2020年4月14日更新都道府県別M&A

福岡県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

九州の中心的な存在である福岡県ですが、中小企業の事業承継問題については他地域と同様に状況はかんばしくありません。福岡県における事業承継問題の実態を明らかにするとともに、その解決のために実施されている公的事業承継支援の内容を確認します。

目次
  1. 福岡県における事業承継とは
  2. 事業承継の方法
  3. 福岡県の公的事業承継支援
  4. 福岡県の公的事業承継支援の流れ
  5. M&Aで事業承継するメリット
  6. 福岡県で事業承継に強いM&A仲介会社5選
  7. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

福岡県における事業承継とは

日本全国の中小企業共通の経営課題が事業承継問題です。少子高齢化現象に端を発して、後継者のいない中小企業が、廃業または倒産(法的整理)の憂き目に会い、その数が年々上昇してきてしまっています。福岡県も、その例外ではありません。

帝国データバンクが発表しているいくつかの調査資料を基に、福岡県における事業承継問題の実態をあぶり出してみましょう。まず、2019(令和元)年11月発表の「全国・後継者不在企業動向調査(2019年)」によると、福岡県の後継者不在率は67.2%(全国17位)です。

全国平均65.2%を2%も上回っています。この数値は、創業者がまだ若かったり近年に事業承継したばかりなど、後継者を検討する必要のない企業も含めたものです。そこで、次に「後継者問題に関する九州企業の実態調査(2019年)」(2019年12月発表)を見てみましょう。

この資料では、福岡県単独ではないのですが、沖縄県も含めた九州8県の社長の年代別による後継者不在率がわかります。キーポイントとなる60歳以上における後継者不在率は、以下のとおりです。

  • 60代:46.1%
  • 70代:36.2%
  • 80代以上:32%

「九州・沖縄地区の社長分析(2019年)」(2020年3月発表)によると、福岡県に属する中小企業の社長平均年齢は59.2歳です。後継者教育など事業承継準備には5~10年かかるともいわれており、60代のうちにそれを行わないと事業承継は望めません。

つまり、九州地区では社長年齢が70代以上で後継者がいない中小企業の比率は34.1%ですから、その場合、実に3社に1社は近いうちに廃業の危機にあるという状態なのです。

※関連記事
社長の引退年齢の現状や課題点とは?M&Aや事業承継を活用するポイントを解説

事業承継の方法

福岡県の中小企業の廃業を食い止めるには、円滑な事業承継が実施されることが必要です。経営者が会社の経営を次世代の後継者にバトンタッチする事業承継には、以下の3つの種類があります。

  • 親族内承継
  • 社内承継
  • M&Aによる事業承継
それぞれの概要について確認しておきましょう。

親族内承継

経営者が、その子供や兄弟姉妹、配偶者あるいは子供や兄弟姉妹の配偶者など、親族に事業承継するのが親族内承継です。日本では従来より、この親族内承継が最も多く行われてきました。しかし、現在、親族内承継の比率はどんどん下降しています。

事業承継で必須となる手続きが、経営権の委譲を意味する株式譲渡です。親族内承継での株式譲渡方法としては、相続が一般的でしょう。ただし、当事者間の意向によっては、贈与や売買による株式譲渡方法が選ばれることもあります。

その理由としては税金対策という一面と、複数の相続人がいる場合に株式が分散するリスクを避けるために行われるのが主たる動機です。

社内承継

親族に後継者がいないケースで行われてきたのが、会社の役員または従業員を後継者とする事業承継です。役員承継や従業員承継とも呼ばれる場合もあります。優秀な役員や従業員が社内に存在する場合においてはこちらを優先し、親族を差し置いて後継者に指名する経営者もいるようです。

社内承継での株式譲渡方法は、基本的に売買で行われます。つまり、後継者は次期社長となるために、株式買取用の資金を用意しなくてはなりません。

M&Aによる事業承継

親族内承継あるいは社内承継が不可能なとき、ここ最近になって行われるようになってきたのが、社外の個人や法人へのM&Aによる事業承継です。M&Aで会社を売却することによって会社は廃業を免れ、買収者によって経営が続けられていくことになります。

会社売却には事業譲渡という手法もありますが、このケースでは株式売買が一般的でしょう。手続きも株式売買のほうが、スムーズに進められます。

※関連記事
親族内承継

福岡県の公的事業承継支援

国と各自治体は、中小企業の事業承継問題を正面から受け止め、それを直接的に支援する施策を行っています。まず、中小企業庁から各自治体への委託事業として、それぞれ「事業引継ぎ支援センター」が設置されました。福岡県では、福岡商工会議所がその受託機関となっています。

次に、国側は「事業承継ネットワーク」のロールモデルを提示し、それを受けた各自治体ごとに独自のコンセプトによる、地域ごとの事業承継ネットワークが確立されました。本項では、福岡県事業承継ネットワークを中心に、実施されている公的事業承継支援の全体像を見ていきます。

福岡県事業承継ネットワーク

福岡県事業承継ネットワークは、2018(平成30)年5月に、その体制が組まれました。福岡県事業承継ネットワークの構成概要について以下に記します。

【ネットワーク統括】

  • 福岡県庁商工部長

【支援機関】

  • 福岡地域中小企業支援協議会
  • 北九州地域中小企業支援協議会
  • 筑後地域中小企業支援協議会
  • 筑豊地域中小企業支援協議会
  • 福岡県商工会議所連合会
  • 福岡県内19商工会議所
  • 福岡県商工会連合会
  • 福岡県内52商工会
  • 公益財団法人福岡県中小企業振興センター
  • 福岡県よろず支援拠点
  • 福岡県中小企業団体中央会
  • 福岡県事業引継ぎ支援センター
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構
  • 福岡市中小企業サポートセンター

【金融機関】

  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 筑邦銀行
  • 北九州銀行
  • 福岡中央銀行
  • 佐賀銀行
  • 信組協会
  • 信金協会
  • 日本政策金融公庫
  • 商工組合中央金庫
  • 福岡県信用保証協会など計21金融機関

【専門家団体】

  • 九州北部税理士会
  • 福岡県弁護士会など計5団体

【行政】

  • 福岡県商工部
  • 福岡県内60市町村

【事務局】

  • 福岡県
  • 福岡県事業引継ぎ支援センター(福岡商工会議所ビルに所在)

福岡県事業承継ネットワーク支援機関による施策事例

福岡県で実施されている公的事業承継支援施策の代表的なものを抽出して掲示します。

事業承継セミナー、事業承継相談会、事業承継支援勉強会

福岡県事業承継ネットワークの支援機関である商工会議所、商工会、金融機関各支店のほとんどにおいて、中小企業経営者に向けた事業承継セミナー、事業承継税制勉強会、事業承継個別相談会が定期的に開催されています。

また、それら支援機関の事業承継相談担当者たちのスキルアップを図るために、専門士業者らが講師になって、事業承継支援者向け勉強会も実施中です。

福岡県事業引継ぎ支援センター

福岡県事業引継ぎ支援センターは、福岡県事業承継ネットワークの事務局として、その中心的役割を担っています。したがって、事業承継について関する支援を実施すべく組織されていますが、中でも特徴的なのが、福岡県後継者人材バンクでしょう。

これは、後継者不在を理由にM&Aで事業承継を目指す中小企業と創業・起業志望者を結び付けようとして進められている施策です。

福岡銀行

福岡銀行は、2018年9月に事業承継マッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」を運営する東京のビジネスマーケットと業務提携しました。これにより、福岡銀行の顧客である中小企業経営者に対し、ニーズに応じて事業承継支援サービスを提供できる体制を組んでいます。

事業承継専用融資制度/福岡県

福岡県では、福岡県事業承継ネットワーク設立と同時に、新たな融資制度である「緊急経済対策資金(事業承継支援型)」が創設されています。融資限度額は1億円以内です。詳しい問い合わせは県庁商工部または各金融機関で受け付けています。

福岡市

福岡市では、特に市内の中小企業経営者向けに福岡市中小企業サポートセンターを設立しています。経営全般に対する相談を受け付けていますので、もちろん、事業承継についても支援体制は万全です。必要に応じて、福岡県事業承継ネットワークと連携し対応します。

一般社団法人福岡県中小企業診断士協会

福岡県中小企業診断士協会は、福岡県事業承継ネットワークの一員でもありますが、単なる協力支援機関という枠組みを超え、福岡事業承継・M&Aセンターを設立し運営を行っています。メンバーは中小企業診断士だけでなく、他の専門士業も参画した構成です。

※関連記事
中小機構による事業承継支援

福岡県の公的事業承継支援の流れ

福岡県で実際に公的事業承継支援を受ける場合、どのような流れになるのか知りたい方もいらっしゃるでしょう。一般的なケースを想定し、流れを5段階に分けて例示します。なお、公的事業承継支援は、基本的に全て無料です。

ただし、紹介を受けた士業の専門家などに実務を依頼する場合は、費用発生します。

①初回相談

まずは、相談からスタートです。最寄りの商工会、商工会議所、金融機関支店、役所担当窓口などの中から、自分が一番気軽に訪ねやすい所を選び相談に行きましょう。専門の相談員が付いてくれますので、事前にアポイントを取ってください。

相談当日は、以下の資料の持参を求められます。

  • 会社登記簿謄本
  • 3期分の決算書(決算書・科目内訳書・確定申告書)
  • 会社案内あるいはパンフレット
初回相談の内容は、相談員がひととおりの現状認識ができるところまでです。

②2回目以降面談

初回相談内容からさらに細部の確認をするため、相談員が会社を訪問する形で2回目の面談が実施されます。必要に応じて追加資料の提出が求められるかもしれません。より適切なアドバイスや支援実施のため、現状が正確に把握できるまで複数回、面談が行われる可能性があります。

③相談内容解決のための提案

ここまでの相談および面談内容を福岡県事業承継ネットワーク内の専門スタッフが検討し、今後の事業承継の進め方について最も適切と考えられる案が提示されます。最終判断は中小企業経営者自身が決めることです。その決定事項に従い、以降は2つの流れに分岐します。

親族内承継または社内承継を行うケース

後継者を交えて事業承継を実施するまでのロードマップである事業承継計画書を策定します。福岡県事業承継ネットワークの専門担当者が随時相談に乗るので安心してください。事業承継計画書では次のようなことを取り決めます。

  • 事業承継時期
  • 引継ぎ(後継者教育)実施期間
  • 株式譲渡方法
  • 事業承継税制手続き準備
  • 事業承継前後の資金調達手配(必要な場合)

M&Aによる事業承継を目指すケース

親族、社内に後継者がおらずM&Aによる事業承継を決断した場合、まずは、福岡県事業引継ぎ支援センターが運営している、後継者人材バンクから候補者の紹介があります。事業引継ぎ支援センターは他県とも連携しているので、場合によっては近県の候補者紹介もあるでしょう。

後継者人材バンクで後継者が見つからなかった場合、福岡県事業引継ぎ支援センターに登録している民間のM&A仲介会社の紹介を受けます。異存がなければその会社と契約し、M&A成約を目指しますが、ここからは手数料が発生するので注意してください。

その意味でも、M&A仲介会社選びは慎重に行いましょう。

※関連記事
事業承継計画の作成方法とメリット
事業承継を成功させるための後継者選び

M&Aで事業承継するメリット

後継者がいない中小企業の経営者が、周囲からM&Aでの事業承継をすすめられたとき、あまり積極的に話を聞かないことが少なくないようです。特に高齢者ほどその傾向が強く見られます。M&Aに良い印象を持っていなかったり、手続きを面倒に感じたりすることが、その主たる理由です。

確かにプロセスとしては、相手方との交渉があるため、M&Aには複雑な点があるかもしれません。しかし、廃業の場合もそれほど手続きは簡単ではないでしょう。そして何よりも、M&Aによる事業承継には、廃業では得ることのできない2つの大きなメリットがあります。

①会社売却代金の獲得

M&Aでの事業承継とは、会社の株式を第三者に売却して経営権を譲渡することです。その譲渡価額は単に資本金額ということではなく、所有資産や事業の将来性なども加味して決められるため、相当な金額となるでしょう。

その際に考えられる支出はM&A仲介会社への手数料ですが、手数料=成功報酬は、M&A成約金額(=株式売却代金)の数%という決め方です。つまり、依頼者側が持ち出しになることなどはあり得ません。したがって、経営者の手元には十分な売却益が残ります。

しかし廃業では、手続き費用や設備類の処分費用など、持ち出しコストの発生は明らかです。このように、廃業に待っているのは出費だけですが、M&Aで事業承継すると会社売却代金という老後資金として十分な収入が得られます。これは、ハッピーリタイアに他なりません。

②従業員の雇用確保

引退する経営者は会社を廃業しても気楽かもしれません。しかし、従業員たちは失職しその家族を含めて生活は困窮します。同業種で同待遇の再就職先を見つけるのも大変です。従業員のこれからの人生を考えたとき、廃業という選択は経営者として無責任といえるかもしれません。

ところが、M&Aによって事業承継が実現すれば、会社は存続し従業員の雇用も守られます。経営者が後ろ指を指されることもなく、安心して気分良く引退できるのは、もう1つのハッピーリタイアといって差し支えないでしょう。

※関連記事
事業承継対策のポイント
事業承継の課題と解決方法

福岡県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

福岡県で事業承継を目的とするM&Aを実施しようという中小企業のほとんどは、おそらく初めてのM&Aでしょう。そこには不安もあるかもしれませんが、上述したように福岡県事業承継ネットワークの支援機関に相談すれば、M&A仲介会社を紹介してもらえます。

しかし、紹介されたM&A仲介会社を必ず起用しなければいけないわけではありません。M&Aは数ヶ月にもおよぶ長丁場であり、どのM&A仲介会社とつき合うかは、いわゆる相性も重要です。M&A仲介会社選びで失敗しないためにも、できるだけ事前情報を得ておきましょう。

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、福岡県だけでなく全国の中小企業からM&A業務を引き受けています。したがって、福岡県外の案件情報も抱えており近県の候補者とのマッチングも可能です。M&Aの秘訣は多くの候補から相手を絞り込むことであり、候補の幅が広がるに越したことはありません。

また、M&A総合研究所の料金体系は、他社のように相談料、契約料、月額料、中間報酬など段階ごとの手数料はありません。M&Aが成約するまで一切の費用が発生しない完全成功報酬制です。しかも、その成功報酬額は、国内最安値水準というリーズナブルな設定としています。

そして、豊富な知識と経験を持つ公認会計士がM&Aを徹底サポートするM&A総合研究所では、通常であれば半年から1年程度かかるとされるM&Aを、平均3ヶ月での成約を実現してきています。ぜひ一度、無料相談まで、お気軽にお問い合わせください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

事業承継支援センター

株式会社事業承継支援センター

出典:http://www.jigyou-syoukei.co.jp/

事業承継支援センターは、福岡市に拠点を置く事業承継支援に特化したM&A仲介会社です。マッチングWebサイトの運営も実施しつつ、M&Aだけでなく事業承継全般に対するサポート業務を実施しています。代表者は税理士資格を有しており、地元の金融機関などとも連携を強化しています。

フォルテワン(forte ONE)

株式会社フォルテワン(forte ONE)

出典:https://forte-one.com/

フォルテワンは、福岡市に事務所を構えるM&A仲介会社です。M&A全般を請け負うだけでなく相続のコンサルティングなども実施しているので、事業承継についても抜け目なくサポートを受けられます。

もともと税理士法人と社会保険労務士法人が母体となっているグループ企業であり、2,700社におよび外部企業とのネットワークも構築しているので、事業承継のためのM&Aもワンストップで実現可能です。

まごころM&Aパートナーズ

まごころM&Aパートナーズ株式会社

出典:https://magokoro-partner.jp/

まごころM&Aパートナーズは、福岡市を拠点とするM&Aアドバイザリーサービスやコンサルティングをしている会社です。事業承継・M&Aエキスパート協会にも所属しており、単なるM&Aだけでなく事業承継の相談も実施しています。

中小企業の中でも特に小規模事業者に特化したM&Aに注力しており、実情を理解したうえで的確なスピード感を持ったM&Aサービスが特徴です。また、Webサイトでのマッチングサービスも運営しています。

九州M&Aサポート

九州M&Aサポート株式会社

出典:http://q-ma.com/

九州M&Aサポートは、福岡市に事務所を置くM&A仲介会社です。その特徴は、多数の士業事務所が共同で設立したことにあります。取締役の顔ぶれを見ると公認会計士、税理士、司法書士、行政書士、弁護士、弁理士、不動産鑑定士など枚挙にいとまがありません。

個人の士業事務所が業務上、連携してM&Aをサポートするのはよくあることですが、共同で設立されたM&A仲介会社ですから、ワンストップでM&Aサポートを受けられます。

※関連記事
福岡のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

まとめ

現在のところ少子高齢化を直接改善する有効な手立てはない状態です。しかし、中小企業の事業承継問題であれば、解決していける道はあるように感じられます。福岡県においても積極的に公的事業承継支援が実施されており、経営者の心持ち一つで状況は変えられるかもしれません。

本記事の要点は以下のとおりです。

・福岡県における事業承継問題
→2019年の後継者不在率67.2%

・事業承継の方法
→親族内承継、社内承継、M&A承継

・M&Aによって事業承継するメリット
→会社売却代金の獲得、従業員の雇用確保

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

M&A
【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

M&A
和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

中小企業M&A
大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中小企業M&A
中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

M&A株式譲渡事業譲渡
北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に経営手法として活用してきた地域です。今後は人口減少の影響により、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。

M&A株式譲渡事業譲渡
中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方のM&A・会社売却・事業承継!おすすめ仲介会社や案件の探し方をご紹介

中部地方は東京と大阪をつなぐ大都市があり、M&Aが盛んな県が多くあります。他方で人口減少の影響も深刻であるため、今後は事業承継M&Aが増加する可能性が高いです。

中小企業M&A
関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継|少額案件一覧やおすすめ仲介会社を紹介

関東地方のM&A・会社売却・事業承継は、ほかの地域に比べると会社が多いこともあり、M&A案件数やM&Aを実施しているケースも多く見受けられます。また、会社のみならず個人事業主のM&Aも多く見受け...

中小企業M&A株式譲渡事業譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)