M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
香川県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

香川県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

香川県における事業承継とは

香川県における事業承継承は、全国の中小企業と同じように後継者不在と経営者の高齢化を理由とする廃業が目立つ傾向にあります。
香川県の廃業率は全国で第3位にランクインしており、廃業率の高さが目立ちます。 しかし、会社を引き継ぎたいと考える経営者も多く、実際には「引き継ぎたいけど引き継げない」とする中小企業が95.1%を占めているという調査があります。 その一方で、「自分の代で廃業する」としている経営者は4.9%を占めています。 その理由には、債務超過によって「会社の経営状況が厳しいため」としている中小企業の経営者が多く、次いで「適切な後継者がいない」としている割合も高くなっています。 このようなことから、香川県では年間の開業率よりも廃業率が上回る状態が続いており、事業承継が問題視されています。 現経営者の平均年齢を見ると資本金規模が1000万円未満では57.11歳、5000万円未満では59.00歳、1億円未満では58.11歳、5億円未満では59.08歳となっており、60歳を目前にしていることが分かります。 中小企業の場合は、経営者の経営上の意思決定権限が強いケースが多く、経営者が高齢化していくことで、以前のような積極的な経営ができなくなり、会社の活力が低くなることが懸念されます。 経営者の交代理由は、以前は先代経営者に他界が最も多く、次いで先代経営者の高齢化となっていましたが、近年では、先代経営者の他界の割合が低く、先代経営者の高齢化が最も高くなっています。 このように、現経営者の高齢化は徐々に進んでおり、事業承継するタイミングもよく考えておく必要があります。 事業承継をする時の後継者については、子息・子女としている割合が20年以上前は79.7%と最も多い割合を示していましたが、近年では41.6%と半数にも及びません。 一方で、その他親族が20.4%、親族以外が38.0%を占めています。 香川県における事業承継は、「引き継ぎたいけど引き継げない」をしている中小企業が多く、事業承継の時の後継者は、子息・子女としている割合が減って、親族外への事業承継が増加傾向にあることが分かります。
また、事業承継が実施できず廃業している中小企業が多いことは、今後の香川県内の経済にも大きな影響を与えるでしょう。

事業承継の流れと進め方

事業承継は、株式の承継と代表者の交代だけではありません。
事業承継を構成する要素には、人(経営)の承継、資産の承継、知的資産の承継の3つの要素があるとされています。 人(経営)の承継は、経営権のことを言います。 中小企業の場合は、経営者が経営上の最終的な決定権をすべてになっていることが多く、経営権だけを後継者に譲り渡せばよいというものではありません。 現経営者のこれまでの人脈や事業のノウハウ、取引関係などを含めた人の承継が重要になります。 資産の承継は、事業をしていくうえでの必要な資産(設備や不動産、債権、債務、株式など)の承継を表します。 株式会社の場合は、株式の承継となり、個人事業主の場合は、機械設備や不動産などの個人が所有しているそれぞれの資産を承継することになります。 知的資産の承継は、無形の資産を含めた人材、技術、技能、知的財産(許認可やブランド力など)、組織力、経営理念、顧客とのネットワークなどを示しています。 これらの3つの要素を後継者に承継することが事業承継なのです。 事業承継を進めるには、5つのステップに分けて考えていきます。 ステップ1は、事業承継に向けた準備の必要性の認識になります。 現経営者が事業承継の必要性を感じなければ、事業承継の準備を始めることができません。 現経営者の平均的な年齢も徐々に上がってきていますが、いずれは後継者に事業を承継する時が来ます。 また、事業承継の準備には概ね10年の期間を要すると言われています。 そのため、現経営者が60歳になる頃には、事業承継の準備を始めるのが適切だとされています。 近年は、日本の平均寿命も84歳を超える時代になり、60歳前後ではまだまだ第一線で仕事をしている中小企業の経営者も多いですが、会社の存続や事業承継を考えるのであれば、60歳前後を目安に考えた方が良いでしょう。 しかし、日々の忙しさから授業承継の準備については後回しにしている傾向があるので、身近な顧問税理士や金融機関などの支援機関に相談して、事業承継の準備が必要であることを認識することが大切なのです。 ステップ1で、事業承継に向けて準備の必要性を認識したところで、ステップ2は経営状況・経営課題などの把握(見える化)を実施します。 会社の経営状況の把握は、事業内容における業界に環境の変化やそれに伴う経営リスクなどの把握がポイントになります。 業界の新聞の購読や各団体の業界動向などに関する勉強会などに参加して、今後の業界の変化をいち早く把握して、情報収集することが大切です。 また、会社の経営資源を把握するためには、貸借対照表などの財務諸表の確認や知的資産なども把握しておく必要があります。 正確で適正な決算書の作成や業界におけるポジションの確認、知的資産などの適切な評価などにも取り組まなければなりません。 事業承継にかかわる課題についても把握しておく必要があります。 まずは後継者を誰にするか、という問題についても検討しておきます。 親族内承継で、子供に事業を引き継がせるのか、役員や従業員の中から後継者候補を見つけるのか、社外への引継ぎを検討するのか、など具体的に事業承継の仕方を検討します。 ステップ3は、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 親族内承継する場合は、相続税対策に注目しがちですが、事業承継は、節税だけではなく、適切な事業承継ができようにすることが大切になります。 中小企業の事業承継・発展にそぐわない手法を用いられるようにします。 経営改善につながるように、業績の改善や経費削減を始めたとした、商品やブランドイメージ、優良な顧客、金融機関や株主との良好な関係、優秀な人材、知的財産権や経営上の方は宇、法令遵守体制などを含めて強みとなる部分を伸ばしていき、弱みとなる部分は改善していきます。 経営改善については、現経営者自身が進めていくこともできますが、専門的な領域が含まれる場合もあるので、専門的な知識を持った士業や金融機関にアドバイスを受けると良いでしょう。 ステップ4は、事業承継計画の策定になります。 社外への引継ぎの場合はM&Aの仲介会社に選定になります。 事業承継計画は、ステップ2から3を含めて具体的な計画を策定します。 事業承継を実行するためには、中長期的な計画を立てて、後継者親族、取引先、従業員、金融機関などの関係を念頭において策定をして、策定をしたら関係者と共有します。 関係者と共有することで、協力を得られやすく、信頼関係の維持にもつながります。 計画の中には、自社の現状分析、今後の環境変化の予測と対応策・課題の検討、事業承継の時期などを踏まえた事業の方向性の検討なども盛り込んでおきます。 M&Aを実施する場合は、仲介会社に依頼することになるので仲介会社の選定をします。 東京に本社がある大手の仲介会社もありますし、地元で中小企業や零細企業を中心に仲介をしている会社もあります。 どのような方法でサポートが受けられるか比較して、M&A仲介会社を選定します。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継と役員・従業員承継、社外への引継ぎの3つがあります。
親族内承継は、現経営者の子供や配偶者、兄弟などに承継させる方法で、親族内承継が難しくなっていると言われている現在でも、比較的多い割合で経営者の親から子供に事業承継しています。 以前からの慣習もあり、現経営者の子供を後継者とすることは、社内の従業員や社外の取引先の関係者などから心情的に受け入れられやすいことがメリットと言えます。 また、子供に親の会社を継ぐ意思があるとわかった時点で事業承継の準備を中長期的に確保できるという点においてもメリットなります。 そのほかにも、相続などにより財産や株式を移転しやすいので、会社の所有と経営の一体的な承継ができることもメリットと言えます。 しかし、近年は親族内承継の割合が減っており、その背景には、事業の将来性や経営の安定性に不安を感じる経営者が増えていることや子供自身の生活が多様化しており、親の会社にとらわれない職業の選択の自由があると考えるケースが多いためでしょう。 親族内承継を望むのであれば、現経営者が会社の経営状況を把握して、子供が「引き継ぎたい」と思わせることも重要になってきます。 役員・従業員承継は、会社の役員や従業員を後継者にする方法で、経営者としての資質や能力があることを見極めて後継者とします。 役員や従業員の場合は、すでに事業内容や経営方針、理念は熟知しているので経営者となれる資質や能力を高める教育をすればよいので、後継者教育の短縮ができます。 親族内承継が減少していく中で、役員・従業員承継は増加傾向にあり、長期間働いてきた役員や従業員であれば、経営方針などの一貫性を保ちやすいというメリットがあります。 これまで、役員や従業員承継をする場合、株式の買い取りで資金調達が難しいという問題点がありましたが、種類株式の発行や持株会社の設立、従業員持株会などを活用すれば、資金調達は大きな問題ではなくなってきています。 また、事業承継税制についても親族以外の後継者でも適用されるようになったので、役員や従業員に承継させる場合でも税制上の問題がなくなったといえます。 しかし、親族以外の人材を後継者とする場合は親族内の株主に了解を得るなどの配慮が必要になります。 社外への引継ぎは、M&Aを実施することになります。 親族内にも役員や従業員にも適任の後継者がいないと判断した場合や現経営者の高齢化によって、事業承継が難しいと判断した場合に、M&Aを実施することを検討することになります。 広く候補者を外部に求めることができ、現経営者は会社の売却によって収益を得ることができるというメリットがあります。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、中小企業の後継者確保が難しくなったことを背景に近年増えている方法です。
また、中小企業の事業承継に伴うM&Aを支援する仲介会社が増えていることもM&Aが増えてきた要因でしょう。 そのほかには、地域の事業引継ぎセンターにおいても全国にセンターが設けられ、廃業ではなく、M&Aによって会社の存続ができるということの認知度が高まっているためでしょう。 M&Aによって、事業承継を実施する時には、買収してくれる会社にとって魅力的な会社でなければ、M&Aは成立しません。 会社を売りたいと考える経営者と会社の買収によって、事業の拡大や新規参入などのメリットがなければ、会社を買収しようと考えません。 売却を考えている経営者は、自社の強みをしっかりとアピールできるように、本業の強化や内部統制などを構築しておく必要があります。 これによって、企業価値を向上させて魅力のある会社にします。 通常の場合は、M&A仲介会社に仲介を依頼してマッチング候補の会社を探してもらい、M&Aの成立を目指すことになります。 それまでには、交渉や面談を数回実施して、希望の条件での売買取引ができるとなったら、基本合意契約を結ぶことになります。 その後、買収する会社は買収監査(デューデリジェンス)を財務、税務、法律の観点で実施して、問題がなければ最終的な売買契約を結んでクロージングとなります。 M&Aが成立するまでには数か月から数年かかるのが一般的です。 M&Aの実施を決めた場合は、早めにM&A仲介会社を選定して仲介依頼をお願いするようにしましょう。

香川県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社サクセッション

株式会社サクセッションは、香川県高松市にあるM&A仲介会社でM&Aアドバイザリー、経営アドバイスなどを事業内容としており、香川県内のほかに中四国エリアを営業エリアとしています。 香川県の中小零細企業に特化したM&Aアドバイザリーを実施しており、事業承継に関するセミナーなども実施しています。 M&Aの仲介だけでなく、アドバイザリーとして「売れる企業づくり」のアドバイスをしており、買い手側の会社に選ばれる会社にしていくことを目指しています。 日本M&Aアドバイザー協会の正会員で、認定M&Aアドバイザーでもあり、豊富なM&A実績もあるので、安心してM&Aの仲介を依頼できるでしょう。

株式会社みどり未来パートナーズ

香川県高松市に本社を持つM&A仲介会社で、東京都にも支店を持っています。 もともと公認会計事務所として設立しており、1990年12月には株式会社みどり合同M&Aセンターを設立しています。 その後、持株会社「株式会社みどり合同経営」を設立して、M&A部門を2010年2月に株式会社みどり三新井パートナーズに変更しています。 会社代表者が公認会計士でもあるので、以前からM&Aのサポートをしており、長い経験があります。 また、公認会計士、税理士事務所でもあるので、豊富な税務・法務の専門知識があり、M&Aのサポートもワンストップで対応しています。 香川県内の中小企業のM&Aに強く、中四国の会計事務所や地方銀行とのネットワークを持ち、中堅・中小企業のM&Aを多く手掛けています。 M&Aの本質は、「イノベーション」であるという考え方から、M&Aが成立した後もサポートする体制があります。

國村公認会計士事務所

國村公認会計士事務所は、香川県高松市にある会社で、主な事業内容は会計、財務、税務ですが、事業承継やM&A、組織再編や贈与・相続に関するコンサルティングも実施しています。 M&Aに関しては、株式会社ストライクのM&A市場SMARTを活用したマッチングを実施しており、M&Aに必要な財務デューデリジェンスやバリュエーション、アドバイザー、会計・税務オピニオンなどを実施しています。 M&Aのサポートはもちろんですが、事業承継のおける視点からもアドバイスを受けられる仲介会社になります。

あかり税理士法人

あかり税理士法人は、香川県高松市に事務所を構える税理士法人です。 もともと税理士法人なので、M&Aというよりは事業承継や相続に対するサポートの方が強いですが、後継者不在に悩む経営者にはM&Aの提案も実施しています。 盤越し、不動産鑑定士、社労士、行政書士、司法書士などとの連携もあり、M&Aを実施する時には、しっかりとサポートをしてくれるでしょう。 事業承継税制などについても、提案をしてくれるのでM&Aを含めた事業承継に関することが相談できる会社となっています。

まとめ

香川県内では廃業する中小企業が多く、事業承継の意思がないように感じられますが、実は「会社を引き継ぎたくても引き継げない」としている中小企業が多いようです。
その背景には、会社が債務超過となっており、後継者にそのまま引き継げないというものや会社の将来性への不安などをあげている会社が多くみられます。
また、後継者がいないということも問題となっています。 会社の業績がよく、黒字であればその後もかいしゃを存続させたいというのが、経営者の本音ではないでしょうか? そのような中で、親族内や役員・従業員承継だけではなく、M&Aと言う選択肢があることを認知させる必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら