M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2020年1月13日更新
この記事は、約5分で読めます。

静岡のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

静岡県はM&Aが活発であり、今後もその増加傾向は続くと言われています。静岡県は魅力的な事業を持つ会社が多く、「産業のデパート」と呼ばれています。静岡県でM&Aを行う際におすすめの仲介会社や、実際に静岡県で行われたM&Aの事例を紹介します。

目次
  1. 静岡県のM&A
  2. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選
  5. 静岡県の公的機関
  6. 静岡県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 静岡県のM&A事例
  8. まとめ

静岡県のM&A

M&Aは大企業が行うイメージがありますが、今では中小企業も経営戦略に取り入れるようになっています。そのため、日本のM&A件数は年々右肩上がりであり、この傾向は続くと言われています。

これには様々なタイプのM&A仲介会社が登場し、M&Aのサポートを受けやすい環境ができていることも関係していると考えられます。

また、M&Aが活発かどうかは地域によって異なります。それにはそれぞれの地域の特徴が影響しています。今回は静岡県のM&Aの事情や、静岡県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは静岡県のM&A事情についてお伝えします。静岡県は全国でベスト10に入る人口を持ち、東京や名古屋といった大都市に近いこともあって、比較的経済規模が大きい地域です。

「産業のデパート」と称されるほど静岡県は様々な産業が盛んであり、とりわけ製造業においては自動車、二輪車、ピアノなどで全国トップクラスのシェアを誇っています。ただ、グローバル化や少子高齢化の影響により、産業構造の変化や人手不足など、様々な問題が浮上しつつあります。

そのような状況を打開する解決策として、静岡県では県内企業がM&Aを用いるケースが増えています。新たな販路や人材の確保、事業の拡大、新事業への進出など、静岡県の県内企業は様々な目的でM&Aを行うようになり、2017年では過去最高のM&A件数を記録することにもなりました。

この傾向は現在も続いており、今後も静岡県では県内企業を中心に、より積極的にM&Aを行っていくでしょう。

静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準

静岡県でM&Aを行いたい場合、どういった手法が用いられるのでしょうか。一般的に、以下の方法でM&Aを進める場合が多いです。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
1のM&A仲介会社を利用する場合、そして2の公的機関を利用する場合それぞれの、メリット・デメリットをご紹介いたします。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

ではまず、M&A仲介会社を利用するメリットについてご紹介いたします。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

まず管理案件の数についてですが、大型のM&A仲介会社やM&A仲介サイトであれば、日本全国の様々なM&A案件を把握しています。数が多い分、理想的なM&A案件を見つけられる可能性が高まります。

日本のM&A市場は売り手市場であり、売却案件が少ないのが特徴です。希望するような案件を見つけるためにも、多くの管理案件を把握している会社を利用したほうがいいでしょう。

また、公認会計士や弁護士が在籍していることもあるため、様々なアドバイスを貰うことができます。仲介だけでなく、M&Aに関わる業務をフルサポートしてもらえるような仲介会社を選ぶようにしましょう。

では、M&A仲介会社を利用する際のデメリットも併せて確認しましょう。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

仲介会社を選ぶ際に注意したいのが、やはりかかる費用についてでしょう。手数料等の設定は、M&A仲介会社によって異なります。着手金や月額での費用がかかる場合もあれば、完全成功報酬のみの仲介会社もあります。事前にしっかりと調べ、納得できる会社を選びましょう。

M&A総合研究所は、手数料は業界最安値の関税成功報酬のみとなっております。クロージングまでの期間も平均3ヶ月~6ヶ月とスピーディで、上記のようなデメリットをカバーしています。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

公的機関を利用するメリット・デメリット

続いて公的機関を利用する際のメリットを見てみましょう。

  • 地域に特化した機関のため、静岡県の案件を管理している場合がある

公的機関は地域に根差したネットワークを持っているため、M&A仲介会社が把握していないような案件を見つけられることもあります。公的機関は基本的に無料で利用できるため、M&Aを行いたいと考えている場合は気軽に利用できます。

さきほどもお伝えしたように、静岡県はM&Aが積極的であり、金融機関や公的機関もM&Aを支援する体制を整えています。より良い形でM&Aを行うためにも、利用できる手段はおおいに越したことはありません。

では、公的機関を利用する場合のデメリットはどういった内容なのでしょうか?

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

仲介会社のメリットでもご紹介したように、大型のM&A仲介会社は日本全国の案件を管理している場合が多いです。それに比べると、やはり公的機関では管理案件の件数が少ない傾向にあります。少ない管理数の中からでは、希望する案件を見つけることは難しいかもしれません。

また、公的機関にて案件を探すことはできても、仲介を行ってくれるとは限りません。仲介はM&A仲介会社を利用する必要があります。このような手間を防ぐためにも、M&Aに関する業務をフルサポートしているM&A総合研究所を是非、ご活用ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選

ここからは、静岡県でおすすめのM&A仲介会社を6つご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 静岡ビズコネクトセンター
  3. イワサキ経営グループ
  4. 税理士法人コンサルタンシー
  5. 静銀経営コンサルティング株式会社
  6. f-Biz

①M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所では、日本全国のM&A案件を取り扱っています。都道府県によっては、大企業のM&Aだけではなく、中小企業のM&Aを行うことが多いのですが、そのようなスモールM&Aでも実績があります。

M&A総合研究所の強みは、なんと言っても業界最安値の手数料とクロージングまでの速さです。M&Aプラットフォームと、日本最大級のM&Aメディアのデータを活用することで、短期間でマッチングを行います。

通常のM&A取引では、交渉から成立まで半年から1年程度かかるとされています。しかし、M&A総合研究所では平均3~6ヶ月と、かなりスピーディです。早いクロージングの分、人件費を削減し、業界最安値の完全成功報酬を実現しています。

公認会計士と弁護士も在籍していますので、財務面および法務面でも不安を取り除き、より良いM&Aとなるように尽力いたします。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②静岡ビズコネクトセンター

静岡ビズコネクトセンター

出典: https://www.bizcon-siz.com/

静岡ビズコネクトセンターはその名の通り、静岡県に拠点を持つM&A仲介会社です。静岡ビズコネクトセンターの最大の強みは、様々な専門家と連携しているという点が挙げられます。

そのため、静岡ビズコネクトセンターは必要に応じて金融機関、支援機関などに協力を要請し、ワンストップで多角的なサポートを提供できるようになっています。

静岡ビズコネクトセンターはM&Aや事業承継を専門としているため、静岡県の中小企業にとって心強い味方になってくれるでしょう。

会社名 静岡ビズコネクトセンター
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 静岡県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.bizcon-siz.com/

③イワサキ経営グループ

イワサキ経営グループ

出典: https://www.tax-iwasaki.com/

イワサキ経営グループは静岡県にある会計士事務所を中心としたグループ企業ですが、日本M&Aセンターと提携し、静岡M&Aセンターとして経営者のためのM&A支援を行っています。

イワサキ経営グループは中小企業・中堅企業のM&Aを専門としており、会計士事務所が母体であることを生かし、専門的な知識と豊富なノウハウを生かしてクライアントをしっかりバックアップしてくれます。

会社名 イワサキ経営グループ
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 静岡県を始め、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.tax-iwasaki.com/

④税理士法人コンサルタンシー

税理士法人コンサルタンシー

出典: http://www.consultancy.co.jp/

税理士法人コンサルタンシーはM&A支援もやってくれる税理士法人です。税理士法人コンサルタンシーは会社より成長するようなM&Aの実現を目指しており、クライアントの事業の特性を踏まえたうえで、理想的なM&Aスキームを設計してくれます。

また、税理士法人コンサルタンシーは静岡県に三か所の拠点を持っているなど、地域密着型の体制を作っています。地域の事情をよく理解したうえでサポートしてくれるため、地元の経営者にとってもやりやすいでしょう。

会社名 税理士法人コンサルタンシー
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.consultancy.co.jp/

⑤静銀経営コンサルティング

静銀経営コンサルティング株式会社

出典: http://www.shizugin-smc.jp/

静銀経営コンサルティングは、その名の通り東海地方の中でも抜群の存在感を放つ金融機関である静岡銀行のグループ会社です。静銀経営コンサルティングは地域に根差したネットワークを持つ静岡銀行のグループ会社であるため、静岡県にあるM&A案件を隈なく把握しています。

また静岡県以外の地域でのM&Aにも対応しており、日本全国のM&A案件の情報も提示してくれます。さらに静銀経営コンサルティングはアメリカに本社を持つ竹中パートナーズと提携しており、クロスボーダーM&Aにも対応しています。

地域に根差したM&A仲介会社でありながら、海外進出にも対応できるのは静銀経営コンサルティングならではだといえるでしょう。

会社名 静銀経営コンサルティング株式会社
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県を中心に、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.shizugin-smc.jp/

⑥f-Biz

富士市産業支援センターf-Biz

出典: http://f-biz.jp/

f-Bizは静岡銀行のM&Aアドバイザーが立ち上げたM&A仲介会社であり、静岡県富士市に拠点を持っています。f-Bizの強みはやはりM&Aの経験が豊富で、そのノウハウを身に付けている優秀なスタッフが対応してくれる点でしょう。

また、様々なジャンルの専門家が協力してクライアントの会社を支える体制になっているため、M&A以外にも様々な経営課題の解決に貢献してくれます。

会社名 富士市産業支援センターf-Biz
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://f-biz.jp/

静岡県の公的機関

①静岡県事業引継ぎ支援センター

静岡県事業引継ぎ支援センターは、国が設置を行う公的な相談窓口です。中小企業の事業承継やM&Aに関する専門家が、無料で相談を受け付けています。電話にて相談の予約を行い、センターの窓口にてアドバイスや情報提供を行っています。

静岡県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

近年、少子高齢化等の影響もあり、後継者不在に悩む経営者が増加しています。悩みを抱える経営者をサポートするためにも、政府も事業承継支援センターの活用を推奨しています。各都道府県に支援を行うための公的機関を設置しており、相談料無料で気軽に利用できます。

しかしながら、公的機関で経営に関する相談や案件を探すことはできても、公的機関ではM&Aの仲介を行ってくれるとは限りません。その場合には、M&A仲介会社を利用する必要があります。このような場合、はじめからM&A仲介会社を利用した場合と比べ、手間や時間がかかってしまいます。

このような手間を防ぐためにも、M&Aに関する業務をフルサポートしているM&A総合研究所を是非ご活用ください。

②静岡県よろず支援拠点

静岡県よろず支援拠点は、国が全国に設立している中小企業や小規模事業者向けの経営相談所です。無料で利用することができます。静岡県よろず支援拠点は、静岡商工会議所静岡事務所内に設置されています。

中小企業診断士や、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーが在籍していますので、専門的なアドバイスを受けることができます。セミナーやイベントも行っていますので、静岡県でM&Aを行いたい際に活用してみましょう。

静岡県よろず支援拠点のホームページ

③静岡県商工会議所

静岡県商工会議所は、地域の経済発展のために活動している団体です。静岡県内に15箇所の商工会議所が設置されています。主な会員は商工者や企業の経営者であり、相互に助け合いやセミナーを行っています。各種相談会も行っていますので、静岡県でM&Aを行う際に役立てられるでしょう。

静岡県商工会議所のホームページ

④静岡県信用保証協会

静岡県信用保証協会は、中小企業を金融面で支えている機関です。各種保証制度を扱っており、起業したい方や経営者を支援しています。地域に根ざした金融面でのサポートを行っていますので、静岡県でM&Aを行いたいと考えている方は、活用できるかもしれません。

静岡県信用保証協会のホームページ

静岡県近郊のM&A譲渡案件例

包装資材会社のM&A

こちらは包装資材の販売や運送を行っている会社のM&A譲渡案件です。大手企業にはできない付加価値を強みとしており、顧客のニーズに合わせた資材を提供しています。代表取締役の自社倉庫のため、今までと変わらず借りることが可能です。

売上高 3,600万円台
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 後継者不在のため

緑茶の卸業会社のM&A

こちらは静岡県内の緑茶を中心に卸業を行っている会社の、M&A譲渡案件です。品質を重視して仕入れを行っており、オリジナルブレンドのお茶を提供しています。50年以上の付き合いがある取引先も多く、嗜好品のためしっかりした信頼関係を築いています。

売上高 応相談
売却希望額 非公開
譲渡希望理由 後継者不在、体調不安

ガソリンスタンドのM&A

こちらは地域に根ざした事業を行っているガソリンスタンドのM&A譲渡案件です。業歴が50年以上あります。近隣に多数の固定客を持っており、フルサービス給油を提供しています。低コスト経営が可能ですが、後継者不在により譲渡を行いたいと考えています。

売上高 非公開
売却希望額 100万円
譲渡希望理由 後継者不在

静岡県のM&A事例

住宅施工業界のM&A(サーラ住宅・宮下工務店)

2019年6月に、サーラコーポレーションの子会社のサーラ住宅は、宮下住宅の株式を取得することにより、子会社化したと発表しました。サーラ住宅は愛知県、静岡県西部、三重県北部を中心に、木造軸組工法による注文住宅の施工・分譲住宅や土地の販売を行っています。

宮下工務店は静岡県にて地域に密着して高品質な注文住宅の設計や施工を展開しています。今回のM&Aにより、両社の経営資源の相互利用と、シナジー効果を生みだしたいとしています。

自動車部品製造業界のM&A(TBK・サンテック)

2018年11月に、TBKはサンテックの株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。TBKは小型車から大型トラックやバス用のブレーキやエンジン冷却用水ポンプなどの専用メーカーとして、開発や生産、販売を行っています。

サンテックは静岡県浜松市に拠点を構え、自動車を中心に電気・建設機械など様々な専用工作機械を提供しています。今回のM&Aにより、TBKは技術力の強化や、ビジネス領域の拡大を目指すとしています。

ブライダル事業のM&A(ブラス・ビーライン)

2017年3月にブラスは、ビーラインが保有しているブライダル事業「ヴィラエッフェ」を譲り受けると発表しました。ブラスは東海エリアでハウスウエディング式場や、貸し切りゲストハウスを運営しています。

ブラスは、静岡県、三重県、岐阜県、愛知県にて、完全貸切ゲストハウスでの挙式・披露宴の企画運営を行っています。今回、ビーラインからブライダル事業を譲り受けることで、静岡県での営業基盤を強化を行いたいと考えています。

まとめ

静岡県はM&Aが活発であり、今後もその傾向は続くと言われています。静岡県は魅力的な事業を持つ会社が多く、「産業のデパート」と呼ばれるほどです。新たなビジネスチャンスを見つけ、M&Aで進出するにあたって、静岡県は理想的な地域の一つだといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)