M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月26日更新
この記事は、約2分で読めます。

石川のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

石川は北陸の中でも経済規模が大きく、景気が順調に回復している地域です。そのため、ビジネスチャンスが多く、北陸新幹線の開通によって交通アクセスもよくなっているため、今後M&Aを利用して進出する会社が増える可能性が高いです。

目次
  1. 石川のM&A
  2. 石川のM&A事情は?
  3. 石川でおすすめのM&A仲介会社ランキング
  4. 石川でM&A案件を見つけるには?
  5. まとめ

石川のM&A

M&Aは今や大企業だけでなく、中小企業も経営戦略に取り入れているものです。
事業の拡大や新事業への進出、事業承継など、M&Aは様々な目的で用いられます。
また、M&A仲介会社も様々なタイプのものが登場し、M&Aのサポートを受けやすい環境が整っています。
一方で、M&Aは地域によって件数が異なっており、それにはその地域の特色が影響しているといえるでしょう。
今回は石川のM&Aの事情や、石川でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

石川のM&A事情は?

ここでは石川のM&A事情についてお伝えします。
石川は北陸三県の中でも経済規模が大きく、製造業が非常に盛んです。
リーマンショックに代表される金融危機の影響を受けたものの、景気は順調に回復しており、県内企業の利益も好調です。
これに加え、北陸新幹線の開通による観光客の増加を受け、石川の経済は今後も順調に伸びていくと予想されます。
しかし、そんな石川の経済に悪影響を及ぼしている問題があります。
それは人手不足です。
昨今の日本では少子高齢化によって人口減少が顕著になっており、地方の中小企業は慢性的な人手不足に陥りがちです。
加えて後継者不在の中小企業も増加しており、中には経営者が高齢で引退すると同時に会社を廃業しなければならない会社もあります。
しかし、そんな状況を改善し得るのがM&Aです。
最近は人手不足や後継者不在の問題を解決するために、M&Aを実施する会社が増えています。
また地域の自治体や金融機関がM&Aを推進しており、M&Aの普及に一役買っています。
石川も例外ではなく、M&Aを経営戦略に取り入れる会社は今後増加していくでしょう。

石川でおすすめのM&A仲介会社ランキング

ここでは石川でおすすめのM&A仲介会社をご紹介します

M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

税理士法人中山会計

税理士法人中山会計はM&Aの支援を積極的に行っています。
税理士法人中山会計の強みは税理士や中小企業診断士といった専門家だけでなく、M&Aスペシャリスト、M&Aシニアエキスパートといった資格を持っているスタッフが在籍していることです。
中にはM&AスペシャリストとM&Aシニアエキスパートのダブルライセンスを保持しているスタッフもいるなど、人材の質の高さが窺えます。
また、税理士法人中山会計は石川で長年活動してきたこともあり、地域に根差したネットワークを持っています。
これもM&A案件を探すうえで非常に有益なものになるでしょう。

株式会社のぞみ創経

株式会社のぞみ創経は富山、石川のM&Aを専門的に手掛けるM&A仲介会社です。
株式会社のぞみ創経はクライアントへの真摯なサポートをモットーにしており、クライアントのM&Aが必ず成功するように誠心誠意フォローしてくれます。
また、M&Aのサポートを担当するアドバイザーはいずれも経験もノウハウも豊富なスタッフのみであり、安心してM&Aを託すことができます。

松木会計事務所

松木会計事務所は石川に拠点を構えており、大手監査法人や金融機関で実務経験がある会計士や税理士が在籍しています。
そのため、松木会計事務所は良質なサポートを提供できることが魅力です。
また、M&Aに不可欠なプロセスであるバリュエーション、事業再生業務、金融機関への対応、そのた会計・税務の支援など、松木会計事務所は提供しているサービスが多種多様な点もウリだといえるでしょう。

マネジメントコンサルティングファーム

マネジメントコンサルティングファームは事業承継や、事業承継M&Aを得意としています。
さきほどもお伝えしたように、最近の中小企業の経営者にとって事業承継は悩みの種になりがちです。
しかしマネジメントコンサルティングファームは豊富な経験とノウハウを用い、クライアントの会社がちゃんと存続できるように万全の体制でサポートしてくれます。

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは東証一部上場も果たしている大型のM&A仲介会社です。
M&Aキャピタルパートナーズは本社こそ東京にありますが、日本全国のM&Aを取り扱っており、とりわけ中小企業や中堅企業のM&Aに特化しています。
さらにM&Aキャピタルパートナーズはリーズナブルな料金体系も魅力であり、無用な出費を抑えたいという方にもおすすめです。
もちろんM&A仲介・M&Aアドバイザリーといったサービスの質も高く、経営者に寄り添った誠実な支援を実施してくれるでしょう。

石川でM&A案件を見つけるには?

ここでは石川でM&A案件を見つけるポイントをお伝えします。
基本的にM&A案件を見つけるには、M&A仲介会社やM&A仲介サイトを活用することがおすすめです。
大手のM&A仲介会社やM&A仲介サイトは、日本全国に及ぶネットワークを持っているため、理想的なM&A案件を探すうえで非常に役立ちます。
他にもお勧めできるのが、石川にある金融機関や公的機関(商工会議所、事業引継ぎ支援センターなど)です。
地域にある機関であれば、地域に根差したネットワークを持っているものです。
それを利用すれば、地域の会社のM&A案件を見つけやすくなるでしょう。
ちなみに、取引先や顧客などといった経営者自身のネットワークも意外と役に立ちます。
実際、身近なところでM&A案件を見つけたというケースは少なくありません。
ここまでお伝えしたいずれのやり方を使うにせよ、大事なのは少しでも多く情報を集めることです。
日本のM&A市場は売り手市場であり、売却案件が少ない傾向があります。
そのため、確実によいM&A案件を見つけるには様々なネットワークを駆使し、より多くの情報を集めることが重要です。

まとめ

石川は北陸の中でも経済規模が大きく、景気が順調に回復している地域です。
そのため、ビジネスチャンスが多く、北陸新幹線の開通によって交通アクセスもよくなっているため、今後M&Aを利用して進出する会社が増える可能性が高いです。
また、人手不足や事業承継といった問題を解決するためにM&Aを行う会社も、今後は増加していくでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)