aの普及も行っており、栃木事業引継ぎセンターが中心になって盛んにセミナーを実施しています。

栃木県のM&A件数は決して多くないですが、近い将来M&Aが盛んに行われるようになると見込まれます。

栃木県でM&A仲介会社を選ぶ基準

栃木県でM&Aを行う際には、どのような方法を用いるべきでしょうか。一般的に、以下の方法を用いてM&A案件を探します。

  1. M&A仲介会社を利用する
  2. 栃木県の公的機関を利用する
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
栃木県でM&Aを行い成功させるために、安心できるサポートを手に入れましょう。こちらでは、M&A仲介会社を利用しM&A案件を探す場合と、公的機関を利用してM&A案件を探す場合、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A仲介会社を利用しM&A案件を探す手法は、最も多く利用されています。では、さっそくメリットをご紹介します。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけでなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

M&A仲介会社を活用することで、多くのメリットが受けられます。M&A仲介会社によって強みは異なりますが、大型M&A仲介会社は栃木県を含めた日本全国規模のネットワークを保有しています。よって、多数の案件の中から、理想的な案件を見つけやすくなります。

また、M&Aに関する相談、M&A案件を探すだけでなく、仲介までしっかりとサポートを受けられます。公認会計士や弁護士などの専門家が在籍している場合もあり、多面的なアドバイスを受けながらスムーズにM&Aを進められます。

では、続いてデメリットをご紹介します。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

M&Aにかかる費用をなるべく抑えたいと考えている方がほとんどです。しかし、M&A仲介会社によって必要となる費用は異なります。継続的に月額などの費用を要することもあれば、完全成功報酬制などわかりやすい報酬体系の会社もあります。

また、M&A仲介会社それぞれのノウハウなどによって、かかる期間も異なります。M&A総合研究所では、平均3ヶ月~6ヶ月でM&Aをクロージングまでサポートする実績があり、業界最安値水準の手数料です。ぜひ、ご活用ください。

公的機関を利用するメリット・デメリット

栃木県の公的機関も、M&Aを行う際に利用できます。公的機関のメリットをご紹介します。

  • 地域に特化した機関のため、栃木県の案件を管理している場合がある

各都道府県に設置された公的機関は、その都道府県に密着した支援を行っています。栃木県の公的機関では、M&A仲介会社が管理していないような栃木県の案件を見つけられるケースもあります。

では続けて、栃木県の公的機関を利用してM&A案件を探すデメリットをご紹介します。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

公的機関は利用しやすい機関ではありますが、デメリットがあります。栃木県のM&A案件を探すことは可能でも、公的機関ではM&Aの仲介を行っていない場合が多いのです。必要に応じて、ご自身でM&A仲介会社を探す、または公的機関からM&A仲介会社を紹介してもらう必要があります。

このような場合、多くの時間や手間を要します。デメリットを避けるためにも、ぜひM&A総合研究所をご利用ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

栃木県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

ここでは、栃木県でM&Aをする際におすすめの5つのM&A仲介会社をご紹介します。

  • 株式会社M&A総合研究所
  • 株式会社北関東M&Aサポート
  • 栃木信用金庫
  • 株式会社クラリスキャピタル
  • 株式会社Tryfunds

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、栃木県を含む日本全国のM&A案件を取り扱っています。中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。栃木県では中小企業など、規模の小さいM&Aを実施する可能性があり、M&A総合研究所はそのような案件でも実績があります。

M&A総合研究所の魅力は、業界最安値水準の手数料と、クロージングまでの速さです。日本最大級のM&Aメディアや、M&Aプラットフォームを活用した独自のAIシステムを保有しています。それらを活用し、平均3~6ヶ月の短期間でM&Aを進めます。

短期間でM&Aを成功させる分、人件費削減を行い、業界最安値水準を実現しています。経験豊富なスタッフだけではなく、弁護士や公認会計士も在籍しています。安心してM&Aサポートを受けられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 栃木県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

北関東M&Aサポート

北関東M&A

出典:http://www.kitakanto-ma.co.jp/

北関東M&Aサポートは、栃木県を含む北関東を中心にM&A仲介を行うM&A仲介会社です。北関東M&Aサポートは地域密着型のM&A仲介会社で、地域の事情に精通しています。

北関東M&Aサポートが取り扱っている企業の業種は多種多様であり、いずれの業種でもきちんと成果を残しているため、安心して依頼することができるでしょう。加えて、北関東M&Aサポートはセミナーも積極的に行っており、M&Aの最新情報や市場の動向を知ることができます。

会社名 株式会社北関東M&Aサポート
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 群馬県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.kitakanto-ma.co.jp/

栃木信用金庫

栃木信用金庫

出典:http://www.shinkin.co.jp/tochigi/hojin/hojin.html

栃木信用金庫は金融機関ですが、M&A仲介も盛んに行っています。栃木信用金庫は、より地域に密着した金融機関を目指しており、地域の中小企業が存続・発展できるような取り組みを行っています。

金融機関は地域の企業と太いパイプを持っているため、M&A案件を探す際に大いに役立ってくれるでしょう。もちろん、金融機関であるため、専門的な知識や経験も豊富であり、M&Aを進めるうえで有効的なアドバイスもしてくれます。

会社名 栃木信用金庫
得意な業種 非特化型
対応地域 栃木県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.shinkin.co.jp/tochigi/hojin/hojin.html

クラリスキャピタル

株式会社クラリスキャピタル

出典:https://clarisc.co.jp/

クラリスキャピタルは全国規模でサービスを展開しているM&A仲介会社であり、栃木県の案件にも対応しています。クラリスキャピタルは中堅企業、中小企業を専門的に扱っており、スモールM&Aにも対応しています。

M&A仲介・M&Aアドバイザリーでは、M&Aの経験が豊富なスタッフが対応してくれるため、安心してM&A案件を託せます。加えて、クラリスキャピタルの魅力は料金がリーズナブルな点です。

成功報酬が最低200万円という設定になっており、着手金がないため、予算を抑えて利用できます。

会社名 株式会社クラリスキャピタル
得意な業種 中堅・中小企業
対応地域 栃木県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬制
公式ホームページ https://clarisc.co.jp/

Tryfunds

株式会社Tryfunds

出典:https://tryfunds.co.jp/

海外進出のためのクロスオーバーM&Aを行いたいのであれば、Tryfundsがおすすめです。TryfundsはM&Aマッチングプラットフォームを運営しており、会員登録することで豊富なM&A案件の情報を閲覧できます。

TryfundsのM&Aマッチングプラットフォームは、世界規模の非常に幅広いネットワークを持っているため、理想的なM&A案件が見つかる可能性が飛躍的に向上するでしょう。

会社名 株式会社Tryfunds
得意な業種 非特化型
対応地域 栃木県を含む、日本全国/クロスオーバー
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://tryfunds.co.jp/

栃木県の公的機関

①栃木県事業引継ぎ支援センター

栃木県事業引継ぎ支援センターは、栃木県の中小企業や小規模事業者を対象に、事業承継やM&Aをサポートする公的機関です。無料で利用できます。栃木県後継者バンクも設置し、後継者不在に悩む事業を起業家とマッチングさせてくれます。

栃木県事業引継ぎ支援センターには、事業承継やM&Aに詳しい専門家が在籍しています。栃木県でM&Aを行う際に、役立てましょう。

栃木県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

栃木県だけではなく全国的に、少子高齢化による人手不足などさまざまな影響を受け、後継者不在に悩む経営者が増えています。以前はこのような場合、廃業を選択せざるを得ない企業が多くありました。政府では廃業する企業を減らし、事業を承継できるよう、事業引継ぎ支援センターを活用するように後押ししています。

しかし、事業引継ぎ支援センターの多くはM&A仲介を行っていません。栃木県のM&A案件を見つけることは可能でも、仲介が必要となればM&A仲介会社を利用する必要があります。

このような手間を減らすために、M&A総合研究所をぜひ、ご利用ください。

②栃木県よろず支援拠点

栃木県よろず支援拠点は、中小企業や小規模事業を行う経営者のための、相談窓口です。売上を伸ばしたい、といった悩みから、後継者不在に悩む方まで、幅広く相談を受け付けています。

経営に役立つセミナーやイベントも開催しているため、栃木県でM&Aを行う際に利用できる可能性があります。

栃木県よろず支援拠点のホームページ

③栃木県商工会議所連合会

栃木県には、9つの商工会議所が設置されています。それぞれの地域の商工者や経営者が会員となり、相互の助け合いを行いながら、栃木県の経済活発化のために活動しています。

それぞれの商工会議所にて経営相談やセミナーも行っており、栃木県でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

栃木県商工会議所連合会のホームページ

④栃木県信用保証協会

栃木県信用保証協会は、主に金融面で栃木県の中小企業を支える公的機関です。創業を考える方から、経営に関する悩みを持つ経営者まで、幅広くサポートしています。

事業承継に関するセミナーも開催しているため、栃木県でM&Aを行う際に利用してみましょう。

栃木県信用保証協会のホームページ

栃木県近郊のM&A譲渡案件例

寝具販売事業のM&A

こちらは、寝具の企画を行い、通販会社や大手百貨店にて受注を行っている寝具販売事業のM&A譲渡案件です。商品については、専属の工場に発注しています。自社で企画を行った商品は品質や評判がよく、取引先とは長年の信頼関係があります。後継者不在により、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 1.4億円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

老舗温泉旅館のM&A

こちらは自家源泉がこだわりの、老舗温泉旅館のM&A譲渡案件です。自然豊かな静かな土地にあり、露天風呂からの景色や、自慢の料理が好評です。遠方や海外からの顧客も多く、口コミでも多くの方が来られます。後継者不在により、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 5,600万円台
売却希望額 6,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

パン屋のM&A

こちらは地元で長年愛されている、パン屋のM&A譲渡案件です。店舗販売だけでなく、地元企業への出張販売も行っています。本店の他に、イートインができる店舗も運営しています。現在広告や宣伝ができていないため、インターネットやSNSを活用することで、収益向上が見込めます。

売上高 2,100万円台
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 後継者不在

栃木県のM&A事例

レジャー施設業界のM&A(日本テーマパーク開発・那須興業)

2020年2月に、日本駐車場開発の連結子会社の日本テーマパーク開発は、那須興業の全株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。日本テーマパーク開発は、現在那須ハイランドパークを運営しており、来場者や売上を向上させています。

那須興業は那須りんどう湖レイクビューを運営しており、栃木県だけではなく福島県や茨城県からも来場者が訪れています。今回のM&Aにより、さらなるレジャー施設の発展を目指し、収益の安定化やサービスの拡充を行うとしています。

医療用機器業界のM&A(ナカニシ・IDSAB)

2018年12月に、ナカニシはIntegration Diagnostics Sweden ABの全株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。栃木県に拠点を構えるナカニシは、医療用ハンドピースをはじめとした歯科用機器を製造しています。

Integration Diagnostics Sweden ABはスウェーデンの企業であり、インプラントの振動テスター開発を行っています。今回のM&Aにより、ナカニシグループの主要事業である歯科製品事業を拡大し、シナジー効果を見込んでいます。

冠婚葬祭事業のM&A(こころネット・北関東互助センター)

2018年9月に、こころネットは北関東互助センターの株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。こころネットは福島県を拠点とし、葬祭事業や石材事業等を展開しています。

北関東互助センターは栃木県に拠点を構え、冠婚葬祭事業を行っています。今回のM&Aにより、グループでの営業エリア拡大を行うとしています。

まとめ

栃木県は積極的に事業承継やM&Aのセミナーを行うなど、M&Aの普及に取り組んでいます。将来的にM&Aが盛んになる可能性がある地域です。とりわけ中小企業間のM&Aが盛り上がる可能性が高いでしょう。

栃木県でM&Aを行う際には、地元の事情に精通しているM&A仲介会社を活用するのがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)