2021年8月12日更新都道府県別M&A

静岡県のM&A・会社売却・事業承継の仲介会社10選!譲渡案件も紹介

静岡県ではM&Aが活発に実施されており、今後もその傾向が続く見込みです。また、静岡県には魅力的な事業を手掛ける会社が多く、産業のデパートとも呼ばれています。今回は、静岡県でM&A・会社売却・事業承継を行う際にオススメの仲介会社などを紹介します。

目次
  1. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  2. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
  3. 静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
  5. 静岡県近郊のM&A譲渡案件例
  6. 静岡県のM&A譲渡案件の探し方
  7. 静岡県のM&A事例
  8. 静岡県のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向

静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向

はじめに、静岡県のM&A・会社売却・事業承継の動向を、以下3つのトピックに分けて取り上げます。

  • 静岡県の経済環境
  • 静岡県の休廃業・解散件数
  • 静岡県のM&A件数の推移

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

静岡県の経済環境

令和2年国勢調査によると、静岡県の人口は2020年時点で約363万人であり、全国47都道府県中で10位に位置しています。東京・名古屋などの大都市に近い地域に位置しており、経済規模が比較的大きいです。

静岡県は「産業のデパート」とも称されるほどにさまざまな産業が盛んであり、とりわけ製造業では自動車・二輪車・ピアノなどで全国トップクラスのシェアを誇っています。また、就業者比率が大きい飲食料品・電気機械器具・輸送用機械器具などの製造業が地域の中核産業です。

出典:静岡県知事直轄組織デジタル戦略局統計調査課「令和2年国勢調査 静岡県の人口(速報値)」

静岡県の休廃業・解散件数

静岡県では、グローバル化・高齢化などの影響により、産業構造の変化・人手不足など、さまざまな問題が浮上しています。これに伴い、静岡県企業の休廃業・解散が懸念されている状況です。

帝国データバンクによると、2020年における静岡県企業の休廃業・解散件数は1,604件です。2019年には休廃業・解散件数が2,000件に迫ったものの、2020年は一転して2年ぶりに減少しました。とはいえ、全国10位を記録しています。

出典:帝国データバンク「特別企画:2020年静岡県「休廃業・解散」動向調査」

静岡県のM&A件数の推移

さまざまな経営問題の解決策として、静岡県では県内企業がM&Aを用いるケースが増加しています。新たな販路や人材の確保・事業の拡大・新事業への進出など、静岡県の県内企業はさまざまな目的でM&Aを実施しており、2019年には過去最高のM&A件数を記録しました。

なおレコフによると、2018年における静岡県のM&A件数は合計62件です。このうち、買収側・売却側ともに静岡県内のM&A案件は12件、買収側が県内で売却側が静岡県外のM&A案件は29件、買収側が静岡県外で売却側が静岡県内のM&A案件は21件と報告されています。

このように静岡県では、今後も県内企業を中心にM&Aが積極的に実施される見込みです。

出典:レコフ「静岡県のM&A」

静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

本章では、静岡県でM&A・会社売却・事業承継を行う際にオススメのM&A仲介会社として、以下の10社を取り上げます。

  1. M&A総合研究所
  2. 静岡ビズコネクトセンター
  3. イワサキ経営グループ
  4. 税理士法人コンサルタンシー
  5. 静銀経営コンサルティング
  6. 中野純公認会計士・税理士事務所
  7. ユナイテッド・フロント・パートナーズ
  8. OSPトランザクションサービス
  9. 村上経営コンサルティング
  10. BLUE WORKS

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国の案件に対応しております。また、スモールM&Aや小規模案件にも対応している点や、知識・支援実績が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、相談からクロージングまで丁寧にサポートしている点も強みです。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

会社売却・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしております。静岡県でM&Aをご検討の際はお電話・Webよりどうぞお気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 全国
報酬体系 完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②静岡ビズコネクトセンター

静岡ビズコネクトセンターは、その名のとおり、静岡県に拠点を持つM&A仲介会社です。静岡ビズコネクトセンターの最大の強みは、さまざまな分野の専門家と連携している点にあります。

静岡ビズコネクトセンターでは、必要に応じて金融機関・支援機関などに協力を要請し、ワンストップで多角的なサポートを提供しています。M&A・事業承継を専門的に手掛けているため、静岡県の中小企業にとって心強い存在です。

会社名 静岡ビズコネクトセンター
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 静岡県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.bizcon-siz.com/

③イワサキ経営グループ

イワサキ経営グループは、静岡県の会計士事務所を中心としたグループ企業です。日本M&Aセンターと提携しており、静岡M&Aセンターとして経営者に向けたM&A支援を手掛けています。

イワサキ経営グループでは中小企業・中堅企業のM&Aを専門的に手掛けており、会計士事務所が母体である点を生かして、専門的な知識・豊富なノウハウをもとにクライアントを念入りにバックアップしています。

会社名 イワサキ経営グループ
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 静岡県をはじめ日本全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.tax-iwasaki.com/

④税理士法人コンサルタンシー

税理士法人コンサルタンシーは、M&A支援も手掛けている税理士法人です。企業をさらに成長させるM&Aの実現を目指しており、クライアントの事業の特性を踏まえたうえで理想的なM&Aスキームを設計しています。

また、税理士法人コンサルタンシーでは静岡県に3カ所の拠点を持っているなど、地域密着型の体制を構築しています。地域の事情を十分に理解したうえでサポートしてくれるため、地元の経営者にとって心強いです。

会社名 税理士法人コンサルタンシー
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://www.consultancy.co.jp/

⑤静銀経営コンサルティング

静銀経営コンサルティングは、その名のとおり、東海地方の中でも大きな存在感を放つ金融機関「静岡銀行」のグループ会社です。地域に根差したネットワークを持つグループ会社であり、静岡県にあるM&A案件を幅広く把握しています。

また、静岡県以外の地域におけるM&Aにも対応しており、日本全国のM&A案件の情報も提示しています。さらに、静銀経営コンサルティングではアメリカに本社を持つ竹中パートナーズと提携しており、クロスボーダーM&Aにも対応可能です。

地域に根差したM&A仲介会社でありつつ海外進出にも対応できる点は、静銀経営コンサルティング特有の魅力です。

会社名 静銀経営コンサルティング
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県を中心に、日本全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://www.shizugin-smc.jp/

⑥中野純公認会計士・税理士事務所

中野純公認会計士・税理士事務所は、静岡県磐田市に拠点を構えています。税理士業務のほかコンサルティング業務として、M&Aを利用した事業承継や新分野進出の仲介、合併・会社分割の企業組織再編のアドバイスなども提供している公認会計士・税理士事務所です。

中小企業のM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターとも提供しており、M&Aに関して専門的なサポートが期待できます。

会社名 中野純公認会計士・税理士事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://nakano-kaikei.net/

⑦ユナイテッド・フロント・パートナーズ

ユナイテッド・フロント・パートナーズは、静岡県静岡市に拠点を構えるM&A仲介会社です。M&A仲介だけでなく、アドバイザリー業務も提供しています。

グループ企業にはUFP静岡を抱えており、静岡県内に本社を置く唯一の独立系M&Aアドバイザリーファームとして、静岡県内の企業を中心にM&Aの相談から実行までを一貫サポートしている点が強みです。

会社名 ユナイテッド・フロント・パートナーズ
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://uf-p.co.jp/

⑧OSPトランザクションサービス

OSPトランザクションサービスは、静岡県静岡市に拠点を構えるM&A専門会社です。主にFAトランザクション業務(M&Aスキーム構築・マッチング・買収条件と契約管理・財務デューデリジェンス・事業デューデリジェンス・バリュエーション・統合フォロー・金融機関交渉)を提供しています。

上記のほか、M&Aによる事業再生・事業承継の支援や、廃業や清算に向けた助言・経営者保証の整理・私的整理による再生支援など幅広いサポート内容に特徴のある会社です。

会社名 OSPトランザクションサービス
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://ookawara-cpa.com/about/index.html

⑨村上経営コンサルティング

村上経営コンサルティングは、静岡県静岡市に拠点を構えるM&A仲介会社です。東京都にもオフィスを抱えています。主な事業内容は、事業計画の構築運用術のほか、資金調達力強化やスモールM&Aのコンサルティングなどです。

会社名 村上経営コンサルティング
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://murakami-mc.co.jp/

⑩BLUE WORKS

BLUE WORKSは、静岡県浜松市に拠点を構えるM&A仲介会社です。中小企業・個人事業のM&Aに関して、コンサルティングやアドバイザリー業務を提供しています。地元密着型のコンサルタントとして、きめ細やかな対応に強みを持っています。

会社名 BLUE WORKS
得意な業種 非特化型
対応地域 静岡県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.bluewk.jp/

静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準

静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準

静岡県でM&Aを成功させるうえで、M&A仲介会社の利用は非常に効果的だといえます。ただし、漠然と依頼先を決めてしまうと、M&A手続きがスムーズに進まないだけでなく、M&A自体の失敗につながりかねません。

そこで本章では、静岡県でM&A仲介会社を選ぶ基準として、以下の5つを取り上げます。

  1. 対象業界の専門知識・実績がある
  2. 自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験がある
  4. わかりやすい料金体系を採用している
  5. 担当アドバイザーとの相性が良い

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①対象業界の専門知識・実績がある

1つ目のポイントは、M&Aの対象とされる業界に関する専門知識・実績を持っているかどうかです。もともとM&Aは、クライアント企業に深く関わる業務だとされています。そのため、M&A当事会社が属する業界の知識や仲介経験がある会社に依頼すれば、不測の事態にも柔軟に対応してもらうことが可能です。

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

2つ目のポイントは、自社と類似する案件規模や地元のM&A実績などを持っているかどうかです。基本的に、上場企業のM&Aでは数字・データが重視される傾向にある一方で、中小企業のM&Aでは経営者の要望が重視される傾向にあります。

そのため、手続きの方法だけでなく、企業規模や所属地域における価値観の相違も考慮しながら、M&A仲介会社を選びましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

3つ目のポイントは、M&Aに関する幅広い知識・経験を持っているかどうかです。M&Aをスムーズに成功させるには幅広い分野の知識と経験が必要とされるため、得意分野の確認だけでなく苦手分野の有無もチェックしておくと良いでしょう。

④わかりやすい料金体系を採用している

4つ目のポイントは、わかりやすい料金体系を採用しているかどうかです。近年は中小企業による事業承継M&Aのニーズが高まっているうえに、仲介会社の業務が効率化されているため、シンプルな料金体系を採用する会社が増加しています。

わかりやすい料金体系の仲介会社を選ぶと、M&Aに関する費用のトラブルや資金の負担を軽減できます。

⑤担当アドバイザーとの相性が良い

5つ目のポイントは、自社と相性の良いアドバイザーが担当してくれるかどうかです。M&Aを仲介会社にサポートしてもらう場合、仲介担当者との信頼関係が成否に大きな影響を及ぼします。

担当者との相性を見極めることは容易ではないものの、「ヒアリングを丁寧にしてくれるか」「レスポンスが速いか」などのポイントを確認しながら吟味すると良いでしょう。

【関連】会社売却における仲介手数料・業者の選び方を徹底解説!

静岡県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

静岡県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

続いて、静岡県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関として、以下の4つを取り上げます。

  1. 静岡県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 静岡県よろず支援拠点
  3. 静岡商工会議所
  4. 静岡県信用保証協会

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①静岡県事業承継・引継ぎ支援センター

静岡県事業承継・引継ぎ支援センターは、国が設置する公的な相談窓口です。中小企業の事業承継やM&Aに関する専門家が、無料で相談を受け付けています。電話で相談の予約を行えて、センターの窓口でアドバイスや情報提供を受けることが可能です。

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

高齢化の影響を受けて、近年は後継者不在に悩む経営者が増加しています。悩みを抱える経営者をサポートするために、政府は事業承継・引継ぎ支援センターの活用を推奨している状況です。各都道府県に支援を行うための公的機関が設置されており、経営者は相談料無料で気軽に利用できます。

とはいえ、公的機関では経営に関する相談や案件探しなどを行えても、M&Aの仲介自体を行ってくれるとは限りません。多くの場合には、M&A仲介会社を利用する必要があります。そのため、当初からM&A仲介会社を利用した場合と比べて、手間や時間がかかりやすいです。

②静岡県よろず支援拠点

静岡県よろず支援拠点とは、国が全国に設立している中小企業・小規模事業者向けの経営相談所です。無料で利用できます。静岡県よろず支援拠点は、静岡商工会議所静岡事務所内に設置されています。

中小企業診断士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナーなどが在籍しており、専門的なアドバイスを受けられます。セミナーやイベントも開催しているため、静岡県でM&Aを行いたい場合は活用すると良いでしょう。

③静岡商工会議所

静岡商工会議所は、地域の経済発展に向けて活動している団体です。主な会員は商工者や企業の経営者であり、相互の助け合い・セミナーの開催などを展開しています。各種相談会も行っているため、静岡県でM&Aを行う際に役立てられます。

④静岡県信用保証協会

静岡県信用保証協会は、中小企業を金融面で支えている公的機関です。各種保証制度を取り扱っており、起業したい方や経営者などを支援しています。地域に根ざした金融面のサポートを行っているため、静岡県でM&Aを行いたいと考えている方は活用を検討すると良いでしょう。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

静岡県近郊のM&A譲渡案件例

静岡県近郊のM&A譲渡案件例

本章では、静岡県近郊のM&A譲渡案件例を3つ取り上げます。

包装資材会社のM&A案件

包装資材の販売や運送を行っている会社のM&A譲渡案件です。大手企業にない付加価値を強みとしており、顧客のニーズに合わせた資材を提供しています。代表取締役の保有する自社倉庫を利用していますが、買収後も引き続き借りることが可能です。

売上高 3,600万円台
売却希望額 500万円
譲渡希望理由 後継者不在のため

緑茶の卸業会社のM&A案件

静岡県内の緑茶を中心に卸業を行っている会社のM&A譲渡案件です。品質を重視した仕入れを行っており、オリジナルブレンドのお茶を提供しています。50年以上の取引関係にある会社が多く、嗜好品のために十分な信頼関係が築かれています。

売上高 応相談
売却希望額 非公開
譲渡希望理由 後継者不在、体調不安

ガソリンスタンドのM&A案件

地域に根ざした事業を行っているガソリンスタンドのM&A譲渡案件です。業歴は50年以上あり、近隣に多数の固定客を持っているほか、フルサービスの給油を提供しています。低コストでの経営が可能ですが、後継者不在により譲渡を行いたいと考えています。

売上高 非公開
売却希望額 100万円
譲渡希望理由 後継者不在

【関連】M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

静岡県のM&A譲渡案件の探し方

静岡県のM&A譲渡案件の探し方

続いて、静岡県のM&A譲渡案件の探し方として、以下の3つを取り上げます。

  1. M&A仲介会社・アドバイザーへの相談
  2. 取引関係にある金融機関への相談
  3. M&Aマッチングサイトの活用

それぞれの項目を把握して、静岡県のM&A譲渡案件を効率的に探しましょう。

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

1つ目の方法は、M&A仲介会社・アドバイザーへの相談です。静岡県のM&A譲渡案件を探す際に役立つM&A仲介会社・アドバイザーには、以下のような機関が挙げられます。

  • M&A総合研究所
  • イワサキ経営グループ
  • 税理士法人コンサルタンシー

上記のうち、相談先としてオススメしたい機関はM&A総合研究所です。

M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

 会社売却・事業譲渡に関して無料相談をお受けしておりますので、静岡県でM&Aを検討している場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②取引関係にある金融機関への相談

2つ目の方法は、取引関係にある金融機関への相談です。静岡県のM&A譲渡案件を探す際に役立つ金融機関は、主に以下のとおりです。

  • しずおか焼津信用金庫
  • 静岡銀行

このうち、しずおか焼津信用金庫では、M&A仲介会社との業務提携を通じて、買収側・売却側のいずれにも有益となる友好的M&Aの実現に向けてサポートを行っています。

また静岡銀行は、静岡で最初の登録民間支援機関として、M&Aによる事業承継のサポートを手掛けています。

③M&Aマッチングサイトの活用

3つ目の方法は、M&Aマッチングサイトの活用です。静岡県のM&A譲渡案件を探す際に役立つM&Aマッチングサイトには、以下のようなサービスが挙げられます。

  • Batonz(バトンズ)
  • TRANBI(トランビ)

バトンズは国内最大級の事業承継プラットフォームであり、全国の専門家による交渉サポートを受けられます。トランビは、主に小規模のM&A案件を対象としているM&Aマッチングサイトです。

【関連】M&Aサービス15選!各サービス/サイトの特徴を紹介

静岡県のM&A事例

静岡県のM&A事例

最後に、静岡県のM&A事例として以下の5件を取り上げます。

  • 空調機器配管部品メーカーのM&A(アルコニックス・富士根産業)
  • 管財事業のM&A(TOKAIホールディングス・イノウエテクニカ)
  • 住宅施工業界のM&A(サーラ住宅・宮下工務店)
  • 自動車部品製造業界のM&A(TBK・サンテック)
  • ブライダル事業のM&A(ブラス・ビーライン)

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

空調機器配管部品メーカーのM&A(アルコニックス・富士根産業)

アルコニックス

アルコニックス

出典:https://www.alconix.com/index.php

アルコニックスは2020年11月、富士根産業の株式を追加取得して子会社化すると発表しました。本件M&Aの取引価額は3億8,600万円です。

買収側のアルコニックスは、東京都に本社を置く、非鉄金属製品などを取り扱う商社・メーカーです。対する売却側の富士根産業は、空調機器向けの配管部品メーカーです。主に、冷凍・空調機器製品に使われる各部品を製造しています。

本件M&Aの目的は、グループ内の金属加工に関する製販一体の事業体制の整備およびグローバル展開の実現にあります。

管財事業のM&A(TOKAIホールディングス・イノウエテクニカ)

TOKAIホールディングス

TOKAIホールディングス

出典:https://www.tokaiholdings.co.jp/

TOKAIホールディングスは2020年11月、イノウエテクニカの株式すべてを取得し完全子会社化しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

買収側のTOKAIホールディングスは、静岡県静岡市に本社を置く持株会社です。グループ企業には、石油・LPガスなどのエネルギー関連事業を行っているTOKAIや、ケーブルテレビやインターネット接続サービスなどの事業を行っているTOKAIコミュニケーションズなどを抱えています。

対する売却側のイノウエテクニカは、静岡県東部でビルメンテナンス事業を展開している企業です。本件M&Aの目的は、静岡県内でのビルメンテナンス事業の拡大にあります。

住宅施工業界のM&A(サーラ住宅・宮下工務店)

サーラ住宅

サーラ住宅

出典:https://sala-house.co.jp/

サーラコーポレーションの子会社「サーラ住宅」は2019年6月、宮下工務店の株式を取得して子会社化しました。サーラ住宅は、愛知県・静岡県西部・三重県北部を中心に、木造軸組工法による注文住宅の施工・分譲住宅や土地の販売を行っています。

宮下工務店は、静岡県にて地域に密着して高品質な注文住宅の設計・施工を展開しています。本件M&Aにより、両社の経営資源の相互利用とシナジー効果を生み出したいと発表しました。

自動車部品製造業界のM&A(TBK・サンテック)

TBK

TBK

出典:https://www.tbk-jp.com/

TBKは2018年11月、、サンテックの株式を取得して子会社化すると発表しました。TBKは、小型車・大型トラック・バス用のブレーキ・エンジン冷却用水ポンプなどの専用メーカーとして、開発・生産・販売を行っています。

サンテックは、静岡県浜松市に拠点を構えており、自動車を中心に電気・建設機械などさまざまな専用工作機械を提供しています。本件M&Aにより、TBKは、技術力の強化・ビジネス領域の拡大を目指すとしています。

ブライダル事業のM&A(ブラス・ビーライン)

ブラス

ブラス

出典:https://www.brass.ne.jp/

ブラスは2017年3月、、ビーラインが保有するブライダル事業「ヴィラエッフェ」を譲り受けると発表しました。ビーラインは、東海エリアでハウスウエディング式場や貸し切りゲストハウスを運営しています。

ブラスは、静岡県・三重県・岐阜県・愛知県にて、完全貸切ゲストハウスでの挙式・披露宴の企画運営を行っています。本件M&Aにより、ビーラインからブライダル事業を譲り受けることで、静岡県での営業基盤の強化を行いたいと発表しました。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

静岡県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

静岡県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

静岡県はM&Aが活発であり、今後もその傾向が続くものと見られます。また、静岡県には魅力的な事業を持つ会社が多く、「産業のデパート」とも呼ばれるほどです。新たなビジネスチャンスを見つけてM&Aで進出するにあたって静岡県は理想的な地域の1つだといえます。本記事の要点は、以下のとおりです。

◯静岡県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
→M&A総合研究所
→静岡ビズコネクトセンター
→イワサキ経営グループ
→税理士法人コンサルタンシー
→静銀経営コンサルティング
→中野純公認会計士・税理士事務所
→ユナイテッド・フロント・パートナーズ
→OSPトランザクションサービス
→村上経営コンサルティング
→BLUE WORKS

◯静岡県のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
→静岡県事業承継・引継ぎ支援センター
→静岡県よろず支援拠点
→静岡商工会議所
→静岡県信用保証協会

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株価算定...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&amp...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)