2021年7月29日更新都道府県別M&A

長野県のM&A・会社売却・事業承継の相談に!仲介会社10選、譲渡案件も紹介

長野県では紡績や精密機械などの産業が盛んなほか、観光業などに従事している人が増えています。一方で、少子高齢化が進んでいる地域で中小企業の存続が困難な状況です。今回は、長野県のM&A・会社売却・事業承継を相談できる仲介会社や、譲渡案件例なども紹介します。

目次
  1. 長野県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  2. 長野県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
  3. 長野県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 長野県のM&A仲介会社の手数料
  5. 長野県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
  6. 長野県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 長野県のM&A譲渡案件の探し方
  8. 長野県のM&A事例
  9. 長野県のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

長野県のM&A・会社売却・事業承継の動向

長野県のM&A・会社売却・事業承継の動向

はじめに、長野県のM&A・会社売却・事業承継の動向を、以下5つのトピックに分けて取り上げます。

  • 長野県の事業所数と人口
  • 紡績・金属・化学繊維などの事業が盛ん
  • 自然を活用した観光業も目立っている
  • 長野県の経営者の平均年齢と後継者不在率
  • 長野県のM&A件数の推移

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

長野県の事業所数と人口

長野県の民営事業所数は10万8360事業所と全国で15位に位置しており、従業員数も93万4253人と全国で16位に位置しています。主な産業は卸売業・小売業で、全体の23.3%を推移しています。次いで、宿泊業・飲食業が14.7%、建設業が11.2%、製造業が10.2%となっています。

これらを合わせると、全体の59.4%を占めています。2012年から2016年の数値を比較すると、卸売業・小売業はマイナス5%弱を示しており、宿泊業・飲食業はわずかにマイナスとなっています。長野県で従業員数は多い産業は製造業で22.6%を推移しており、次いで卸売業・小売業が19.2%、医療・福祉が12.7%、宿泊超・飲食サービス業が10.5%を推移しています。

出典:長野県企画振興部情報政策課統計室「令和元年経済センサス-基礎調査 結果の概要 ~長野県版~」

紡績・金属・化学繊維などの事業が盛ん

以前より紡績や金属、化学繊維などの産業が盛んで、1970年ごろから電機、機械、精密機械、情報、電子などの産業が盛んです。長野県には、セイコーエプソン株式会社やミネベア株式会社、日信工業株式会社など、精密機械や自動車部品メーカーなどが多くあります。東証一部に上場している会社も多くありますが、その下請け業者も多く大半は中小企業となっています。

自然を活用した観光業も目立っている

長野県の経営者の平均年齢と後継者不在率

長野県の中小企業でのM&Aの現状を示すデータはありませんが、少子高齢化が進み、後継者問題や経営者の高齢化は全国と同じように課題となっていることが予測できます。

長野県の県庁所在地である長野市を例にしてみると、事業所自体が減少傾向になり、廃業や休業する会社が増えているにもかかわらず、新規開業の件数が少ないといってよいでしょう。また、従業員数が1人から4人などの規模の小さい会社が多く、「こんな小さな会社を買ってくれるようなところはないだろう」という考え方が先行しているように感じられます。

それに加えて老舗企業が多く、これまでは家業を継ぐという若者も多く親族内継承が実施されてきましたが、近年になって「家業を継ぎたくない」という考えや「ほかにやりたいことがある」などの考えから親族内承継も難しくなっているのが現状です。

このような中で、小さい規模の会社でもM&Aを実施して、会社の存続や事業再編などが必要であることが、長野県全体の経済状況を改善できる方法だと言えるでしょう。長野県としても、今後高齢者福祉に充てられる費用を考えると、事業所の廃業や休業が増えていくのは、税収から行っても問題となる点でもあります。

そのため、会社の廃業や休業はできるだけ避けたいことと言えるかもしれません。

出典:帝国データバンク「特別企画:長野県内「後継者不在企業」動向調査 」

長野県のM&A件数の推移

 

出典:レコフ「長野県のM&A」

【関連】長野県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

長野県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

長野県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

ここからは、長野県でM&Aをする際にオススメの5つのM&A仲介会社についてご紹介します。

  1. M&A総合研究所
  2. レコフ
  3. マスネットワーク
  4. あがたグローバル経営グループ
  5. 共生基盤

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国に案件に対応しています。またスモールM&Aや小規模案件にも対応しております。

知識・支援実績豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 全国
報酬体系 完全成功報酬型(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②レコフ

レコフデータは、長野県を含め日本全国のネットワークを持つ大型M&A仲介会社です。レコフの本社は東京ですが、日本全国のM&A案件を取り扱っています。レコフは1987年に創業された老舗会社です。

大企業や法人を得意としていますが、非上場の中堅や中小企業のM&Aも取り扱っています。

会社名 株式会社レコフデータ
得意な業種 非特化型(法人・大企業が強み)
対応地域 長野県を含む、日本全国
報酬体系 業務委託手数料+成功報酬
公式ホームページ https://www.recof.co.jp/

③マスネットワーク

マスネットワークは、成迫会計グループに属する経営支援サービス、M&A支援サービスをしているM&A仲介会社です。所在地は、長野県松本市にあり地元の中小企業の経営者でも出向くことが可能な仲介会社です。

マスネットワークの設立は1990年1月ですが、成迫会計グループの前身である税理士法人成迫会計事務所は1988年3月に開業し、2004年9月に法人化しています。グループには、行政書士いや経理代行、社会保険労務士法人や有限会社長野県M&Aセンターもあります。

長野県内のネットワークを活用したマッチング力が強みの一つで、全国のそれぞれのネットワークとの連携も可能になっています。規模の小さいM&Aにも取り組んでおり、長野県の事業引継ぎ支援センターの認定支援機関でもあり、東京に本社を置く日本M&Aセンターとの提携もしています。

会社名 株式会社マスネットワーク
得意な業種 小規模が得意
対応地域 長野県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.mas-net.jp/index.html

④あがたグローバル経営グループ

あがたグローバル経営グループは、長野県長野市に拠点を置き、地域の経営支援やM&A支援などをしている財務会計事務所です。事業内容の中にM&Aフィナンシャルアドバイザリーがあり、M&Aに必要な専門的な知識を持って専門家と連携して企業の価値向上や事業再編などを目的とM&Aも積極的に実施しています。

また、事業承継におけるM&Aの実績もあり、あがたグローバル税理士法人の資産税のエキスパートもプロジェクトチームに参加しています。

M&Aを実施する時には、依頼する会社の意向に沿ったサービスの提供をしており、M&A戦略策定や総合的な行程管理、候補先へのアプローチ、初期調査の実施、基本条件の検討と立案などをはじめ、M&Aが成立するまでの様々なサポートを実施しています。

また、M&Aに付随する事業承継及び資産税に関するコンサルティングやデューデリジェンスサービス、企業価値評価サービス、組織再編サービス、中期経営計画策定サービスなども実施しており、M&Aに関連するサポートも受けられます。

会社名 あがたグローバル経営グループ
得意な業種 非特化型
対応地域 長野県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.ag-tax.or.jp/

⑤共生基盤

共生基盤は、長野県を含め全国にネットワークを持つM&A仲介会社です。共生基盤は中小企業を専門に取り扱っており、スモールM&Aと言われるような小規模な事業承継案件も対応しています。これまで中小企業の発展に貢献してきた企業です。

共生基盤での報酬体系はリーズナブルに設定されていますので、安心してM&A仲介を任せられるでしょう。

会社名 株式会社共生基盤
得意な業種 非特化型(小規模)
対応地域 長野県を含む全国
報酬体系 完全成功報酬型
公式ホームページ https://www.kyoseikiban.com/

⑥UFP長野

⑦GFEコンサルティング

⑧藤澤典応公認会計士事務所

⑨税理士法人のぞみ

⑩ASAMAアドバイザリー

【関連】M&Aの無料相談先一覧【仲介会社/銀行/税理士/弁護士など】

長野県でM&A仲介会社を選ぶ基準

長野県でM&A仲介会社を選ぶ基準

長野県でM&Aを行う際に、どういった手段が考えられるでしょうか。一般的なM&Aに用いられる方法は、以下のとおりです。

  • M&A仲介会社に探してもらう
  • 公的機関に探してもらう
  • 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける

ここからは、1のM&A仲介会社を利用するケース、そして2の公的機関を利用するケースの、それぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

①対象業界の専門知識・実績がある

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

④わかりやすい料金体系を採用している

⑤担当アドバイザーとの相性が良い

【関連】会社売却における仲介手数料・業者の選び方を徹底解説!

長野県のM&A仲介会社の手数料

長野県のM&A仲介会社の手数料

M&A仲介会社の手数料には、着手金、月額報酬、中間報酬、成功報酬などがあります。着手金は、M&Aの仲介をお願いした時に仲介契約を結びます。この時に着手金を請求するところもあります。相場は、50万円から200万円と幅があり、お願いする仲介会社によって様々です。

しかし、最近では中小企業をメインと取引相手とするところが多く、事前相談、着手金は不要としているところが増えています。着手金については、売却しようとしている会社の企業情報を書類化して、買収する会社に提示する作業などのために、必要とするM&A仲介会社も多くあります。

また、M&Aはすぐに買い手が決まるものではないので、M&A仲介会社が買収する可能性がある会社に打診をする作業をします。このような手間や時間がかかることに対しての費用と考えても良いでしょう。

月額報酬については、M&Aが成立するまでには数か月から1年程度かかる場合もあり、その間にM&A仲介会社は相談に乗ったり、アドバイスをしたりするなどの作業があります。

数か月にわたって、相談やアドバイスをするので毎月決まった金額の手数料を支払う場合があります。これが月額報酬と言われる物ですが、中小企業を対象とした多くのM&A仲介会社は月額報酬を不要としています。

次に中間報酬についてですが、中間報酬は多くの場合、基本合意の契約を結んだ時点で請求されることが多いようです。基本合意とは、売却する側の会社と買収する側の会社が売買金額や条件などに対して、合意する契約のことを言います。基本合意がされるまでは、双方の担当者や経営者が数回の交渉を実施して売買金額や条件を決めていきます。

そのうえで、双方が合意できれば基本合意契約となります。この時点で、発生する報酬のことで相場は最終的なM&A成立した時の金額の10%から20%としているところが多く、金額にすると50万円から200万円前後となるでしょう。その後、デューデリジェンスを実施して最終契約となってM&Aが成立します。この時に発生するのが、成功報酬です。

最近では、一切の手数料を不要として成功報酬のみの請求にしているM&A仲介会社多くなっています。成功報酬は、M&A仲介会社によって計算の仕方が異なりますが、多く採用されているのはレーマン方式の利率で計算するやり方です。

売買金額が5億円以下の場合は5%、5億円を超える10億円までが4%、10億円を超える50億円までが3%、50億円を超える100億円までが2%、100億円以上が1%という利率です。しかし、中小企業のM&Aでは売買価格が5億円を超えることは少なく、数千万円から1億円前後にとどまることが多くあります。

この場合は、M&A仲介会社が設ける最低成功報酬によって、成功報酬を支払うことになります。最低成功報酬の相場は200万円から1000万円と幅があり、M&Aを実施した規模などによって異なります。規模の小さい会社がM&Aを実施する時には、事前に成功報酬などについて聞いておくと良いでしょう。

【関連】会社売却における仲介手数料・業者の選び方を徹底解説!

長野県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

長野県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

①長野県事業承継・引継ぎ支援センター

長野県事業引継ぎ支援センターは、事業者や経営者の相談窓口を設けている公的機関です。事業承継に関する専門家が、無料で相談を受け付けています。金融機関や商工団体等と連携しており、必要に合わせてM&A仲介会社の紹介等も行っています。長野県後継者バンクの活用もサポートしています。

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

近年少子高齢化の影響もあり、後継者不在により事業の存続に悩みを抱える経営者が増えています。このような方々のサポートを行うためにも、政府では事業承継支援センターを活用するように勧めています。国が各都道府県に設立している公的機関は、相談料無料でサポートを受けられるため、気軽に活用できるでしょう。

しかし、公的機関で相談やM&Aの案件を探すことはできても、M&Aの仲介自体は行っていないことが多いです。

②長野県よろず支援拠点

長野県よろず支援拠点では、幅広い経営に関する相談を受け付けています。公的相談窓口のため、相談料は無料です。23名のコーディネーターが在籍しており、チームを組んでサポートしてくれます。ITコーディネータや一級建築士、中小企業診断士等幅広い専門家が在籍しているため、安心して相談できるでしょう。

③長野商工会議所

長野県には18の商工会議所があります。地域経済の発展に寄与するために設立された経済団体で、主な会員は商工者や事業者、企業の経営者などです。相互に助け合いを行いながら、長野県の経済発展のために活動しています。長野県でM&Aを行う際に、役立てられる可能性があります。

④長野県信用保証協会

長野県信用保証協会は、金融面で中小企業等を支える公的機関です。創業したい方や事業を拡大したい方を始め、事業再生したい方や災害による資金繰り改善をしたい方など、幅広い経営者の金融窓口として設立されています。地域に根ざしたサポートを行っているので、長野県でM&Aを行う際に活用できるかもしれません。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

長野県近郊のM&A譲渡案件例

長野県近郊のM&A譲渡案件例

介護事業運営会社のM&A案件

こちらは介護事業を運営している会社のM&A譲渡案件です。障がい者福祉事業も手掛けています。ケアマネージャーが多く在籍しており、退職者が少なく人員が安定していることがポイントです。周辺は静かな住宅街で立地もよく、最寄り駅からも車で五分ほどの位置にあります。

売上高 1.1億円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 選択と集中

バイク修理・販売会社のM&A案件

こちらはバイクの修理、販売を行っている会社のM&A譲渡案件です。リピーターの顧客が大変多く、地元の自動車学校の整備や白バイの整備の実績もあります。専門オークションサイトや業者間のネットワークを活用し、新車から中古車まで幅広く販売をしています。後継者不在により、M&Aでの譲渡を希望しています。

売上高 8,500万円台
売却希望額 応相談
譲渡希望理由 後継者不在

生鮮食品卸・仕出し業のM&A案件

こちらは創業80年以上の老舗の生鮮食品卸・仕出し業を行う会社のM&A譲渡案件です。個人の顧客を始め、旅館やホテル、給食や飲食店への卸業を行っています。顧客目線でスピーディなサービスが魅力の企業です。後継者不在によりM&Aにて譲渡を行いたいと考えています。

売上高 1.0億円台
売却希望額 4,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

【関連】M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

長野県のM&A譲渡案件の探し方

長野県のM&A譲渡案件の探し方

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

②取引関係にある金融機関への相談

③M&Aマッチングサイトの活用

【関連】M&A案件の探し方を解説!中小企業や個人事業主向けの少額案件の探し方と注意点

長野県のM&A事例

長野県のM&A事例

タクシー業界のM&A(アルピコHD・マツモトタクシー)

アルピコグループ

アルピコグループ

出典:https://www.alpico.co.jp/

ホテル業界のM&A(渡辺パイプグループ・高峰観光)

渡辺パイプ

渡辺パイプ

出典:https://www.sedia-system.co.jp/index.html

飲食業界のM&A(SFPホールディングス・クルークダイニング)

SFPホールディングス

SFPホールディングス

出典:https://sfpdining.jp/

2019年5月に、SFPホールディングスはクルークダイニングの株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。SFPホールディングスは、提携先に磯丸水産を始めとし独自ブランドを運営し、広域展開しています。

クルークダイニングは長野県にてからあげセンターなど、12業態22店舗を展開しています。今回のM&Aにより、日本全国から世界各国に展開し、提供先間で独自ブランドを相互提供させたいとしています。

調剤薬局業界のM&A(アインHD・土屋薬品)

アイングループ

アイングループ

出典:https://www.ainj.co.jp/

2019年2月に、アインHDグループは土屋薬品の全株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。アインHDグループは日本全国で調剤薬局チェーンを展開しています。かかりつけ薬剤師・薬局として在宅対応を行うなど、地域に密着した医療サービスを提供しています。

土屋薬品は長野県で36の調剤薬局を展開しており、こちらもかかりつけ薬剤師・薬局としての機能強化に取り組んでいます。今回のM&Aにより、アインHDグループはさらなる店舗網の拡充を図り、企業価値を高めたいとしています。

コンビニ業界のM&A(ローソン・セーブオン)

ローソン

ローソン

出典:https://www.lawson.co.jp/

2015年5月に、株式会社ローソンは株式会社セーブオンの長野県のコンビニストア事業権利義務の一部を承継しました。ローソンは長野県にてセーブオンとして営業を行っている27店舗を、2016年7月より順次ローソンへと転換しています。

新たに加わった加盟店と既存店の長所を活かし合って、地域に親しまれる店舗運営を行うとしています。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

長野県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

長野県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

長野県は日本国内の中心に位置しており、海に面していない内陸にある県です。紡績や精密機械などの産業が盛んな地域であり、観光業などに従事している人も多くいます。その一方で、長野県では中小企業が多く、全国的に問題となっている高齢化が進んでいる地域であり、中小企業の存続が困難な状況です。

長野県でも、中小企業の後継者不足や経営者の高齢化などの問題は、他の都道府県と同じように経済の問題として取り上げられています。こうした問題を解決するには、長野県に拠点を置くM&A仲介会社や、地元の商工会議所・商工会・地方銀行などにサポートを依頼するケースが一般的です。

今後は、現在よりもM&Aが盛んに実施されるものと見られます。本記事の要点は、以下のとおりです。

◯長野県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
→M&A総合研究所
→レコフ
→マスネットワーク
→あがたグローバル経営グループ
→共生基盤
→UFP長野
→GFEコンサルティング
→藤澤典応公認会計士事務所
→税理士法人のぞみ
→ASAMAアドバイザリー

◯長野県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
→長野県事業承継・引継ぎ支援センター
→長野県よろず支援拠点
→長野商工会議所
→長野県信用保証協会

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aの特徴を手法ごとに徹底解説!目的・メリット、手続きの流れも【図解あり】

M&Aの特徴を手法ごとに徹底解説!目的・メリット、手続きの流れも【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめします。特徴を把握したう...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県でおすすめのM&...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)