2020年3月5日更新都道府県別M&A

石川のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

石川県は北陸の中でも経済規模が大きく、景気が順調に回復している地域です。そのため、ビジネスチャンスが多く、北陸新幹線の開通によって交通アクセスもよくなったこともあわせ、今後M&Aを利用し進出する会社が増える可能性が高い地域です。

目次
  1. 石川県のM&A
  2. 石川県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 石川県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 石川県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  5. 石川県の公的機関
  6. 石川県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 石川県のM&A事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

石川県のM&A

M&Aは、今や大企業だけでなく、中小企業も経営戦略に取り入れています。事業の拡大や新事業への進出、事業承継など、M&Aはさまざまな目的で用いられます。

また、M&A仲介会社も多様なタイプのものが登場し、M&Aのサポートを受けやすい環境が整っています。一方で、M&Aは地域によって件数が異なり、それにはその地域の特色が影響しています。今回は、石川県のM&A事情や、石川県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

石川県のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは石川県のM&A・会社売却・事業承継の動向についてお伝えします。石川県は北陸三県の中でも経済規模が大きく、製造業が非常に盛んです。

石川県は、リーマンショックに代表される金融危機の影響を受けたものの、景気は順調に回復しており、県内企業の利益も好調です。これに加え、北陸新幹線の開通による観光客の増加を受け、石川県の経済は今後も順調に伸びていくと予想されます。

しかし、そのような石川県の経済に、悪影響を及ぼしている問題があります。それは、人手不足です。昨今の日本では、少子高齢化によって人口減少が顕著になっており、地方の中小企業は慢性的な人手不足に陥っています。

加えて後継者不在の中小企業も増加しており、中には経営者が高齢で引退すると同時に、会社を廃業しなければならない会社もあります。しかし、そのような状況を改善し得るのがM&Aです。

最近は、人手不足や後継者不在問題を解決するために、M&Aを実施する会社が増えています。また、地域の自治体や金融機関がM&Aを推進しており、M&Aの普及にひと役買っています。石川県も例外ではなく、M&Aを経営戦略に取り入れる会社は、今後増加していくでしょう。

石川県でM&A仲介会社を選ぶ基準

石川県でM&A案件を探す際に、どういった方法が用いられているのでしょうか。一般的にM&Aには、以下の方法が用いられています。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
こちらでは、M&A仲介会社を利用して探す場合と、公的機関に探してもらう場合それぞれの、メリットやデメリットをお伝えします。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

まずは、M&A仲介会社を利用するメリットからご紹介します。メリットは、以下のとおりです。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

M&Aが普及するにつれて、さまざまなM&A仲介会社が増えました。大型M&A仲介サイトも数多くあり、インターネットで気軽に情報を見られるようになりました。

大型M&A仲介サイトは石川県を含め、日本全国の案件を取り扱っている場合が多く、多くの案件から理想的な案件を探しやすいメリットがあります。売却を行いたい場合も、M&A仲介会社が保有しているプラットフォームを活用することで、買い手が見つかりやすくなります。

また、M&A案件を探すだけでなく、経験豊富なスタッフが仲介までサポートしてくれます。公認会計士や弁護士が在籍している場合もあるため、多面的なアドバイスを受けながら安心してM&Aを進められます。

では、デメリットの詳細をお伝えします。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

M&A仲介会社により、必要な手数料の金額も異なります。着手金や月額で費用を要する場合もあれば、完全成功報酬制のM&A仲介会社もあります。費用を抑えるためにも、事前にしっかりと調べ、納得できる会社を選ぶようにしましょう。

M&A総合研究所では、業界最安値水準の手数料、かつ平均3~6ヶ月のスピーディーなM&A実績があります。上記のようなデメリットも解消しておりますので、ぜひご活用ください。

公的機関を利用するメリット・デメリット

続いて、公的機関のメリットをご紹介します。

  • 地域に特化した機関のため、石川県の案件を管理している場合がある

石川県に絞ってM&A案件を探すのであれば、石川県の公的機関を利用しましょう。M&A仲介会社では把握していないような、石川県のM&A案件を把握している場合があります。

また相談料は無料の場合が多く、気軽に利用できるのも魅力的です。

では、デメリットもご紹介します。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

日本全国のM&A案件を管理している大型M&A仲介サイトと比べ、公的機関では管理案件が少ない場合が多いです。よって、理想的な案件を見つけられない可能性があります。

公的機関では仲介自体を行っていない場合も多く、相談や案件を探すことはできても、仲介が必要となった段階でM&A仲介会社を利用する必要があります。

この場合、多くの手間やコストを要します。ぜひ、スムーズにM&Aを行うために、M&A総合研究所をご利用ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

石川県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

ここからは、石川県でM&Aをする際におすすめの5つのM&A仲介会社についてご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 税理士法人中山会計
  3. 株式会社のぞみ創経
  4. 株式会社マツキ・アンド・カンパニー
  5. マネジメントコンサルティングファーム

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、石川県を含む日本全国で、M&A案件を取り扱っています。石川県では中小企業も積極的に行っており、M&A総合研究所はそういったスモールM&Aでも実績があります。

M&A総合研究所の魅力は、クロージングまでの速さと、業界最安値水準の手数料です。M&A総合研究所はM&Aプラットフォームと、日本最大級のM&Aメディアを保有しています。

それらをフル活用し、平均3~6ヶ月という短期間でマッチングを行います。スピーディーなM&Aサポートで、人件費を削減し、業界最安値の完全成功報酬制を可能としています。

公認会計士や弁護士、経験豊富なスタッフが在籍しているため、安心してM&Aサポートを受けられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 石川県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

税理士法人中山会計

税理士法人中山会計

出典:http://nakayama-kaikei.com/

中山会計は、M&Aの支援を積極的に行っています。中山会計の強みは、税理士や中小企業診断士といった専門家だけでなく、M&Aスペシャリスト、M&Aシニアエキスパートの資格を持っているスタッフが在籍していることです。

中にはM&AスペシャリストとM&Aシニアエキスパートのダブルライセンスを保持しているスタッフも在籍しており、人材の質の高さがうかがえます。また、中山会計は石川で長年活動してきたこともあり、地域に根差したネットワークを持っています。これもM&A案件を探すうえで、非常に有益なものになるでしょう。

会社名 税理士法人中山会計
得意な業種 非特化型
対応地域 石川県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://nakayama-kaikei.com/

のぞみ創経

株式会社のぞみ創経

出典:https://www.nozomisokei.com/

のぞみ創経は石川県、富山県のM&Aを専門的に手掛けるM&A仲介会社です。のぞみ創経は、クライアントへの真摯なサポートをモットーにしており、クライアントのM&Aが必ず成功するように誠心誠意フォローしてくれます。

また、M&Aのサポートを担当するアドバイザーは、いずれも経験もノウハウも豊富なスタッフのみ在籍しており、安心してM&Aサポートを託せます。

会社名 株式会社のぞみ創経
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 石川県・富山県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.nozomisokei.com/

マツキ・アンド・カンパニー

松木会計事務所

出典:https://www.matsuki-kaikei.com/

マツキ・アンド・カンパニーは、石川県に拠点を構えており、大手監査法人や金融機関で実務経験がある会計士や税理士が在籍しています。そのため、マツキ・アンド・カンパニーでは、良質なサポートを提供できることが魅力です。

また、M&Aに不可欠なプロセスであるバリュエーション、事業再生業務、金融機関への対応、その他会計・税務の支援など、マツキ・アンド・カンパニーは提供しているサービスが多種多様な点も魅力と言えるでしょう。

会社名 株式会社マツキ・アンド・カンパニー
得意な業種 非特化型
対応地域 石川県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.matsuki-kaikei.com/

マネジメントコンサルティングファーム

マネジメントコンサルティングファーム

出典:https://www.managementcf.com/

マネジメントコンサルティングファームは事業承継や、事業承継やM&Aを得意としています。最近の中小企業の経営者にとって事業承継は、悩みの種になりがちです。

マネジメントコンサルティングファームは、豊富な経験とノウハウを用い、クライアントの会社がきちんと存続できるように万全の体制でサポートをしてくれます。

会社名 税理士法人マネジメント
得意な業種 非特化型
対応地域 石川県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.keiei-management.com/contact/index.html

石川県の公的機関

①石川県事業引継ぎ支援センター

石川県事業引継ぎ支援センターは、事業引継ぎやM&Aに関するアドバイスを行っている公的機関です。実務に精通した専門家が在籍しており、無料で支援を行っています。事業承継診断クリニックといった、事業承継の必要性を簡易診断するオンラインシステムも備えています。

イベントやセミナーも開催しておりますので、石川県でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

石川県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

石川県だけでなく、全国的に少子高齢化により、後継者不在に悩む経営者が増えています。経営者の高齢化も進み、後継者不在問題を抱えた企業は、以前は廃業せざるを得ない場合も多くありました。

このような状況に鑑み、政府では事業引継ぎ支援センターを活用し、事業を存続できるようにサポートしています。M&Aや事業承継にまつわるアドバイスや、書類作成支援などを行っています。

しかし、事業引継ぎ支援センターなどの公的機関では、M&Aの仲介を行っていない場合も多く、別途M&A仲介会社を利用する必要があります。こういった手間を増やさないために、ぜひM&A総合研究所をご利用ください。

②石川県よろず支援拠点

石川県よろず支援拠点は、経営上のあらゆる悩みをサポートする公的機関です。中小企業診断士やシステムアナリストなど、さまざまな資格を持ったコーディネーターが在籍しています。

出張相談会や女性経営者向けの相談会も行っており、気軽に利用しやすい公的機関です。石川県でM&Aを考えている方は、活用してみましょう。

石川県よろず支援拠点のホームページ

③石川県商工会議所連合会

石川県には、金沢や小松など、7ヵ所に商工会議所が設置されています。それぞれの商工会議所に、地域の経営者などが参加し、相互に助け合いを行いながら、石川県の経済活性化のために活動しています。

経営に役立つセミナーなども開催していますので、石川県でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

石川県商工会議所連合会のホームページ

④石川県信用保証協会

石川県信用保証協会は、主に金融面で中小企業をサポートする公的機関です。創業を考える方や、経営に悩む方を対象に、専門家を派遣などにより支援を行っています。

ニーズ別に保証制度を取り扱っており、地域に根ざした支援活動を行っているため、石川県のM&Aで役立てられる可能性があります。

石川県信用保証協会のホームページ

石川県近郊のM&A譲渡案件例

電気工事業のM&A

こちらは、電気工事業のM&A譲渡案件です。店舗や住宅を対象に電気工事業を行っており、成長が見込まれる取引先も保有しています。後継者不在により、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 2,500万円
売却希望額 8,500万円台
譲渡希望理由 後継者不在

デイサービス・訪問介護運営のM&A

こちらは、デイサービスと訪問介護を行う会社のM&A譲渡案件です。地域に根付いたサービスを行っており、7年ほど運営を行っています。行政とも連携し、有資格者のスタッフとサービスを提供しています。後継者不在により、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 6,700万円台
売却希望額 2,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

フィットネスジムのM&A

先日オープンした、フィットネスジムのM&A譲渡案件です。スタジオも併設しており、幅広いフィットネスサービスを提供しています。設備などは整っており、そのまま引き継ぎ可能です。資格を保有しているスタッフも在籍しております。他事業への集中のため、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 1,100万円
売却希望額 400万円台
譲渡希望理由 選択と集中

石川県のM&A事例

精密機器・建設機器製造業界のM&A(NTN・羽咋丸善)

2018年10月に、NTNは羽咋丸善の発行済株式(自己株式を除く)を全取得することにより、買収すると発表しました。NTNは主に、ドライブシャフトや精密機器などの製造・販売を行っています。

羽咋丸善は石川県の能登地区にて、鍛造リングを製造しています。今回のM&Aにより、能登地区での生産体制強化や競争力強化を図るとしています。

なお、NTNは2018年12月、羽咋丸善の株式の一部を伊藤忠丸紅住商テクノスチールに譲渡しました。その結果、羽咋丸善は三者合弁による事業運営となりました。

薬局業界のM&A(アロスワン・吉野薬局)

2017年5月に、アロスワンは事業譲渡により、吉野薬局を取得したと発表しました。アスロワンは阪神調剤HDと、アント・キャピタル・パートナーズが運営を行う、アント・カタライザー4号投資事業有限責任組合が出資や運営を合弁会社です。

このM&Aにより、アスロワングループは27店舗を保有することになります。今後も、運営店舗を増やすため、M&Aを推進するとしています。

まとめ

石川県は北陸の中でも経済規模が大きく、景気が順調に回復している地域です。そのため、ビジネスチャンスが多く、北陸新幹線の開通によって交通アクセスも良くなったため、今後M&Aを利用し進出する会社が増える可能性が高いです。

また、人手不足や事業承継といった問題を解決するためにM&Aを行う会社も、今後は増加していくでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

M&A
【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&A
和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)