M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年12月7日更新
この記事は、約5分で読めます。

神奈川県のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

神奈川では製造業に関するM&Aが多い傾向があります。特に近年は、製造業に関する数百億円規模のM&A事例も発生しています。 神奈川は製造業に大きな強みがありますが、その傾向はM&A事例にも顕著に表れています。

目次
  1. 神奈川県のM&Aとは
  2. 神奈川県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 神奈川県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 神奈川県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  5. 神奈川県の公的機関
  6. 神奈川県近郊のM&A譲渡案件一覧
  7. 神奈川県のM&A事例
  8. まとめ

神奈川県のM&Aとは

日本国内のM&Aの中でも、いくつか特徴的なエリアがあります。その一つとして、神奈川が挙げられます。特に近年の神奈川のM&Aは、関東エリアの中でも比較的大規模な事例が多く見られます。神奈川のM&Aの現状について、県内の産業的な特徴や代表的な事例を踏まえ、詳しく見ていきましょう。

神奈川県のM&A・会社売却・事業承継の動向

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアは、サービス業や製造業などが主要産業となっています。特に神奈川県は、京浜工業地帯の中心エリアでもある横浜市や川崎市を抱え、製造業に大きな強みがあります。

また、製造業の技術的な水準も非常に高く、大学をはじめ学術研究・専門技術研究を行う機関も充実しています。このように、神奈川の産業的な特徴として、まず製造業の強みを挙げることができます。神奈川のM&Aも、製造業に関する事例が多く見られます。

神奈川県でM&A仲介会社を選ぶ基準

神奈川県でM&Aを行いたい場合は、どのようにすればいいのでしょうか。一般的に、M&A案件を探す方法は以下のとおりです。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
ここでは、1つ目のM&A仲介会社を利用するケースと、2つ目の公的機関に探してもらうケースのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A仲介会社を利用するケースの大きなメリットは、以下のとおりです。

  1. 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  2. M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  3. 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

利用するM&A仲介会社によって、メリットはもちろん異なります。しかし、メリットを得られる場合が多いです。

神奈川のM&A案件を探す場合、やはり神奈川に強みのあるM&A仲介会社の活用が好ましいです。それぞれの仲介会社の実績やサービス内容を確認し、神奈川のM&Aにおけるノウハウがあるかどうか、確認しておくことが大切です。

また、神奈川は製造業に関するM&A事例が多い傾向があります。そのため、製造業に絞ってM&A案件を探すことも効果的です。神奈川の製造業のM&Aは、比較的大型案件が目立ちます。ただ、今後業界再編が進めば、小規模案件も含めてM&A事例も多様化するでしょう。

製造業同士のM&Aのほか、新規参入も含め、様々な規模でのM&Aが活発化する可能性もあります。製造業に強みのある神奈川だからこそ、製造業に関するM&Aの動向に注目し、M&A案件を把握しておきたいところです。

では、M&A仲介会社を利用する場合のデメリットはどのような内容なのでしょうか。

  1. M&A仲介会社によって手数料が異なり、高額な費用がかかってしまうことがある
  2. M&A仲介会社によっては、クロージングまで長期間(半年以上)かかってしまう
M&Aを行いたいと考えている方には、上記のデメリットはかなりのマイナスとなってしまいます。そのため、M&A仲介会社を選ぶ際には多くのM&A仲介会社を確認し、きちんと納得して選ぶ必要があります。
M&A総合研究所では、手数料は業界最安値、かつクロージングまで3~6ヶ月を目安としており、上記のようなデメリットも解消しています。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

公的機関を利用するメリット・デメリット

続いては、公的機関を利用してM&A案件を探す場合のメリットとデメリットを確認していきます。メリットは以下のとおりです。

  • 地域に特化した機関のため、表に出ない神奈川県の案件を管理している場合がある

神奈川県事業承継ネットワークなど、それぞれの都道府県の公的機関では、それぞれの地域の案件を取り扱っている場合があります。M&A仲介会社では管理していない案件を見つけられる可能性があります。

公的機関を利用してM&A案件を探す場合のデメリットは、以下のとおりです。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

上記のように、公的機関を利用する際にもデメリットはあります。

M&A案件を探すことは公的機関でできるかもしれませんが、仲介自体はM&A仲介会社を利用しなくてはならないこともあります。そのような場合、多くの時間とコストを要してしまいます。

M&A総合研究所では、神奈川県を含め全国の案件を幅広く取り扱っています。平均3~6ヶ月でのクロージングを目指していますので、スピーディにM&Aを行うことができます。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

神奈川県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

ここからは、神奈川県でM&Aを行う際におすすめの5つのM&A仲介会社をご紹介いたします。

  1. M&A総合研究所
  2. 山田ビジネスコンサルティング
  3. インテグループ
  4. ロシェル
  5. 神奈川銀行

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、神奈川県を含め全国のM&A案件の取り扱いがあります。大企業だけではなく、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。M&Aプラットフォームや、日本最大級のM&Aメディアの情報を活用して、短期間でマッチングやクロージングを行っています。

それらの理由により、人件費の削減を可能にしており、他のM&A仲介会社よりも低い価格でM&Aの成立を可能としています。

通常、M&A取引では半年から1年程度かかる場合もありますが、M&A総合研究所では早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムが、スピーディなクロージングを可能としています。公認会計士や弁護士のサポートも受けられ、神奈川県でM&Aを行う際に、安心して任せられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
業者のタイプ アドバイザリー型
得意な業種 非特化型
対応地域 神奈川県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②山田コンサルティンググループ株式会社

山田コンサルティンググループ株式会社

出典: https://www.ycg-advisory.jp/

山田コンサルティンググループ株式会社は、本店は東京にありますが、日本全国でのM&Aに対応しています。大企業だけでなく、中堅・中小企業へのコンサルティングも行っています。

M&A仲介やM&Aだけではなく、PMIといったアフターM&Aまでサポートを行っており、企業に合わせたサポートを受けられるでしょう。

会社名 山田コンサルティンググループ株式会社
業者のタイプ アドバイザリー型
得意な業種 非特化型
対応地域 神奈川県を含む、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.ycg-advisory.jp/

③インテグループ

インテグループ

出典: https://www.integroup.jp/

インテグループ株式会社は、東京と大阪に拠点を持つM&A仲介会社です。M&A仲介だけではなく、MBO支援なども行っています。

中堅・中小企業へのM&Aが得意で、実務経験豊富なアドバイザーが一貫して対応してくれます。完全成功報酬制のため、安心してM&Aを任せられるでしょう。

会社名 インテグループ株式会社
業者のタイプ アドバイザリー型
得意な業種 中堅・中小企業に特化
対応地域 神奈川県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型
公式ホームページ https://www.integroup.jp/

④ロシェル

株式会社ロシェル

出典: https://www.rochelle.co.jp/

株式会社ロシェルは、中堅・中小企業へのM&A仲介を主に行っている会社です。全国の金融機関・会計事務所をネットワークを築き、総合的なM&Aに関するサービスを行っています。

大企業とは異なる性質である、中堅・中小企業のM&Aをメインに行なっているため、そのような企業の経営者の方の力になってくれます。ご相談からアフターM&Aまでのトータルサポートサービスを強みとしています。

会社名 株式会社ロシェル
業者のタイプ アドバイザリー型
得意な業種 中堅・中小企業に特化
対応地域 神奈川県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型
公式ホームページ https://www.rochelle.co.jp/

⑤神奈川銀行

株式会社神奈川銀行

出典: https://www.kanagawabank.co.jp/

神奈川県に拠点を持つ神奈川銀行は、M&Aや事業承継において活用できる企業の一つです。神奈川産業振興センターと連携し、神奈川銀行はM&Aや事業承継に関する総合的なサポートを行っています。

神奈川銀行のオリジナル商品である「創業・新事業支援融資[挑]チャレンジ」や、た日本政策金融公庫とともに融資を行っている「神奈川創業サポートローン」「神奈川事業応援ローン」で、経営や新事業の支援を行っています。

地域に根ざした神奈川銀行を活用することで、希望するM&A案件を見つけられるかもしれません。

会社名 株式会社神奈川銀行
業者のタイプ 仲介型
得意な業種 不明
対応地域 神奈川県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.kanagawabank.co.jp/

神奈川県の公的機関

①神奈川県事業引継ぎ支援センター

神奈川県事業引継ぎ支援センターは、公益財団法人神奈川産業振興センターを母体として、M&Aのサポートを行っています。主に中小企業や小規模事業者のサポートを行っています。

後継者がいない小規模事業者と、事業を始めたい起業者をマッチングさせるための、神奈川県後継者バンクも開設されています。神奈川県をメインに、広域的なM&A案件も対応しています。

神奈川県事業引継ぎ支援センターを活用することで、自分の希望に合わせたM&A案件を探すことができるかもしれません。

神奈川県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

政府も近年、事業承継支援センターの活用を後押ししており、支援センターのネットワークの構築も進んでいます。

全国的に後継者不在などで、経営に悩みを抱える経営者が増えています。国が支援を行う事業承継支援センターでは、そのような悩みを解消するため、事業承継を行いたい人たちのサポートを行っています。

各都道府県に支援センターを設置し、M&Aを行いたい方々のサポートを行っています。しかしながら、必ず事業承継支援センターでは、M&Aのクロージングまでサポートしてくれるとは限りません。最終的には仲介業者を利用しなくてはならない場合もあります。

こういった手間を防ぐためにも、M&Aに関わる業務をフルサポートするM&A総合研究所をぜひご利用ください。

②神奈川県よろず支援拠点

こちらの神奈川県よろず支援拠点も、①の神奈川県事業引継ぎ支援センターと同じく、公益財団法人神奈川産業振興センターを大元としています。

神奈川県よろず支援拠点では、コーディネーター等の専門員が中小企業向けにアドバイスや指導を行っています。疑問質問ホットラインにて、聞きづらい・話しづらい経営相談も受け付けています。サテライトを神奈川県各地に設置していますので、身近な公的機関としてM&A案件を探す際に活用できるでしょう。

神奈川県よろず支援拠点のホームページ

③神奈川県商工会議所

神奈川県商工会議所(神奈川県商工会議所連合会)は、神奈川県各地にある、事業経営者を中心に運営している地域総合経済団体です。

神奈川県の中小企業者や商工業者が会員となり、経営をサポートしています。そのため、M&Aを行う際に活用できる可能性があります。

神奈川県商工会議所のホームページ

④神奈川県信用保証協会

神奈川県信用保証協会は、主に金融面で中小企業者をサポートしています。神奈川県信用保証協会が中小企業の保証人になり、スムーズな融資を受けるためのサポートだけでなく、経営改善を考えている方々の相談も受け付けています。

神奈川県に密着した金融面での支援を行っているため、神奈川県でM&A案件を探す際に役立てられるでしょう。

神奈川県信用保証協会のホームページ

神奈川県近郊のM&A譲渡案件一覧

運送業のM&A

こちらの運送業は、異業種とのM&Aを希望しています。40年以上の実績を持ち、精密機器等の輸送や一般用の引っ越し事業など、幅広いニーズに応えながらも、後継者不在のため譲渡したいようです。

異業種とのM&Aを行うことで、事業の幅を拡大したいと考えています。

売上高 3,300万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

カフェのM&A

こちらはカフェのM&A案件です。現在3号店まであり、2020年7月には中部地方の都市部に新規出店予定です。20~30代の女性客やカップルがメインの顧客です。

いくつかの商品はオリジナルとしてアウトソースされており、独自性を保っています。ブランド力、そして今後期待値や商標権など、目に見えない価値を評価してくれる方とM&Aを行いたいと考えています。

売上高 非公開
売却希望額 3,000万円
譲渡希望理由 イグジット

個別指導塾のM&A

続いて、個別指導塾のM&A案件を紹介します。こちらの個別指導塾では、中学生と高校生を対象とした1対1、または1対2(生徒)で指導を行っています。

FC加盟教室ではありますが、FC加入を前提とすると条件ではありません。生徒と講師も引き継ぎ可能です。後継者不在、そして体調不良を理由としてM&Aで譲渡を希望しています。

売上高 非公開
売却希望額 250万円
譲渡希望理由 後継者不在・選択と集中・体調不安

神奈川県のM&A事例

戸建住宅建設業界のM&A(グランディハウス・プラザハウス及びウェルカムハウス)

2019年7月、グランディハウスは株式会社プラザハウス、及び株式会社ウェルカムハウスの全株式を取得して子会社化しました。

本M&Aによって、グランディハウスは新たに神奈川県で事業を行い、グループの事業拡大を行います。それぞれの持つノウハウを活かし、プラザハウス及びウェルカムハウスの仕入れや販売、戸建て分譲事業の拡大を行いたいと考えています。

機会器具小売業界のM&A(ノジマ・ニフティ)

2017年1月、富士通はニフティについて、クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社とISPを中心とするコンシューマ向け事業会社に再編し、このうちコンシューマ向け事業をノジマ(神奈川県横浜市)に譲渡することを発表しました。

具体的には、富士通が新設する100%子会社にコンシューマ向け事業を承継させ、ノジマがその事業会社の全株式を取得するという流れです。これにより、ニフティのコンシューマ向け事業をノジマが買収するという形になります。買収額は252億円とされ、同年4月に株式譲渡が行われました。

パソコンメーカーのM&A(レノボ・富士通クライアントコンピューティング)

2017年11月に、富士通、中国の大手PCメーカーのレノボ、および日本政策投資銀行は、富士通のPC事業を行う富士通クライアントコンピューティング(神奈川県川崎市)の株式の51%をレノボに、5%を日本政策投資銀行に譲渡することで合意しました。株式の譲渡価額はレノボが255億円、日本政策投資銀行が25億円とされています。

これによって富士通クライアントコンピューティングは3社の合弁会社となり、社名はそのまま継続されます。2018年5月に株式譲渡が行われ、富士通クライアントコンピューティングは実質的にレノボの傘下となっています。

半導体メーカーのM&A(UMC・三重富士通セミコンダクター)

2018年6月、台湾半導体大手のUMCと富士通セミコンダクターは、両者が合弁運営する半導体製造会社の三重富士通セミコンダクター(神奈川県横浜市)の全株式をUMCが取得することで合意しました。譲渡額は約576億円となり、株式譲渡は2019年1月を予定しています。

電子部品業界のM&A(加賀電子・富士通エレクトロニクス)

2018年9月、加賀電子と富士通セミコンダクターは、電子部品商社の富士通エレクトロニクス(神奈川県横浜市)の株式について、その70%を加賀電子が取得することで合意しました。買収総額は205億円で、2019年1月に株式取得が完了し、富士通エレクトロニクスは加賀電子の子会社となっています。

医療機関のM&A(医療法人社団緑野会・東芝病院)

製造業のケースとは異なりますが、東芝が医療法人社団緑野会(神奈川県大和市)に東芝病院を売却した事例も、神奈川のM&A事例として挙げられます。2017年10月、東芝と医療法人社団緑野会は、東芝が運営している東芝病院の事業の全てを緑野会に譲渡することを公表しました。

2018年4月に譲渡が完了し、譲渡価額は約275億円となっています。緑野会に継承された東芝病院は、東京品川病院として再スタートしました。現在の医療法人社団緑野会は、神奈川県大和市の「みどり野リハビリテーション」と、東京都品川区の「東京品川病院」があります。

神奈川県のM&A事例の振り返りと今後の展望

以上、神奈川のM&Aとして代表的な事例をご紹介しました。いずれの事例でも、譲渡額(買収額)は数百億円規模となっています。特に富士通関連の事例が多く、製造業に関する大規模なM&Aに特徴があります。富士通に限らず、製造業関連のM&Aが今後発生する可能性は十分にあります。

特に神奈川は、多くの企業が製造拠点や研究開発拠点を展開しています。製造業でM&Aが活発化すれば、神奈川もその影響を大きく受けると言えます。また、神奈川には海外企業の日本拠点も多く見られます。日本進出を考える企業に注目されるエリアでもあるので、今後は海外からのM&Aが活発化することも考えられます。

まとめ

M&A仲介会社は売り手と買い手を仲介し、中立の立場でサポートをしてくれます。高度に専門的な知識が求められるM&Aにおいては、M&A仲介会社などの専門家のサポートを受けることは必須です。
その際には、それぞれの専門家のサポート内容や特化した領域を確認し、自社に最適な専門家に依頼する必要があります。
M&A仲介会社も、サービス内容や特化している領域は会社によって異なります。特に特化しているエリアについては十分に確認しておく必要があります。それぞれのエリアのM&A事情に精通し、確かな実績のあるM&A仲介会社に依頼することが大切です。
同じ日本国内のM&Aでも、エリアによってそれぞれ大きな特徴があります。そのうち、神奈川では製造業に関するM&Aが多い傾向があります。特に近年は、製造業に関する数百億円規模のM&A事例も発生しています。
神奈川は製造業に大きな強みがありますが、その傾向はM&A事例にも顕著に表れています。また、海外からのM&Aなども含め、M&A事例の多様化も考えられます。それに伴い、神奈川に特化したM&A仲介会社・M&Aアドバイザリーといった専門家のさらなる活躍も期待されています。製造業をはじめ、今後の神奈川のM&A動向に注目されます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)