2021年4月20日更新都道府県別M&A

福岡のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

福岡県には、M&A仲介会社が多く存在します。実績・経験が豊富なM&A仲介会社ではさまざまなケースのM&Aに対応しており、安心して任せることが可能です。また、複雑ではなくシンプルでわかりやすい料金体系を採用する仲介会社であれば、M&Aの進行時も安心できます。

目次
  1. 福岡県のM&Aの現状
  2. 福岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. M&Aのメリット・デメリット
  4. 福岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  5. 福岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  6. 福岡県の公的機関
  7. 福岡県近郊のM&A案件例
  8. 福岡県のM&A事例
  9. 福岡のM&A案件の探し方
  10. 福岡のM&A仲介会社まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

福岡県のM&Aの現状

福岡県のM&Aの現状

福岡県は、九州地方における大都市として知られています。日本企業の99.8%が中小企業とされていますが、福岡県の中小企業の事業活動は非常に重要視されており、九州地方の経済を大きく支える存在です。レコフの調査によると、2018年における福岡県のM&A件数は合計114件です。

このうち、「買い手・売り手ともに県内」のM&A案件は23件、「買い手が県内・売り手が県外」のM&A案件は42件、「買い手が県外・売り手が県内のM&A案件は49件と報告されています。また、福岡県のM&A件数は、2014年から2018年にわたり5年連続で増加傾向です。

近年の日本企業はグローバル化・情報化が進み、企業間の競争激化・人口の減少・高齢化などで市場規模が縮小しています。これにより、中小企業は経営環境は非常に厳しい状況です。規模の小さい会社は資金や人材などの経営資源に制約があるうえに経営状況が悪く、会社を維持するには大きな労力が求められます。

上記の事情を踏まえて、本記事では、福岡県のM&Aの動向・福岡県でM&Aを行う際にオススメのM&A仲介会社などを中心に幅広く紹介します。

参考:福岡県のM&A(レコフ)

【関連】福岡県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

福岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向

福岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向

本章では、福岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向について取り上げます。福岡県の県政では中小企業の振興を重要課題として掲げており、2015年10月には中小企業の振興を総合的かつ計画的に推進するために福岡県中小企業振興条例を制定しました。

福岡県の人口は徐々に減少傾向にあるうえに、高齢化が進行しています。こうした状況において、中小企業では会社の維持・後継者問題・経営者の高齢化などが問題視されている状況です。これらの問題の深刻化によって、会社を存続させるか廃業するか選択を迫られる経営者も多くいます。

これを受けて、福岡県では事業承継の円滑化の促進にも取り組んでおり、県の主催する事業承継セミナー・商工会議所・商工会・中小企業振興センターとの連携が強まっています。円滑に事業承継できるよう弁護士・税理士などの専門家と連携し、法務・財務・税務・M&Aの相談にも応じるための支援を実施中です。

M&Aが増加している背景

福岡県においてM&Aが増加する背景について、以下の2項目に分けて取り上げます。

  • 福岡県の中小企業の特徴
  • 福岡県の中小企業が抱える課題点

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

福岡県の中小企業の特徴

福岡県の中小企業においては、ビジネスチャンスを海外に広げようとする動きが目立っています。福岡県ほどの地方都市に属する中小企業においても、海外進出を通じた企業規模の拡大・新事業への展開などを目的とするM&A事例が多く見られます。

福岡県の中小企業が抱える課題点

福岡県の中小企業が抱える課題点としては、主に以下のとおりです。

  • 後継者不在
  • 経営者の高齢化
  • 人材の確保
  • 経営基盤の見直し

上記の課題を解決すべく、福岡県の中小企業はM&Aを積極的に活用しています。

【関連】福岡の調剤薬局のM&A成功事例やオススメ仲介会社を解説!

M&Aのメリット・デメリット

M&Aのメリット・デメリット

本章では、福岡県においてM&Aの実施を検討している経営者の方に向けて、M&Aにより生じるメリット・デメリットについて順番に取り上げます。

M&Aのメリット

福岡県でのM&Aにおいて期待されるメリットについて、譲渡側・譲受側それぞれ順番に取り上げます。

譲渡企業(売り手)のメリット

福岡県のM&Aにおける譲渡企業(売り手)のメリットは、主に以下のとおりです。

  • 事業承継問題の解決(後継者の確保)
  • 経営者利益の最大化の実現(売却利益の獲得)
  • 企業の存続と発展の実現
  • 従業員の雇用維持
  • 取引先との関係継続
  • 主力事業への注力

上記のメリットに魅力を感じる経営者の方は、積極的に福岡県でのM&A実施を検討すると良いでしょう。

譲受企業(買い手)のメリット

福岡県のM&Aにおける譲受企業(買い手)のメリットは、主に以下のとおりです。

  • 生産の効率化(ノウハウ・技術・人材の獲得)
  • 競争力の強化
  • シナジー効果の獲得
  • 市場環境変化への対応力の獲得
  • 事業承継にかかる時間の節約
  • 規制市場や外国市場への参入の実現

上記のメリットに魅力を感じる経営者の方は、積極的に福岡県でのM&A実施を検討すると良いでしょう。

M&Aのデメリット

次に、福岡県でのM&Aにおいて期待されるデメリットについて、譲渡側・譲受側それぞれ順番に取り上げます。

譲渡企業(売り手)のデメリット

福岡県のM&Aにおける譲渡企業(売り手)のデメリットは、主に以下のとおりです。

  • 売却利益には課税が発生する
  • M&A完了までには半年〜1年程度の時間がかかる
  • 反発する従業員が離職するおそれがある
  • 取引先との間でトラブルが生じるおそれがある
  • 自社の買収を希望する企業がスムーズに見つかるとは限らない

上記のデメリットを回避するためにも、福岡県でのM&A実施時は専門家からサポートを受けると良いでしょう。

譲受企業(買い手)のデメリット

福岡県のM&Aにおける譲受企業(買い手)のデメリットは、主に以下のとおりです。

  • 資金調達の必要性
  • 計画どおり進行するとは限らない
  • 経営統合に多くの時間がかかる
  • 優秀な人材が流出するおそれ
  • 想定していたシナジー効果が得られないおそれがある
  • のれん代の減損リスクが生じる

上記のデメリットを回避するためにも、売り手側と同様に、福岡県でのM&A実施時は専門家からサポートを受けると良いでしょう。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介
【関連】M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

福岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準

福岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準

福岡県においてM&A仲介会社を選ぶ基準は、主に以下のとおりです。

  1. 実績が豊富であるか
  2. 案件規模に対応できる仲介会社かどうか
  3. 高い専門知識を持っているか
  4. 報酬体系が明確かどうか

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①実績が豊富であるか

1つ目の基準は、実績が豊富であるかどうかについてです。M&A仲介会社の利用を検討する際、事前にその企業のM&A実績を確認するプロセスは必要不可欠だといえます。なぜなら、M&A仲介会社は公的な資格を持たずとも運営できるためです。

そのため、福岡県においても、M&Aに関連する知識を持たないままM&A仲介会社を運営している機関が少なからず見られます。こうした仲介会社に依頼してしまうと、M&Aの失敗につながりかねません。

したがって、事前にM&A仲介会社のHPなどをチェックして過去の実績を入念にリサーチしておきましょう。これにより実績が豊富な仲介会社であると判明すれば、M&A仲介業務を安心して依頼できます。

②案件規模に対応できる仲介会社かどうか

2つ目の基準は、案件規模に対応できる仲介会社かどうかについてです。M&A仲介会社の中には、大手企業のM&A案件を専門的に取り扱っている機関もあれば、中堅・中小企業のM&A案件を専門的に取り扱っている機関も存在します。

M&Aを成功させるには、自社と同規模のM&A案件を取り扱った経験のある仲介会社への依頼が大切です。そのため、依頼を検討するM&A仲介会社がどれほどの規模のM&A案件を取り扱ってきたのか、事前にチェックしておきましょう。

仮に取り扱い規模の異なるM&A仲介会社に相談した場合、依頼を断られて時間を浪費してしまいかねません。M&A仲介会社への依頼を効率的に行うためにも、事前のリサーチは必要不可欠です。このときにも、HPの閲覧が効果的な手段といえます。

③高い専門知識を持っているか

3つ目の基準は、高い専門知識を持っているかどうかについてです。M&Aを成功させるうえで、仲介会社の実績だけでなく在籍するスタッフの持つ専門知識も重要なポイントとして位置づけられます。

そもそもM&A手続きを進行させるには、M&Aだけでなく会計・税務・法務などの専門知識が求められます。そのため、M&A仲介会社に依頼する際は、これらの分野を中心に専門知識を有するスタッフが在籍しているのか事前にチェックしておきましょう。

④報酬体系が明確かどうか

4つ目の基準は、報酬体系が明確かどうかについてです。M&A仲介会社の展開するサービスを受ける際は相談料・着手金・中間金・成功報酬などの手数料を請求されるのが一般的ですが、仲介会社によって採用している手数料の種類や費用などは大きく異なります。

M&A仲介会社の中には手数料体系が複雑で、最終的に発生する費用を明確に把握できない機関も少なからず見られます。こうした仲介会社に依頼してしまうと、想定以上の費用が発生してしまいかねません。

費用を事前に把握したうえでM&Aに取り掛かるためにも、明確な手数料体系が設けられている仲介会社を選ぶと良いでしょう。

【関連】M&A仲介会社へのマージンは高い?紹介手数料/相場/報酬体系を解説

福岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

福岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

福岡県において利用しやすいM&A仲介会社オススメ5選は、以下のとおりです。

  1. M&A総合研究所
  2. MACアシスト
  3. エムシー・マネジメント
  4. 福岡経営M&Aコンサルタンツ
  5. エクステンド

それぞれの仲介会社について順番に詳しく紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は福岡県をはじめとする全国のM&A案件の取り扱い実績を持っており、中小企業のM&Aを数多く実現させております。福岡県では規模の小さい企業がM&Aを実施ケースも多くありますが、小規模なM&Aにも柔軟に対応している仲介会社です。

また、M&A総合研究所では、M&AプラットフォームやM&Aメディアなどの活用により、人件費の削減にも成功しております。

加えて、スピーディーなクロージングを目指している点も強みです。一般的なM&Aでは半年〜1年程度の期間が必要ですが、M&A総合研究所では最短3ヵ月での成約実績を有しております。

さらには、M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを生かしてM&A手続きをフルサポートしております。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

会社売却・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 福岡県をはじめとする日本全国
報酬体系 成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかる。)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②MACアシスト

MACアシストは、福岡県福岡市に拠点を構えるM&A仲介会社です。M&Aや事業承継だけでなく、経営改善指導や事業再生なども手掛けています。創業30年以上の経験と実績をもとに、会計や経営に関するさまざまなコンサルティングを展開する会社です。

顧客のニーズに沿って多様なサービスを展開しており、国から認定経営革新等支援機関の認定を受けています。そのため、福岡県でM&Aを行う際に、力強いサポートを受けられる可能性が高いです。

会社名 MACアシスト
得意な業種 非特化型
対応地域 福岡県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://mac-tax.or.jp/macassist/

③エムシー・マネジメント

エムシー・マネジメントは、福岡県と東京都に拠点を構える仲介会社です。在籍するアドバイザーは大手金融機関などで実務経験を積んでおり、M&Aを実現するためのアドバイスを提供しています。事業承継型M&Aのほか、資金調達・提携・事業再生・株式公開・銀行融資などのアドバイスも受けることが可能です。

M&A業界や関連企業との交流もあるほか案件の情報を多数持っているため、マッチング効率が良い点も魅力のひとつです。

財務コンサルティングサービスに特化しているため、M&Aアドバイザリーに関しても高い専門性を有しています。中小企業の経営者やベンチャー企業などのM&Aを得意としており、福岡県における中小企業のM&Aを多く実現している仲介会社です。

会社名 エムシー・マネジメント
得意な業種 中小企業のM&Aが得意
対応地域 福岡県・東京都
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://mcmanagement.jp/

④福岡経営M&Aコンサルタンツ

福岡経営M&Aコンサルタンツは福岡市に拠点を構えており、地元の仲介会社に依頼したい経営者にオススメです。M&Aは経営コンサルタント業務にも分類され、この分野において事業承継型のM&Aや経営戦略としてのM&Aを実施するケースがあります。こうしたM&Aに対するニーズに応じる仲介会社です。

きめ細かい心配り・気配りを基本理念としており、細部にわたるサポートが期待できます。

会社名 福岡経営M&Aコンサルタンツ
得意な業種 非特化型
対応地域 福岡県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://fmmc.jp/

⑤エクステンド

エクステンドは東京に本社を構えていますが、福岡県にもオフィスを構える仲介会社です。中小企業に特化する仲介会社で、M&Aの中でも事業再生・成長戦略・事業承継・スモールM&A・建設的廃業などの支援を数多く手掛けています。

多くの相談件数を誇っており、多種多様なM&Aケースにおける対処法やノウハウを持っている点が強みです。国が運営する事業承継支援についても事業引継ぎセンターの仲介業者として指定されており、福岡県内の中小企業の後継者問題などに関するM&Aマッチングの支援も積極的に手掛けています。

スモールM&Aの取り組みを行っており、規模が小さい会社の相談にも応じています。そのほか、M&A仲介だけでなく、M&Aに関するセミナー・事業再生や資金繰りなどのセミナーも多く開催している仲介会社です。そのため、中小企業の経営者にとって必要な情報を得られる可能性があります。

会社名 エクステンド
得意な業種 中小企業特化
対応地域 東京都・福岡県をはじめとする全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.extend-ma.co.jp/

【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

福岡県の公的機関

福岡県の公的機関

本章では、M&Aに関する福岡県の公的機関として、以下の4つを取り上げます。

  1. 福岡県事業引継ぎ支援センター
  2. 福岡県よろず支援拠点
  3. 福岡県商工会議所
  4. 福岡県信用保証協会

それぞれの公的機関について順番に詳しく紹介します。

①福岡県事業引継ぎ支援センター

福岡県事業引継ぎ支援センターは、中小企業の経営者向けに支援を行う公的機関です。相談料は無料であるため、気軽に活用できます。M&Aでの譲渡希望側・譲受希望側の双方に対して支援を手掛けており、相談内容の解決に向けた提案も行っている機関です。

M&Aを実際に行う際は、福岡県事業引継ぎ支援センターからM&A支援・仲介会社への紹介も実施しています。電話だけでなくメールでも相談を申し込めるため、気軽に利用可能です。

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押ししています。近年、各都道府県に設置されている事業引継ぎ支援センターのネットワークが拡充されてきました。福岡県のみならず日本全国において、後継者がおらず事業の存続に悩みを抱えている経営者は多く見られます。

事業引継ぎ支援センターでは、こうした経営者の方のために事業承継・M&Aに関するサポートを行っています。しかしながら、事業引継ぎ支援センターでは、M&A案件の探索は行えても、希望案件が見つかった後に必要な業務について行ってもらえないケースが多い点には注意が必要です。

②福岡県よろず支援拠点

福岡県よろず支援拠点は、起業希望者・個人事業主・中小企業のための無料経営相談所です。45名の相談員が在籍しており、このうち17名は女性コーディネーターで女性経営者の方々も相談しやすくなっています。

個別相談会やセミナーなども行っており、現役経営者からアドバイスを受けることも可能です。福岡県でのM&Aを検討している場合、相談により新たな発見が得られる可能性があります。

③福岡県商工会議所

福岡県商工会議所は、福岡市内の商工業者を中心に構成される経済団体です。会員である商工者や中小企業者向けに支援を行っています。福岡県でM&Aなどの経営戦略を行う際に活用すると良いでしょう。

④福岡県信用保証協会

福岡県信用保証協会は、金融面で企業を支える公的機関です。中小企業者が金融機関から事業資金を借り入れる際に福岡県信用保証協会が公的保証人となり、資金繰りを円滑に行えるようサポートしています。地域の中小企業に対してサポートを行っているため、特に福岡県の中小企業のM&Aに役立てられる機関です。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

福岡県近郊のM&A案件例

福岡県近郊のM&A案件例

本章では、福岡県近郊のM&A案件例として3件を取り上げます。

レンタルスペース事業のM&A

これは、駅チカのレンタルスペース事業のM&A案件です。セミナーや習い事など、幅広い用途で使用されています。最寄り駅の地下出口から1分と好立地であり、リピーターが多いです。後継者不在のために、M&Aによる譲渡を行いたいと考えています。

売上高 非公開
売却希望額 380万円
譲渡希望理由 後継者不在

内科クリニックのM&A

続いては、内科クリニックのM&A案件です。静かでのどかな自然の多い地域ですが、近年観光や行政の働きにより活性化している地域に位置しています。300名近くの定時通院患者がいますが、後継者不在のため医療に関する熱意のある方に譲渡したいと考えています。

売上高 応相談
売却希望額 3,500万円台
譲渡希望理由 後継者不在

印刷会社のM&A

こちらの印刷会社は、企業をメインの取引先として抱えています。創業50年を超える歴史を持っており、顧客の要望の水準が高く、リクエストへの対応力が強みです。仕入先や取引先の継続を希望しています。

売上高 1.3億円台
売却希望額 3,000万円
譲渡希望理由 選択と集中

【関連】M&A案件の探し方を解説!中小企業や個人事業主向けの少額案件の探し方と注意点

福岡県のM&A事例

福岡県のM&A事例

本章では、福岡県のM&A事例として、以下の3つを取り上げます。

  1. 葬儀事業のM&A(木下、アイ・ケイ・ケイ)
  2. 学習塾業界のM&A(京進、日本語アカデミー)
  3. 食品卸業のM&A(ヤマエ久野、いんま商事)

それぞれの事例からポイントをつかみ、自社のM&A戦略策定に役立てましょう。

①葬儀事業のM&A(木下、アイ・ケイ・ケイ)

木下

木下

出典:https://recruit-kinoshita.com/

2019年9月、アイ・ケイ・ケイは、連結子会社のアイ・セレモニーの株式95%を木下に譲渡すると決定しました。本件M&Aの取引価格は、3億7,700万円です。買収側の木下は福岡県久留米市に拠点を構えており、冠婚葬祭・文化事業などを手掛けています。

売却側のアイ・セレモニーは、佐賀県伊万里市を中心に葬儀事業を展開している会社です。本件M&Aにより、木下はアイ・セレモニーの成長・企業価値の向上などを図っています。

②学習塾業界のM&A(京進、日本語アカデミー)

京進

京進

出典:https://www.kyoshin.co.jp/

2017年4月、京進は日本語アカデミーの事業を譲り受けました。買収側の京進グループでは2010年より日本語教育事業を開始しており、国内に8校・ミャンマーに1校を展開しています。

売却側の日本語アカデミーは、福岡県にて日本語学校を運営しており、外国人留学生向けの日本語指導を行っている会社です。本件M&Aにより、京進グループは日本語教育事業の基盤強化を目指しています。

③食品卸業のM&A(ヤマエ久野、いんま商事)

ヤマエ久野

ヤマエ久野

出典:https://www.yamaehisano.co.jp/

2016年10月、ヤマエ久野は、いんま商事の株式すべてを取得し完全子会社化すると発表しました。買収側のヤマエ久野は、食品・酒類・糖粉・飼料などの商社です。売却側のいんま商事は、福岡県内を中心に地域密着型の菓子卸売業を展開しています。

本件M&Aにより、ヤマエ久野では新たに菓子卸売業を取り入れたほか、顧客に対する商品・サービス提供を通じた事業の拡大を目指しています。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

福岡のM&A案件の探し方

福岡のM&A案件の探し方

最後に、福岡のM&A案件の探し方として以下の3つを取り上げます。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 公的機関・地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&A仲介会社・専門家に相談する

まずは、M&A仲介会社や専門家に相談する際のメリットを取り上げます。

  • 管理案件が多く希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく仲介まで担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士などから専門的なアドバイスをもらえる

当然ですが、利用するM&A仲介会社によりメリットは異なります。とはいえ、M&A仲介会社では一般的に公的機関よりも管理しているM&A案件数が多く、希望するM&A案件を見つけやすいです。また、M&A仲介会社によっては、公認会計士や弁護士などの専門家とのネットワークを有する機関も見られます。

こうした機関では、仲介業務だけでなく多面的なアドバイスの提供も受けられます。なお、M&Aの概要について把握したい場合には、M&A仲介会社が開催するセミナーに参加するのも効果的です。信用できるM&A仲介会社に依頼すれば、比較的早い段階で案件の紹介も受けられます。

希望の条件を提示すればマッチングを行ってくれるため、経営者自身で相手候補を探す必要はありません。基本的に複数の候補を見つけてくれるため、自身でインターネットを利用して探すよりもスピーディーに案件を見つけられます。これに対して、M&A仲介会社を利用するデメリットは以下のとおりです。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によってはクロージングまで数ヵ月もの期間がかかってしまう

M&A仲介会社により、かかる費用が異なります。場合によっては高額な費用が継続的にかかるケースもあるため、事前に調べておきましょう。

②公的機関・地元の金融機関などに相談する

M&A案件を探す際は、福岡県事業引継ぎ支援センター・地元の商工会議所や商工会の利用などもひとつの方法です。まずは、公的機関を利用してM&A案件を探す際のメリットを確認しておきましょう。

  • 地域性が高く、地方部特有の案件を管理している可能性が高い

国の支援のもと設立されている公的機関では、それぞれの地域に根ざした支援を手掛けています。そのため、M&A仲介会社では管理していない案件を見つけられる可能性があるのです。これに対して、公的機関を利用する際のデメリットを、以下のとおりまとめました。

  • M&A仲介会社に比べて管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、別途M&A仲介会社に依頼する必要がある

上記のように、公的機関の利用では、案件探しは行えてもM&Aの仲介自体は行っていないため、別途仲介会社を利用しなければならない点には注意しましょう。

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

最後に、M&Aマッチングサイトなどの活用も効果的な方法です。バトンズやトランビなどのM&Aマッチングサイトを活用すると、場所や時間帯に縛られず手軽にM&A案件探しを実施できます。売り手側であれば無料で利用できるサービスも多く、案件数が豊富な傾向にある点もメリットです。

ただし、公的機関への相談と同様に、仲介業務については別途M&Aの専門家に依頼する必要があります。実際に仲介業務を依頼する場合には、手数料がかかる点に注意しましょう。

【関連】事業承継の課題と解決方法

福岡のM&A仲介会社まとめ

福岡のM&A仲介会社まとめ

福岡県は九州地方の主要な県であり、福岡県の地域経済は中小企業により支えられています。しかし、こうした状況において、廃業を選択せざるを得ない中小企業の経営者も多く存在している点が大きな課題です。

福岡県は中小企業が多い地域でもあり、最近では事業承継についてM&Aを推進する動きが見られます。また、県政において、若者が地元で働ける環境を整える取り組みも実施されている状況です。

こうした事情を踏まえて積極的にサポートを手掛けるM&A仲介会社も多く存在しており、福岡県に支店や営業所を設けているM&A仲介会社が増えつつあります。中小企業のM&Aは首都圏だけでなく、福岡県などの地方部にこそ必要な経営戦略といえます。本記事の要点は、以下のとおりです。

・福岡県のM&Aの現状
→2018年における福岡県のM&A件数は合計114件

・福岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準
→実績が豊富であるか、案件規模に対応できる仲介会社かどうか、高い専門知識を持っているか、報酬体系が明確かどうか

・福岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社
→M&A総合研究所、MACアシスト、エムシー・マネジメント、福岡経営M&Aコンサルタンツ、エクステンド

・福岡県の公的機関
→福岡県事業引継ぎ支援センター、福岡県よろず支援拠点、福岡県商工会議所、福岡県信用保証協会

・福岡のM&A案件の探し方
→M&A仲介会社・専門家に相談する、公的機関・地元の金融機関などに相談する、M&Aマッチングサイトなどを活用する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)