2020年4月28日更新業種別M&A

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡!売却相場やおすすめ相談先を解説

福祉用具レンタルをはじめとする介護・医療関連業界は、高齢化による需要の増加もあり、M&A・事業譲渡・売却が今後活発になると考えられます。本記事では、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡について、売却相場やおすすめの相談先も交えて解説します。

目次
  1. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却
  2. 福祉用具レンタル会社を取り巻く現状
  3. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際の売却相場
  4. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの相談先
  5. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際に相談先を選ぶポイント
  6. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡を行う際の注意点
  7. 福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの仲介会社
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却

車いすやつえなどの福祉用具は購入すると高くなるので、安い価格でレンタルを提供するのが福祉用具レンタル会社です。

本記事では、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却についてみていきますが、まずは福祉用具レンタル会社やM&A・事業譲渡・売却といった、基本的な用語の意味を解説します。

福祉用具レンタル会社とは

福祉用具レンタル会社とは、車いすや介護用ベッドなどの福祉用具をレンタルすることを業務としている会社です。

福祉用具は、車いす・介護用ベッド・歩行器・スロープなど13品目に介護保険が適用されており、月数百円程度でレンタルできるようになっています。

それ以外の福祉用具には介護保険が適用されませんが、「一般レンタル」として全額負担でレンタルすることができます。

M&A・事業譲渡・売却とは

M&Aとは「Mergers and Acquisitions(合併と買収)」の略で、会社を買収・売却したり合併・分割したりする取引のことをいいます。

M&Aというと海外の企業や大企業が行うイメージがありますが、中小企業や個人事業主でも行うことが可能です。

特に近年は、中小企業の事業承継手段としてM&Aが有力視されており、国も事業引継ぎ支援センターなどの公的機関を設置して支援と普及につとめています。

事業譲渡とは事業にかかる資産を売買するM&A手法で、株式を売買して経営権を移動させる株式譲渡と並んで、M&Aのポピュラーな手法の一つとなっています。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

福祉用具レンタル会社を取り巻く現状

福祉用具レンタル会社を取り巻く現状

この章では、福祉用具レンタル会社を取り巻く現状について概観します。福祉用具レンタル会社の現状は、主に以下の5つの点にまとめられます。

【福祉用具レンタル会社を取り巻く現状】

  1. 要介護高齢者の増加に伴う需要拡大
  2. 介護報酬のマイナス改定による不安
  3. 介護給付費に対する課題
  4. 事業者数の増加
  5. 福祉用具レンタル・福祉用具貸与事業へのM&A・事業譲渡は増加

1.要介護高齢者の増加に伴う需要拡大

近年の日本の高齢化により要介護の高齢者も増加し、福祉用具レンタル会社の需要は拡大しつつあります

福祉用具レンタルの市場規模は約3000億円で、毎年数パーセントずつ市場規模が拡大しており、需要は堅調です

これに伴い国も「社会福祉基礎構造改革」を推進しており、個人の自立・質の高いサービス・地域福祉の充実をかかげ、多様化していく需要に対応すべく対策を打ち出しています。

2.介護報酬のマイナス改定による不安

介護報酬は近年では、2009年・2012年・2018年がプラス改定、2003年・2006年・2015年がマイナス改定となっています。

介護報酬は必ずしもマイナス改定ばかりされているわけではありませんが、福祉用具レンタル会社を始めとする介護業界の企業やそこで働く従業員にとっては、マイナス改定というのは不安を与える要素です。

従業員の給与の低さが問題視されるなか、今後介護報酬の大幅なプラス改定は期待しづらく、マイナス改定による企業の撤退や従業員の離職は今後も懸念の材料となるでしょう

3.介護給付費に対する課題

医療費は、自己負担の段階的な引き上げとともに、適正化の取り組みが以前から行われていますが、介護給付費についても同じような適正化が行われるべきだとされています

国も「介護給付適正化推進運動」を実施するなどして、介護サービスの質を維持しつつ、介護給付費の無駄を削減する取り組みが行われています。

4.事業者数の増加

福祉用具レンタル事業者数は増加傾向にあり、介護給付費実態調査月報のデータによると、請求事業所数は平成13年で3,658、平成21年で6,291、平成26年で7,078となっています。

ただしこの事業者数は一様に増加しているわけではなく、平成18年に7,308まで増加した後平成21年までは減少し、その後また増加に転じています。

5.福祉用具レンタル・福祉用具貸与事業へのM&A・事業譲渡は増加

福祉用具レンタル事業は福祉・介護の中では収益性が高い事業の一つで、事業者数も増加傾向にあり競争が激しくなっています。

福祉用具レンタル事業に新規参入する企業も増えており、今後はM&A・事業譲渡による買収・売却も活発になっていくと考えられます。

【関連】介護施設事業のM&Aの手法や現状と動向・費用の相場、売却/買収の事例を解説

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際の売却相場

売却相場

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却を検討している方は、やはり売却相場がどの程度なのかが気になるところでしょう。

しかし、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却は公開されている事例があまり多くないため、売却相場が計りにくいのが現状です

しかし、株式会社トーカイによる福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却で、売却価格が600万円、1100万円、8000万円といった事例が公開されています。

企業評価価値の算出方法

先のトーカイの例をみると、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の売却価格にはかなりの幅があることが見てとれますが、売却価格はどのようにして算定されるのでしょうか。

一般に、企業価値を評価する方法には、コストアプローチ・インカムアプローチ・マーケットアプローチといった手法があります。

コストアプローチは会社の純資産をもとに算出する方法、インカムアプローチは将来的な利益をもとに算出する方法、そしてマーケットアプローチは同業他社の株価などを参考にする方法です。

個人では売却価格算出は難しい

福祉用具レンタル会社の売却価格の算出には専門的な知識が必要になります。一般的にはM&A仲介会社などの専門家に依頼することになり、経営者が個人で正確な額を算出するのは難しいでしょう。

しかし、例えば貸借対照表の純資産と負債を単純に引き算して、大まかな売却価格を概算するのなら個人でも可能ではあります。

自分でも大まかな計算をしておいて、そのうえで専門家に詳細な算定を依頼するという形にするのもおすすめです。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの相談先

おすすめの相談先

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の相談先には、以下のような選択肢があります。

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの相談先】

  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の会計士・税理士・弁護士など
  5. マッチングサイト

1.M&A仲介会社

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先として最もオーソドックスなのは、M&Aを専門に扱っているM&A仲介会社です。

M&A仲介会社は小規模な会社でも利用できるところが多く、気軽な相談から本格的な交渉まで、幅広くサポートを提供しています

M&A仲介会社は非常に数が多いのでどこに相談するか迷うところですが、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡におすすめの仲介会社としては以下の5社が挙げられます。

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめのM&A仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. ブティックス株式会社
  3. 株式会社中小企業M&Aサポート
  4. 株式会社CBパートナーズ
  5. キャピタル・エヴォルヴァー株式会社

1.株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は、介護施設や老人ホームのM&A実績があるアドバイザー・会計士が在籍しているM&A仲介会社です。

独自の情報ネットワークを有しており、全国どこの福祉用具レンタル会社でも、最適な売買先を提案することができます。

料金は成約時に成功報酬を支払うだけの完全成功報酬制で、着手金や中間報酬は発生しません。

2020年現在の実績で希望価格より平均124%アップでの売却を実現しており、成約まで平均3か月というスピードも強みとなっています。
 

サイトURL https://masouken.com/lp/carehome
問合せ先 0120-401-970

施設介護・老人ホームのM&A・事業承継ならM&A総合研究所

2.ブティックス株式会社

ブティックス株式会社は、医療・介護業界に特化したM&A仲介会社です。

M&A仲介業務以外にも、介護・医療分野の通販サイトの運営、介護事業者と配食サービスのサプライヤーをマッチングする「CareTEX365」の運営などを営んでいます。
 

サイトURL https://btix.jp/
問合せ先 03-6303-9611

3.株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aを専門に取り扱う仲介会社です。福祉用具レンタル会社は中小企業も多いので、こちらの仲介会社はおすすめだといえます。

成功報酬の最低額が150万円と非常に低く設定されており、小規模なM&Aでも手数料が負担にならないのが強みです。
 

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
問合せ先 03-6860-8272

4.株式会社CBパートナーズ

株式会社CBパートナーズは、薬局・医療・介護に特化したM&A仲介会社です。

業界知識と動向に長けたスタッフと全国に展開するネットワークが強みで、お客様に寄り添うきめ細かいサービスを提供しています。
 

サイトURL https://www.cb-p.co.jp/
問合せ先 0120-979-544

5.キャピタル・エヴォルヴァー株式会社

キャピタル・エヴォルヴァー株式会社は、M&Aアドバイザリーサービスを始め、経営支援や投資支援、資金調達支援などを手がけている会社です。

主に中小企業を対象に、独立系の強みを生かした中立的な立場でのサポートを提供しています
 

サイトURL http://www.c-evolver.com/
問合せ先 サイトの問合せフォームより

2.地元の金融機関

銀行や信用金庫といった金融機関でも、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談を受け付けてもらえます。

メガバンクや外資系投資銀行は大企業のM&Aを中心に扱っているので、中小の福祉用具レンタル会社の場合は、地方銀行や信用金庫を利用するとよいでしょう

ただし、こういった金融機関では相談は受け付けているものの、具体的な交渉や手続きは提携のM&A仲介会社に依頼することになるので注意が必要です。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談をするなら、やはりM&A仲介会社に相談したほうがベストといえるでしょう。

3.地元の公的機関

近年は中小企業の事業承継問題が深刻化しており、国は事業引継ぎ支援センターなどの公的機関を全国に設置して、M&Aによる事業承継の普及を推進しています。

事業引継ぎ支援センターなど公的機関は各都道府県に設置されているので、まず相談を持ちかけてみるのもおすすめです。

ただし、金融機関と同様、最終的には提携のM&A仲介会社に依頼することになるので、二度手間になる可能性があるのは注意点です。

【関連】事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

4.地元の会計士・税理士・弁護士など

会計士・税理士・弁護士といった士業事務所の中には、M&Aを得意にしていたり、介護や福祉業界に詳しいところもあります

もしそういった地元の士業事務所を知っているなら、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談を持ちかけるのもよいでしょう。

ただし、士業事務所も最終的には、提携のM&A仲介会社に依頼することになるのが注意点です。

5.マッチングサイト

マッチングサイトとは、M&A・事業譲渡・売却を検討している買い手と売り手が情報を交換し、自分で交渉を持ちかけてM&Aを実行できるサイトです。

たいていのマッチングサイトは、売り手が手数料無料、買い手も3%程度と安いことが多いので、コストを抑えて福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却を行いたい方におすすめです。

自分だけでM&A・事業譲渡・売却を行うのが不安な場合は、M&A仲介会社の仲介サポートを受けながら利用することもできます。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際に相談先を選ぶポイント

相談先を選ぶポイント

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の相談先を選ぶ時は、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際に相談先を選ぶポイント】

  1. 過去に自社と同規模の案件実績がある
  2. 同業種のM&A経験・知識がある
  3. M&Aに精通した知識がある
  4. 買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる
  5. 相性がよく信頼できる

1.過去に自社と同規模の案件実績がある

M&Aは大企業による数百億円規模の案件もあれば、零細企業や個人事業主による数百万円程度の案件もあります。

同じM&Aでも両者は全く異なるので、M&A仲介会社を選ぶ時は、過去に自社と同規模の案件実績があるかどうか確認しておく必要があります。

2.同業種のM&A経験・知識がある

M&A・事業譲渡では売買する会社の事業について、業界動向などを把握しておかなくてはなりません。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先を選ぶ時は、同業種のM&A実績があるか確認しておきましょう

福祉用具レンタル会社のM&A実績がある仲介会社がみつからない場合は、医療や介護・薬局など近い業種のM&A実績があるところを探すとよいでしょう。

3.M&Aに精通した知識がある

M&A・事業譲渡・売却には、会計や税務の知識から各業界の動向まで、幅広い知識と経験が必要とされます。

もちろんM&A仲介会社はM&Aを専門にしているわけですから、基本的にはM&Aに詳しいスタッフが業務にあたっています。

しかし、M&A仲介業務は不動産事業のように資格があるわけではないので、なかにはM&Aの経験が乏しいスタッフがいることもあるかもしれません

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先を選ぶ時は、M&Aに精通した知識を持っているか確認しておきましょう

4.買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる

地方銀行や信用金庫といった金融機関、または事業引継ぎ支援センターなどの公的機関は、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先として有力ではありますが、買収先の紹介・選定・仲介は提携のM&A仲介会社に流すことになります。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先としては、買収先の紹介・選定・仲介まで行ってくれる、M&A仲介会社やM&Aアドバイザリーなどを選ぶほうが無難だといえるでしょう

5.相性がよく信頼できる

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の相談先を選ぶ時は、担当スタッフの人柄や仕事ぶりを見て、相性がよく信頼できるかどうか見極めることも大切になります

いくら評判が良く知識や経験に長けたスタッフでも、顧客の会社に対する思いを汲まず、やみくもに成約を目指すような対応をされるなら、別なスタッフや仲介会社に変更することも検討すべきでしょう。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡を行う際の注意点

注意点

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡を成功させるためには、以下のような点に注意しましょう。

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡を行う際の注意点】

  1. 利用者・顧客の不安を考える
  2. M&A・事業譲渡を行う目的を明確にする
  3. 譲渡先をしっかりと選定する
  4. 契約成立まで情報の取り扱いに注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

1.利用者・顧客の不安を考える

M&Aというのは正しい方法で行えば特に危険や不安を感じる必要はないのですが、一般の方にとっては会社が買収されるというイメージで不安を感じることも多いです。

自分が利用している福祉用具レンタル会社が買収されると聞くと、不安に感じた利用客・顧客が利用をやめてしまう恐れもあります。

福祉用具レンタル会社をM&A・事業譲渡・売却する時は、情報を利用者・顧客に漏らさないようにするなど、不安を与えないように配慮しておきましょう

2.M&A・事業譲渡を行う目的を明確にする

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却の目的は、個々の事例によって様々です。

経営者の高齢化による事業承継、大手の傘下に入って経営を安定させたい、売却益を得て新しい事業の資金にしたいなど、目的を明確にしておくことで、買い手候補との交渉もスムーズに進みます

3.譲渡先をしっかりと選定する

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却では、譲渡先をしっかりと選定することが重要です。

こちらの会社の強みを理解して、高いシナジー効果を獲得できる買い手を見つけると、売却価格も高くなる傾向がありますし、譲渡後の経営もスムーズに進みます。

一方で、こちらの経営理念や会社への思いを理解しない相手に譲渡してしまうと、後で問題が起きたり経営状態が悪化することがあるので注意が必要です。

4.契約成立まで情報の取り扱いに注意する

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却では、情報が外部に漏れてしまわないようにしておくことが重要です。

契約成立前に情報が顧客や取引先に漏れてしまうと、不安に感じて利用や取引をやめてしまう恐れがあります。

交渉中は経営者や役員など一部の人間だけにM&Aを知らせておき、従業員や顧客・取引先には契約成立後に知らせるようにしましょう。

5.M&Aの専門家に相談する

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却はマッチングサイトを利用して自分で行うこともできますが、ほとんどの福祉用具レンタル会社の経営者はM&A・事業譲渡・売却の経験がないはずなので、スムーズに進まないこともあるでしょう。

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却をスムーズに進めるためには、やはりM&A仲介会社などの専門家に相談したほうが無難です

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却をお考えの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

介護施設・老人ホームのM&A実績があるアドバイザー・会計士・弁護士が3名体制で就き、親身になってクロージングまでフルサポートいたします。

数多くのM&Aを仲介してきたからこそできる最適なプランを提案し、M&A成立後の待遇などM&A後も考慮したサポートを提供します

無料相談を年中無休で受け付けていますので、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

施設介護・老人ホームのM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却は今のところそこまで活発ではありませんが、今後の需要増加によってM&A・事業譲渡・売却が増えてくる可能性は高いといえます。

福祉用具レンタル会社の経営者としては、今のうちからM&A・事業譲渡・売却に関する知識を蓄えておき、経営の選択肢の一つとして活用できるよう準備しておくことが重要となります。

【福祉用具レンタル会社を取り巻く現状】

  1. 要介護高齢者の増加に伴う需要拡大
  2. 介護報酬のマイナス改定による不安
  3. 介護給付費に対する課題
  4. 事業者数の増加
  5. 福祉用具レンタル・福祉用具貸与事業へのM&A・事業譲渡は増加

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめの相談先】
  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の会計士・税理士・弁護士など
  5. マッチングサイト

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際におすすめのM&A仲介会社】
  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. ブティックス株式会社
  3. 株式会社中小企業M&Aサポート
  4. 株式会社CBパートナーズ
  5. キャピタル・エヴォルヴァー株式会社

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡の際に相談先を選ぶポイント】
  1. 過去に自社と同規模の案件実績がある
  2. 同業種のM&A経験・知識がある
  3. M&Aに精通した知識がある
  4. 買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる
  5. 相性がよく信頼できる

【福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡を行う際の注意点】
  1. 利用者・顧客の不安を考える
  2. M&A・事業譲渡を行う目的を明確にする
  3. 譲渡先をしっかりと選定する
  4. 契約成立まで情報の取り扱いに注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

M&A総合研究所は、施設介護・老人ホームのM&A経験のあるアドバイザー・会計士によるフルサポートを提供しているM&A仲介会社です。

医療・福祉業界の動向に明るいスタッフにより、最適なスキームと売買先を提案します。

無料相談を年中無休で受け付けていますので、福祉用具レンタル会社のM&A・事業譲渡・売却をお考えの方は、電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)