M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
福岡県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

福岡県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

福岡県における事業承継とは

福岡県は九州地方では主要な県ではありますが、ほかの地域と同じように中小企業の割合は99.8%を占めており、そのうち83.6%が小規模企業を占めています。 中小企業に従事する従業員数も全体の79.0%を占め、そのうちの小規模企業の従業員数は32.2%となっています。 福岡県内の経済は中小企業に支えられている状態ですが、事業承継については後継者不在としている中小企業が多く全体の65.9%に及びます。 平成26年の調査で、開業率が5.9%、廃業率が4.0%と開業率が廃業率を上回っています。 中小企業の中には、事業承継が上手くいかず廃業を選択した会社があることを示しており、事業承継がスムーズに進んでいない実情も見えてきます。 後継者不在率についても、65.9%と過半数以上で後継者がいないとしている現実があります。 後継者がいないということは、事業承継をする時に親族内や会社内などに適任の後継者がいないことを示しており、そのままの状態にしておけば会社の存続が危ぶまれることになります。 会社の業績もよく、黒字経営であれば事業承継の準備を始めて適任の後継者を選定して、事業承継を実施していくべきだと考えられます。 福岡県商工部のアンケート調査によると、経営者が60歳以上の企業の事業承継の準備状況を見ても、後継者が決まっているとした会社は50.7%となっており、決まっていないとした会社は49.3%を占めています。 その中で事業承継の準備についてのアンケートでは、「すでに準備に着手している」としているのが24.2%と低く、後継者は決まっているのに「準備未着手」とした会社が26.5%となっています。 現経営者の年齢などにもよりますが、後継者が決まっているのであれば早期に授業承継の準備を進めた方が良いでしょう。 同じアンケートで後継者が決まっていないとしている会社では「後継者候補はいるが本人に伝えていない」としているのが11.4%、「後継者候補がいない」が15.7%、「事業承継について考えたことがない」が7.1%、「廃業予定」が15.0%となっており、廃業を予定している会社が意外と多いことが分かります。 年齢別で見ても。60歳代で「すでに準備している」が42.9%、「これから準備する」が29.9%、「現時点では準備をしていない」が19.7%、「現在は事業承継を考えていない」が7.5%となっています。 70歳代でも「すでに準備をしている」が49.5%、「これから準備する」が30.7%、「現時点では準備をしていない」が15.2%、「現在は事業承継を考えていない」が4.6%となっています。 年齢別では、60歳代よりも70歳代の方が事業承継の準備を始めていることが分かりますが、事業承継を経営上の問題として捉えていれば、当然の結果ともいえます。 福岡県における事業承継は、後継者不在率が比較的高く、事業承継をせずに廃業を選択する中小企業もやや多く感じられます。 会社の存続を考えるのであれば、どのような方法で事業承継を実行するのか、現経営者がしっかりと検討する必要があるでしょう。

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れは、段階的に進めていく場合が多く、第一段階では事業承継の準備の必要性の認識になります。 まずは、経営者自身が事業承継の準備を始める必要を感じなければ、事業承継は進んでいきません。 事業承継そのものは、経営者の家族内の問題でもあり、経営者が1人で悩んでいる場合もあります。 事業承継を実行するまでには、後継者の教育も含めるとおよそ10年の期間が必要だとされています。 そのため、現経営者が60歳を迎える頃には準備に着手する必要があります。 しかし、現在の経営者は60歳を超えても第一線で事業に携わっていることも多く、事業承継の準備が後回しになっている傾向があります。 現経営者の年齢が60歳前後になっても、第一線で仕事をしていてもいずれは世代交代が訪れ、現経営者も引退を迎える時が来ます。 そうなってから、事業承継の準備をしようと思っても手遅れになってしまいますから、事業承継の準備は、早期に取り掛かるべき問題なのです。 経営者自身が事業承継について積極的に考えられるように、顧問税理士や取引のある金融機関の担当者からきっかけを提供していくことが重要になります。 第二段階は経営状況・経営課題等の把握(見える化)になります。 会社を取り巻く環境の変化やそれに伴うリスクなどは、10年先を見据えて考えておく必要があります。 また、会社はいろいろな要素によって運営され、その一つ一つを丁寧に把握しておくことが重要になります。 会社の経営状況の把握をします。 資産状況や負債、債権などを一掃してすべてを把握します。 会社の不動産状況や、経営者と会社の貸借関係や経営者保証の有無、会社と個人の関係の明確にします。 貸借対照表などの財務諸表の内容も把握して、適正な決算処理が実施されているかいう点においても点検します。 株式についても、発行数や評価額の把握し点検します。 会社の事業内容も強みとなっているものと弱みとなっているものを精査して把握します。 このように、会社の経営状況を把握していくと、事業承継における経営課題も分かるようになります。 事業承継における課題では、後継者の有無やどのように事業承継を進めていくか、など具体的に考えていく必要があります。 第三段階では、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 後継者により良い形で会社を引き継げるように、経営状況を把握して課題が見えたところで、改善をしていきます。 改善する対象は、業績改善やコスト削減のほかに、自社ブランド商品のイメージ、優良な顧客、金融機関や株主との良好な関係、優秀な人材、知的財産権や会社の運営上のノウハウ技術、法令順守体制などになります。 経営改善については、様々な事柄が含まれるので、必要であれば弁護士や会計士、税理士などに協力してもらいながら進めていくと良いでしょう。 そのほかには、本業の競争力を高めたり、経営体制の総点検をしたりしながら、会社をより良い状態に磨き上げをしていきます。 第四段階は、事業承継計画の策定及びM&A等のマッチングの実施になります。 事業承継計画の策定は、親族内承継や親族外承継を実施する場合になります。 M&A等のマッチングの実施は、社外への引継ぎの場合になります。 事業承継計画の策定は、第二段階、第三段階で自社の現状を知り、改善していくところもわかったところで、自社を強くするのが事業承継の準備において大切なポイントになります。 事業承継には、中長期的な期間が必要になるので、中長期的な目標を設定して計画の策定をします。 自社に現状分析、今後の環境変化の予測と対策・課題の検討、事業承継の時期などを盛り込んだ事業の方向性の検討、具体的な目標の設定、スムーズな事業承継に向けた課題の整理などを踏まえて、概ね10年に期間で計画を策定していきます。 社外への引継ぎとなった場合は、M&A仲介会社に選定をして、売却希望条件を精査します。 第五段階は、事業承継の実行及びM&Aの実施になります。 親族内承継、親族外承継の場合は、後継者となった人へ事業承継を実行します。 第一段階から第四段階まで、把握した課題を解消しながら事業承継やM&Aの実行へとつなげていきます。 資産の移転や経営権の移譲をして、事業承継が実行されます。 この時点で、税負担や法的な手続きなどもあるので、弁護士や税理士などに協力してもらいならば進めていくと良いでしょう。

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、第三者への引継ぎの3つがあります。 親族内承継は、現経営者の子供や配偶者、兄弟などを後継者とする方法です。 一般的には、現経営者の子供を後継者として事業承継をします。 現経営者の子供であることから、従業員や社外の取引先などの関係者などにも受け入れられやすく、スムーズに事業承継ができるパターンが多いでしょう。 実際に、事業承継する時も会社の代表権を移譲して、株式や財産を移転させやすいというメリットもあります。 しかし、最近では後継者を子供にする割合が減ってきています。 その背景には、会社の将来性や経営の安定性などに対する不安や親が経営している事業に興味を示さず、ほかの業界で仕事をしようとする職業の選択、リスクが少ない安定した生活を求める子供側の多様なライフスタイルや価値観の影響があると考えられます。 また、経営者である親側も、子供を自由にさせたいという思いや経営する会社の後継者とならなくてもいい、という考え方も強くなってきているように感じられます。 もしも、親が経営する会社を子供に引き継がせたいと考えるのであれば、魅力のある会社で後を引き継ぎたいと子供に思わせるようにするのもポイントになります。 親族外承継は、会社の役員や従業員を後継者とする方法になります。 一般社員がすぐに後継者となれるわけではないので、長年勤めている役員や従業員が後継者候補となりやすいでしょう。 現経営者の親族に後継者となる人がいない場合に、会社の役員や従業員から後継者子王甫を選定して決定します。 既に会社の役員や従業員なので、事業内容や経営方針、理念などの教育が不要となり、後継者教育の期間を短くできます。 これまで、経営者交代の時に株式の買い取りなどで資金調達が難しいとされていましたが、最近では、種類株式や持株会社の設立、従業員持株会などを活用すれば、資金の問題はなくなります。 また、事業承継税制についても親族外であっても適用されるようになったので、親族外承継を選択する会社も増えています・ 第三者への引継ぎは、会社の外部に広く候補者を求めることが可能になり、現経営者は会社の売却によって利益を得ることができます。 親族内にも、親族外にも後継者候補がいない場合や現経営者が高齢になったことを理由に第三者への引継ぎを選択する割合が増えています。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、親族内にも会社の役員や従業員にも後継者がいない場合や経営者が高齢になったために、選択させる方法になります。 一般的に中小企業の事業承継におけるM&Aは、株式譲渡を選択するケースが多く、株式譲渡によって、会社の経営権や資産、負債などすべてを譲り渡すことになります。 単純に会社を売却したいといっても、売却する会社が魅力的なものでなければ、買収しようとする会社は現れません。 そのため、事業承継の流れや進め方にもあったように、会社の現状を把握して、課題を改善してより良い形にしておく必要があります。 また、売却にあたって、どのような条件で売却したいのか、という点についてもしっかりと検討しておく必要があります。 M&Aは、経営者だけに力で進めるのは難しいので、M&A仲介会社に依頼してM&Aを進めていく方が良いでしょう。 事業承継における中小企業のM&Aは、近年増加傾向にあるので、規模が小さい会社でもM&Aのサポートしている仲介会社があります。 M&A仲介会社に仲介を依頼すると、売却する会社の評価をします。 その後、譲り受け会社とのマッチングを実施して、交渉、トップ面談などを複数回繰り返して、基本合意書の締結となります。 基本合意書の締結をするとデューデリジェンス(買収監査)が実施され 問題がなければ西遊契約締結となり、売買が成立します。

福岡県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社事業承継支援センター

株式会社事業承継支援センターは、福岡県福岡市に拠点をおく事業承継支援に特化したM&A仲介会社になります。 事業承継に関する支援業務を中心に、マッチングWebサイトの運営も実施しておりM&Aだけでなく、事業承継全般に対してサポート実施しています。 代表者自身も税理士資格を保有しており、地元の金融機関などとも連携を強化しています。 九州を中心にM&Aを実施している仲介会社なので、地元に根付いたサポートを受けることができます。

株式会社フォルテワン(forte ONE)

株式会社フォルテワンは、福岡県福岡市に拠点を構えるM&A仲介倍者になります。 主な事業内容は、M&Aに関する仲介及びアドバイザリー、企業及び事業のデューデリジェンス、企業及び事業の価値算出、事業承継及び相続のコンサルティング、人事労務に関するアドバイザリー、財務及び税務に関するコンサルティングとしています。 事業承継におけるM&Aの仲介やアドバイザリーを受けることもできますが、事業承継や相続のコンサルティングを実施しているので、事業承継全般のサポートを受けることができます。 もともと税理士法人と社会保険労務士法人が母体となっているグループ内企業なので、ワンストップで問題解決も目座あすことができます。 2700社を超えるネットワークを持っているので、M&Aのマッチングをしてくれるようです。

まごころM&Aパートナーズ株式会社

まごころM&Aパートナーズ株式会社は、福岡県福岡市に拠点を構え、M&Aアドバイザリーサービスやコンサルティングをしている会社です。 事業承継・M&Aエキスパート協会にも所属しており、M&Aだけでなく事業承継の相談も受け付けているようです。 年商や従業員数が少ない会社に特化したM&Aのサポートを実施しており、中小企業の実情をしっかりと理解して、必要とされる判断、行動を的確なスピードとタイミングでサポートしてくれます。 また、Webサイトを利用して最適なマッチングを実施して、M&Aを進めてくれます。 M&Aに関するセカンドオピニオンの体制も整っており、ほかのM&A仲介会社について疑問や不安がある時に相談できます。

九州M&Aサポート株式会社

福岡県福岡市に拠点を構えるM&A仲介会社で、M&A仲介業務、デューデリジェンスを主な業務内容としています。 M&Aだけでなく、事業承継に関する相談もできるのでM&Aの実施を迷っている経営者に向いています。 強みとしているのは、税理士や会計士などの資格を持っている人材が多く、M&Aに関する守秘義務を基本としています。 また、会計士や税理士などの士業事務所が終結しており、九州に根付いたネットワーク力があります。 M&Aだけを専門にしていないので、経営相談なども可能であるとしています。 多くの専門士業の資格を持った専門スタッフで構成されているので、適切なM&Aサポートが受けられます。

まとめ

福岡県は、九州地方を代表する県ともいえますが、中小企業の割合は全国の都道府県と同じように90%を超えています。 そのような中で後継者不在の問題が顕著でもあり、今後の事業承継における取組が重要となるでしょう。 後継者不在率が高いということは、事業承継の準備もまた進んでいない状況だといえます。 今後は、中小企業の存続が経済の動きを変えるといっても良いでしょう。 福岡県の事業承継が今よりも進むように、関係機関は働きかけをしていく必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら