2022年6月6日更新都道府県別M&A

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の仲介会社!案件の探し方、事例も解説

神奈川県では製造業に関するM&Aが多い傾向があります。特に近年は、製造業における数百億円規模のM&A事例も発生している状況です。本記事では、神奈川県・横浜市におけるM&A・会社売却・事業承継の動向や案件の探し方、事例などを紹介します。

目次
  1. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の動向
  2. 神奈川県・横浜市でM&A仲介会社を選ぶ基準
  3. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継におすすめのM&A仲介会社
  4. 神奈川県近郊のM&A・会社売却・事業承継の案件例
  5. 神奈川県近郊のM&A・会社売却・事業承継の案件の探し方
  6. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継に関する公的機関
  7. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の事例
  8. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継に関する疑問
  9. 神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の動向

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアは、サービス業や製造業などが主要産業です。特に神奈川県は、京浜工業地帯の中心エリアでもある横浜市や川崎市を抱え、製造業に大きな強みがあります。

また、製造業の技術的な水準も非常に高く、大学をはじめ学術研究・専門技術研究を行う機関も充実している状況です。このように、神奈川県の産業的な特徴として、まず製造業の強みが挙げられます。神奈川県のM&Aも、製造業に関する事例が多いです。


M&Aが盛んな理由として、神奈川県・横浜市は大規模の企業が多く、全国トップのM&A・会社売却・事業承継件数や金額を持つ東京との取引が多いことなどが挙げられます。

【関連】関東地方のM&A・会社売却・事業承継!少額案件一覧を紹介| M&A・事業承継の理解を深める

神奈川県・横浜市でM&A仲介会社を選ぶ基準

神奈川県でM&Aを行いたい場合は、どのようにすればよいのでしょうか。一般的に、M&A案件を探す方法は以下のとおりです。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
ここでは、M&A仲介会社を利用するケースと公的機関に探してもらうケースのメリット・デメリットを紹介します。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A仲介会社を利用するケースの大きなメリットは、以下のとおりです。

  1. 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  2. M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  3. 公認会計士や弁護士などの専門的なアドバイスをもらえる

利用するM&A仲介会社によって、メリットは異なります。しかし、メリットを得られる場合が多いです。

神奈川県のM&A案件を探す場合は、神奈川県に強みのあるM&A仲介会社の活用が好ましいでしょう。各仲介会社の実績やサービス内容を確認し、神奈川県のM&Aにおけるノウハウがあるかどうか、確認することが大切です。

また、神奈川県は製造業に関するM&A事例が多い傾向があります。そのため、製造業に絞ってM&A案件を探すのも効果的です。

神奈川県における製造業のM&Aは、比較的大型案件が目立ちます。ただし、今後業界再編が進めば、小規模案件も含めてM&A事例が多様化するでしょう。

製造業同士のM&Aだけでなく新規参入も含め、さまざまな規模でのM&Aが活発化する可能性もあります。製造業に強みのある神奈川県だからこそ、製造業に関するM&Aの動向に注目し、M&A案件を把握しましょう。

次に、M&A仲介会社を利用する場合のデメリットです。

  1. M&A仲介会社によって手数料が異なり、高額な費用がかかることがある
  2. M&A仲介会社によっては、クロージングまで長期間(半年以上)かかる
M&Aを行いたい場合は、上記のデメリットは大きなマイナスです。そのため、M&A仲介会社を選ぶ際は多くのM&A仲介会社を確認し、納得して選ぶ必要があります。

公的機関を利用するメリット・デメリット

続いては、公的機関を利用してM&A案件を探す場合のメリットとデメリットです。メリットは以下になります。

  • 地域に特化した機関のため、表に出ない神奈川県の案件を管理している場合がある

各都道府県の公的機関は、各地域の案件を取り扱っている場合があります。M&A仲介会社では管理していない案件を見つけられる可能性があるのです。

公的機関を利用してM&A案件を探す場合のデメリットは、以下になります。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行わないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する

M&A案件を探すことは公的機関でできるでしょう。しかし、仲介自体はM&A仲介会社を利用することもあるのです。

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継におすすめのM&A仲介会社

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国の案件に対応しております。また、スモールM&Aや小規模案件にも対応しており、知識・支援実績の豊富なアドバイザーが、ご相談からクロージングまで丁寧に案件をサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

神奈川県近郊のM&A・会社売却・事業承継の案件例

この章では、神奈川県近郊におけるM&A・会社売却・事業承継の案件例を見ていきましょう。

運送業のM&A

異業種とのM&Aを希望する運送業の案件です。40年以上の実績を持ち、精密機器などの輸送や一般用の引っ越し事業など、幅広いニーズに応えながらも、後継者不在のために譲渡を希望しています。異業種とのM&Aを行い、事業の幅を拡大したいと考えています。

売上高 3,300万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

カフェのM&A

カフェのM&A案件です。現在3号店まであり、20~30代の女性客やカップルがメインの顧客です。いくつかの商品はオリジナルとしてアウトソースされ、独自性を保っています。

ブランド力、今後の期待値や商標権など、目に見えない価値を評価してくれる方とのM&Aを考えています。

売上高 非公開
売却希望額 3,000万円
譲渡希望理由 イグジット

個別指導塾のM&A

続いて、個別指導塾のM&A案件です。中学生と高校生を対象とした1対1、または1対2(生徒)で指導を行っています。FC加盟教室ですが、FC加入を前提とする条件ではなく、生徒と講師も引き継ぎ可能です。後継者不在・体調不良のため、譲渡を希望しています。

売上高 非公開
売却希望額 250万円
譲渡希望理由 後継者不在・選択と集中・体調不安

神奈川県近郊のM&A・会社売却・事業承継の案件の探し方

神奈川県近郊におけるM&A・会社売却・事業承継の案件の探し方として、前述したとおり、「M&A仲介会社・専門家に相談する方法」「公的機関・地元の金融機関などに相談する方法」「M&Aマッチングサイトなどを活用する方法」があります。

M&A仲介会社・専門家は、M&Aを専門的に扱うので、独自ネットワークや経験・実績によるサポートなどが受けられます。

公的機関や地元の金融機関は、神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターや地元金融機関など、地元の企業をよく知っている点が強みです。

M&Aマッチングサイトなどは、全国のM&A・会社売却・事業承継案件を探せるので便利です。

【関連】M&A仲介会社へのマージンは高い?紹介手数料/相場/報酬体系を解説| M&A・事業承継の理解を深める

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継に関する公的機関

この章では、神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継に関する公的機関を見ていきましょう。

①神奈川県事業承継・引継ぎ支援センター

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターは、主に中小企業や小規模事業者のサポートを行う公的機関です。後継者がいない小規模事業者と、事業を始めたい起業者をマッチングさせるための、神奈川県後継者バンクも開設しています。

神奈川県をメインに、広域的なM&A案件も対応しているので、神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターを活用すれば、希望に合うM&A案件を探せるでしょう。

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

政府も近年、事業承継・引継ぎ支援センターの活用を後押ししている状況です。全国的に後継者不在などで、経営に悩みを抱える経営者が増えています。

国が支援を行う事業承継・引継ぎ支援センターは、そういった悩みを解消するため、事業承継を行いたい人たちのサポートを行っているのです。

各都道府県に事業承継・引継ぎ支援センターを設置していますが、M&Aのクロージングまでサポートするとは限りません。最終的には仲介会社を利用するケースもあります。

こういった手間を防ぐには、M&Aにかかわる業務をフルサポートする仲介会社を利用するとよいでしょう。

②神奈川県よろず支援拠点

神奈川県よろず支援拠点は、公益財団法人神奈川産業振興センターを大元とする公的機関です。コーディネーターなどの専門員が、中小企業向けにアドバイスや指導を行っています。

疑問質問ホットラインで、聞きづらい・話しづらい経営相談も受け付けており、サテライトを神奈川県各地に設置しているので、身近な公的機関としてM&A案件を探す際に活用しましょう。

神奈川県よろず支援拠点のホームページ

③横浜商工会議所

横浜商工会議所は、神奈川県各地の事業経営者を中心に運営している地域総合経済団体です。神奈川県の中小企業者や商工業者が会員となり、経営をサポートしています。M&Aを行う際に役立てましょう。

神奈川県商工会議所のホームページ

④神奈川県信用保証協会

神奈川県信用保証協会は、主に金融面で中小企業者をサポートする機関です。神奈川県信用保証協会が中小企業の保証人になってスムーズな融資を受けるためのサポートを行い、経営改善を考えている方の相談も受け付けています。

神奈川県に密着した金融面での支援を行うので、神奈川県でM&A案件を探す際に活用しましょう。

神奈川県信用保証協会のホームページ

【関連】後継者人材バンクについて解説します| M&A・事業承継の理解を深める

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の事例

この章では、神奈川県・横浜市におけるM&A・会社売却・事業承継の事例を見ていきましょう。

戸建住宅建設業界のM&A(グランディハウス・プラザハウスおよびウェルカムハウス)

2019年7月、グランディハウスはプラザハウス、およびウェルカムハウスの全株式を取得して子会社化しました。

本M&Aによって、グランディハウスは新たに神奈川県で事業を行い、グループの事業拡大を行います。それぞれの持つノウハウを生かし、プラザハウスおよびウェルカムハウスの仕入れや販売、戸建て分譲事業の拡大を図ります。

電子部品業界のM&A(加賀電子・富士通エレクトロニクス)

2018年9月、加賀電子と富士通セミコンダクターは、電子部品商社の富士通エレクトロニクス(神奈川県横浜市)における株式の70%を加賀電子が取得することに合意しました。

買収総額は205億円で、2019年1月に株式取得が完了し、富士通エレクトロニクスは加賀電子の子会社となっています。

半導体メーカーのM&A(UMC・三重富士通セミコンダクター)

2018年6月、台湾半導体大手のUMCと富士通セミコンダクターは、両者が合弁運営する半導体製造会社の三重富士通セミコンダクター(神奈川県横浜市)における全株式をUMCが取得することに合意しました。

譲渡額は約576億円で、株式譲渡は2019年1月を予定しています。

パソコンメーカーのM&A(レノボ・富士通クライアントコンピューティング)

2017年11月に、富士通、中国の大手PCメーカーであるレノボ、および日本政策投資銀行は、富士通のPC事業を行う富士通クライアントコンピューティング(神奈川県川崎市)の株式51%をレノボに、5%を日本政策投資銀行へ譲渡することに合意しました。

株式の譲渡価額はレノボが255億円、日本政策投資銀行が25億円です。

これによって富士通クライアントコンピューティングは3社の合弁会社となり、社名はそのまま継続されます。2018年5月に株式譲渡が行われ、富士通クライアントコンピューティングは実質的にレノボの傘下となりました。

医療機関のM&A(医療法人社団緑野会・東芝病院)

製造業のケースとは異なりますが、東芝が医療法人社団緑野会(神奈川県大和市)に東芝病院を売却した事例も、神奈川県のM&A事例として挙げられます。

2017年10月、東芝と医療法人社団緑野会は、東芝が運営する東芝病院の事業全てを緑野会に譲渡することを公表しました。

2018年4月に譲渡が完了し、譲渡価額は約275億円です。緑野会に継承された東芝病院は、東京品川病院として再スタートしました。現在の医療法人社団緑野会は、神奈川県大和市の「みどり野リハビリテーション」と、東京都品川区の「東京品川病院」があります。

機会器具小売業界のM&A(ノジマ・ニフティ)

2017年1月、富士通はニフティについて、クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社とISPを中心とするコンシューマ向け事業会社に再編し、このうちコンシューマ向け事業をノジマ(神奈川県横浜市)に譲渡することを発表しました。

具体的には、富士通が新設する100%子会社にコンシューマ向け事業を承継させ、ノジマがその事業会社における全株式を取得する流れです。これにより、ニフティのコンシューマ向け事業をノジマが買収する形になります。

買収額は252億円で、同年4月に株式譲渡が行われました。

神奈川県のM&A事例の振り返りと今後の展望

神奈川県のM&Aで、代表的な事例を紹介しました。いずれの事例も、譲渡額(買収額)は数百億円規模です。特に富士通関連の事例が多く、製造業に関する大規模なM&Aに特徴があります。富士通に限らず、製造業関連のM&Aが今後発生する可能性は十分にあるでしょう。

神奈川県は、多くの企業が製造拠点や研究開発拠点を展開しています。製造業でM&Aが活発化すれば、神奈川もその影響を大きく受けるでしょう。

神奈川県には海外企業の日本拠点も多いです。日本進出を考える企業に注目されるエリアでもあるので、今後は海外からのM&Aが活発化することも考えられます。

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継に関する疑問

この章では、神奈川県・横浜市でM&A仲介会社を利用する際の譲渡価額の決め方、M&A仲介会社のサポート範囲を紹介します。

譲渡価額の決め方は特に決まりがあるわけではないですが、あまりに高い譲渡希望価格や安すぎる譲渡価格を設定すると買収側がなかなかみつからないことが多いです。そのため、金額を決める際は企業評価で価格算定を行い、それを基に考えるようにするとよいでしょう。

次に、M&A仲介会社のサポート範囲ですが、一般的にはM&Aの事前相談からクロージングまでとなっています。M&Aを初めて実施する売却側や買収側が多く、M&A仲介会社におけるアドバイザーの助言や交渉で、M&Aを進めるケースがほとんどです。

交渉のプロセスで取り交わす契約書は多く、秘密保持契約・基本合意書・最終契約書などがあります。拘束力が生じる契約書もあるので、後にトラブルにならないよう、専門家に相談しながら作成するようにしましょう。

また、仲介会社によっては、事業・会社の統合が終了するまでサポートするところもあります。前もってサポート範囲などを確認し自社と相性のよいM&A仲介会社を選ぶこともポイントです。

神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

M&Aは、業種だけでなく、地域によっても特徴が異なります。M&A・事業承継を行う際は、業界動向に加え、地域性なども考慮しておくことが大切です。

M&A仲介会社などの専門家は、専門的な知識と経験でよりよいM&Aを実現できるようにサポートを行っています。サポートの範囲や得意業種、対応地域などは専門家によって異なるため、よく確認して自社にあったところに依頼することもポイントです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成約件数が増加しており、この動向は関西地方も同様です。本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、案件の探し方やスモール(...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめました。中国地方および各県のM&A・会社売却・事業承継動向や、個人でも実施可能なスモールM&Aの情報、中国地方で実際に行...

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多いですが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加する傾向にあるでしょう。この記事では、近畿地方におけるM&A・会社...

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に活用してきた地域です。今後は、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。本記事では、北陸...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)