オフバランス

オフバランス

オフバランスとは、本来貸借対照表に計上されているはずなのに、計上されていない資産・負債を指します。 自社にとって不利益となる負債等をバランスシートから除外すれば、企業価値を良く見せることが可能です。 オフバランスの典型例としては、リース取引があります。 M&Aにおいては、買い手側はデューデリジェンスの際に、オフバランスの有無について確認するのが重要です。 オフバランスの存在を知らないと、必要以上に高い値段でM&Aをしてしまい、損する可能性があるからです。 またオフバランスが多い企業は、M&Aの際に信用度が悪くなります。 そのため売り手側は、過剰なオフバランスを計上しない方がベターです。

関連記事

無税償却とは?有税償却との違いや種類、要件を解説

無税償却とは?有税償却との違いや種類、要件を解説

無税償却は、M&Aや私的再生において不良債権を有効に処理するうえで欠かせない手法です。満たすべき要件は複雑かつ厳しいですが、要件を満たせばメリットを享受できます。本記事では、無税償却に関...

特別目的会社(SPC)とは?メリット・デメリット、設立の手順をわかりやすく解説

特別目的会社(SPC)とは?メリット・デメリット、設立の手順をわかりやすく解説

特別目的会社(SPC)とは、資金調達や債券の発行、投資家への利益の配分などの目的だけのために設立される会社のことです。日本でも、経営戦略としてSPCを設立することが増えてきました。今回は、SPC...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)