2020年8月16日公開業種別M&A

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴などについて解説していきます。

目次
  1. 飲食店の3年以内廃業率は70%! その実態
  2. 飲食店が廃業する理由
  3. 同じ飲食店でも潰れない店の特徴とは 
  4. 今後は新型コロナ休業の影響による廃業も考えられる
  5. 廃業を検討する飲食店もM&Aは可能
  6. 飲食店は廃業よりM&Aがおすすめ
  7. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
飲食のM&A・事業承継

飲食店の3年以内廃業率は70%! その実態

飲食店の3年以内廃業率は70%! その実態

飲食店の3年以内廃業率は70%! その実態

飲食店経営は競争が激しく、流行り廃りのスピードも速いので、身体的にも精神的にもハードな業界です。そのため、飲食店の廃業率は高いのが現状です。

本記事では飲食店が廃業する実態と理由、潰れないための対策方法などについて解説していきますが、まずは飲食店経営の実態をご紹介します。

飲食店は難易度が高い

飲食店経営は難易度が高く、3年以内の廃業率は70%、5年で80%以上といわれています。それでも、毎年数多くの飲食店が市場に参入していきます。

飲食店は競争が激しいだけでなく仕事がハードです。さらに、顧客や従業員とのトラブル、金銭トラブルなど精神的にもハードな状況が続きます。

そのうえで、飲食店を維持していくための勉強・研究もしていかなければなりません。

そのため、体力的・精神的に限界を迎えて廃業してしまう経営者も多くいます。飲食店経営に対する覚悟と愛情がなければ続けていくのが大変な業界です。

経験者でも利益を出すのは難しい

飲食店経営は経験者の方が有利なことも多いですが、経験者だからといって成功するとは限りません。逆に、経験から来るこだわりが邪魔をして廃業することもある業界です。

また、2年から3年で消費者の趣向が変わっていく飲食店業界では、経験や技術があっても日々の研鑚を怠るとすぐに業界の流れに取り残されていくこととなります。

さらに、料理人としての経験があっても、経営者としての経験がなければ数字管理ができず廃業してしまうケースも少なくありません。

黒字でも廃業する飲食店が多い

黒字でも廃業する飲食店は少なくありません。黒字でも廃業に至る原因はいくつかあります。

まず、数字管理を徹底していないケースです。大手飲食店チェーンの場合は数字管理を徹底しますが、個人経営の飲食店の場合数字管理がずさんになりがちです。

また、IT管理を導入していないことにより、帳簿上は黒字でも資金がなくなり閉店するケースや、赤字で経営改善しなければならないのに何が原因か分からず閉店するといったケースは少なくありません。

他にも、人材が確保できずに廃業するケースや、体力面や精神面で疲れ切り、モチベーションの低下による廃業もみられます。

飲食店が廃業する理由

飲食店が廃業する理由

飲食店が廃業する理由

飲食店が廃業する主な理由は以下の通りです。

  1. 初期投資の大きさ
  2. 一度始めたらやり直しがきかない
  3. 運転資金不足
  4. 準備不足・計画・戦略が不十分
  5. 自分好みにこだわりすぎる

1.初期投資の大きさ

飲食店が廃業する主な理由のひとつに、初期投資の大きさがあります。初期投資を抑えて廃業を防ぐには、以下のポイントを押さえると効果的です。

  • 厨房機器やインテリアなどに最初からお金をかけすぎない
  • 軌道に乗るまでは家賃と人件費を極力抑える工夫を
  • 居抜きやスケルトンも検討
  • 内外装費や工事費を自分たちで行うことで費用抑える

最初から厨房機器やインテリアなどにこだわりすぎると初期投資が大きくなり、飲食店を開業してからの資金繰りを圧迫します。コンセプトは大事にしながらも、コスト感覚を見失わないようにする必要があります。

また、数字管理を徹底し、家賃や人件費などをコントロールすることも大事です。他にも、居抜きやスケルトンを活用することで初期投資を大幅に押さえることが可能です。

特に近年は居抜きが流行していることから、情報を調べれば多くの居抜き物件を見つけることができます。ただし、設備がきちんと動くかなどの確認は現場できちんと確認することが大事です。

さらに、内外装や工事を業者に頼まず自分たちで行うことで費用を抑えるのも方法のひとつです。

2.一度始めたらやり直しがきかない

飲食店の難しさは、一度始めたらやり直しが効きにくく、そのまま廃業に至ってしまうことが多い点です。やり直しが効きにくい主な理由は以下の通りです。

  • 業態変更にはお金と時間・精神力が必要
  • 地域に合ったコンセプトで店作りをしないとその後何をやっても失敗する可能性がある
  • 異業種からの参入は課題が山積み

飲食店を開業したものの失敗したことに気付きやり直そうと思っても、業態変更にはお金と時間、精神力が必要です。大手飲食店チェーンであればやり直しが効いても、個人経営の飲食店は簡単にはいかず、廃業してしまうケースがあります。

また、自身が良いアイディアだと思ったコンセプトも、開店する地域に合ったコンセプトでなければ失敗する確率は高くなり、その地域で失敗すると同じ地域での立て直しは難しくなります。

飲食店を開店する経営者には異業種から参入するケースも多いですが、異業種からの参入は参入してから気づく課題が大量にあり、解決していくには相当の覚悟が必要です。

自力での立て直しが難しければ、経験者やプロデュースのプロに頼ることも検討する必要があります。

3.運転資金不足

薄利で商売しなければならない飲食店経営の場合、運転資金不足に陥って廃業せざるを得なくなることがあります。運転資金不足による廃業を防ぐには、以下の方法があります。

  • 経済的余力を残して開店する
  • 現実的な事業計画を練って資金調達
  • 月間年間収支計画は銀行が納得するよう作り込む
  • 原価と人件費、実質利益のコントロールを徹底する
  • 黒字になるまで思わぬ出費があることを考慮する
  • ドタキャン対策を徹底する
  • 少ない人数と労働時間で回せるようオペレーションを改善していく
まずは飲食店を開店する際に、経済的な余力を残しておく必要があります。

銀行から借り入れる場合は、資金調達を成功させようと誇張した事業計画書を作るのではなく、現実的な数字に基づいた事業計画書を作り、銀行から納得を得ることが大事です。

また、開業してからは、原価と人件費、実質利益のコントロールを徹底する必要があります。個人で管理する場合どうしてもずさんになるケースがみられますが、自分を律して徹底しなければなりません。

他にも、飲食店経営では思わぬ出費がかさみ廃業せざるを得なくなるケースがよくあります。特に注意が必要なのが、ドタキャンや従業員に関する出費です。これらの負担をうまく抑えるだけでも廃業の可能性を低くすることが可能です。

4.準備不足・計画・戦略が不十分

短期間で廃業に至る飲食店の多くは準備・計画・戦略不足が主な原因ともいわれます。

飲食店を開店する前には精緻なマーケティングリサーチが必要ですが、数字を詰めずに感覚で開業してしまうケースは少なくありません。計画・戦略を立てる際は、どこまで詳細に数字を意識できるかが結果を左右します。

また、よくあるケースとして、グルメサイトやSNSなどの評判に振り回されて、計画が狂ってしまうケースもみられます。

グルメサイトやSNSの評判を完全に無視するのは難しいですが、気にしすぎは逆に経営を悪化させることにもなりかねません。

他にも、優秀な人材の確保を戦略的に行うことも大事です。また、忘れられがちな戦略として、開業の時点で撤退のラインも明確にしておくことが大事です。

引き際を決めていなかったために限界を超えてしまい、廃業後も苦しむことになったケースは多くあります。

5.自分好みにこだわりすぎる

こだわりも時に大事ですが、流行り廃りの激しい飲食業界で自分好みにこだわりすぎると廃業につながることがあります。

提供したいサービスと顧客が求めているサービスのギャップに気づかず、短期間で廃業に至るケースは少なからずみられます。

飲食店を開業する際は、コンセプトやメニューの派手さ、オペレーションの効率ばかりに気を取られず、その地域に合った味やお店の雰囲気作りを大事にし、顧客のニーズを汲み取ることが大事です。

また、クオリティーとコンセプトを維持し続けることは自分を律する力が必要です。忙しい日々に忙殺されがちですが、本質に戻る余裕が求められます。

【関連】【2020年最新版】店舗のM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

同じ飲食店でも潰れない店の特徴とは 

同じ飲食店でも潰れない店の特徴とは

同じ飲食店でも潰れない店の特徴とは

廃業を免れる飲食店には以下の特徴があります。

  1. 下積み経験がある
  2. 効率よく効果的な販促宣伝
  3. お客様を大切にしている

1.下積み経験がある

飲食店経営の成功確率を上げるには、以下のような下積み経験があると有利になります。

  • 大手にはできない知識や技術・手間で大手と差別化する
  • 他の人気店を食べ歩きなぜ人気なのか徹底的に学ぶ 
  • 自身に経験が無い場合は経験のある仲間や専門家に頼る

飲食店経営を成功させるには、大手チェーン店と正面から勝負しても負ける可能性が高くなります。

大手チェーン店にはできない知識や技術・手間などで大手と差別化することが大事です。そのためには、飲食業界での下積み経験が役に立ちます。

また、飲食店経営に成功しているケースで多いのが、他の人気店などを数多く食べ歩いて、人気の理由を徹底的に学んでいるケースです。

客観的に人気の理由を分析することで、自身の飲食店経営に対する偏った思い込みを外す効果もあります。

自身に飲食業界での経験が無い場合は、経験のある仲間を頼ったり、専門家に依頼したりするのも方法のひとつです。

2.効率よく効果的な販促宣伝

ツールの発達と共に宣伝方法も変化しています。現在はいかにSNSを有効活用するかが重要になってきました。さらに最近では、動画の活用も広まり始めています。

SNSでみんなに広めたくなるような魅力ある店舗作り・メニュー作りができるかどうかが大事です。ただし、SNSの普及により流行り廃りのスピードも速くなりました。

ひとつのメニューが当たったからといって、そのメニューに頼った営業をしているとすぐに厳しくなる可能性があります。

わかりやすいコンセプトやメニューを打ち出しながら、常に研鑚を欠かさない姿勢がSNSの時代には重要です。

3.お客様を大切にしている

飲食店を廃業せず続けていくには、顧客を大切にする以下のような姿勢が大切です。

  • こんなお客様に来てもらいたい・喜んでもらいたいというイメージを明確にする
  • 地域で愛されること
  • 確認の電話に出ずドタキャンしそうなお客は躊躇せず断ること
  • インバウンドも意識する

飲食店を廃業せず続けていくには、どのような顧客に来て欲しいかというイメージを明確にすることで、飲食店のコンセプトやメニューも固まっていきます。

また、その飲食店が地域で愛されるお店になれるかどうかも重要なポイントです。都市部や観光地の場合は、インバウンドを意識した飲食店作りも鍵となります。

ただし、ドタキャンの気配がある顧客や迷惑行為をする顧客は躊躇なく拒否する姿勢を見せないと、他の顧客も失うことになりかねません。

【関連】【2020年最新版】レストランのM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

今後は新型コロナ休業の影響による廃業も考えられる

飲食のM&A・事業承継
飲食のM&A・事業承継
今後は新型コロナ休業の影響による廃業も考えられる

今後は新型コロナ休業の影響による廃業も考えられる

今後はウィズコロナ・アフターコロナへの対応策も練る必要があります。新型コロナウイルスの影響はいつまで続くか予測がつかない状況です。

また、もし新型コロナウイルスが収束しても、アフターコロナの世界は今までとは違ったものになるといわれています。

先行きの見えにくい状況が続いていく飲食店業界では、廃業だけでなく複数の選択肢を用意しておくことが大事です。飲食店経営を続けていくのであれば、業態やサービスなどを変えるべきなのか考えなくてはなりません。

また、飲食業界からの撤退を考えるのであれば、廃業するのか、M&Aによって売却するのかといった選択肢もあります。

廃業を検討する飲食店もM&Aは可能

廃業を検討する飲食店もM&Aは可能

廃業を検討する飲食店もM&Aは可能

上記のように、飲食店業界から撤退するのであれば、廃業の他にもM&Aによる売却という選択肢もあります。

廃業せざるを得ないような飲食店を買う相手がいるのかと躊躇する経営者も少なからずいますが、魅力ある技術やノウハウ、人材などを持っている飲食店であれば赤字であっても売却できる可能性はあります。

たしかに資産超過で黒字であればそれにこしたことはありません。しかし、そのような優良な売却案件は少ないことを考えると、廃業ではなくM&Aによって売却先を見つけ、売却益を得ることは十分可能です。

ただし、そのためには飲食店のM&Aに精通した専門家によるサポートが必要です。

【関連】飲食店の売却・譲渡金額の決め方!居抜きだと高く売れる?

飲食店は廃業よりM&Aがおすすめ

飲食店は廃業よりM&Aがおすすめ

飲食店は廃業よりM&Aがおすすめ

資産超過で黒字あるにもかかわらず、廃業してしまう飲食店は数多くあります。しかし、そのような飲食店でもM&Aを検討してみることで売却先を見つけ、売却益を得られる可能性は十分にあります。

廃業を検討する前に、まずはM&AのスペシャリストであるM&A仲介会社に相談してみることをおすすめします。


M&A総合研究所では、M&A専門の会計士や弁護士によるフルサポートと、AI技術を活用した高精度のマッチングにより、短期間でのスピード成約と希望価格以上での会社売却を実現します

また、M&
A総合研究所ではM&Aが完了するまで手数料が発生しない
全成功報酬制を採用しています。

無料相談も随時受け付けており、オンライン無料相談も実施しております。飲食店の廃業でお悩みの際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

飲食店のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ 

まとめ

まとめ

本記事では、飲食店が廃業する実態と理由、廃業を免れる方法などについて解説してきました。

飲食店経営は難易度が高く、3年以内の廃業率は70%、5年で80%以上といわれています。

飲食店が廃業する主な理由は以下の通りです。

  1. 初期投資の大きさ
  2. 一度始めたらやり直しがきかない
  3. 運転資金不足
  4. 準備不足・計画・戦略が不十分
  5. 自分好みにこだわりすぎる

廃業を免れる飲食店には以下の特徴があります。
  1. 下積み経験がある
  2. 効率よく効果的な販促宣伝
  3. お客様を大切にしている

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
飲食のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)