M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
青森のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

青森のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

目次

    青森のM&A

    M&Aはかつて「会社を売り払う」というネガティブなイメージが先行していましたが、今では一般的な経営戦略として、大企業から中小企業までが用いています。

    さらにM&Aが一般化したことに合わせて、様々なM&A仲介会社が登場するようになりました。

    そう考えると、以前と比べて格段にM&Aを行いやすい環境になったといえるでしょう。

    一方、M&Aは地方によって傾向に特色があり、それを踏まえておくことでM&Aが成功する確率が上がります。

    今回は青森のM&Aの状況や、青森でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えします。

    青森のM&A事情

    青森のM&A事情はどのようになっているのでしょうか?

    青森は他の地方と同様に、人口減少や少子高齢化によって中小企業は窮地に立たされています。

    実際、2018年には青森の県内企業の内、事業継続が出来ずに休業・解散状態になった件数が過去最高を記録しました。

    加えて、地理や交通インフラの都合から、青森は他の地方のように企業の誘致を積極的にやれないのも拍車をかけています。

    現在景気が回復しつつあるので、県内企業が次々と廃業するような事態にこそなっていませんが、早急に手を打たなければ状況が悪化することは充分にあり得ます。

    そのため、青森は県全体が県内企業の存続のために様々な施策を打っています。

    例えば、地方の金融機関が積極的にM&Aに関するセミナーを実施するなど、経営戦略としてのM&Aが浸透するように努めています。

    また、県外の企業が青森県内の企業をM&Aで買収する、逆に県内企業がM&Aを行って業界再編を行うなど、M&Aによる状況の変化が現れつつあります。

    青森でおすすめのM&A仲介会社ランキング

    ここでは青森でM&Aを行う際におすすめのM&A仲介会社をご紹介していきます。

    M&A総合研究所

    全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
    規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

    また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

    通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

    それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
    安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

    株式会社レコフ

    株式会社レコフは全国規模のネットワークを持つ大型のM&A仲介会社です。

    レコフは本社こそ東京にありますが、日本各地のM&A案件を取り扱っており、青森のM&A案件にも対応しています。

    株式会社レコフは1987年に創立した、M&A仲介会社の老舗とも呼べる会社です。

    30年以上の歴史の中で培ってきたノウハウや経験を用い、クライアントが満足できる結果を実現してくれます。

    加えて上場している大企業のみならず、非上場の中堅・中小企業のM&Aも専門的に扱っており、幅広いジャンルのM&Aに対応することができます。

    弁護士法人はるか

    弁護士法人はるかは法律事務所ですが、スモールM&AのようなM&Aの支援も行っています。

    もちろん対応してくれるのは弁護士であるため、法律に関する豊富な知識でクライアントをサポートしてくれます。

    また、M&Aで交わされる契約書の確認、訴訟に発展し得るリスクの予防など、M&Aをスムーズに進行するうえで力になってくれるでしょう。

    青森銀行

    青森に拠点を持つ地方銀行である青森銀行は、M&Aや事業承継において大きな力になってくれます。

    青森銀行はM&Aや事業承継を専門とするサポートデスクを設置しており、M&Aに関する総合的なサポートを行っています。

    また、青森銀行はクライアントごとに個別相談をしながらサポートを進め、必要があれば外部の専門家と連携するなど、ワンストップで充実したサービスを提供してくれるところが魅力です。

    株式会社共生基盤

    株式会社共生基盤は全国にネットワークを持つ大型の仲介会社であり、青森での案件にも対応してくれます。

    株式会社共生基盤は中小企業を専門としているだけでなく、小規模な事業承継案件も手掛けるなど、中小企業の発展・存続に何度も貢献してきた実績があります。

    また、株式会社共生基盤は報酬体系がリーズナブルに設定されており、予算が厳しい経営者にとって非常に魅力的だといえます。

    株式会社フォーバル

    株式会社フォーバルも日本全国のM&Aに対応してくれるM&A仲介会社です。

    株式会社フォーバルは中小企業や小規模企業、零細企業の事業承継や、事業承継目的のM&Aに特化しています。

    株式会社フォーバルは、後継者不在で存続の危機に立たされる昨今の中小企業の事情を鑑み、中小企業が理想的な形で事業が存続できるように取り組んでくれます。

    株式会社フォーバルはグループで20000社をこえる企業の依頼を受け付けてきた実績があり、その信頼度の高さが窺えます。

    青森でM&A案件を見つけるには?

    青森でM&A案件を見つけるにはどうすればいいでしょうか?

    一般的にM&A案件を探すには、M&A仲介会社に探してもらうか、自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つけるといった方法があります。

    いずれも日本全国に及ぶネットワークでM&A案件を探すことになるため、理想的な案件を見つけられる可能性が引き上がるでしょう。

    しかし、M&A市場は売り手市場であり、売却案件が見つかりにくいことは珍しくありません。

    その際には、青森の金融機関や商工会議所を活用してみることがおすすめです。

    それらのような機関は地域に根差したネットワークを持っており、あまり表には出回らないM&A案件や、潜在的にM&Aのニーズを持っている企業を見つけてくれることがあります。

    また、経営者自身が持つ、取引先や顧客とのネットワークも活用してみましょう。

    意外と身近なところにM&A案件があったという事例も少なくありません。

    M&A案件を見つけるなら、ただM&A仲介会社やM&A仲介サイトにばかり頼るのではなく、多種多様な手段を用いてみることがおすすめです。

    まとめ

    青森は県内企業の休業や解散件数が2018年で史上最低になるなど、徐々に危うい状況に陥りつつあるといえます。

    しかし、そんな状況を打開する戦略としてM&Aを取り入れる動きも活発化しています。

    今後も青森の県内企業、あるいは県外企業からのM&Aの件数は増加していく可能性が高いでしょう。

    それに伴い、M&Aの支援体制もどんどん強化されていくと考えられます。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら